スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブシドーとかマスラオとかビリーとか【二期14話終了後】 
 久し振りに登場してくれたミスター・ブシドーのために、
 別記事立てちゃいました☆☆☆
 ―がっ!!
 これまでとは少しテンションが違います…(どうした??)
 記事を読んでいただければ分かってもらえると思いますが、
 マスラオがすごく気に入らないんですっ!!(爆)
 フラッグの再来を期待してた私の心は、
 まるで失恋の憂き目にあったかのように沈んでいます…(ΩдΩ)
 ああフラッグ………(涙)


【ブシドーとかマスラオとかビリーとか】(元記事作成日:2009/01/13)

 

 マスラオ(益荒男)

 ⇒意味・りっぱな男。勇気のある強い男。

 …特番での千原兄の発言に賛同するわけでありませんが、
 ブシドーには日本文化に関するお目付け役をつけるべきだと思います。
 その役目を(私が勝手に)期待していたビリーですら、
 ブシドーの発する気にヤられたのか
 恥ずかしげもなく「マスラオ」とか言い出す始末ですからねorz
 恐るべしブシドー…っ(ガクブル)
 誰かこの間違った日本道を驀進する二人を止めてやってくださいな(切実)

 
 「完成したか…」
 ってあなた!!
 もしかしてずっとビリーのとこにいたんですかっ(@□@;)
 というか、時間経過の流れがなんだかよく分からないvv
 久し振りに出てきたと思ったら、いつの間にか新型完成してるんですもん(笑)
 前回登場時はまだ新型作ってる途中だったのに…///
 果たしてブシドーがずっと新型が完成するまでビリーのとこに居座ってたのか、
 それとも再訪したのかは謎ですが、
 あなたがお休みを頂戴してる間に
 ジニン大尉もリント少佐も死んじゃいましたよ…っ!!(涙)
 ―――はっ!!そういえば!!!!!!
 大尉も少佐も少なからずブシドーと絡みのあった人物………っ(絶句)
 ユニオン時代から、乙女座は身近な人を亡くし過ぎだと思います(ΩдΩ)
 スレーチャー大佐(※ドラマCD参照)、ジョシュア(←??)、レイフマン教授、
 そしてパワードにダリル…orz
 そりゃぁ歪みもするわぁ↓
 そういう意味で、ビリーは最後の防波堤のような存在ですよね。
 だからこそもしも親友のビリーに何かあったりしたら…っ!!(≧W≦;)
 
 「フラッグの面影が垣間見える」

 ふざっ…ふざけないでください(▼皿▼)
 
 眼科の受診を、全力で勧めますよっ!!(叫)
 あなたは一体、フラッグの何を思い出して「垣間見える」とか言ってるんですかっ!?
 似てるのなんて、機体の色とちょっと細めなフォルムだけやないか~いヾ(`ε´)
 私は断固としてこの機体に対して異議を唱えますよ!!(必死)
 あんなエセ武士クワガタみたいな機体っ!!!!!!(絶望)
 紅い色がちょこちょこ入ってるのも嫌あぁぁぁぁぁ(≧Д≦) 
 ―と、ビリーの造形&色彩センスに全身全霊で絶望していたら、

 「見事な造形だ、カタギリ」

 Σ(゜д°)!!Σ(゜д°)!!Σ(゜д°)!!
 ………私は過去の思い出と共に生きていくしかないんですね、分かります………orz
 二人の会話が耳に入ってこない…「隠し玉」って、アレですか。
 セラフィムみたいに
 マスラオからフラッグが分離するとかそんな感じですか??(←もはや末期のフラッグ病)
 …ごめんねマスラオ…私あなたをフラッグほどにはきっと愛せない…(涙)
 さて、カタギリの説明によると「隠し玉」とは、
 故エイフマン教授の手書きのメモを元にしたGN粒子の新装備だと言うこと。
 (セラフィム風フラッグじゃなかった…鬱)
 もしかしたら擬似トランザムとかなんでしょうか??
 ―いや、そんなことよりも、フラッグ………(号泣)
 
 武士らしく一礼し退出するブシドーですが、
 引いた画だとビリーとの身長差がより顕著ですね(笑)
 180cmは絶対詐称だと改めて思いましたvv
 
 そしてここからは
 他の誰でもないビリーのターンっ(≧∀≦)/
 ブシドーと別れひとり残されたビリーは、
 白衣から一枚の写真を取り出します。
 そこに写っていたのは大学時代のビリーとスメラギさん。
 ピーズでキメたスメラギさんカッコいいvvそしてビリー嬉しそうvv
 それにしてもまだこんな写真持ってたんだ、ビリー…(^∀^;)
 リイスの沙慈との写真全件削除と似た構図なのに、
 なぜかビリーの言動からは強いストーカー臭が漂う…(苦笑)
 そんなビリーも、とうとう過去と決別する気になったのか、
 写真をビリビリ、そして紙屑となり果てたそれをパァー…~~~ヾ(`ε`)
 「さよなら、クジョウ」
 ガンダムへの愛が高じて憎しみへと変わってしまったブシドー。
 そして愛情ゆえにスメラギさんへの憎しみをつのらせるビリー。
 歪曲した人間の業をその身をもって体現しているかのような二人ですが、
 結局、その憎しみが生むのは「無」とか「空虚」でしかなく…。
 ―去っていくビリーを敢えてカメラで追わず、
 何もない空間を映したまま終わる演出が秀逸だと思いました。

 死んでいった者たちの為にも、
 今を生きている二人にはしっかり前を向いて行って欲しいんですけどね(ΩдΩ)

 もちろんブシドーのことは大好きなんですが、
 なによりもグラハムに心奪われ
 彼の愛機であるフラッグを愛した私ですから。
 …とりあえずマスラオはないわぁ…(≧Д≦)(←一番言いたいこと)

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。