スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
《小説》機動戦士ガンダムUC⑥『重力の井戸の底で』感想 

重力の井戸の底で 機動戦士ガンダムUC(6) (角川文庫)重力の井戸の底で 機動戦士ガンダムUC(6) (角川文庫)
(2010/09/25)
福井 晴敏

商品詳細を見る

 先月『虹の彼方に』を鑑賞したことで、
 自分としてはある程度UCの世界を理解できたと思っていたんですが、
 原作の小説を読むとそんなのは只の自己満足だったことに否が応でも気付かされます。

 ―と、藪から棒に何の話だと怪訝に思われた方、本当にその通りですよね、突然すみません;;;

 実は私、現在進行形でUCの小説を読み進めている真っ最中で、
 つい先日、⑥の『重力の井戸の底で』を読み終えました。
 この巻をアニメ化したepisode4は、UCの中で私が最も気に入っている話で。
 だからこそ、小説で一体どんな風に描かれているかすごく気になっていていたんです。

続きを読む »

スポンサーサイト
最後まで君のことを僕は欲しがるだろう【劇場版公開前】 

クオリア(ガンダムOO盤)(期間生産限定盤)クオリア(ガンダムOO盤)(期間生産限定盤)
(2010/09/15)
UVERworld

商品詳細を見る

 巷では『Gのレコンギスタ』の話題で持ち切り(?)のようですか、
 皆さまはいかがお過ごしでしょうか?
 私はと言えば、ご覧の通り、通常運転で00熱を発散しまくっています(笑)

 というわけで、今日は00劇場版のED曲に起用されたUVERworldの『クオリア』について。
 もうこの頃は文章読んでもらっても分かる通り、
 劇場版公開を目前に控えてる状況で、
 緊張やら興奮やらセンチメンタルやらで頭がぐちゃぐちゃになっちゃってました、私(笑)
 おかげでいつも以上に、粗の目立つ仕上がりになってはいるんですが。
 実は、自分的にすごく気に入っている文章だったりするので、
 読んでいただけると嬉しいです。

続きを読む »

ハレルヤについて【劇場版公開前】 
 (元記事作成日:2010/09/09)

 前記事でアレルヤについて語ったので、
 せっかくだから今日は彼の“半身”であるハレルヤについて、 
 少し触れておきたいと思います。
 

続きを読む »

思考する人【劇場版公開前】 
 (元記事作成日:2010/09/08)

 来たるべき劇場版の公開に向け、
 先日から00のTVシリーズを一期1話から順に復習している私。
 二期のような派手さこそないものの、
 緻密に計算され洗練された一期の脚本が大好きで、
 その硬派な雰囲気にがっつり心奪われちゃってるここ数日でありますっ!!(*^o^*)
 
 ―そんな中、先日、一期11話の『アレルヤ』を鑑賞する機会を得ました。
 この11話、とにかくめちゃくちゃ印象深くて、鑑賞中も鑑賞後も、
 色々なことを考えずにはいられなくなります。
 それぞれ強いメッセージ性を内包する一期の他エピソードと比較しても、
 この回の存在感は、ちょっと圧倒的過ぎて…。
 気がつけば、いつの間にか全身全霊をかけて彼のことを想っている、私がいるんです。

 アレルヤ・ハプティズム。

 振り返れば、これまで私が彼について深く考える機会って、
 ほとんど無かった気がします。
 別に彼のことを軽視してるとか嫌っているとか、
 そういうわけじゃないんですけどね(^∀^;)私は00のキャラみんな好きなので!!(クラウスを除く)
 ただ、私は、自分でもちょっとどうかと思うくらい、
 セルゲイ大佐のことが大好きで仕方のない人間なので…(苦笑)
 二期の7話を境にアレルヤに対して複雑な感情を抱き、
 且つそれを整理する機会の無いまま今日まできてしまったことは、
 ある意味必然のことであったのかもしれません(ごめんよ、アレルヤ)
 
 でも、だからこそ、改めて一期の11話を観直した今回は、
 私にとってもちょうど良いタイミングっ!!(*≧∀')ъ
 普段言及することの少ない彼について、
 今日は思いっきり語ってみちゃおうと思います♪♪♪

 ※長文注意!

続きを読む »

『supporter's Gathering 2010(パブリックビュー)』レポート【劇場版公開前】 
劇場版ガンダム00公開記念イベント「ガンダム00 Supporter's Gathering 2010 -A trailer for the trailblazerII-」8月29日開催! | GUNDAM.INFO | 公式ガンダム情報ポータルサイト


 さて、前記事に続き、今回もイベントのレポート記事の再掲です。

 今回のレポは、
 2010年8月29日に幕張メッセで開催された『supporter's Gathering 2010』について。
 と言っても当時九州在住だった私。
 距離的な制約で現地に馳せ参じることは叶わず、
 中洲大洋映画館でのパブリックビューイングイベントへの参加となりました。
 それでも、スクリーン越しに現地を覆う熱気を感じることが出来たあの時間は、
 私にとって今でも忘れることのできない大切な思い出です。

 振り返れば、
 前記事で紹介した『supporter's meeting 2010』といいこのイベントといい、
 劇場版の公開を翌月に控え、それはそれは盛り上がっていました、00…(遠い目)
 その盛り上がりを“過去”のものとしてしか表現できないのは寂しいですが、
 未だ00の魔力から逃れられない(というか、もう一生囚われたままな気がする…)私にできるのは、
 時間の流れから切り取られたこの辺境のブログにて、
 大好きな00についてひとりごとのように駄文を紡いでいくことだけです。

 さて、なんだかちょっとセンチメンタルな気分になってきましたが、
 気持ちを切り替えて、以下、本題のイベントレポートです(*'▽')

続きを読む »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。