スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『supporter's Gathering 2010(パブリックビュー)』レポート【劇場版公開前】 
劇場版ガンダム00公開記念イベント「ガンダム00 Supporter's Gathering 2010 -A trailer for the trailblazerII-」8月29日開催! | GUNDAM.INFO | 公式ガンダム情報ポータルサイト


 さて、前記事に続き、今回もイベントのレポート記事の再掲です。

 今回のレポは、
 2010年8月29日に幕張メッセで開催された『supporter's Gathering 2010』について。
 と言っても当時九州在住だった私。
 距離的な制約で現地に馳せ参じることは叶わず、
 中洲大洋映画館でのパブリックビューイングイベントへの参加となりました。
 それでも、スクリーン越しに現地を覆う熱気を感じることが出来たあの時間は、
 私にとって今でも忘れることのできない大切な思い出です。

 振り返れば、
 前記事で紹介した『supporter's meeting 2010』といいこのイベントといい、
 劇場版の公開を翌月に控え、それはそれは盛り上がっていました、00…(遠い目)
 その盛り上がりを“過去”のものとしてしか表現できないのは寂しいですが、
 未だ00の魔力から逃れられない(というか、もう一生囚われたままな気がする…)私にできるのは、
 時間の流れから切り取られたこの辺境のブログにて、
 大好きな00についてひとりごとのように駄文を紡いでいくことだけです。

 さて、なんだかちょっとセンチメンタルな気分になってきましたが、
 気持ちを切り替えて、以下、本題のイベントレポートです(*'▽')
・司会の方のハイテンションなアナウンスにより、
 遂に幕を開けた『supporter's Gathering 2010』。
 “おそらくこれで最後であろう、00の大規模イベント”の幕開けに
 様々な想いが私の胸に去来する―そんな中、まずはTHE BACK HORNによるライブ!!
 「閉ざされた世界」「警鐘」を歌ったあとに、我らが名曲・「罠」もキター(゜∀゜)ー!!
 やっぱりバクホン×00と言えば最も印象的なのはこの楽曲でしょう♪
 イントロが流れ出した瞬間に思わず私、悲鳴をあげてしまいましたよvv
 でもって、順番は前後しますが、イベントの終盤にはUVERworldも登場っ!!
 「CHANGE」「儚くも永久のカナシ」、そして「クオリア」と立て続けに熱唱。
 特に「儚くも~」から「クオリア」にかけての流れは正に神というより他になく、
 今度は思わず泣いてしまいそうになりました…ホロリ;
 TAKUYAのMCも感情がこもってて素敵でしたよ~(≧∇≦)

・そしてバクホンの生ライブ後、キャスト陣が一人ずつ登場…したわけなんですが、
 マイターズ・入野さん・中村さんの6人それぞれが、
 舞台袖からではなく予想外に客席側から登場したもんだから会場は大パニックにvv
 しかもそのまま客席の間の通路を通って壇上へ!!
 その際、お客さんとハイタッチやらなんやらして
 サービス精神旺盛な感じの皆さんだったんですが、
 中村さんだけあまりお客さんと絡もうとせず(笑)クール過ぎるでしょうvv
 その後も中村さんは、基本的に大人しいままだったんですが、
 時折思い出したようにグラハムボイスで叫んだり面白いこと言ったりで、
 要所要所で会場を大いに盛り上げていました(っ>∀<)っ

・あと、今回のイベントでは三木さんのキャラが(良い意味で)おかしかった気がしました(笑)
 司会からの質問に時間差で答えたり(←宮野さんもvv)変顔したり(←宮野さんも)、
 そんでもってお年寄りを装ってみたり(爆)
 普段は比較的クールな印象な三木さんなので、
 特に今回のはしゃぎっぷりには私も新鮮な気持ちになれました♪

・壇上に勢ぞろいしたキャスト陣。
 左から順に入野さん、吉野さん、宮野さん、三木さん、神谷さん、
 そして中村さんと立ち並ぶ様は、ただただ圧巻。
 さあ、そしていよいよお待ちかねのトークイベントが開始です!!

・最初のトークのお題は
 「各地のサポーターズミーティングの思い出」的な感じだった…はず(←記憶が曖昧)
 司会の方に加え、
 ハロがトークの進行を手伝ってくれることになったんですが(どちも声のみの出演)、
 このハロがなかなかの曲者で(笑)
 自分のセリフを途中で言うの止めたり、
 逆に中途半端なタイミングで突然発言しちゃったり(爆)
 そんなハロにペースを乱されつつも、
 入野さんと中村さんが牛タントーク(in仙台)で盛り上がったり(←ここ中村さん生き生きしてた・笑)
 さらには入野さんが衝撃の一発芸・「魚ボーンっ!!」(でしたっけ??)をお披露目したりvv
 基本、イジラれ役の入野さんが場を盛り上げながら、
 ご当地ならではのエピソードが続々披露されていました♪

・でもでもですよっ!!
 00のイベントが提供してくれるのは「笑い」だけじゃないんです!!(力説)
 私たちの胸を熱くさせてくれる「感動」の要素もちゃーんと用意されていて(≧∇≦)
 どのキャストの方が言ったのか、ちょっと記憶が曖昧なんですけど、
 「今回のサポーターズミーティングで
  東京以外の地方に行って『00のイベント始めての人ー??』って訊くとさ、
  どの会場でもたくさん手が挙がったわけよ。
  今まで東京のイベントに参加したくても時間とか旅費とかの関係で、
  どうしても行けず人にいた人達がいて、
  そういう人達のところに逆にサポミーで俺らが行って出会えたってことは、
  本当にすごいことなんだよね。
  全ての作品がこういうイベントを開催できるわけじゃ、やっぱりないから。
  ガンダムという作品だからこそ、できているわけで、すごく感謝してる」
 みたいな発言をしていらっしゃったんですよ。
 細かい部分は違うかもしれないけど、だいたいの内容はきっと合ってるはず!!
 ―もうね、ちょっと私、危うく泣き出しちゃうところでした。
 地方に住む人間としては、
 本当にサポーターズミーティングやパブリックビューイングという企画がありがたくて仕方なくて。
 もうそれだけでも充分過ぎるのに、その上、
 キャストの方も同じような気持ちを抱いてくれてるって分かっちゃったら、
 こう、自然と胸がいっぱいになってしまって…(ΩдΩ)
 00好きになって良かったなぁって気持ちが、心の底から湧き上がってきちゃったんです。

・で、ご当地トークの後は「劇場版《丸秘》映像」のお披露目っ!!(*≧∀')ъ
 《丸秘》って銘打ってるくらいだから、
 すっごい新規予告的映像が満を持して公開されるに違いないっ―………。
 と、至極真っ当な期待を抱いていた時期が私にも…ありました…orz(←どうしたっ!?)
 …まあまあまあまあ。
 とりあえず、色々な意味で衝撃的だったその内容について、
 幾つかの重要ポイントを抜粋してご紹介。

 ①まさかのアレハンドロ様(笑)登場っvv
  しかもなんかちょっと主役っぽい目立ち方でっ!!ナニシテルンダアンタ(^o^)/
  相も変わらず成金趣味炸裂のアルバトーレを操りながら
  「反政府組織が、私の道を阻むなっ!!」と絶叫するドロ様…(失笑)
  ってあれ、それいつぞやのブシドーさんの台詞じゃね??( ̄言 ̄;)

 ②「アロウズの暴走」という字幕。
  …二期の最終話で、独立武装組織は解体されたはずじゃ…??(混乱)

 ③明らかにおかしなマイスター陣。
  ドロ様のワンマンショーに幕を降ろすべく、
  いよいよ出撃したガンダムマイスターの4人…だった…はずなんですが。
  おかしいな…マイスターズの中に女の子とおっさんがいるように見えるんですけど…??\(☆o☆)/

 ④犬がいる。
  緊迫するカタロン(??)の戦艦内に、
  なぜか普通にワンちゃん(つまり犬)がいたらしいです…(これは私気がつきませんでした)

 ⑤「映画・ソレスタルビーイング」。
  ちょっ、劇場版のタイトル変わっとるやんけ(^∀^;)

 はい、以上!!
 …実際の映像を観た私ですら「(・□・;)ポカーン」状態だったんです、
 一切ご覧になってない方に至っては全く意味が分からないこと間違いナシだと思われます(苦笑)
 この謎の映像が流れ終わった瞬間の、戸惑いにざわついていた、
 あの会場の雰囲気、今でも忘れられないなぁvv
 さらに、畳みかけるようにして宮野さんと三木さん念を押してくるもんだから、もうね(笑)
 
 「言っとくけど、これ本編だからね!!」
 「もしこれが本編じゃなかったら、
  『こんなの作る暇あったら本編しっから作れよっ!!』ってなっちゃうでしょ!!」
 
 ―つまり、この一見支離滅裂な映像は、間違いなく、劇場版本編の中の一部。
 先日公開されたサウンドトラックの中にあった曲目と照らし合わせて、
 この映像を《今度の劇場版の劇中で流れる映画》であると
 予想している人がネット上には多いようですが、 どうなんでしょう??(゜∇゜)気になりますね!!

・衝撃の《丸秘》映像により劇場版への謎がより一層深まったところで、
 プログラムは次の段階―「水島監督からの手紙」へ移行します。
 ここでは、水島監督から私たちファンへ宛てた手紙が、
 宮野さんによって朗読されたんです…がっ!!(笑)
 手紙を読む宮野さんの、その読み方がおもしろ過ぎて、会場一同 大 爆 笑 っvv
 だって宮野さん、えらく悲しげに、
 しかもめっちゃ気持ち込めて読むんですもん///
 断わっておきますけど、手紙の内容は特に悲しいわけじゃないんですよ!!
 監督の劇場版への意気込みがしたためられた、どちらかと言えば“熱い”感じのそれを、
 立ち上がり、ステージの真ん中に歩み出て、
 今にも泣きそうな声で読み上げる宮野さんっ(爆)
 しかも、残りの5人までもがこれまた立ち上がって、
 宮野さんに倣って悲しげな表情で身悶えてるもんだから、
 
 爆笑度200%越え!!(≧∀≦)/意味不明過ぎて腹筋崩壊しちゃったvv
 
 せっかくの水島監督のメッセージも、視覚的妨害の威力が凄まじかったので、
 ほとんど覚えておらず仕舞いですよ(どうしてくれるんですか、宮野さん!!)
 
・そして、ここで一旦マイスターズの4人は退場。
 ステージ上には入野さんと中村さんが残されて。
 テンションあげあげ状態の入野さんと、
 相変わらず控え目モードな中村さんとの漫才(←)がスタートしますvv
 そんなお二人、おもむろに会場に「女子~!?」「男子~!?」って呼びかけて、
 場内の男女比率を確認したりしてました(笑)
 そしたら、数的には圧倒的に女子が多いはずなのに、男子の声量が意外とあって、
 心なしか二人が嬉しそうだったのがすっごく印象的でした♪
 二人は他にもガンプラの話とかもしてて、すっごく仲良さそうな感じでしたよ☆

・前の前の記事で触れた新規予告映像が巨大スクリーンで上映された後、
 UVERworldが素晴らしいライブパフォーマンスを披露し、
 その後再びマイスターズが客席側から登場!!
 ステージ上の入野さんと中村さんに合流する形で、
 改めて壇上にキャストの6人が集結したわけなんですが、
 その衣装がいつの間にか色違いでお揃いのTシャツに様変わりしていて(@゜▽゜)ノ
 マイスターズは各自のパイスーカラー、
 入野さんが白、中村さんが赤というカラー配分になってました~♪

・イベントもいよいよ終盤に差し掛かり、お待ちかねの時間がやってきましたっ!!
 
 「ラッキーイノベイター★抽選会」!!!!!!
 
 抽選会といっても、これはただの「プレゼント抽選会」みたいなのとは訳が違います。
 ななななんと、この抽選会で選ぶのは
 「壇上で6人のキャストと一緒に『ダブル、オーっ!!』コールを叫ぶ人」!!(!?)
 会場に集まった6000人の中から、超幸運な6人を選ぶというこの抽選会は、
 そりゃぁもう始終盛大に盛り上がっていましたともっ!!
 会場のファンの皆さんの「当たりたいっ!!」っていう熱気はもちろん、
 キャストのテンションもすっごいことになってましたもん(笑) 
 当選者を決めるボードを回す度に、
 「ラッキー一丁入りますっ!!」「ラッキー一丁!!」「ラッキー一丁!!」(爆)
 そしてボードが止まり当選者が決まったら決まったで、
 「はいラッキー!!」「ラッキー!!」「ラッキー!!」(爆)(爆)

 ―ここは威勢のいいラーメン屋かっ!!(爆)(爆)(爆)

 それにしても、楽しそうだったなぁ幕張の会場…vv
 このコーナーが来るまでは、たとえスクリーン越しでも、
 リアルタイムでイベントを観れるだけでありがたいと思ってましたけど、
 さすがにこの瞬間だけは
 「今すぐ東京に飛んでいきたいっ(≧ε≦) 」という気持ちでいっぱいでした…(苦笑)
 
・そんなこんなで、あっという間に2時間が過ぎ。
 “祭りの終わり”の時間が刻一刻と近づいてきて…。
 キャストの皆さんから、それぞれ最後の挨拶が。
 個人的には、吉野さんからの言葉がすっごく感動的だった気がしたんですけど、
 もう誰が何を言ったかなんてほとんど内容は覚えていないくて…(汗)
 あ、でも中村さんの言葉だけは、はっきりと鼓膜に焼き付いてます(●°∀°●)
 「あんまり多く話すことはないんだけど…9月18日に劇場で会おう、フラッグファイター!!☆」 

 グ ラ ハ ム 隊 長 、 降 臨 !!

 嬉し過ぎて、思わずちょっと泣いてしまいましたよっ…!!(ΩдΩ)(感涙)

・イベントンのラストを飾るのは、もちろん例の『ダブル、オー!!』コール♪
 壇上に登場したラッキーイノベイターの6名の方々、キャストの皆さん、幕張の会場、
 そして私を含め各地のライブヴューイングに参加していた人達、
 一体どれだけの人があの瞬間に、『ダブル、オー!!』と拳を振り上げたのか…。
 思い出すだけで、今もまた感動の為に鳥肌が立ってしまいそうです。

**************************

 特に最後の方、若干駆け足になってはしまいましたが、
 とりあえずこんな感じで今回のイベントの報告を完了させていただきます!!
 足りない部分は、他の方々がUPしている素晴らしいレポートで補完してください★(←他力本願)
 福岡からのライブヴューイングでの参加となった私ではありましたが、
 それでも、本当にこれ以上ないくらい楽しむことができましたっ♪
 
 福岡の中洲大洋映画館さん、素敵な空間を提供してくださりありがとうございました^^

関連記事
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://grhm2307.blog.fc2.com/tb.php/115-f6be7985

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。