スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
劇場版 機動戦士ガンダム00『-A wakening of the Trailblazer-』感想③ 

 (元記事作成日:2010/09/22)

 引き続き、劇場版の感想です。

 ※以下、全力で本編のネタばれとなってますので、閲覧は自己責任で!!

【劇場版 機動戦士ガンダム00『-A wakening of the Trailblazer-』感想③】

・ELS来訪―この予期せぬ事態に、
 トレミーの面々は今後の対応を論じます。
 二期からちょっと思ってたことなんですが、
 こういう作戦会議の場面でのマイスターズの立ち位置(立場)って、
 ある程度固定化されて描かれてきてますよねー(゜∀゜)
 まず前提として、
 戦術予報士であり艦長的役割を担うスメラギさんの存在が場の中心にあって。
 その隣に、参謀役っぽい雰囲気のティエリアが背筋をピン!!と伸ばして立ってる。
 (スメラギさんにしょっちゅう反発してた一期の彼からは想像もできない姿!!)
 でもって、
 とりあえずアレルヤが否定もしくはネガティブな発言を挟んできて、
 (笑・でもこれってすごく大事なことですよね)
 年長者らしく本質を突く発言でライルが議論に道筋をつけたところで、
 刹那が直感系(??)の一言を発し、「方針決定!!」みたいな。
 今回の劇場版でもその一連の流れを見ることが出来たので、
 なんだかすっごく懐かしい気持ちになりましたー(*≧∀')ъ
 まぁ、今回ばかりはさすがの刹那も、「分からないんだ…」としか言えていませんでしたが…;;;

・切り札・クアンタによる対話の可能性も残しつつ、
 現実的にはELSと戦う以外に道はないということでトレミー内の意見はまとまります。
 そして、ELSのもとへ舵を切ったトレミーは、
 やがて連邦軍とELSが交戦する宙域へと到着し…。

・ガンダム各機が出撃。
 その中で唯一、ラファエルの太陽炉から赤いGN粒子が出ていて。
 これって、ヴェーダの生体端末であるティエリアが、
 二期のイノベイター機を参考に自分で製造して(!!)疑似太陽炉載っけたから、でしたよね、確か??
 画面観ながら一瞬「えっ!?」ってなりましたけど、この設定思い出してすぐに納得♪
 つーかもう色々アーデさんが素敵過ぎます///

・連邦軍の先遣隊を壊滅させたEJSの大群、次の標的はガンダムっ!!(≧△≦;)
 圧倒的な数で襲い来る敵を前に、マイスターズの面々も苦戦を強いられ…(汗)
 
・そんな状況を打開する為、ELSとの対話を試みようと、
 刹那はダブルオーのライザーシステムを発動させますっ!!
 ―しかしながらその対話は、
 ELS側からもたらされる膨大な量の情報を処理しきれない刹那の脳が
 ブラックアウトしたことで終了。
 刹那が意識を失い、ダブルオーの貯蔵タンク内のGN粒子も底をつき、
 正に絶対絶命―っ(@□@;)

・…TVシリーズ同様、劇場版でも開催された“裸祭り”ではありましたが、
 この演出、やっぱりどうしたって私には受け入れられません…(苦笑)
 “裸”=“あるがまま”っていう状態を観てる側に伝えたいとの意図はよく分かるんですが、
 これじゃぁあまりに発想が安直ですよね、
 在り来たりというか…何より目の遣り場にこまるし…(←一番の理由)

・ここからの一連のシーンがすっごく好きですっ(*≧∀')ъ
 ある意味、後半の総力戦以上に燃えましたっっっ!!

・刹那を救うべくELSの大群のただ中に飛び込むサバーニャ、ハルート、
 ラファエルの3機でしたが、
 どうにもELSの数が多すぎて自分たちの身を守るだけで精一杯っ(汗)
 そして―互いに背中合わせで戦う3機のガンダムっ!!(燃)
 
 このシーンっ!!この画っ!!!!!!
 
 ちょ、やややばいですっ(≧∀≦)/
 私の00魂に火がついたっっっ☆熱いぜっ!!
 ありがとうELS!!こんな状況を作ってくれてありがとうっvv
 なんか上手く言えないんですけど、このシュチュエーションがすっごく好きです♪
 ベタではありますが、“背中を預け合える仲間”って感じで。
 たとえ同じ状況でも一期の始めあたりとかならきっとこんな風には戦えないですもんね!!
 (ティエリアなんて、刹那に「君を後ろから撃つ」とか言ってたし・笑)
 普段ベタベタ仲良くしてるわけじゃないマイスターズですけど、
 様々な経験を通し築き上げてきた確かな絆が、彼らの間にはある。
 そう思うと、テンション燃え燃えになると同時に、
 それとはまた違った熱が胸に込み上げてきます―…っ(ΩдΩ)

・し・か・も・で・す・よ・っ!!(※このテンションまだしばらく続きます・笑)
 
 ティエリアがぁぁぁぁぁぁあああっ!!(絶叫)
 
 イノベイドとして強い脳量子波を持つ彼は自身を囮にサバーニャとハルートからELSを引き離し、
 且つセラヴィー(懐かしい!!)を起動させ刹那救出へと向かわせますっぅぁぁぁ!!
 「僕だって脳量子波は使える!!」
 「ティエリアっ!!」
 「―刹那を頼むっ!!」
 「!?お前っ!!!???」
 「来るべき対話の為に…刹那をやらせるわけにはいかないっ!!」
 ELSの大群を一身に引き受けたラファエルの救出に向かうロック&アレでしたが、
 ティエリアの強い覚悟を知り、
 機体を反転させダブルオーへのもとへと急ぎ…。
 一方、一足先にダブルオーの前に到着したラファエルは、
 自身がELSに侵食されるのも厭わず、
 刹那のいるコックピットを力づくでもぎ取り、それをサバーニャに託します。
 「刹那を回収した…トランザムでトレミーへと向かう」
 この時の、ライルそしてアレルヤとマリーの表情が切ない…(涙)
 サバーニャとハルートが離脱し、
 そこに残ったのはELSに機体を侵食されラファエルと、
 痛みに顔を歪めるティエリア―…。
 それでも、その顔が少し笑んでいるように見えたのは、
 “大切な仲間を守ることが出来た”と彼が思ったからでしょうか…っ??(涙)
 「―っトランザム!!」
 そして、無数のELSと共に、自爆するラファエルとセラヴィーの機体…(≧△≦;)
 
 一期でキュリオスが人革連に鹵獲されそうになった、あの時、
 敵共々キュリオスまで葬り去ろうとした、あのティエリアが、
 今ではこんなに仲間思いの熱いキャラクターになるなんて―っ!!
 これで彼が死んだとは思いませんでしたが、 その熱い志にただただ感動したっ!!
 一期21話で自分の右目を犠牲にしてもティエリアを庇ったニールを思い出したよっ!!

・トランザムにてトレミーへの帰投を急ぐサバーニャとハルート。
 しかしながら、そんな彼らをELS達が見逃すはずもなく。
 さらなる追っ手がサバ&ハルを猛追してきます(@□@;)
 ―そして今度は、ハルートがっ!!
 刹那を無事逃がす為、
 脳量子波がより強いハレルヤとソーマの人格が浮上、
 ラファエル同様にELSを自らの方へと誘導しサバーニャから離れていきます。
 そしと最後に残ったのは、刹那のコックピットを抱えたままトレミーへと急ぐサバーニャだけ…。

・さすが機動性に優れたハルート、
 超兵の能力ももちろん要因としてはあるのでしょうが、
 ELS相手にとった一定の距離を縮めさせることのないまま、
 もの凄いスピードで宇宙空間を爆走しまくりますっ!!(*≧∀')ъ
 でもってGNミサイルやらなんやらで攻撃を加えてはいくんですが、
 なかなかELS相手には効果が薄いようで、
 普段は余裕綽々のハレルヤの表情にも焦りの色が…(´δ`;;)

・ラファエルとハルートの攪乱により
 ELSから逃れることができた―かのように見えたサバーニャでしたが、
 それでもやっぱり追いかけてくるELS…っ(絶望)
 ライフルビットを後方に展開させ防衛を図るライルでしたが、
 その全てが破壊され、
 サバーニャのトランザムも限界時間を迎え―やられるっ!!と思った、その瞬間っ!!!!!!

・皆さん、遂に待ちに待ってた瞬間が訪れてくれました!!さぁ一緒に叫びましょう♪
 
 私の乙女座がキター(゜∀゜)ーっ☆
 
 あああああああああぁぁぁぁぁぁ…っっっっっっ!!!!!!(←声にならない)
 5人の隊員達の先頭を、誰よりも早く、誰よりも華麗に時に泥臭く、飛ぶ、
 ―私が憧れて憧れて憧れ続けたユニオン時代のグラハム隊長が、
 永い永い回り道の末、ようやく私のもとに戻ってきてくれました…(号泣)
 あああああああああぁぁぁぁぁぁ…っっっっっっ!!!!!!

・―さて、先遣隊の応援に駆けつけた彼ら―ソルブレイブス隊ではありましたが、
 時既に遅く味方は全滅状態…orz
 だからといって、ただ意気消沈と肩を落とすだけの乙女座ではありませんっ!!
 死した仲間の為、全力をかけて戦う―それがグラハム・エーカという男っ(≧∀≦)/
 「弔い合戦だっ!!」
 もうね、素敵過ぎます、エーカ隊長っ///
 しかもさすが精鋭揃いのソルブレイブス隊、
 乙女座以外の面々もめちゃくちゃ強いっ☆
 彼らの助太刀のおかげで、サバーニャとハルートも何とかELSから逃れることに成功っ、
 無事トレミーへの帰還を果たしますヾ(*^∀^*)
 
・それにしても乙女座の戦い方マジでかっこ良すぎですvv
 劇場版補正を差し引いたとしても、
 今の彼のパイロットとしての能力値の高さは
 00の世界でも間違いなく一ニを争うレベルでしょう♪
 特にすごかったのが、
 飛行中に急ブレーキをかけギリギリまでELSを引きつけた上で、急・上・昇!!
 下方のELSの大群に火器を構え、一撃でそれらを焼き尽くしたっ!!!!!!
 なんてむちゃくちゃな戦い方っ!!(≧∇≦)重力とか大丈夫ですかっ!?
 でも、それでこそ私のグラハムっっっ!!
 やっぱり私は彼のことが大大大好きですっ///

・トレミーは粒子攪乱の為のミサイルを撃ち込み、
 ガンダム各機を収容後、現宙域を離脱。
 それを見届けたソルブレイブス隊もトレミーと合流すべく、
 かの宙域を離れます―。

・そしてそこに残されたのは、球体に集合したFLSの大群―…。

※④に続きます!!

関連記事
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://grhm2307.blog.fc2.com/tb.php/127-c95336f0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。