スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガンダム Gのレコンギスタ 第1話 『謎のモビルスーツ』、第2話 『G-セルフ起動』感想 
 
ガンダム Gのレコンギスタ  1(特装限定版) [Blu-ray]ガンダム Gのレコンギスタ 1(特装限定版) [Blu-ray]
(2014/12/25)
石井マーク、嶋村侑 他

商品詳細を見る


 さて!遂に地上波での放送が始まりましたね、「Gのレコンギスタ」。
 富野由悠季監督作品ということで、
 首を長~くしてこの日、この時を待っていらっしゃった方も多いだろうと思います。
 
 かくいう私も、違った意味でこの地上波での放送解禁を待ち構えていました。
 そう、「世間一般の方の、このアニメに対する率直な感想を知りたかったから」です。
 先日、劇場での特別先行公開版を観に行った私の本作1~3話に対する印象は、
 この感想記事を読んでいただければお分かりの通り、
 正直「微妙…」ってしか言いようがないもので。
 ところが、帰宅後ネットでの評判を見てみると、
 ブログやTwitterでも目につくのは絶賛、絶賛、これまた絶賛。
 私が富野監督の作品を観たことがなくて“慣れて”いない、という状況を差し引いても、
 自分の感想との世間のそれとのあまりの乖離っぷりに、
 戸惑いを覚えずにはいられませんでした。

 そんなある日、ふいに目に留まった文章がありました。
 細部は覚えてないんですが、要約するとこんな感じだったと記憶しています。
 「富野作品で育って、富野作品が大好きでお金を出して先行版観に行く人たちと、
  そうでない一般視聴者とは抱く感想も変わってくるのではないか」みたいな(適当ですみません;;;)
 なるほど、とすとんと胸に落ちてくる言葉でした。
 このブログでガンダム好きだ好きだと騒いでる私ですが、
 視聴済みのガンダムを挙げても00、AGE(好きじゃなかった)、UC、BFぐらいしかないですし、
 繰り返しになりますが、なにしろ富田監督のガンダムを観たことがない(早く観ろ)。
 そんな私と、富田監督の作品が大好きな人たちの感想が同じであるわけがないし、
 そもそも比べること自体が間違いなんだと、そう気付いたんです。
 敢えて比べるのであれば、自分と近しい立場の人の感想だよな、と。

 というわけで、特別先行というある種限られた環境で視聴されるような方の感想だけでなく、
 ガンダム興味ない方や、私みたいに視聴シリーズ少ないような方の感想も出てくるであろう、
 地上波での放送開始を心待ちにしていた私なのでした。

 観た作品こそ少ないですけど、
 私がガンダムという作品の世界観にどっぷり魅了されてるのは事実ですし、
 Gのレコンギスタも(私的に)最初の掴みは微妙だったけど、
 これから話数進んでいくうちに面白さが見い出せればいいな、と思っています。
 とはいっても現段階では、所謂“冨野節(?←私自身初めてなのでよく分かっていない)”なのでしょうか、
 作品に溢れる独特の雰囲気や言葉遣いに戸惑っているところなんですが(苦笑)
 そんなモヤモヤ感も含めて、私なりの感想を、簡単にではありますが書き留めていますので、
 興味のある方は追記以下をご覧ください。

 ※ネタバレがありますので、ご注意ください!!!
 
【ガンダム Gのレコンギスタ 第1話 『謎のモビルスーツ』、第2話 『G-セルフ起動』感想】

・早速ですが、OPの映像に本編の使いまわしらしきカットが多すぎて…(゜口゜)ポカーン
 直近のガンダムであるBFのOP映像がすっごくかっこよくて素敵だったので、
 同じロボアニメだしガンダムだしと、期待してた分、脱力感が大きい…。
 曲自体はすっごく好きな感じだったので、尚更(;´Д`)
 普段あんまりアニメ観ないから分からないけど、こういうものなんでしょうか…?(戸惑い)

・特別先行版の時も思ったけど、
 学生のチアガールが簡単に操縦席に逃げ込めちゃう状況がよく分かりません(;´Д`)
 操縦席って、乗客の命預かってるって意味でも、本来厳重であるのが普通なんじゃ…。
 正体不明のG-セルフのパイロット(しかも記憶喪失中)輸送してるんだし。
 不審者とか簡単に侵入できてしまいそうやん;;;

・そして、ノレドアップでの謎の3段階カット。
 この場面で必要な演出なのかな?
 そりゃぁ、キャピタル・アーミィなんかは、今後にも関わってくるキーワードなんだろうけど。
 ここで使うなら、もっと相応しい場面があったような気もします。

・実習中、ベルリが指先を怪我するんですが、
 そこから出た血が、G-セルフ起動の為の特定条件と関係しているのかな?

・レクテンに乗ったベルリとG-セルフの邂逅。
 このシーンでのベルリの反応も、なんだか素直に受け入れがたいんですよね。
 超ポジティブシンキングと捉えればいいんだろうけど、
 敵かもしれない正体不明機を前にして (*'ω'*) な反応…。
 それでなくても、初めての宇宙での実習中なのに、緊張とかないんだろうか?
 
・レクテン、顔面は恐ろしくダサいデザインだけど、
 対G-セルフ戦では普通にかっこよくて、燃えますvv
 とても作業用MSとは思えない!ベルリの腕もいいんだろうな。

・「海賊をやるなんて、やめなさいよ!」
 これ!こういう言い回しが、独特過ぎて違和感(ノД`)・゜・。
 出てくる度にびっくりして、思考が止まってしまって、
 本編の内容が頭に入ってこなくなります(苦笑)
 話数が進むうちに、慣れるといいな…。

・戦闘の末、レクテンに鹵獲されたG-セルフ。
 パイロットのアイーダ曰く、「この機体、今日はなにかおかしかった」とのこと。
 やっぱり、ベルリに反応したからなのかな?
 実際、その後すぐにベルリはG-セルフのハッチを開けることに難なく成功、
 その上起動までさせちゃってますしね。

・今回はスペシャルということで、引き続き第2話。
 冒頭から、如何にも裏がありそうなオジ様・クンパが搭乗しましたね。
 G-セルフの鹵獲にベルリが関わっていたことを知り、「すべて偶然だろう」と呟きますが、
 果たしてどうなのでしょう?
 そもそもベルリって、この人にとってどういう存在なのだろうか?
 公ではキャピタル・タワーの運行長官の息子って立場のようだけど、
 隠された出生の秘密とかがありそうですよね?
 だからこそG-セルフも彼に反応するんじゃないかな?

・正体不明で且つG-セルフを動かせるっていう超重要人物であるはずのラライヤを、
 学校に編入させて、同じ年頃の女学生に面倒見させるなんて、
 キャピタル・アーミィって組織は一体どうなってるんだろう?(;´Д`)
 一応、監視はつけてるみたいだけど…それにしたって。
 …だめだ、もう一時が万事、あれこれが気になって仕方がない…。

・G-セルフとアイーダを奪還しようとする宇宙海賊が襲来。
 ベルリたちは、囚人の塔に捕らわれているアイーダのもとへ向かいます。
 迷路のような塔の内部に戸惑いながらも、塔の最上階付近でアイーダを発見したベルリとノレドは、
 なんとかアイーダと合流。
 しかし、塔に留まるのは危険と判断、
 宇宙海賊を追い返すべくG-セルフを動かせるベルリは機体のある25番ハンガーを目指します。

・ベルリたちと共にいるアイーダをMSのコックピットから視認した宇宙海賊のカーヒルでしたが、
 アイリス・サインなるものを、
 アイーダのみならずベルリにも確認できることに動揺を隠せない様子。
 そもそもアイリス・サインとは何なのか?
 モニター越しに、ベルリとアイーダの瞳が赤く発光する現象を指しているようですから、
 やはりベルリの生体反応が鍵なのでしょうか?
 G-セルフの起動条件にも、ベルリの血が関係しているっぽかったし。

・アイーダは、カーヒルから“姫様”と呼ばれているようです。
 それは単に宇宙海賊の中での特別な位置づけとしての呼称なのか。
 それとも実は、アメリアの王家的なものの血筋だからなのか。
 一般人らしからぬ言動を見せているアイーダだから、やっぱり後者かな。

・ベルリの動かすG-セルフとカーヒルのグリモアが交戦。
 結果、G-セルフの放った攻撃が、グリモアのコックピットを貫き、
 カーヒルも帰らぬ人に…。
 カーヒルはアイーダにとってひとりの部下として以上に大切な存在だったようで、
 彼を殺してしまったベルリを詰ります…泣きながら…。
 一連の明るい雰囲気が一転、一気に重い感じのまま、第2話は終了です。

 
 というわけで、ざっくりと第1話と2話の感想でした。
 まぁ、感想というより、ひたすらツッコんでると言ったほうが正しいような様相ですが(苦笑)
 まだ始まったばかりだし、分からないことも多いので、
 疑問形が多くなるのも、どうしたってしょうがないですよね?
 …そういうことにしておいてください。

 今のところは、冒頭でも長々書いたように、
 「面白い!」というよりは「うーん…」って感じが強いGのレコンギスタですが、
 一応今後も視聴は続けるつもりですし、できる限り感想も書いていこうと思っています。

関連記事
 
かさばる兄さん #-
No title 
まりおさん、こんばんは!
お互いGレコの感想文的なものを始めたようですねw
やはり他人の目の付けどころや感じ方は気になるもので、楽しく読ませてもらいましたw

次回が待ち遠しくても待つ!w(なんちて)
常世草 #-
No title 
富野監督作品に慣れてないと、あの独特なセリフに翻弄されますね。慣れていても翻弄されます。
脚本のように整ったセリフではなく感情的な生のセリフだから、ちょっとおかしく聞こえますね。勢いがあって好きなんですが、たしかに変。好きになるとこれがクセになるんです…。
「ミノフスキー散布」なんてセリフがまた地上波で聞けるだけで嬉しい、というのはOO放送から十五年ほど経ってある日突然「トランザム」などの懐かしい言葉が聞こえてきた、と言うと分かりやすいかもしれません。往年のファンは待ち遠しくても待ってしまうんです。
まりお #qjsITxmk
かさばる兄さん様☆ 
かさばる兄さん様、こんにちは☆そしてコメントありがとうございます!
私もかさばる兄さん様の感想読ませていただきました。正直、全然Gレコの世界観についていけてなかったので、すごく勉強になりました。やっぱり他の人の視点を知るのって大事ですよね。本当にありがとうございます^^

次回予告のセリフですねvvその言い回しはもちろんですけど、声優の方の棒読みっぷりにも笑っちゃいました(笑)
まりお #qjsITxmk
常世草様☆ 
常世草様、こんにちは☆そして、コメントありがとうございます!

地上波での初回放送、独特の台詞回しに翻弄されまくりでした、私(笑)でも、トランザムの例えは分かり易かったです。
常世草様が仰るように、クセになるレベルまで到達できるよう、精進したいと思います^^
urahana3 #-
No title 
こんにちはー!
同じくガンダムライフを楽しむ主婦として、共感してしまう部分がいっぱいで思わずコメントせずにはいられません(^_^;)

「海賊をやるなんて、やめなさいよ!」で、思わず「うわ~コレコレ!たまらん~」となってしまった奴なので、まりお様の感想を読んで成程、と思わされました!

正直私もレコンギスタ、「ストーリーが」面白いとは殆ど思いませんでした。何というか、往年の冨野作品に重ね合わせてセリフの言い回しや、モビルスーツの描写などに懐かしい物が透けて見えるというか、
そういう部分に「ニヤリ」としながら楽しんだだけで、純粋に引き込まれるストーリーなのかというとそうは感じなかったですね。

主人公の物言いにカミーユやジュドーがちらついたりしてしまうので、そんな前置きがない層にはあまりウケないアニメと化すだろうなぁと今から思います。

私は00もUCも、ウィングもSEEDもそれぞれ好きです~
演出、音楽、デザイン、キャラ性などそれ単独のアニメとしてすごく魅力的に作られてますよね!
「ガンダム」として観ると、ニワカだの何だの言われがちですがひとつの作品として求心力のある物に仕上がっているというのはとてもすごい事だと思ってます

とりとめがなくなってきましたが、ガンダムを観るにはファーストから全て観ていなきゃいけない訳ではないですし、「これが面白い!」ってだけで全然いいんじゃないかな~と思ってる人間です(^_^;)
はい、Gレコは今のところ微妙です(笑)
まりお #qjsITxmk
urahana3様☆ 
urahana3様、はじめまして!当ブログへのご訪問、そしてコメントありがとうございます^^
ガンダムライフ主婦仲間ということで、ぜひ今後も仲良くしていただけると嬉しいです!

urahana3様は富野監督の歴代のガンダム作品も鑑賞されているんですね!私も頑張らねば…。
しかもHP拝見させていただきましたが、ガンプラもご自分で作られるということ…すご過ぎです!
私も最近ガンプラに興味があるんですが、120%鑑賞専門なので、urahana3様のようなモデラーの方、本当に尊敬します><

そうですよね、富野監督の他の作品を観ていないことにコンプレックスを感じてばかりいても、作品を真正面から楽しめませんよね。Gレコに対する自分の素直な感想を、たとえそれが賛否どちらであっても、大事にしていこうと思います。

秘密にする

 
トラックバックURL
http://grhm2307.blog.fc2.com/tb.php/136-915b3346
 
ガンダムも深夜放送になる時代なんですね。 EDがぶっ飛んでいましたね(笑) 本当はこっちをOPにしたかったんだろうなぁ。 倉庫にザクやリックディアスがあったのには、興奮しましたよ。 ●「第1話 謎のモビルスーツ」 ●「第2話 G-セルフ起動!」  ガンダム Gのレコンギスタ 公式サイト 【Amazon.co.jp限定】ガンダム Gのレコンギスタ 1(特装限定版...
 
ガンダム GのレコンギスタのTV初回1時間SPを見ました。 第1話 謎のモビルスーツ 宇宙移民と宇宙戦争の歴史となった宇宙世紀が終焉後、しばらくの刻が流れた。 新たな時代、リギルド・センチュリー(R.C.)を迎えた人類の営みと繁栄は、平和と共にこのまま続いて行くものだと思われていた。 R.C.1014年。 地上からそびえ立つ地球と宇宙を繋ぐ軌道エレベータ、キ...
 
『G-セルフ起動!』
 
「そういう気分でいるから、殺しあうようなことが起きるんです」久しぶりの富野ガンダ
 
TV版「ガンダム Gのレコンギスタ」1話を視聴。 注目したいのはベルリとアイーダの初対面のシーン。 アイーダをじっくり見つめるベルリ。 ベルリはここでアイーダに一目惚れしてしまう。 このシーンで面白いのは通常の時間の流れとは違うこと。 ベルリの主観的時間をイメージBGを使いながら、 ベルリから見たアイーダが一目惚れするほど鮮烈だった事を描いている。 ...
 
冨野監督による、ひさびさの宇宙世紀を舞台にしたガンダムの続編。  宇宙世紀も終焉を迎えた未来が舞台。  冨野節でしゃべるキャラたちの群像劇が面白そうですね!  宇宙移民と宇宙戦争の歴史となった宇宙世紀が終焉後、しばらくの刻が流れた。 新たな時代、リギルド・センチュリー(R.C.)を迎えた人類の営みと繁栄は、平和と共に このまま続いて行くものだと思われていた。 R.C....
 
[新]ガンダム Gのレコンギスタ 第1話・第2話 『謎のモビルスーツ』『G-セルフ起動!』 ≪あらすじ≫  宇宙移民と宇宙戦争の歴史となった宇宙世紀が終焉後、しばらくの刻が流れた。  新たな時代、リギルド・センチュリー(R.C.)を迎えた人類の営みと繁栄は、平和と共にこのまま続いて行くものだと思われていた。  R.C.1014年。  地上からそびえ立つ地球と宇宙...
 
「ガンダムGのレコンギスタ」 第1話「謎のモビルスーツ」 第2話「G−セルフ起動!」 宇宙移民と宇宙戦争の歴史となった宇宙世紀が終焉後、しばらくの刻が流れた。 新たな時代、リギルド・センチュリー(R.C.)を迎えた人類の営みと繁栄は、平和と共にこのまま続いて行くものだと思われていた・・・。 R.C.1014年。 地上からそびえ立つ地球と宇宙を繋ぐ軌道エレベータ「キャピ...
 
ガンダム Gのレコンギスタ 第1話    ~ 第2話  G-セルフ・起動! R.C.1014年。  地上からそびえ立つ地球と宇宙を繋ぐ軌道エレベータ、キャピタル・タワー。  地球上のエネルギー源であるフォトン・バッテリーを宇宙よりもたらすが故に神聖視された場所である。  そのキャピタル・タワーを守護すべく組織されたキャピタル・ガード候補生のベルリ・ゼナムは、初めての実習...
 
久しぶりの富野由悠季ガンダム。 タイトルに濁音を入れたいそうですw 「の」も入っているし、いいんじゃないですかー。 以下ネタバレあり。 【Amazon.co.jp限定】ガンダム Gのレコンギスタ 1(特装限定版) (全ディスク収納オリジナルデジパック付) [Blu-ray](2014/12/25)石井マーク、嶋村侑 他商品詳細を見る
 
先行配信した冒頭10分を見た時、ヒロイン出てこないなあ。と思ったら、後半出まくりだったんですね。そして最初から出てきた褐色の少女は、G…G…!!こればっか言ってました。ゴキブリかよと突っ込みたくなった。 いよいよ本編!冒頭10分の感想は、・▼記事▼:『ガンダム Gのレコンギスタ』第1話冒頭10分の感想&10月から本放送開始!!こちらを御覧ください。ベルリ訓練中にガ...
 
新番組のお試し視聴です。富野監督の新作と聞いて、とりあえず視聴してみました。 ・・・が、???の連発でした。(^^; 突然空からガンダムっぽいモビルスーツにのって女の子が落ちてきたと思ったら、あっさりと捕獲されてしまいました。そこから、急に物語が飛んで、軌道エレベーターでのお話になりました。そこに主人公のベルリも乗り込んでいたのでした。訳がわからないのは、そんなベルリを応援するチアリ...
 
元気だ……元気のGだ。元気な爺だ。 ファンだけど富野総監督もそりゃ歳だからというような前置きは完全に杞憂の初回2話。 ゴチャゴチャ人が出てきてゴチャゴチャ喋りながらゴチャゴチャと出会っていく。 セリフは親切じゃないけどきっちり説明してきて、それでいて止まらないスピード感。 ああ、富野アニメ見てる! という確かな手応えだけでなんかもう十分にお腹いっぱい。 とりあえず一回見ただ...
 
 1回目→よく分からん。  2回目→何これ面白くてたまらんのですが。
 
ガンダム・Gのレコンギスタ1話・2話、勢いに圧倒されてしまったので、気になったことだけ書いていきます。Fate感想にちょっと書こうとしたら、長くなってしまったので今回だけ単独記事に! ただ自分は富野監督作品は初代ガンダム、キングゲイナーしか全話観ていないの...
 
Gremzキーワード:オゾン層 今期新アニメ第2弾〜やっぱり、ひと言^^; *新番組*『牙狼〈GARO〉-炎の刻印-』 I 業火 HELL FIRE CG〜〜〜 まず女性の方を助けるわけにいかなかったんかい! 炎の中色々ありえんじゃろ! とツッコミつつ^^; ぅぅん・・ あんま...
 
つかめプライド つかめサクセス 元気のGは 始まりのG~♪ Gのレコンギスタ~♪ いや~、宮國がんばりましたね! 気分が良いので、この勢いのまま秋の新番感想を。 予告通り、今期は少しスタイルを変えてお送りします。 内容を語るより、内容を受けて何を感じたか。その部分をより強調していきたい。 個人的には先行上映で3話まで先に観てしまったのでね。 あまり新鮮さは感...
 
ガンダム Gのレコンギスタ 私だ TBS1話「謎のモビルスーツ」〜2話「G-セルフ起動!」の1時間SPです アジア大会バレーの延長で予定より遅い時間帯の放送になりましたね OPは「BLAZING」 曲は別にいいんだけど映像が本編からの流用っぽいのが残念だなあ 1話 字幕表示しな...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。