スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガンダムビルドファイターズトライ 第1話『風をよぶ少年』感想 
 
ガンダムビルドファイターズトライ Blu-ray BOX 1(スタンダード版)(期間限定生産)ガンダムビルドファイターズトライ Blu-ray BOX 1(スタンダード版)(期間限定生産)
(2015/03/27)
冨樫かずみ、内田雄馬 他

商品詳細を見る

 遂に!遂に始まったガンダムビルドファイターズトライ!!!
 しょっぱなから、熱っつい展開で燃え燃えでしたね(*'ω'*)
 特にBパート終盤、目まぐるしく変わる展開に圧倒されてしまいました!!!
 いいわぁ、やっぱりビルドファイターズいいわぁっ!!!やっぱ私はGレコよりこっちだな!
 
 というわけで、以下記念すべきBFTの第1話の感想です( *´艸`)

 ※ネタバレがありますので、ご注意ください!!!
【ガンダムビルドファイターズトライ 第1話 『風をよぶ少年』感想】

・嗚呼、懐かしきガンプラバトルシステムの音声vv
 前シリーズの最終話で触れられた通り、
 システムの提供者表示もPPSE社からヤジマ商事にばっちり変わってましたね。
 あれから7年、キャロちゃんかニルスのどっちかが異例の早さで社長に就任してたりしたら面白いのにvv

・主人公のホシノ・フミナ登場。
 ………ってか、メインビジュアル出たときにも思ったんですけど、
 彼女のバトルコスチューム、胸が強調され過ぎ&エロ過ぎじゃないですか?vv
 ♀の私ですら「ちょvvおっぱい大きいっ!(´゚д゚`)」ってなっちゃいましたよ(笑)
 中学3年生であれって…今後が末恐ろしいわ…(ガクブル)

・フミナの機体、パワードジムカーディガンが出撃。
 どうやらこれはタイマンのガンプラバトルじゃなくて、
 宇宙要塞ア・バオア・クー(違ったらすみません)内のラスボスを倒すのが目的のようですね。
 というわけで、冒頭から多数の機体が入り乱れるお祭り状態vv
 出てくる機体が多過ぎて、もはや私には何がなんだか!(嬉しい悲鳴)
 しかも、演出がなんか良い意味でオシャレで、気合入ってる感じ。映画みたい!
 そして、相変わらず林ゆうき氏の音楽が素敵!!!

・要塞内への侵入に成功したパワードジムカーディガン。
 他の機体が軒並みリタイアしてる中唯一生き残ってる状況から察するに、
 フミナのガンプラ操縦技術も一定のレベルには達しているみたいですけど、
 実際どんなもんなんだろう?

・「ガンプラが好き。ガンプラが好き。
 でも、一緒に戦おうと約束した人は、私とは違う道に進んで。…諦めたくない!」
 フミナの独白も気になるけど、今はそれよりも絵!
 ちょ、そこにいるそこの人!

 ユウキ先輩じゃないですかっ!?(叫)

 まさか、開始早々前シリーズのキャラが顔見せするとはvv
 最初はてっきりラルさんだろうと予想していたので、これは良い意味で斜め上でしたvv
 それにしても、アーティスティックガンプラコンテストの最優秀賞者であるユウマを讃えてる構図のユウキ先輩、
 前シリーズの最終話エンドロールに引き続き、キレイ(笑)なユウキ先輩でしたね。
 今もメイジン・カワグチとして活動続けているけど、
 とりあえずあのとち狂った恰好(←失礼)とキャラ設定はやめたみたいなので、一安心。
 …でもなんだろう、安心感とは別に、なんとなく寂しい&物足りない気も…(爆)

・そしてチナの弟、コウサカ・ユウマ。
 フミナのモノローグから、
 今はともかく、かつてはこの二人が近しい関係だったことが分かりますね。
 一緒に戦う約束を交わしてた…って、私的にこれはちょっと意外でした。
 一体何が、二人の道を違えさせたんだろう。
 ユウマがガンプラバトルを辞めた理由ともリンクしてそうだし、めっちゃ気になります。

・場面変わって、カミキ・セカイ登場です。
 その第一声を耳にした瞬間、「声の感じ“も”レイジっぽいな」と思った私。
 声質はもちろん、声優さんが敢えてレイジに似せた演技してるような気がします。
 というわけで、ビジュアルや設定に加えて、
 声までレイジ似ということでほぼ彼の関係者で間違いなさそうなんですけど、
 そうすると今度は姉・ミライの存在が引っかかってくるな…。
 彼女、セカイと比べると“アリアンから来たっぽさ”があんまりないですし。
 髪や目の色など見た目も共通点無いし、果たして血の繋がった姉弟なんだろうか…?
 それにしても、なぜ姉の居場所を知らないんだ、セカイ…。

・セカイこてんぱんにやられたらしいチンピラたちが、
 助かったとばかりに通りがかりのお巡りさんにすり寄っていくシーンに笑ってしまいましたvv
 無駄に動きいいな(笑)

・その頃、聖鳳学園では先日のコンテストで賞をとったコウサカ・ユウマが、全校集会で壇上に。
 校長からの賛辞はもちろん、生徒たちから上がる賞賛の声・声・声。
 黄色い声援も交じってるし、ユウマは女の子からも人気があるようですね。
 まぁ、彼はビジュアルが良いですしね!私も初見でばっちり落ちましたから!(笑)
 そんな中、ひとり浮かない顔のフミナ。
 ユウマを「ユウ君」と呼んでいるところからも二人が親しい関係だったことが分かりますが、
 ユウマの中学入学を機にそれが変わってしまったのかな。
 ―桜舞う回想。
 「ガンプラバトル部に入部しないって、どうしてなの?」
 「…興味を失ったんです…ガンプラバトルというものに」
 彼がガンプラバトルに入部して一緒に戦うことを信じて疑っていなかった様子のフミナは、
 今でも納得していない表情ですね。
 ユウマもユウマで、
 模型部に所属してるってことはガンプラそのものが嫌になったわけではないんだろうし、
 来週含め物語の前半は、この二人の関係性がキーポイントになってきそう。

・なんか変な髪形のキャラクターが出てきたvv
 フミナ曰く“カマキリ男”というこやつはミヤガ・ダイキ。
 聖鳳学園プラモデル部の部長というこの彼は、
 常日頃からフミナを模型部に勧誘している様子ですが、彼女との関係は良好とは言い難いようで。
 まぁ、現在のガンプラバトル部の惨状が、
 プラモデル部の引き抜きによるものだとすれば嫌われるのも至極当然ですよねvv
 しかもどうやら彼、フミナに気があるらしいしvv
 とりあえず、その嫌味ばっかり言う口となにより髪形をどうにかしない限り、
 フミナの気を惹くことは難しそうですvvニギニギする手が気持ち悪いvv
 でも、なぜだろう、私このキャラクター嫌いじゃないかも(爆)

・交番に連行されたセカイを、姉のカミキ・ミライが迎えに来ました。
 公式HPの紹介によれば、ファッション誌のモデルを務めているという彼女。
 その端正な佇まいに、セカイには雑な対応だった交番のお巡りさんたちも、一瞬でメロメロですvv
 でもミライ、その大人びた容姿とは裏腹に、
 悪びれない様子のセカイの態度に頬を膨らませるなど表情豊かな一面も。
 今話のラストでは、
 プラモデル部とのバトルに物理的に乱入したりもしましたしね(笑)結構アクティブなのかも。

・ミライに保護された足で、転入先の聖鳳学園の職員室に現れたセカイ。
 同じく職員室でガンプラバトル選手権への出場について先生と相談していたフミナと出会いました。
 それにしてもセカイ、一ヶ月遅れでの転校なのに、
 なんでそんなに悪びれない態度なんだvv普通大問題になるだろvv
 
・ガンプラバトル選手権には、1チーム3人でエントリーする必要があるにもかかわらず、
 現状のガンプラバトル部は部員が部長のフミナひとりだけ。
 選手権が開催される2ヶ月後までに頭数を集める必要があるフミナは、 
 これ幸いとばかりにセカイをガンプラバトル部に勧誘します。
 しかし、当のセカイは、この世界でメジャーな存在であるはずのガンプラを知らない…?
 そんな彼に対するフミナの反応が笑えるvv
 「なんなの…?異世界から転入してきたわけじゃあるまいし」

 いや、そのまさかだと思う(;'∀')

 ガンプラ知らないとか、やっぱりモロにレイジと被るなぁ。

・格闘技系の部活に入りたかったはずなのに、
 フミナに巧く言いくるめてガンプラバトル部のプレハブ部室に連れてこられたセカイ。
 目の前に現れたガンプラ―パワージムカーディガンに最初こそ目を輝かせますが、
 次の瞬間には、それの正体が“おもちゃ”であると理解したようで、逃亡モードに突入。
 逃がすまいとするフミナに、椅子に縛り付けられてしまいました(爆)
 フミナ、意外と強引ですねvv
 「なににこやかに説明はじめてるんですか!」
 セカイの一分の隙もない正論がまた笑えますvv
 ってか次元覇王流拳法の達人であるはずのセカイ弱過ぎぃvv女性には優しいのか?vv

・セカイの抗議を完全に黙殺し、ガンプラバトルの説明を始めるフミナ。
 シュミレーションモードで、パワードジムカーディガンを出撃させます。
 このシーンで流れてるBGM、前シリーズでも使われてた楽曲でしたね!
 聞覚えのある音色に、私のテンションも無条件で上がります( *´艸`)

・ガンプラバトルに関する説明、前シリーズの1話と比べても断然丁寧になされてましたね。
 知識がないセカイに対してはもちろん、
 これだと新規の人でもとっつきやすいでしょうし、演出的に◎だと思います。

・実際にガンプラが動く様を目の前にし俄然興味を持ったセカイは、
 部室に飾ってある機体を使って、自分でもバトルをやってみることに…したのはいいものの、
 どのガンプラを選べばいいか分からない様子。
 そんな時、彼の目に飛び込んできたひとつのトロフィー。
 そこには、第7回ガンプラバトル世界選手権の優勝者として、
 セイとレイジの名前が刻まれていました。
 なにかに導かれるように、おもむろにそれを手に取るセカイ。
 すると、トロフィーの底が外れ、中からなにやら意味深なガンプラが…。

・そのガンプラはジオン軍のドム。
 フミナ曰く“渋いチョイス”らしいその機体で初のバトルに挑戦することに決めたセカイ、
 早くもガンプラバトルの魅力に顔を綻ばせますが、
 勢い余ってドムをフィールド外に落下させてしまいます!

・そしてまさかのラブコメですよvvラルさんのお尻がまた痒くなっちゃう!(笑)
 ドムの落下を阻止しようとして手を伸ばしたセカイとフミナ、
 なにがどうしてそうなったのか、フミナがセカイに覆い被さるような形で倒れてしまって!vv
 慌てて互いに飛びのいた二人でしたが、ことがことですから微妙な空気に…vv
 しかも、その場面をばっちりも目撃していた人物がいた上、
 それがフミナに気があるらしいタイガだったことから、ラブコメ度も一層増してvv荒ぶるカマキリvv
 
・とはいえ、セカイとフミナからの説明を受け、とりあえず落ち着いた様子のダイキ。
 「安心した」って、モロにフミナを意識しのセリフを口にしてるのに、
 見事にスルーされてるところが笑えますねvv
 だめだ、このキャラだんだんツボになってきたvvどことなくサザキに似てる気がするしvv
 状況を把握したところで彼、フミナとセカイとの会話を巧いこと誘導し、
 ガンプラバトル部vsプラモデル部とのバトルの場を整えることに成功します。
 というのも、どうやら聖鳳学園の生徒会執行部が、
 ガンプラバトル部の廃部を検討しているみたいで。
 その条件が、「バトルの実力:ガンプラバトル部<プラモデル部」ということらしく、
 これ幸いとタイガはフミナを手に入れるべく
 カマキリカラーのイナクトでバトルを挑んできたのでした。

・なんか「セイヤっ!」ていう掛け声が印象的なBGM来たー(゜▽゜)ー!これセカイ専用なのかな? 
・専用BGM(?)と共に覚醒モードに突入したらしきセカイのドムの活躍により、
 それまでの劣勢から一転、カマキリイナクトを圧倒したガンプラバトル部。
 その様子を物陰から見守っていた我らがラルさんの、
 「7年前を思い出す。あの少年、レイジ君の再来か」が色々と感慨深い。
 ってかラルさん、ガンプラバトル部のコーチなんだから、もっと堂々と観戦すればいいのにvv

・バトルが一山超えたと思ったら、新たなる攻撃がドムを襲う!
 新手の正体は、なんとユウマのライトニングガンダム!
 所属するプラモデル部部長のタイガの助太刀に現れたのでした。
 
・ヤバい!この辺りから熱すぎる!!!燃えすぎる!( *´艸`)
 カマキリ男に勝つ→ユウマ参戦→ドム負ける→セカイとユウマに因縁発生、
 みたいな流れを予想していたら、
 ドムがライトニングガンダムの攻撃を受けて大炎上するところまでは合ってたけど、
 まさかその中から新たなるガンダムが出撃するなんて!

 え?何言ってるか分からないって?
 だから!

 ビルドバーニングガンダムの登場ですよ!(燃)

 ドムの中に、ビルドバーニングガンダムが隠されてたんですっ!!!

 もうね、超かっこいい登場でしたよっ( *´艸`)
 同じタイミングでOPのBACK-ONの『セルリアン』が流れ出すもんだから、余計に!!!
 なにこの、燃え展開!
 ビルドバーニングの挙動が、P粒子ならぬ、“風”を起こすって演出も良かったですね。
 サブタイトルの『風を呼ぶ少年』って、こういう意味だったんですね。なんかすっごい神秘的!

・でもこれで終わらないのがビルドファイーターズ!
 熱い展開の後に、予想外のオチを用意していました(笑)
 そう、先でも少し触れていましたが、
 燃え燃えのバトルをセカイが中断してしまうんです(;´Д`)
 …嗚呼、一番いいところで『セルリアン』がぶつ切りになってしまったよぉ…(涙)
 この美味しいところでお預けを喰らう感じ、
 前シリーズの24話、メイジンとのバトルにマシタ会長の横槍が入った時に似てる…(ノД`)・゜・。
 ―そして、ミライに連行されていくセカイ…。
 こうして、後にトライファイターズを結成することになる、
 セカイ・フミナ・ユウマの邂逅の時間は終わりを告げたのでした…。

****************************

 いやぁ、熱かった!!!熱かったですねぇ!!!(叫)
 正直、こんなに熱い、
 思わず叫びたくなるような展開が待ってるとは思ってもいませんでした、新シリーズ。
 もちろん、期待する気持が大きかったのは事実なんですけど、
 前シリーズに対する満足度がほぼ100%に近かった分、
 きっと多くの人がそうであるように自分の中での“おもしろさ”のハードルもかなり高くなってて。
 でも、それを軽々と超えていった感すらある第1話でした!
 特に、OPが流れ出したあたりからヤバかったです( *´艸`)
 
 ただ、個人的にキャラの作画の乱れがちょっとだけ気になったかな。
 アニメの初回って、メカはもちろんキャラ作画にも気合入ってる印象が強かったんで、
 所々ちょっと拍子抜けだったかも?
 でも、そんな不満を補って余りあるパワーに溢れた第1回だったと思います!
 脚本も、ビルドバーニングガンダムがセイの作品であるのはほぼ間違いないとして、
 どうしてトロフィーの中にあったのかとか、
 セカイは本当にレイジの関係者なのかとか、
 ユウマがガンプラバトルを辞めることになった理由とか、
 果たしてフミナはセカイとユウマのどっちとくっつくんだろうとか(笑)、
 気になることが多すぎて私のハートもばっちり鷲掴みにされちゃってます(*'ω'*)

 ああ、去年同様、また一週間が待ち遠しい半年になりそうです!(嬉しい悲鳴)

関連記事
 
かさばる兄さん #-
No title 
まりおさん、こんばんは。

さすが、かなり細かくひろってますね^^
前作との関連がすごいわかりやすいです。
Gレコよりこちらへの愛の大きさがよくわかるw

ぼくもあのマシュマロ部長憎めないw
もうちょっとインパクトのある機体使って欲しいかなw

そしてビルドバーニングの登場。
いやあ驚いた!
一見、なんと、ドムの中に!って思うんだけど、よく考えるとトロフィーの中にドムが入ってたんだよなw
なんというマトリョーシカ!w
こう来たか!とフイタw
この先がえらい楽しみです。
まりお #qjsITxmk
かさばる兄さん様☆ 
かさばる兄さん様、こんばんは☆そしてコメントありがとうございます!

始まる前まではなるべく短く簡潔にまとめようと思っていたのに、気が付けばご覧の通り、長いだけの感想記事になってしまいました…(ノД`)・゜・。まぁ、それだけBFTの第1話が魅力的だったということにしておいてください(笑)

かさばる兄さん様は、タイガのことマシュマロ部長と呼んでらっしゃるんですね(笑)彼、なんとなく憎めないですよね。新シリーズのサザキ枠vv

燃え燃えの主役機登場でしたが、マトリーシカって言われてちょっと笑ってしまいましたvv確かに( *´艸`)

これからも本当に楽しみですね!!!
あ #-
No title 
こんばんわ。
まりおさんの感想が読めて嬉しいです。

「一生懸命作った作品を戦わせ、負ければ壊れてしまうような競技はその存在自体が矛盾している」
なんて、作品自信を否定するようなセリフを敢えて言わせているのだから、カマキリ部長は案外重要キャラなのかもしれません。
まりお #qjsITxmk
あ様☆ 
あ様、こんばんは☆コメントありがとうございます^^そして…違ったら大変失礼なんですが、もしかして旧ブログでたくさん拍手コメントしてくださってたあ様ではありませんか?お名前が同じでしたので、重ねてにはなりますが違っていたら大変申し訳ありません。そして、もしあ様だったらお久し振りです!


カマキリ部長、なんだかんだで間違ったことは言ってなかったですもんね。ガンプラひとつとっても、色々な考えがあるんだなぁ、って改めて考えさせられました。まぁ、フミナへのアプローチの仕方は間違いだらけでしたけど(笑)
常世草 #-
No title 
期待どおりのモノが観れて僕も幸せでした!
ドム内部に隠してたことをツッコミまくっていたのですが、よく考えたらあれはしっかりと作りこんだドムを壊す覚悟があってこそ、バーニングを入手できる資格がある=模型部部長との対比という、真面目で深い理由もあったのかもしれませんね。

まりお #qjsITxmk
常世草様☆ 
常世草様、こんばんは!そしていつもコメントありがとうございます^^

お互い、期待以上のものをBFTの1話から得られたみたいで、ハッピーですね( *´艸`)
ドムの件、常世草様のコメントを読んではっ!としました。なるほどですね~深いです。
来週以降も、BFT楽しみですねっ!!!

秘密にする

 
トラックバックURL
http://grhm2307.blog.fc2.com/tb.php/138-ac37ca97
 
[新]ガンダムビルドファイターズトライ 第1話 『風をよぶ少年』 ≪あらすじ≫ イオリ・セイ、レイジ組が、第7回ガンプラバトル選手権世界大会で優勝してから、7年の月日が流れた。 ガンプラバトル選手権は、主催がヤマジ商事に変わり、その試合形式やルールが一新、バトルの人気はさらなる広がりを見せている。 だが、その流れに取り残された学園があった。 イオリ・セイが、かつて在籍して...
 
ガンダムビルドファイターズトライの第1話を見ました。 第1話 風を呼ぶ少年 セイとレイジが第7回ガンプラバトル選手権世界大会で優勝してから、7年の月日が流れた。 ガンプラバトル選手権は主催がヤジマ商事に変わり、その試合形式やルールが一新したことでバトルの人気は更なる広がりを見せていた。 ――ガンダムが好き。ガンプラが好き。でも一緒に戦おうと約束してた人は私とは違う...
 
熱いバトルを繰り広げてくれたガンダムビルドファイターズの続編のスタートです! 舞台は、前作でセイとレイジが優勝した年から7年が経過した世界です。ガンプラバトルは、今も続いていました。しかし、かってセイたちが在籍した学園では、ガンプラバトルが危機に瀕していました。セイたちの後は卓越したプレーヤーが登場せず、ガンプラバトル部は廃部の危機を迎えていたのです。 そんな中、唯一ガンプラバト...
 
個人的に今期期待の2トップの片翼な作品で、放送が楽しみでした。 前作から7年後という設定は、1st→Zのオマージュなんでしょうね。 1話から熱い展開で、これから先が楽しみですよ。 聖鳳学園ガンプラバトル部の部長、ホシノ・フミナは焦っていた。 フミナ1人だけになったバトル部は、3人1チームで戦う全国ガンプラバトル 選手権・中高生の部 のエントリーすらままならない。 そんなフミナ...
 
ガンプラバトル再び!  今度の主人公は格闘系で、燃える戦闘になりそうですねw  ラルさんは相変わらずでした(^^;  聖鳳学園ガンプラバトル部の部長、ホシノ・フミナは焦っていた。 フミナ1人だけになったバトル部は、3人1チームで戦う全国ガンプラ バトル選手権・中高生の部 のエントリーすらままならない。 そんなフミナの前に転入生が現れる。 転入生の名はカミキ・セカイ、...
 
ガンダムビルドファイターズトライ 新シリーズ  風を呼ぶ少年 第26話 (1話)  ~ とある世界の近未来。そこは現実世界とおおむね同じだが、大きく異なる点があった。プラスチックに反応して外部から動かせる特質を有した「プラフスキー粒子」と、この粒子を使ってガンダムシリーズのプラモデル「ガンプラ」を遠隔操作して戦わせるシミュレーションゲーム「ガンプラバトル」の存在である。ガンプラバトル...
 
ガンダムビルドファイターズトライ 私だ あらすじ 聖鳳学園ガンプラバトル部の部長、ホシノ・フミナは焦っていた。 フミナ1人だけになったバトル部は、 3人1チームで戦う全国ガンプラバトル選手権・中高生の部 のエントリーすらままならない。 そんなフミナの前に転入...
 
ビルドファイターズ新シリーズ、ついにスタート!
 
フミナ(ガンダムが好き…ガンプラが好き… でも一緒に戦おうと約束してた人は 私とは違う道に進んで…諦めたくない! 誰か…私と一緒に戦って! やりたいの! ガンプラバトルが!) ガンダムビルドファイターズ最終回から半年。 続編「ガンダムビルドファイターズトライ」が…
 
<記事内アンカー> ヤマノススメ セカンドシーズン 第13話「不思議なホタルの物語」 ガンダムビルドファイターズトライ 第1話「風を呼ぶ少年」  家弓家正さんがご逝去だと……中条長官が……ご冥福をお祈りします。
 
ガンプラバトルの新しい物語の幕開け!
 
・ガンダムビルドファイターズトライ 第01話『風を呼ぶ少年』 傑作「ガンダムビルドファイターズ」の続編として、非の打ち所のない出来栄えと評するほかない今回。 アバンから凄まじい物量で乱舞するガンプラたち、一発でハートを掴んでくるカッコ可愛いオトコノコたち…
 
投稿者・フォルテ ガンダムビルドファイターズトライ 1 [DVD](2014/12/25)冨樫かずみ、内田雄馬 他商品詳細を見る ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日22時と金曜日21時半から アニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送!一週間のアニメの感想を語り合っています。 掲示板も設置、アニメ交流してみない?初めての方も大歓迎だぜ~!! ...
 
7年経って対象年齢も少し上がった感じ?な、拳法×ガンプラ×ちょいラブコメ展開でした。 とりあえず、ラルさんが出たのを見た瞬間に一番ビルドファイターズ帰ってきたんだなぁ(;゚∀゚)=3ムッハーと実感出来た私がとおりますよっとw 次元覇王流拳法で戦闘勘もバッチリだったセカ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。