スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガンダムビルドファイターズトライ 第3話『その名はギャン子』感想 
 
ガンダムビルドファイターズトライ Blu-ray BOX 1(スタンダード版)(期間限定生産)ガンダムビルドファイターズトライ Blu-ray BOX 1(スタンダード版)(期間限定生産)
(2015/03/27)
冨樫かずみ、内田雄馬 他

商品詳細を見る

 先週がユウマ絡みの燃え回だった反動で、
 ギャン子登場の今話はギャグ回だろうと油断していたのに、予想以上に熱くてこれまた燃えました!
 新シリーズになってキャラ作画、演出共に今回が一番良かった気がしてEDロール確認したら、
 演出のところに南康宏という名前が。
 調べてみたら、この方、無印の18話担当してるんですね!
 「ブラッド・ハウンド」、私が一番好きな回! 
 どうりで、バトルもかっこよかったわけです( *´艸`)

 ※ネタバレがありますので、ご注意ください!!!
ガンダムビルドファイターズトライ 第3話『その名はギャン子』感想

・アバンタイトル。
 朝からトレーニング中のセカイの映像と、師匠に向けた手紙(メール?)の音読。
 手紙の内容や言葉遣いに、目上の人への尊敬が溢れまくりで、
 改めて同じ赤髪キャラのレイジとのギャップにニヤニヤがとまりませんvv
 おまけに、レイジは(こっちの世界でやることがなかったからだろうけど)、
 バトルしてる時以外は、ベッドでお菓子食べながらゴロゴロしてるイメージなので、余計に(笑)
 敢えて、レイジとセカイの見た目を似せてるは制作側の狙いなのでしょうけど、
 内面にギャップを持たせてるのもまた然りって感じですね。

・そうそう、セカイとミライの家族写真がちらりと映っていましたね!
 両親(仏壇だし故人?)の顔は写真立てのガラスに光が反射して見えませんでしたが、
 母親の髪の色がミライと同じ“茶色”であることだけは確認できました。
 ―ということは、やっぱりカミキ家はレイジ&アイラとは関係ないのでしょうか?
 と思わせておいてのミスリードということも、十分考えられますし、
 両親の顔を敢えて隠した演出の真意が非常に気になりますね…。

・それにしても、現在もギアナで修業中というセカイの師匠の正体が非常に気になります。
 OPで崖に立ってセカイを振り返ってる人物がそうなのでしょうけど、
 巷で言われてるようにGガンダムの主人公なのか、はたまたレイジなのか、
 それとも大穴でマオとかニルスなのか…。
 でも無印組だと、セカイがガンプラの存在を知らない理由の説明がつきませんもんね…(悩)

・今まさに登校のため自宅を出ようとするカミキ姉弟の前に、
 ミライとユウマが現れました。
 一見すると、フミナがバトル部に入部してくれたセカイを迎えに来た…という構図ですが、
 実際は、ミライに心を奪われたユウマが彼女に会う口実にセカイを利用しているだけなのでした。

・ってか、ユウマ最高( *´艸`)

 きっと姉(チナ)に似た性格だろうと予想していたのに、
 なんだろうこの盛大に裏切られた感じvv(でもそこが好きvv)
 口も悪いし(主にセカイに対してのみですが)、
 恋愛には積極的だし(ねーちゃんはある意味積極的だったけど、最初はもっと控え目だったよ)。
 本当に、観ていて飽きないキャラクターですvv

・そのユウマ、バトル部に入ることを決めたものの、
 プラモ部の部長であるカマキリ男がおいそれと移籍を認めてくれるかが気になっている様子。
 それならば!と、説得役を買って出たセカイとフミナがプラモ部に乗り込みますが、
 当の本人は副部長のエリとラブラブモード全開で、
 ユウマはもちろんあれほど執着していたフミナのことも眼中に入ってない様子(笑)
 「クラブ活動は、部員の自主性を尊重しなければならない。
  コウサカ君がバトル部への移籍を希望しているなら、僕がとやかく言う理由はないよ^^」
 散々フミナの意思を無視して勧誘活動を行ってきた人間のセリフとは思えませんねvv
 
・カマキリ男の醸し出すラブラブな雰囲気もさることながら、
 あんなに地味だったエリの豹変ぶりに困惑しきりのセカイ、フミナ、ユウマ。
 それでも、気持ちを切り替えるべく、ユウマは顔を上げます。
 「とにかく!ガンダム的に言わせてもらえば、この状況を僕は良しとする!」
 前回といい、ちょいちょいガンダムの台詞を挟んできますね、ユウマvvセイ以上の頻度なんじゃない?

・部員が3人揃ったことで、ガンプラバトル選手権へのエントリーも可能に。
 さっそく練習のため、部室に向かう一同(もちろん顧問のラルさんも)でしたが、
 その途中、改めてユウマがフミナにガンプラバトルから離れたことを謝罪します。
 前回のアバンタイトルで描かれたように、
 ユウマがガンプラバトルから離れたのは、
 2年前に大人げない対戦相手に見るも無残なまでにボコボコにされたのが原因だったんですが、
 バトルに復帰しても、まだそれを自分の口で巧く説明できるほどには、
 心の傷は回復していない様子。
 ―ユウマにとって、あのバトルの記憶とあの対戦相手は乗り越えるべき壁なんでしょうね。
 対戦相手の名前、前回のエンドロールにきっちり明記されていたようですし、
 重要キャラとしてユウマとの再戦してくれることを今から期待!

・本当は気になるんだろうけど、
 ユウマの心情を察し、無理に話を聞き出そうとしないフミナが素敵( *´艸`)

・そんなフミナの口から「トライファイターズ」というチーム名が発表され、
 いよいよセカイ、フミナ、ユウマの3人でのガンプラバトルが本格的に始動。
 まずは、ビルドバーニングG、パワードジムカーディガン、ライトニングGによる射撃訓練。
 プラモの完成度、操縦テク共に安定感抜群のフミナと
 アーティスティックガンプラコンテストでグランプリを獲得する腕前のユウマは、
 顧問であるラルさんの目から見てもその能力に問題なさそう。
 それに引き換え、セカイは…的を狙うビルドバーニングGの構えがダサすぎて(笑)
 もちろん、狙撃も全然当たっておりませんvv
 「下手だからだ」というユウマの指摘が的確過ぎて「うるさいぞ!」としか返せないセカイですが、
 最後は得意の次元覇王流拳法の拳で的に穴を空けて…。
 ってこれ、射撃の訓練なんですけどね(苦笑)

・「単細胞だと思っていたが、ミトコンドリア以下とはな」
 ユウマのツッコミと、
 それに激昂するセカイの反応が並のコントより面白くてニヤニヤが止まりませんvv

・ユウマによれば、セカイがトロフィーの中(にあったドムの中)から見つけたビルドバーニングGは、
 第11回ガンプラバトル選手権でセイが使っていた機体の改修型で、
 世界レベルのポテンシャルを秘めているとのこと。
 ―って、第7回のバトルで優勝したセイは、その後も選手権に参加し続けていたんですね!
 今はチナと一緒に海外に拠点を移し、
 ガンプラ普及のため世界中を飛び回っているみたいですけど、
 今年は参加するんだろうか?
 するにしても、セカイたちが参加する中高生の部ではなく一般の部だろうから、
 公式戦で対戦することはないかな?そもそも本編に登場することはあるんだろうか?
 あ、あとビルドバーニングGをトロフィーの中に隠した経緯も気になりますね。
 第11回ってことは、選手権が年一で開催されたと計算して、
 セイは当時高校2年生ぐらいだったはずだから、部室に隠すことは物理的には可能ですけど、
 問題はなんでトロフィーの中に隠す必要があったのか、ですよね。
 いつかレイジと再戦する時のための、タイムカプセル的な意味合いだったのでしょうか?
 
・そして登場するラルさんの愛機、グフR35(笑)
 その機体に目を輝かせるフミナとユウマだけど、
 それはラルさんの殺人的なバトルの実力を知ってのことなのだろうか(笑)
 そしてラルさん、R35の意味を堂々と「ラル35歳」の略だと説明しているけど、
 あなた7年前も35歳だったなら、今は42歳でしょ!(それでも年齢詐称してるようにしか見えませんがvv)

・(ラルさん的に空気を読めてない)顧問の先生の計らいで、
 さっそく聖オデッサ学園との練習試合をすることになったチーム・トライファイターズ。
 フミナのによれば、女子高だからと侮ることなかれ、
 聖オデッサ学園はガンプラバトルの強豪校らしく、
 実際、去年の選手権予選では聖鳳学園のバトル部を一回戦で負かしているとのこと。

・場面は変わり、読者モデルとして活躍しているミライの撮影風景。
 …のはずなんですが、何かがおかしい(笑)
 おそらくは女性を意識した媒体に載せる写真の撮影なのでしょうが、
 そのどれにもミライと共にパステルカラーのベアッガイの姿が…vv
 どうやら、無印から7年後のこの時代、
 ガンプラは女性にも広く普及しているようで、読モ×プラモの組み合わせも全然アリのようです。
 そういえば、ユウマもキャーキャー言われていましたね。
 かつてはあのユウキ先輩ですら「趣味がもっとまともだったら」と女の子たちに言われてたのに…。
 そして、私たちのこっちの世界でもそうなってくれると私も嬉しいんですが、
 なかなか難しいだろうな…(苦笑)nonnoのモデルがガンプラ持ってるところなんて想像できないvv

・練習試合当日。
 バトル装置がある聖鳳学園の体育館に現れた聖オデッサ学園のバトル部のメンバーの中に、
 視聴者の皆が待ってたサザキ・カオルコ、通称ギャン子の姿が…っ!(嬉)
 「久しぶりね、フミナさん」
 開口一番、彼女の口から飛び出したのが思いのほか可愛い声だったので、
 サザキ(兄)と同じような声音を想像していた私は若干肩透かしを食らったような気分に。
 ですが、やはりサザキの血は濃かったのです!
 ギャン子が喋れば喋るほど、声こそ違えど口調や言い回しにサザキの面影がチラついて…vv
 ああ、間違いなくこのギャン子、あのサザキの妹や!(*'ω'*)
 「プラモ製作のうまさが、ガンプラバトルに勝つ絶対条件ではないわよ」
 いつぞや君の兄も、同じような台詞を口にしていましたよ…そしてレイジに負けましたvv

・チーム戦と言うことで、射出態勢のガンプラも3機。
 というわけで、ここの演出がカッコよくて、ちょっと鳥肌立っちゃいました、私( *´艸`)
 記事冒頭でも書きましたが、今回は演出がカッコよくてバトルの開始前から燃え燃えです!

・そして、蘇る先週の笑える予告vv「ギャン子なのに、ギャンを使わない!?」
 そう、ギャン子が使用しているのはR・ジャジャを改修した機体。
 しかし、ギャンでなくても、兄の思想はばっちり妹に受け継がれてました。
 だって、ジャジャはギャンの後継機なんでしょ?
 何より機体名が“R・ギャギャ”ですからねvv
 そりゃぁ、ラルさんもサザキ(兄)の血を感じずにはいられないですよね(笑)

・R・ギャギャという期待名もさることながら、
 「北宋の壺」っていう、
 聖オデッサ学園の校風に似合わない古風なチーム名がまたvv笑わせに来てますねvv
 それにしても、ちょっと調べたらこのチーム名にも元ネタがちゃんとあるみたいですねvv細かいvv

・セカイとユウマに指示を飛ばすフミナが素敵( *´艸`)

・チーム戦ということで、
 無印の時には見られなかったバトルの展開になっていて、
 チーム内での人間模様含め観てて面白かったですね!
 例えば、ライトニングGの高い射撃を、
 バトル初心者の操るビルドバーニングGが無意識のうちに邪魔してたり(笑)
 それにユウマが声を荒げたり(笑)
 前に出過ぎるビルドバーニングGの動きを、フミナが制したり(でもセカイは聞いてないという・笑)
 こういうのはタイマンが基本だった無印では、なかなか見られませんでしたから。
 聖オデッサ学園のジェットストリームアタックといい波状攻撃といい、
 頭脳戦って感じで見応えがあります。

・どうでもいいけど、ユウマはセカイに対して「バカバカ」言い過ぎ(笑)
 その口の悪さに萌えてるんですがvv

・聖オデッサ学園のR・ギャギャの機体以外の、
 モデル立ちでホバー移動する機体の絵面が面白すぎるvv

・絶体絶命のピンチからの、
 2年のブランクをもろともしないフミナとユウマの息の合った連携が最高!(*'ω'*)
 そこに、早々に戦線離脱したと思われてたビルドバーニングGの攻撃が加わるものだから、
 「嗚呼、これぞチーム戦!」って感じで(燃)
 無印では辟易していた感のあった主役機の格闘技も、
 バトルがチーム戦となったことで、あくまで“格闘に特化した機体”として捉えられるからか、
 前ほど違和感を感じません。むしろ潔くて◎かも。

・「この、万年一回戦負けのくせに!」
 仲間の機体を破壊され焦ったギャン子のこのセリフが、
 サザキ(兄)の声そっくりで耳に聞こえてきて声優さんの演技力の高さに驚いていたら、

 (※そもそも同じ声優さんなんですね!失礼しました)
 R・ギャギャの楯から繰り出された攻撃の作画の良さにこれまた驚愕vv
 演出だけでなく、1・2話と比べて作画も今話のほうがずば抜けて良い気がする!

・次元覇王流 旋風竜巻蹴り!(笑)
 そりゃぁ、ギャン子も「何なのよ、その技は!?」って言いたくなりますよねvv
 つーか、セカイ。その技、その後の聖拳突きはともかく、蹴りの方は生身で使う機会ってあるの?vv

・ビルドバーニングGの必殺技によりバトルフィールドの地表に穴が開き、
 そこからR・ジャジャが宇宙空間に吸い出されそうに!
 ―そんなギャン子の危機を救ったのは、
 間一髪のところでR・ギャギャの腕を掴んだセカイのビルドバーニングGだったのでした。
 敵である自分をどうして?というお約束なギャン子の問いに対して、
 満面の笑みで「だってお前、ガンプラ大好きなんだろう」とセカイが応えた瞬間、
 これまたお約束のように赤く染まるギャン子の頬vv

・ギャン子が負けを認めたことで、トライファイターズの勝利が決まりました。
 その結果に、フミナや顧問のラルさんも満足げです。
 唯一、ユウマだけが素直にセカイを褒めれずにいますが、
 そんな彼の姿に私の萌えが止まりません( *´艸`)

・そして、まるでヒロインであるかのようなギャン子の“恋する乙女”な表情をラストカットに、
 EDの「ゴーファイッ!♪」に突入するのでした☆

・Cパート。
 登校してくるセカイを校門前で待ち伏せしてるギャン子が、もう可愛くて可愛くてvv
 セカイにお弁当を渡せた後の、満足げな笑顔がこれまた可愛い( *´艸`)
 登場時の「は!?聞こえないわぁ」と同一人物とはとても思えませんね。
 濃いキャラ設定の彼女、恋愛も押せ押せでくるものと予想していましたが、
 お弁当を渡しただけで多くを語らず去っていったので、ちょっと意外でした。
 (もっと強烈な「好き好き」アピールで来るかと思ってたので)
 サザキ(兄)がセイに対してガチの“好きな子を苛める”キャラだったのに対し、 
 妹はガチの“恋する乙女”キャラということで、
 まさか今後リアルにセカイにとっての“ヒロイン”になることはないと思われますが(フミナいるし)、
 ちょっとだけ彼女の恋路も応援してあげたい気持ちになっている私なのでしたvv

****************************

 繰り返しになりますが、今回は演出と作画が非常に私好みでテンション上がりました(*'ω'*)
 ギャン子も期待以上に良いキャラで、好感が持てましたしvv
 やっぱりビルドファイターズは楽しい!みんな大好きだ!!!
  
 さて、来週の予告で気になる人物がちらりと移っていましたね。
 OPで、「~泣いた~♪」の歌詞の部分、ユウマと同じカットで意味深に登場している男の子。
 ユウマ個人のライバル的なポジションを予想しているので、来週がまたもや楽しみですvv

関連記事
 
D-Wraith #4/7q6uz6
ビルドファイターズは本当に 
……キャラの予想がつかない!

こんばんは! たびたびお邪魔します。

ユウマの態度の使い分けといい、カオルコ(ギャン子)のいじましさといい、プラモデル部部長と副部長の変身っぷりといい、本当に設定画からは想像しにくいインパクトのある性格を見せてくれますよね。

……前作の大食いヒロインもそうでしたがw

今回のオデッサ学園、北宋の壺、そしてジェットストリームアタックについてはファーストガンダムを見てると元ネタで吹いてさらに面白がれると思います。
ビルドバーニングがドムの中に隠されてるのもファーストガンダムでドムが初登場したエピソードに絡めてるのかな、とも思ったり。

とめどなく語ってしまいましたが自分のような重度のガンダムマニアでなくても楽しめるのがビルドファイターズのいいところだと思いますw

成人男性ばかりだったガンプラ売り場に、前作の放映期間はちょくちょく未就学児や小学生がやってきてお父さんと相談しながらガンプラを選んでいるのを多々見かけましたし。

なお、URLに記載したのは自分が参加しているモデラーSNSのギャラリーページです。前作でセイくんが目をシイタケにしながら熱く語ってレイジにドン引きされたのを地で行くような人々が集う場所ですw

自分もビルドファイターズに絡めて何作か展示しているのでお暇な時にでもご覧いただければ幸いです。

ジャンルでガンダムOOを選ぶとまりおさんが狂喜乱舞しそうな超絶作品も出てくるかと思いますw

それではまた!
かさばる兄さん #-
No title 
まりおさん、こんばんは!
今週も面白かったですね。

ギアナ高地でがんばってる師匠・・・いったい何モンなんだ?(ほぼ言ってるw)
気になって仕方がないですよねw
ニルスという発想は大穴過ぎて感動!
おもしろいw

今回はいろんなキャラを(いい意味で)くずしてきましたね。
ユウキくんのくずれっぷりが最高ですw
ラルさんのR35最後に観たかった;;
だって5話から、声優さんの体調の関係で中の人が変わっちゃうんだもん;;
早く元気になっていただきたいですよね。

戦いは今回ぼくも良かったと思います!
まりおさんもオススメのユウキとフミナの連携で狙撃して2VS2になる所は鳥肌でしたw
竜巻はちょっとやりすぎな気もするけどw

ギャン子、マシマロ女子だったけど、キャラクター性が可愛かったw
あれだけやって嫌なキャラにならないのが良かったよね^^

つぎつぎと現れる新キャラ達!
次回と次回のまりおさんの感想に「ワクテカですわんw」

urahana3 #-
 
まりおさん、こんにちは!
はっ、テンプレートが変わってるぅぅ~!
先日は、突然リンク貼っていて失礼しました(^_^;)
相互して頂いて有難うございます!

そして、まだビルドファイターズ観てないのに先に感想を堪能させて頂きました。
この後で本編を観る・・・これが意外と楽しいんですよー!(笑)
ギャンからの壺・・・読んだだけで吹きました(* ̄∇ ̄) 本編観るのが楽しみー!!
これからも、どうぞ宜しくお願いしますー♪
まりお #qjsITxmk
D-Wraith様☆ 
D-Wraith様、こんばんは!そしてコメントありがとうございます☆

全く、ビルドファイターズのキャラクターは皆、揃いも揃っていい意味で性格が想像の斜め上を行ってくれるので、観てて楽しくて仕方ありませんね( *´艸`)
アイラも、OPの神秘的な雰囲気と打って変わって、本編ではがめつかったですもんねvvそんな彼女が愛おしかったですがvv

記載していただいたURL、確認いたしました!
おお、素敵なガンプラがたくさん(ヨダレ)
最近ガンプラの魅力に墜ちつつある私には、テンション上がるサイトです(*'▽')
ありがとうございます~^^素敵な作品群、堪能させていただきます!
まりお #qjsITxmk
かさばる兄さん様☆ 
かさばる兄さん様、こんばんは!そしてコメントありがとうございます☆

私は観ていないんですが、ギアナという地名はガンダムGの主人公を連想させるみたいですねvv
このまま巷の予想通り、某モンさんが世界の師匠でした、という展開がくるのか、それともまさかのニルスなのか(笑)答え合わせの瞬間が今から楽しみです(*'▽')

ラルさん役の声優さんの体調、非常に心配ですよね;;;
一日も早いご回復をお祈りしています。

竜巻はともかく(笑)、今回の戦闘はBFTになってから個人的に一番の出来だったと思っています!
もちろん1話も2話も良かったんですけどね^^無印が素晴らしかったので、どうしても要求するレベルが高くなってしまいます。

ユウマ絡みの新キャラも出てくるようですし、4話も今から楽しみですね!
まりお #qjsITxmk
urahana3様☆ 
urahana3様、こんばんは☆そしてコメントありがとうございます!

そうなんです、心機一転、テンプレート変えてみました^^個人的には気に入ってるんですが、読みにくかったりしたらお気軽に仰ってくださいね。

こんな拙い感想なのに、いつも読んでいただいているということで恐縮です(/ω\)3話も面白いので、期待してご覧ください!

こちらこそ、リンクの件、ご連絡が遅くなってしまい申し訳ありませんでした。
同じガンダム好きな主婦同士、これからもよろしくお願いします(*'ω'*)

秘密にする

 
トラックバックURL
http://grhm2307.blog.fc2.com/tb.php/143-80036d4f
 
ガンダムビルドファイターズトライの第3話を見ました。 第3話 その名はギャン子 ガンプラバトル部への入部を決意したユウマはセカイとフミナと共にプラモ部からバトル部への移籍をプラモ部部長ミヤガの許可を取りに行くと、あっさりと移籍が了承される。 「構わんよ。クラブ活動は部員の自主性を尊重しなければならない。コウサカくんがバトル部への移籍を希望しているなら僕がとやかく言う理由...
 
ガンプラバトルは淑女の嗜み。
 
ガンダムビルドファイターズトライ 第3話 『その名はギャン子』 ≪あらすじ≫ 困難と思われていたガンプラバトル部への移籍もあっさりと終わり、拍子抜けしながらも晴れてバトル部部員となったユウマ。彼の入部によりガンプラバトル選手権の出場資格を得たフミナは早速、顧問に頼み念願のエントリーを済ませる。 (公式HP STORY 第3話より抜粋) ≪感想≫ サザキは主人公たちの第...
 
トライファイターズが、聖オデッサ学園と練習試合を行うお話でした。 朝からユウマは、セカイを迎えにやって来ました。お目当ては、もちろんセカイではなく、お姉さんのミライさんです。前回の勝負に勝ったことで、ユウマはガンプラバトル部への入部を決めていました。しかし、プラモデル部のカマキリ部長が簡単に移籍を承諾するとも思えません。それでも当たって砕けろと、フミナたちはカマキリ部長のところに向かっ...
 
ガンダムビルドファイターズトライ 第3話「その名はギャン子」 感想(画像付) サザキの妹もギャンスキー(笑) ギャン子ちゃん登場!  すごくチョロい子なのもカワイイですねw   困難と思われていたガンプラバトル部への移籍もあっさりと終わり、 拍子抜けしながらも晴れてバトル部部員となったユウマ。 彼の入部によりガンプラバトル選手権の出場資格を得たフミナは早速、 顧問...
 
ガンダムビルドファイターズトライ  第26話 (1話)  ~ 第3話 その名はギャン子 とある世界の近未来。そこは現実世界とおおむね同じだが、大きく異なる点があった。プラスチックに反応して外部から動かせる特質を有した「プラフスキー粒子」と、この粒子を使ってガンダムシリーズのプラモデル「ガンプラ」を遠隔操作して戦わせるシミュレーションゲーム「ガンプラバトル」の存在である。ガンプラバトルは...
 
セカイ「師匠はまだギアナで修行中でしょうか?」 セカイの師匠とはどんな人物だろう。 OPでセカイの眺める先にあるシルエットがそうだろうか。 そのシルエットはGガンダムの主人公、ドモン・カッシュにも見えるが―!? S.H.フィギュアーツ ドモン・カッシュ (機動武闘伝G…
 
サザキ・ススムの妹カオルコ率いるチーム「北宋の壺」と対外試合!
 
師匠がドモンと言うのだけは本気の本気で止めてほしいんだが。 オープニングのシルエットだけなら、ひとつの冗談として流しておくところなんだけど、 冒頭のモノローグとか微妙に設定を寄せてきてるのが気がかりになってきてます。 まさかね、シリーズの主人公をネタにはしないだろうと思ってはいるんですけれどね。 黒田洋介には00でアムロをネタにした前科があるので信じきれないところがある訳よ。 ...
 
ガンダムビルドファイターズトライ 私だ あらすじ 困難と思われていたガンプラバトル部への移籍もあっさりと終わり、 拍子抜けしながらも晴れてバトル部部員となったユウマ。 彼の入部によりガンプラバトル選手権の出場資格を得たフミナは早速、 顧問に頼み念願のエント...
 
<記事内アンカー> ヤマノススメ セカンドシーズン 第15話「雨具の記憶~ねぇ、ゆうか。今なにしてるの?」 ガンダムビルドファイターズトライ 第3話「その名はギャン子」  なんとまあ、先週ここで触れたWindows Updateで不具合か。入れなきゃ危険、入れたら動作不良ってなんともまあ。Win7で「2949927」の更新プログラムが入っている人は挙動不審になる前に抜いておきま...
 
 聖オデッサ女子学園との練習試合。ギャン子がかわいい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。