スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガンダムビルドファイターズトライ 第4話『Gミューズ』感想 
 
ガンダムビルドファイターズトライ Blu-ray BOX 1(スタンダード版)(期間限定生産)ガンダムビルドファイターズトライ Blu-ray BOX 1(スタンダード版)(期間限定生産)
(2015/03/27)
冨樫かずみ、内田雄馬 他

商品詳細を見る


 新キャラぞくぞくお目見えでテンション上がったアバンタイトル、
 そしてSDガンダム達の活躍にニヤニヤしっ放しだったBパート!
 先週に続きメカの作画良かったし、今週も予は満足じゃ~(*'ω'*)(←誰?)

 ※ネタバレがありますので、ご注意ください!!!

【ガンダムビルドファイターズトライ 第4話『Gミューズ』感想】

・いきなり、OPでラスボスっぽく描かれてるキャラクター(前髪短い彼)が出てきたので驚きました!
 てっきり、もうちょっと後の登場になると勝手に思い込んでいたので。
 だって!如何にも意味深じゃないですか、OPのあの描写!
 某動画サイトでは、髪形がセイに似てるってことで、
 目つきが悪くなった7年後のセイなんじゃ…って予想まで挙がってましたからね、彼。
 「そんなバカな…」と笑いながら、「もしかして…」と完全に否定しきれずにいた私だったので、
 無印の主人公と無関係なことが早速判明し、心底ほっとしました(*'ω'*)
 それにしても、普通の学生でしたね、彼(笑)
 繰り返しになりますが、OPの演出が意味深(と私が勝手に思ってる)なもんで、
 なんかもっと、こう“孤高”って感じのキャラクターを予想していたんですけど、
 モブッぽい顔と髪形の後輩(ヤスって呼ばれてた)の報告にも普通に耳を傾けてたし、
 ちょっと肩透かしを喰らった気分(笑)
 まぁ、私の勝手な予想は置いておいて、
 この前髪さんとヤスとアイラばりにポテチの袋が似合う女の子も、
 どこかの学校のバトル部みたいですね。
 「しかも相手は中学生チームです」って言い方からするに、彼らは高校生なのかな?

・(たぶん)成練高専のメンバーに、バナージがおるvv

・見た目や性格、愛機、家族構成など存在全部が“ネタ”なキャラだと思っていたギャン子でしたが、
 劇中では思いの外その名が轟まくってたので吹きました(笑)めっちゃ実力者やんvv
 そして、同じく超有名人扱いのユウマに笑いが止まらないvv
 先週の練習試合、ガンプラバトルの世界に足を突っ込んでる人間にしてみれば、
 ユウマVSギャン子ってだけでも喰いつかずにいられない価値のあるものだったんでしょうね。
 至る所で話題になってますもん。映像まで流出してるがな。

・若い男の子の素敵な半裸///(/ω\)

・「あの人、なんでジャングルジムの上に乗ってるの?」「見ちゃいけません」
 お嬢ちゃん、ジャングルジムは登るものではないのかい?(笑)
 ジャングルジムに腰かけて、夕日を背に黄昏る少年…何もおかしなところはないと思いますが?
 ――あ、ガンプラ持ってるのがいけなかったのか!(爆)
 冗談はさておき、周囲の不審な目など気にも留めず、自分の世界に没入しているこの少年、
 OPではセカイのビルドバーニングGと派手にやり合ってましたね。
 今後、セカイのライバル的存在になるのかな?(そして「マモル」って誰だろう?)

・無事、ガンプラバトル選手権へのエントリーも済ませたトライファイターズは、
 一ヶ月後に迫った選手権に向け練習に励んでいる様子。
 というわけで、セカイはラルさんのグフと絶賛バトル中。
 セカイの次元覇王流の威力をグフを介して見定めてるらしいラルさん、
 バトルの途中でフィールドをそれまでの地上から宇宙に強制変更します。
 対するセカイのビルドバーニングG、
 無重力の宇宙空間では巧く次元覇王流を操ることが出来ず、
 ジタバタしているうちに呆気なくグフに負けてしまいました…。
 このバトルから判明したビルドバーニングGの弱点。
 即ち、セカイが体感したことのない環境下(無重力や水中など)では、
 次元覇王流の効果が発揮しにくいということ。
 さまざまなフィールドで試合が行われる選手権を勝ち抜くためには、
 どんな状況でも次元覇王流を使いこなさなければならない―そんなラルさんからのアドバイスに、
 神妙な面持ちで頷くセカイ。

・ってかラルさんが、ちゃんとコーチっぽいことやってるvv
 年少組のギスギスした空気を巧いこと和らげてもいるし、
 バトルの師としてはもちろん、メンバー間の緩衝剤としての役割も自ら買って出てる感じですね!
 無印の頃から相変わらず、(職業に対する疑惑などは未だ健在ですが)素敵な大人です^^
 そして、問題の年少組。
 相変わらずセカイに対してだけはとことん嫌な奴ですね、ユウマvv
 セカイとフミナに対する声音が全然違うやないか!( *´艸`)デモスキダvv
 対するセカイは、自らの実力不足を自覚しているのか、
 言い返したいのをぐっとこらえてますね…口より先に手が出るタイプの子だと思ってたけど、
 武道を嗜む者としてそう簡単に素人相手に手を出したりしないんですね。
 そんなセカイに好印象です(*'▽')
 
・選手権に向け、フミナは使用するガンプラの変更を考えているそうで、
 ラルさんにどの機体を選ぶべきかアドバイスを求めます。
 そして、挙がる挙がる、これでもかと挙がるガンプラの名前vv
 でも、二人の会話に対しては、正直私もセカイと同じ反応でした(笑)ポカーン(笑)
 さて、数々のガンプラを候補に挙げておきながら、
 最終的にはグフをおススメするラルさん…うん、分かります。グフ大好きなんですよねvv
 しかし、機動性と火力を備えた機体をご所望のフミナが首を縦に振るはずもなく(笑) 
 微妙に墜ちかけたコーチの威厳を挽回すべく、
 休日を利用しGミューズへ赴くことをフミナに勧めたラルさんは、
 まだまだガンプラ初心者のセカイにも同行を促します。
 「セカイ君、明日時間ある?なら、デートしましょ。なんちゃって」。
 ミライのセイへのお誘いを見ながら、
 ラブコメの波動にお尻が痒くなるラルさん…自分で勧めておいてvv

・フミナとのデートに着ていく服のアドバイスを、弟に求められて動揺するミライ(笑)
 そりゃぁ、色恋沙汰に無縁だった弟が急に「デート」なんて言い出した日には、
 優雅に飲んでたコーヒーを思わず吹き出さずにはいられませんよねvv
 しかもデートの相手はフミナで、どうやら彼女のほうから誘ったらしいとなれば尚更ですvv
 しかしながら、セカイは「デート」が何なのか分かっていなかったというオチで…(爆)
 ―というわけで、弟のあまりの天然っぷりに、
 ミライのツッコミという名の絶叫がご近所に響したのでした(笑)
 
・翌日、待ち合わせ場所で合流したセカイとフミナ。今日のフミナは露出少な目ですね。(オイ)
 そして、連れ立ってGミューズへと向かう二人の後方に、蠢く怪しい人影が…vv
 その正体はもちろん、弟のデートを尾行するべくサングラスで変装したミライです!( *´艸`)
 彼女曰く、
 思春期の男の子にありがちな衝動的な間違いを弟が起こさぬよう、
 監視するのが目的だそうですが、
 雑誌を上下逆さに持ったりと、言葉とは裏腹に彼女の方が浮足だっちゃってますね。
 ってか、衝動的な間違いっって何を想定してるのvv
 目の前で繰り広げられたキス疑惑にアワアワしていた人間が、
 それ以上の間違いに適切に対応出来るわけがないだろうvv
 

・そして、ラブコメの余波がこんなところまで不意に外れるライトニングGの部品と、
 それに対して不吉な予感を覚えるユウマ(笑)

・フミナに言われるがままに目を閉じて、手を引かれるセカイが素直で可愛いvv萌えます( *´艸`)
 セカイに実物大ガンダム立像を目前で見せて驚かせたいというフミナの意図を、
 知る由もないミライの慌てぶりが笑えるvvとばっちりを喰うベアッガイⅢの中の人可哀想vv
 そして、子供たちのミライを見る冷ややかな目…(笑)

・私も生で実物大ガンダム立像観たことありますけど、正に「あれはいいものだ!」です(*'▽')
 例えガンダム初心者でも、あれには目が輝いちゃいますよね!
 実際、セカイもテンション急上昇のようで、
 上がった気分そのままにGミューズをフミナと満喫してます。
 
・ここは結局のところ、
 ダイバーシティ東京のガンダムフロントのような施設、という認識でいいのでしょうか?
 ユニコーンの1/1胸像なんてものまであったし、超楽しそうですねvv
 ガンダムフロントまた行きたい!そして今度こそフリーダムのコックピットで写真を…!(願)
 
・選手権用の新しいガンプラのキットを真剣に選ぶフミナの耳に、
 もはや外界の言葉など届くはずもなく、手持無沙汰になってしまったセカイ…(笑)
 仕方なくガンプラ売り場をブラブラ見て回っていると、
 商品のガンプラを組み立てている親子の姿が目に入ってきました。
 その光景に驚いているセカイに、声をかけてくる人物が…っ!?
 いや、普通に売り場の店員なんですけどね(笑)
 状況が状況だけに、無印16話でレイジとアイラにガンプラ製作を強要したあの人の姿が、
 一瞬脳裏をよぎった私なのでしたvv

 
・店員に勧められるがまま、ガンプラを選んでいる弟の姿を、
 忸怩たる思いで見つめる姉のミライ…vv
 彼女からすれば、セカイがデートの相手であるフミナを放置しているように見えるのでしょうが、
 お姉さん、実際放置されてるのはあなたの弟ですから…(笑)
 ―と、そこにガンプラの部品を買いに来たユウマが登場!
 想いを寄せるミライのサングラス姿に怪訝な表情を見せたのも束の間、
 売り場の奥から聞こえてきたセカイの声に眉を顰めるユウマ。
 声の主を確認すべくミライの肩越しに目をやります―が、
 弟のデートを邪魔されるわけにはいかない!と意気込むミライにお茶に誘われ、
 にやけ顔のまま呆気なくフェードアウトするのでした( *´艸`)
 ってか、ミライのサングラス、ユウマにも速攻でバレてたし、全く変装に役立っていない気が…。

・新キャラ登場!サカイ・ミナト、予告で出てた男の子ですね。
 ユウマとの因縁を感じさせるOPの構図通り、
 大阪屈指の中学生ビルダーである彼は、
 関東で名を馳せるユウマをライバル視しているようで。
 実際、Gミューズのカフェに飾るガンプラを納品した際に、
 自分に依頼が回ってきた経緯(=ユウマが突然キャンセルしたから)を知ってしまい、
 一気に機嫌を損ねていました。
 “関西弁”と“心形流”の組み合わせに否が応でもマオを連想せずにはいられませんが、
 性格はミナトのほうがかなりきつめかな?
 マオも登場時は挑発的な言動だったけど、物腰自体は柔らかかったですもんね。
 そんなこんなで虫の居所が悪いミナトと、
 初めて自分で作ったガンプラでバトルを楽しんでいたセカイが出逢ってしまったものだから…。

・セカイにいちゃもんつけ、バトルへと持ち込んだミナト。
 店頭にあった商品のガンプラを一瞬で組み立て(←ここ笑うところですよね?vv)、
 SDの 荒鬼頑駄無を完成させます。
 …ここの演出って、作品的にはどうなんでしょうね?
 ミナトのビルダーとしての高い能力を際立たせるためなのでしょうけど、
 無印からバトルだけじゃなく“作る楽しみ”も大事にしてる本作としては、
 「ガンプラなんてさくっと作れちゃうんだぜ」と受け止めることも出来るような描き方は、
 あんまり好ましくないように個人的には感じました。
 でもだからといって、組み立てる過程を一々描けば良いのかって言われると、
 それはもう無印の16話でやっちゃてるし、加減が難しいところですよね(*_*;)難しいな…。

・セカイの武者號斗丸とミナトの荒鬼頑駄無とのバトル(それにしても互いにすごい機体名vv)。
 SDガンダムといえば、
 無印でキャロちゃんが使ってた騎士ガンダムを真っ先に思い出した私ですが、
 今回の両機体もめちゃくちゃカッコよかった&可愛かったです( *´艸`)
 特にカッコよかったのは月を背負った荒鬼頑駄無の登場シーンで、
 可愛かったのは蹂躙されてるとき痛そうに目を瞑ってた武者號斗丸vv萌えました///
 
・「かかってこいや!東京もんが!」
 「俺は東京もんじゃなねーけど」
 さらっと言ったけど、地味に重要なやりとりな気が。
 他の人が東京出身じゃないと言っても、「地方主神なのね」と言葉通りに受け止めるけど、
 セカイの場合はなまじ同じ赤髪の異世界出身キャラを知ってるもんだから、
 「やっぱりアリアンから来たんじゃ…?」と妙に勘ぐってしまいます。

・「ガンプラは自由や。その無限の自由の中からワイが考え具現化した、
 そう―これが、ワイの心の形や!」
 マオがそうだったように、
 ビルダーとしてだけじゃなくファイターとしても十分な実力がありそうなミナト。
 始終武者號斗丸を圧倒し、セカイの渾身の一撃も見事に躱した上で、
 飛行形態に変形させた荒鬼頑駄無で勝負を決めました。
 
・「これで分かったやろ?自分みたいのを井の中の蛙、言うんや。
 雑魚は雑魚らしく大人しくしとけ、ボケが」
 ミナトvv口が悪すぎるvv
 なんか現時点ではただの大阪の嫌な奴だけど、この先も路線で行くのだろうかvv
 無印に居なかったタイプのキャラクターなんで、新鮮な分私は嫌いじゃないけど、ネットで叩かれそうだな(汗)
 それに比べて、これだけボロクソに言われたにも関わらず、
 ミナトの言葉に自分たちが足りないものを見出し、
 挙句「教えてもらった」と笑顔で言えるセカイとフミナはなんて心が綺麗なんだ…っ!(驚愕)
 ―というわけで、
 ガンプラバトルに対しより一層高まった意欲を確認するように手を取り合った二人の、
 穢れなき双眸に吸い込まれそうになっていたのに、
 童たちの「チュー♪チュー♪」に全部掻っ攫っていかれました(笑)
 デートを知らなかったセカイも、さすがにチューがなにかは分かってるんだvv

・想いを寄せるミライとお茶した挙句、奢ってもらってご満悦な表情のユウマでしたが、
 店内に飾られたガンプラが目に入った瞬間、驚きの余り思わず席を立ち上がってしまいました。
 彼の驚きの理由は、目の前のガンプラの自分の作品に優るとも劣らないクオリティー。
 そして、その作品の傍らのロゴを見、
 作り手の正体を察したユウマの目が、納得したように僅かに細められます。
 ミナトがユウマをライバル視していたように、
 ユウマもまた、ミナトの存在をよく知っているのです―。

****************************

 今日は何といっても新キャラ祭りでしたね!あとラブコメ!
 アバンの面々はもちろん、想像以上に口が悪かったミナトとかvv
 ユウマとのライバル関係に加えて、今回でセカイとも因縁ができちゃいましたし、
 今後主人公チームにどう絡んでくるか注目ですね。
 彼も、どこかのチームに属して選手権出場を目指しているんだろうか?
関連記事
 
LandM #-
 
ビルドファイターズ見てま~~す。
(*´▽`*)

ミライさんの保護者モード全開に吹きました。
・・・というのは建て前として。

このアニメもSDガンダムの気合い度もすさまじいと思いまして、ある意味一番ガンダム愛に溢れているアニメだと思っています。
まりお #qjsITxmk
LandM様☆ 
LandM様、こんばんは、そしてはじめまして!当ブログへのご訪問&コメントありがとうございます(*'▽')

確かに、ミライは姉と言うより、完全に保護者でしたね(笑)私も彼女の一挙一動に30分間笑いっぱなしでしたvv

ビルドファイターズ(もちろんトライも含めて)スタッフのガンダム愛が画面から伝わってきますよね♪観ていてすっごく気持ちいいです^^

秘密にする

 
トラックバックURL
http://grhm2307.blog.fc2.com/tb.php/147-1627e8e1
 
セカイとフミナが、Gミューズに出かけるお話しでした。 ガンプラ選手権に向けて、他の学校も動き始めていました。他校は既にいつも1回戦負けのフミナたちが、ギャン子として知られている聖オデッサ学園を破ったことをつかんでいました。そんな中でも目を引いたのは、水中戦が得意そうな学校でした。こことセカイたちが対戦することになるのでしょうか!? そしてセカイたちも、ラルさんとの練習を続けていま...
 
鍔競り合いの音が眩しい人生。
 
ガンダムビルドファイターズトライの第4話を見ました。 第4話 Gミューズ 「聖鳳?万年一回戦負けのチームじゃないか」 カオルコ率いる聖オデッサ女子学園のプラモデル部との練習試合に勝利した聖鳳学園ガンプラバトル部はユウマが参加していることもあり様々なチームから警戒されることとなる。 「オデッサのギャン子も地に堕ちたのだな」 「そうとも言えまい。聖鳳のチームはコウサカ・...
 
<記事内アンカー> ヤマノススメ セカンドシーズン 第16話「思いをうけついで」 ガンダムビルドファイターズトライ 第4話「Gミューズ」  月曜からこっち風邪が治りません。咳などはほぼないのが幸いですが、ひたすら頭が重くて思考力にダイレクトアタック。あ、あと1日頑張れば休みが……(まあ、土曜は用事があるが)
 
ミライはいいキャラしてますね。 荒鬼頑駄無や武者號斗丸がこんなに動いている姿を見れるとは。 SDガンダムですが、格好良かったですね。 ガンプラ作成シーンをじっくり描くのは、もっと後になるのかな。 公式サイトで行われているモビルスーツ総選挙には、シスクードに 投票しました。 HGで出してほしいんですけどね。 RE/100でもいいですが。 ギャン子との練習試合で初勝利を納...
 
ガンダムビルドファイターズトライ 第4話「Gミューズ」 感想(画像付) セカイとフミナがデート?(笑) SDのガンプラで、大阪の屈指のビルダー、サカイ・ミナトと対戦。 SDならではの戦い方が面白いですね!   ギャン子との練習試合で初勝利を納め、一ヶ月後に迫った地区予選大会に 向け猛練習をするトライファイターズ。 そんな中、大会用のモビルスーツ製作に悩むフミナはラル...
 
ガンダムビルドファイターズトライ 第4話 『Gミューズ』 ≪あらすじ≫ ギャン子との練習試合で初勝利を納め、一ヶ月後に迫った地区予選大会に向け猛練習をするトライファイターズ。そんな中、大会用のモビルスーツ製作に悩むフミナはラルさんに相談し、ラルさんの提案でセカイと一緒にGミューズに行く事に…。ガンプラ選びに夢中なフミナを尻目に、手持ち無沙汰なセカイは店員の勧めで初めてのガンプラ、武...
 
ラルさん「ガンプラバトルのフィールドは 宇宙空間、6分の1Gの月面、 高圧の水中など様々」 ラルさんがセカイにどんなフィールドにも対応できるようコーチ。 OP前には水中でガンプラバトルを行うチームが出てきたんだけど。 水中を再現したフィールドじゃなくて、水中にガ…
 
次々と姿を見せるライバルたち。そしてガンプラの楽園で凄腕ビルダーと遭遇するセカイ!
 
ガンダムビルドファイターズトライ  第26話 (1話)  ~ 第4話 Gミューズ とある世界の近未来。そこは現実世界とおおむね同じだが、大きく異なる点があった。プラスチックに反応して外部から動かせる特質を有した「プラフスキー粒子」と、この粒子を使ってガンダムシリーズのプラモデル「ガンプラ」を遠隔操作して戦わせるシミュレーションゲーム「ガンプラバトル」の存在である。ガンプラバトルは世界中...
 
なぜセカイは號斗丸を選んだか、ぐらいは触れようよ。 メタ的には当然だけど、数多あるプラモの中からガンダムについて知らない少年が、 愛機(?)ビルドバーニングのSDとして選んだというのは無理がある訳だし、 それこそ次元覇王流の直感でも運命的なものを感じさせておくだけで話は締まる。 自分の小遣いを出し、説明書と箱書き読み、プラモ作り、愛着を持たせてやれよ。 それでこそいけ好かな...
 
セカイとフミナが掴んだそれぞれに目指すもの。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。