スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガンダムビルドファイターズトライ 第10話『ガン☆コレ』感想 
 
ガンダムビルドファイターズトライ Blu-ray BOX 1(スタンダード版)(期間限定生産)ガンダムビルドファイターズトライ Blu-ray BOX 1(スタンダード版)(期間限定生産)
(2015/03/27)
冨樫かずみ、内田雄馬 他

商品詳細を見る


 今回は、放送前から予想していた通りの息抜き回^^
 ベアッガイファミリーの2体が可愛くて、始終萌え萌えさせていただきましたvv
 …と同時に、人物の作画の乱れがひどく気になった回でもありました(;_;)
 先週が大貫氏のクオリティーの高い絵だったことも手伝って、
 余計にそう感じてしまったのかもしれませんが…それにしても…(ノД`)・゜・。
 今回作監を務められたしんぼさんは00の時から馴染みのある方なので、
 実はかなり応援しています。
 アニメ製作の現場、過酷な環境だとは思いますが、ぜひもうちょっと頑張って欲ください…っ!
 
 というわけで、以下ビルドファイターズトライ 第10話『ガン☆コレ』の感想です!

 ※ネタバレがありますので、ご注意ください!!!
【ガンダムビルドファイターズトライ 第10話『ガン☆コレ』感想】

 地区予選大会決勝は、聖鳳学園のトライファーターズの優勝で幕を閉じました!
 しかし、勝者がいればその陰には必ず敗者が存在します。
 死力を尽くした結果を潔く受け止めているような笑みを浮かべるスドウ。
 溢れ出る涙を顔を真っ赤にしながら必死でこらえるヨミ。
 ヨミの成長に一瞬驚いた表情を見せ、優しくその頭を撫でるアキラ。
 ―そして、アキラの加入によりレギュラーメンバーから外れたにもかかわらず、
 誰よりも悔しそうに滝のような涙を流すヤス。
 …もともと顔面偏差値が高くない上に、
 作画の乱れにより(笑)いつも以上にブチャイクに磨きがかかっている気がしますが、
 彼の魅力は見た目じゃなくてこの心根ですから!
 なんていいやつなんだ~見てるこっちが泣けてくるっ!(ノД`)・゜・。

・「ほう…アシムレイトか。久し振りに見たよ。
 イオリくんや私と同等、いや、それ以上にガンプラにのめりこむ存在を」
 なんかユウキ先輩、髪長くなってません?チャラいですよ(笑)
 あと、上着の袖の縞々模様、一体何なんですか?ファッション?(笑)
 
 G-マスターとのバトル中で頬に傷を負っただけでなく、
 まるで死闘に臨んだビルドバーニング自身であるかのように力を使い果たし、
 その場に倒れこんだセカイの姿に感慨深げに呟くユウキ先輩。
 セカイがビルドバーニングに“同化した”という意味で“assimilate”という単語を使ったのかな?
 それにしても、あんまり驚いていませんでしたね。
 一般常識で考えれば在り得ない現象のはずなので、
 リアクションとしてはアキラのそれのほうが正解な気がしますが、
 メイジン・カワグチレベルになってくるとあーいうことも想定の範囲内なのかな(笑)

・後日談でしょうか、優勝トロフィーを持参したセカイがフミナのマンションを訪れています。
 頬の絆創膏が痛々しいですが、
 フミナこそトロフィーを持つべきだとのセカイの主張に、私の気分もほっこりです(*'ω'*)
 ってかフミナvv他に私服持ってるだろうに、なぜいつも露出度高めのそのコスチュームなの?vv
 心配させたことに対するフミナへの謝罪やフミナ母への挨拶、どれをとっても礼儀正しくて、
 ああやっぱり髪の色こそ似ているけど、
 セカイとどこぞの赤髪とは全然違うな!って感情がまた湧いてきちゃいます(笑)
 と言いつつ、レイジも大好きなんですけどね!来週ニルスが登場するみたいだし、レイジにも早く会いたい!!! 

・「ミナトの作品で勝てなかったのは、俺がファイターとして未熟だからだ。すまない」
 大阪に帰るミナトに自分の力不足を謝罪するスドウでしたが、
 予選大会を当事者ではなく外から眺め続けたミナトの胸には、別の想いが去来しているようです。
 「違う…悪いんはワイや。コウサカ・ユウマを甘く見とった。認めなあかん。
 ビルダーとしてのあいつの能力と、ワイの心の弱さを」
 その言動から世間ではとても嫌われる(苦笑)らしいミナトですが、
 私はなんだかんだ彼のこと憎めないんですよね。
 ほら、こうやってちゃんと自分の弱さを認めてるし、良い子じゃないですか?(異論は認めます・笑)
 まぁ、性格の良し悪しは別にして、ミナトのポジションってすごく面白いと思うんですよね。
 先にも書いたように、彼は初登場時から現在に至るまで、
 予選大会を外から眺め続けた稀有なキャラクターです。
 ここまでギャン子、シモン、スドウ、アキラと魅力的なキャラクターが次々登場してきましたが、
 皆予選大会という枠の内側の人間で、
 バトルを通して(セカイ風に言えば拳同士ぶつけ合うことによって)互いに成長してきた。
 でも、ミナトはG・ミューズでセカイ&フミナと一回バトルをしたっきり、
 予選大会が始まってからは解説役に徹し続けてきました。
 確かに、バトルを通してしか得られない経験値はあるでしょう。
 一方で、外から見続けてきたからこそ得ることができるものもあると、私は思うんですよね。
 だからこそ、今話で吐露した心境の変化を経て、
 ミナトが今後どこへ向かうのか、非常に気になってます。
 ユウマのビルダーとしての能力だけでなくファイターとしてのそれにも興味を抱き、
 何かしらの形で全国大会にライバルとして出場してくるのか。
 それともこのまま解説役という立場を貫くのか。
 心形流ってことで、先輩であるマオがどう絡んでくるのかも気になるし。
 あんまり賛同者はいなさそうですが(笑)、私は今後もミナトに注目していきたいと思います。
 
・「ああ、ちゃんと言ってなかったな。優勝おめでとう」
 全国大会に行けないショックでヤケ買い&食いに走るヨミに笑顔で付き合い、
 且つ街で偶然会ったセカイとフミナに「おめでとう」の言葉を贈るアキラ…いい奴ですね(*'▽')
 ヨミは否定してたものの、休日に二人で街を練り歩くその2ショットはどう見ても“デート”だし、
 このままラブラブ街道まっしぐらなのかなvvそしてひとり取り残されるスドウ…vv 
 さてそのアキラは別れ際、
 次元覇王流拳法に関し意味深な言葉をセカイに残して去っていきましたね。
 即ち「全国大会が始まれば、いずれ分かる」―と。
 セカイが知らないだけで、
 実は次元覇王流拳法を使ってガンプラバトルに勤しむ先駆者が日本の何処かにいるんだろうか?
 でも、それなら既にフミナやユウマ、ラルさんが知っていそうだし…う~ん?
 個人的には、Cパートで出てきたアドウ氏が関係者なんじゃないかと予想しているんですが、
 こればっかりは全国大会編が始まってみないとなんとも言えませんね。

・ガンプラとファッションとの融合を目指した画期的なイベント、
 TOKYO・GUN☆PLA・COLLECTION!!!
 …ってそれ、とーきょーがーるずこれくしょんのぱくりじゃないですかー(棒読み)
 その目玉企画である、
 モデルプロダクション対抗のガンプララリーの出場者に担ぎ上げられてしまったミライvv
 弟がガンプラバトルの大会で優勝したからって、
 プロダクションの未来まで背負わされてミライ不憫…と苦笑いしていたら、

 ハリウッド女優のミホシ!!!???(叫)

 ガンプラアイドル☆キララだった過去など微塵も感じさせない艶やかな出で立ちのカットインに、
 度肝を抜かれてしまいました、私(笑)
 いやーこれは不意打ちでしたね、全く予想もしていませんでした。
 きっとミホシは、キララとしてそこそこ頑張るも年齢が年齢でアイドルとしては先が見えなくて、
 最終的にはフェリーニと結婚でもして芸能界から足を洗ってるだろうなーとか考えてたんですけど、
 彼女の向上心の高さを甘く見てました。さすが私が惚れたミホシです( *´艸`)
 それにしてもハリウッドなんて、大出世じゃないですか!
 ある意味黒歴史とも言えるキララだった過去を、揉み消してないのも素晴らしい!星型の髪留め!
 ただひとつ気になるのは、フェリーニとどうなったか…まさか出世したからって捨てたりしてませんよね(笑) 

・ミホシの近況はさておき、本題に戻ってミライの話を。
 強制的にガンコレへの参加させられることとなった彼女、
 今までガンプラを作った経験なんて一度もないため途方に暮れていましたが、
 邪念に捕らわれた強力な助っ人・ユウマの指導で、
 無事ベアッガイをベースにしたママッガイを作り上げることができました!
 ―ということで、今回は無印で言えば8話と16話を足して2で割ったような感じになってましたね。
 そうそう、レースと言う要素も考えれば14話も含まないといけませんから、
 水着回+ガンプラ作成回+レース回÷3…。
 さすがにちょっと詰め込み過ぎだったんじゃないかな?。
 14話はともかく(←おい)、8話と16話は無印の中でもお気に入りの回だったので、
 (8話は息抜き回と見せかけてX魔王がカッコよかったし16話もレイ×アイの距離がガンプラを通じて近づいたのが最高!!)
 特に“初心者がガンプラ作りを楽しむ”ってテーマに関しては、
 丸々1話割いでもたっぷり時間をかけて描いて欲しかったってのが、
 私の正直な気持ちです。
 尺の問題でなかなか難しいのかもしれませんが、
 やっぱり“ガンプラを作る楽しさ”こそが根底にあるからこそ、
 BFTの醍醐味でもあるガンプラバトルも映えると思うので。
 
・「最近の僕は、美しいガンプラや強いガンプラを作ることだけに囚われて、
 楽しんで作ることを忘れてしまっていた…思い出させてくれて感謝しています」
 ママッガイの製作過程がダイジェストで流されたのは少し残念でしたが、
 だからこそユウマのこのセリフに救われた気分になりました。
 今まで劇中で描かれてきたガンプラ作成時のユウマは、
 真剣&真面目ゆえなのでしょうがいつも厳しい顔をしてましたもんね。
 それが、ミライを見守っている時は優しい眼差しで、表情も楽しげで。
 きっと、ミライへのサプライズにプチッガイを作ってる時のユウマの表情も柔らかかったんだろうな。
 そんな想像をしながら考え直すと、
 このベアッガイFの製作を通して一番フォローされたのは、
 他ならぬユウマだったのかもしれません。初心に戻れたわけですから。
 ユウマのこの心境の変化が、全国大会で活かされると嬉しいですね。

・そのユウマ、想いを寄せるミライに対する邪念vvとそこから派生した妄想vvが、
 無意識のうちに口からダダ漏れになってるのが最高に面白かったです(/ω\)
 初めてユウマのビジュアル見たときは、まさかこんなキャラだとは思わなかったなー。
 やんちゃなセカイとクールなユウマという王道の性格設定が、
 ここに来てそれぞれ良い意味で裏切られまくってます(笑)
 
 セカイ→思った以上に礼儀正しく常識もある。
 ユウマ→クールキャラ崩壊vv

 ってな感じで(笑)
 
・ガン☆コレのステージ、まさかの海岸に設置されてる(笑)そしてフミナの水着、色々やばい(笑)
 でも、なによりおかしいのは、
 
 三代目・スゴック!(爆)明らかにじぇーそうるぶらざーずのパクリじゃないですか(笑)
 
 その三代目・スゴック(笑)のボーカルであるタク氏、
 皆の目があるミライの控室で堂々と彼女を口説き始めます。
 まさか、ホビーアニメのBFTで壁ドンが見れるとは夢にも思いませんでしたvv
 紆余曲折を経て、ガンプララリーでミライに勝てば彼女と食事に行けることが決まり、
 自称“ガンダムと言う作品が三度の飯より大好きな”タクは俄然やる気になっていますね。
 一方のミライは、弟のセカイが勝手にセッティングした舞台に、同様を隠せない様子…vv

・そんなこんなでガンプララリー。
 飛び入り参加のタクに黄色い声援が集まる中、一斉に参加機体がスタートを切りました。
 ユウマの指導による高い完成度とセカイとの特訓により高まったミライの操縦技術も手伝って、
 ママッガイはスピードに乗り、レースのトップに飛び出しました!
 がしかし、一筋縄ではいかないのがタクという男のようでvv
 ミライに勝つため、他の参加者にママッガイを妨害するよう指示し、
 集中攻撃を浴びたママッガイは湖に水没してしまいます…。
 と、一見不利な状況に陥ったかのように見えたミライですが、
 ママッガイのベースであるベアッガイは水陸両用MS、
 ユウマ曰く「水の中はお手の物」ということで水中から最短ルートでゴールを目指します。

・それでもなかなかタクのガンプラ・ターンAを振り切ることが出来ず、
 陸に上がったところで、遂にそのビームサーベルに襲われることに!(;´Д`)
 そして容赦ないターンAの攻撃が、プッチガイをも餌食にしようとしたその時、
 ママッガイが自らの身体を投げ出して―。
 背面を焼かれ倒れこんだママッガイ、そしてそれにとぼとぼと歩み寄るプチッガイ。
 ―なんだかもうなんのアニメを見ているのか忘れてしまいそう(ガンプラアニメです)な絵面ですね(涙)
 動物の親子のドキュメンタリーを見ているような気分になってきまいたよ(涙)
 でも、これは間違いなくガンプラアニメ、ビルドファイターズトライ。
 ここからプチッガイ(&ミライ)による、怒涛の反撃が始まるのです!

・さすがセカイの姉というべきか、
 ミライも実は子供の頃次元覇王流を嗜んでいたことがあったそうで、
 セカイばりの必殺技・蒼天紅蓮拳でプチッガイかターンAの股間を強打(笑)
 これが致命傷となりターンAは爆散(笑)、ミライのレースを邪魔する者もいなくなり、
 あとは全力でゴールを目指し誰よりも早くゴールテープを切るのみ!
 あまり多くを語ると下品になりそうなんで一言だけ、ターンAへの攻撃…痛そうでしたね(笑)
 
・―ところが、そうは問屋が卸さないのがBFT(笑)
 ゴール手前でプチッガイさんまさかのズッコケvv
 優勝は他の参加者に掻っ攫われてしまったのでした(*'ω'*)

・夜空を彩る花火を浜辺から見上げる、浴衣姿のミライとユウマ。
 昼間のガンプララリーで優勝できなかったミライを慰めようとするユウマですが、
 「いかなる理由があろうとも、邪な気持ちが隙を作る」と次元覇王流の教えを語るミライは、
 結果を結果として受け入れてる様子。
 まぁ、自分の意思に反して設定された条件だったとはいえ、
 余計なものを排除しないまま勝負に臨んだ以上、
 ミライにも邪まな部分がなかったとは言えないんでしょうが、さすがにちょっと理不尽かも。
 でも、それに言い訳をしないミライがかっこいい。

・そして、相変わらず心の声がダダ漏れなユウマはカッコ悪い…(爆)

・Cパートはガンプラ学園。
 アキラ要するG-マスターを破ったトライファイターズに警戒を強めるアランたちでしたが、
 初登場のアドウ氏が横柄な態度で全部持っていっちゃいましたね。
 なんでも、アキラはアドウがいない間の補欠(G-ファイターでいうヤス的立場)だったのだとか。
 こないだまで強敵ポジションだったアキラがこの言われよう…、
 なんかライバルの強さがインフレ傾向にある気がするが、大丈夫でしょうか…?(苦笑)
 …それよりもなによりも、ソドウとアドウ、名前が似てるのが気になる(そっちか!笑)

****************************

 ママッガイも可愛かったけど、
 プチッガイという世界を知ってしまったら、もう大きなママッガイには戻れない…。
 やっぱりより小さい方を可愛いと思ってしまうのが母性本能なのでしょうかvv
 そんなことを考えながら萌堪能してた10話でしたが、
 次回予告が違う種類の萌えを投下してくれたもんだから、大変ですよ!(*'ω'*)

 にるすぅぅぅーーー!( *´艸`)( *´艸`)( *´艸`)
 
 待ってた!待ってたよアーリージーニアス!!!(萌)
 

http://104bk.blog.fc2.com/blog-entry-3053.html
http://ylupin.blog57.fc2.com/blog-entry-9123.html
http://animegane1216.blog.fc2.com/blog-entry-2259.html
http://seigenjikan.blog2.fc2.com/blog-entry-3400.html
http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-1938.html
http://nanohana0103.blog.fc2.com/blog-entry-2478.html
http://takaoadventure.blog98.fc2.com/blog-entry-4379.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-3261.html
http://uinndouzu.blog.fc2.com/blog-entry-1132.html
http://hiro1134.blog65.fc2.com/blog-entry-4153.html
http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-3880.html
http://yadobeya.blog.fc2.com/blog-entry-1633.html
http://specium78.blog93.fc2.com/blog-entry-2309.html
http://sayomikeneta.blog38.fc2.com/blog-entry-401.html
http://reviewotaku.blog.fc2.com/blog-entry-1130.html
http://blog.goo.ne.jp/u0h/e/ba47dede8250d385c516d8e6409cc3d8
http://shinjitsuakuro.blog109.fc2.com/blog-entry-5408.html
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2014/12/gbf2-10.html
http://luvnail.blog46.fc2.com/blog-entry-3418.html
http://nijiirosekai.blog55.fc2.com/blog-entry-4790.html
http://craft89.blog105.fc2.com/blog-entry-1208.html
http://reviewotaku.blog.fc2.com/blog-entry-1130.html
http://airmf23.blog3.fc2.com/blog-entry-1322.html
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/60791348
関連記事
 
LandM #-
 
ああ、そういえば、ガンプラを楽しむ。
ということにまるまる一回使ったってことですね。

ミライさんばっかり見ていたので、
すっかりすっ飛んでしまった。
(´_ゝ`)

tara #6lMJsrDI
 
20000HITおめでとうございます♪
負担にならないくらいの按配で、まりおさんのペースで頑張って下さい(^^)
お邪魔するようになったばかりの自分がこんなコト書くのも場違いですが;

BFT10話、ちょっと詰め込み過ぎだったという印象は同感です(^^;)
でも息抜き回として楽しめましたv(ミライさんの次元覇王流には完全に意表突かれましたw)

ミホシのハリウッド進出には仰天w
サザキ君といい、思わぬ出世をしている1期キャラの皆さん…(^^)
今後も“近況報告”が楽しみですw
まりお #qjsITxmk
LandM様☆ 
LandM様、おはようございます☆そしてコメントありがとうございます^^

息抜き回でしたね~これまでがバトル続きで気が張っていたんで、久々にげらげら笑って楽しめました( *´艸`)

水着姿のミライも素敵でしたね!さすがモデルって感じのスタイルでした^^
まりお #qjsITxmk
tara様☆ 
tara様、おはようございます☆そしてコメントありがとうございます!

そして20000hitについても、あたたかい言葉をいただきとても嬉しいです^^

少し詰め過ぎてましたねーどれもおいしいネタだけに、もっとじっくり堪能したかったですが、tara様と同じく私も息抜き回として純粋に楽しめましたー♪

ミホシのハリウッド話はびっくりでしたね!無印のキャラたちの大活躍、伝聞でもテンションが上がります↑
来週のニルスは“登場”してくれるようですし、今から楽しみですね♪
かさばる兄さん #-
 
まりおさん、こんにちは!
20000HITおめでとうございます!

Gレコは僕の方は週初めにずらしたので、
内容を見ないようにガマンガマンw後日楽しませてもらいます。

今回はまりおさんもおっしゃってたように
つめこみまくりの回でしたね。

>私以上にガンプラにのめり込む存在
この作品で「ガンプラにのめり込む」と言うと、
「制作にのめり込む」という要素がないと、違和感ありますね。
セカイはバトルにのめり込んでいますが、
ガンプラにのめり込んでる?と言われるとちょっと?な感じですね。
ガンプラとバトルでガンプラバトルですから。
逆にユウマなんかは、前回ファイターである部分も大きく成長したので、ガンプラバトルにのめり込んでるという表現にしっくりくる気がしますね。

フミナが普段から水着同然の姿でほっつき歩いてる(笑)なもんだから、いまさら姉さんの水着っていっても刺激はどんなもんだろう?と思ったが、くびれが素晴らしかったw
ついでにプラモ部副部長の水着も見たいw(個人的に)

>さすがにちょっと理不尽かも
それにしても前作のでかいザク乱入とか触手の生えたジオングの乱入もそうですが、この世界の主催者たちは不正があった事を結果に考慮として入れてくれない傾向ですよね。観客からも文句出ると思うんだがw
姉ちゃん、あれだけ公然と邪魔されて、数秒差で2位!情状酌量もなし!では、ちょっとスッキリしない気分ではあります。

来週のニルスは、ほんと楽しみですよね!
まりおさんのニヤニヤした表情が浮かぶようですw
では!
まりお #qjsITxmk
かさばる兄さん様☆ 
かさばる兄さん様、こんばんは☆そしてコメントありがとうございます!

Gレコ感想の掲載時期ずらしたんですね~今日あたり更新されてるでしょうか?あとでまたブログご訪問させていただきますね^^

ガンプラに「のめりこむ」という表現に関する違和感、強く同感です。
セカイの場合、バトル(もしくはビルドバーニング)に「のめりこんで」はいても、ガンプラ全体に対しての興味はまだまだ小さそうですもんね。
きっと、今後無印の16話のような、セカイがガンプラ製作に興味をもつエピソードが語られるだろうと期待しています。

ミライの水着姿、素敵でしたね(*'ω'*)♀の私もときめいちゃいました(笑)

大人ニルスの登場、楽しみすぎて既に今からニヤニヤしてますvv
D-Wraith #wWPQEOVY
初代スゴック 
わずか45分のOVA、ガンプラビルダーズに初代スゴックが出ています。声はティエリアで「パチリと言うまで嵌めないから!」などの名台詞を残しましたw

前作1話でセイのビルドストライクから右腕が外れるシーンで「パチリと言うまで嵌めないから!」と言ってしまったのは俺だけじゃないと思いたいですw

なお、スゴックの名前自体は水陸両用MSズゴックとSMAPを掛けたんじゃないかと思います。
まりお #qjsITxmk
D-Wraith様☆ 
D-Wraith様、こんにちは☆そしてコメントありがとうございます^^

神谷さんがageに出てたのは知っていましたが、00より古い作品にも出ていらっしゃったんですね!
「パチリと嵌めないから!」なるほど、BF1話アバンのセイにぴったりなセリフですね(笑)

スゴックはズゴック×SMAPなんですね(笑)こちらもなるほど!( *´艸`)黒田氏の遊び心が出てておもしろいですねー♪

秘密にする

 
トラックバックURL
http://grhm2307.blog.fc2.com/tb.php/161-4d85ad69
 
ガンダムビルドファイターズトライ 第10話 『ガン☆コレ』 ≪あらすじ≫  全日本ガンプラ選手権西東京予選大会を制したトライファイターズ。アシムレイトのダメージも回復し、セカイはまだ見ぬ強敵が集う全国大会に思いを馳せる。そんな中、ファッションモデルを務めるセカイの姉、カミキ・ミライは、ガンプラとファッションの融合を目指して企画された「東京ガンプラコレクション」通称「ガン・コレ」の目...
 
ミライも次元覇王流の使い手だったとは。 七花と七実を思い出しましたよ。 対戦相手が∀ガンダムだった理由って股間コクピットだったからなんですかね(笑) 全日本ガンプラ選手権西東京予選大会を制したトライファイターズ。 アシムレイトのダメージも回復し、セカイはまだ見ぬ強敵が集う 全国大会に思いを馳せる。 そんな中、ファッションモデルを務めるセカイの姉、カミキ・ミライは、 ガンプラ...
 
スドウは負けても後悔はしないさっぱりした人なのね、まぁやるだけやったんだからそういうのもあるか。 アシムメイトとか意味ありげな単語が出たけど説明はなしかーまぁ待つかな。 ミナトはユウマを軽く見てたらしいよ。 スガはあれだけやれて補欠だったのか、まだまだ強敵は多いね、それにしてもどこで次元覇王流を知ったのかが気になる。 セカイはまだ疲れた理由を深く考えてないかーまぁそれ...
 
ガンダムビルドファイターズトライ 私だ あらすじ 全日本ガンプラ選手権西東京予選大会を制したトライファイターズ。 そんな中、ファッションモデルを務めるセカイの姉、カミキ・ミライは、 「ガン・コレ」の目玉企画、モデルプロダクション対抗ガンプラ・ラリーに参加す...
 
ガンダムビルドファイターズトライ  第26話 (1話)  ~ 第10話 ガン☆コレ とある世界の近未来。そこは現実世界とおおむね同じだが、大きく異なる点があった。プラスチックに反応して外部から動かせる特質を有した「プラフスキー粒子」と、この粒子を使ってガンダムシリーズのプラモデル「ガンプラ」を遠隔操作して戦わせるシミュレーションゲーム「ガンプラバトル」の存在である。ガンプラバトルは...
 
 水着回でミライ回。
 
東京ガンプラコレクションの開催です。・・・まさかの水着回でした。(^^; 決勝戦を勝ち抜いたものの、そのままセカイは気絶してしまいました。そしてセカイの体には、ガンプラと同じような傷がありました。それだけセカイは、ガンプラとシンクロしていたのでした。 回復したセカイは、フミナの家を訪れました。フミナのはからいで、優勝カップはセカイの家にあったのですが、部長であるフミナが持っていた...
 
ガンダムビルドファイターズトライの第10話を見ました。 第10話 ガン☆コレ セカイ達トライファイターズは全日本ガンプラ選手権西東京予選大会を制することができたのだが、そんな中、ファッションモデルを務めるセカイの姉・ミライは「ガン・コレ」の目玉企画であるモデルプロダクション対抗ガンプラ・ラリーに参加することになってしまう。 そこでミライはユウマの協力を得て無事にママッガ...
 
ガンダムビルドファイターズトライ 第10話『ガン☆コレ』 感想(画像付) 水着でガンプラ回です♪ ミライ姉ちゃんも強かった! ターンAの股間のパーツを粉砕(^^; そのためのターンAのチョイスってw 全日本ガンプラ選手権西東京予選大会を制したトライファイターズ。 アシムレイトのダメージも回復し、セカイはまだ見ぬ強敵が集う全国大会に思いを馳せる。 そんな中、ファッ...
 
<記事内アンカー> ヤマノススメ セカンドシーズン 第22話「ともだちになろ?」 ガンダムビルドファイターズトライ 第10話「ガン☆コレ」  先週告知の通り、すみませんが明日の更新はお休み、次回の更新は12/13(土)となります。今週末は帰宅してからも慌ただしいことになりそう。
 
ターンエーが股間をやられて沈む訳がないじゃん! だってまず、あの珍コクピットは飛ぶんだから! ガノタならだれでも知ってる! 見るからに弱点丸出しというスタイルでありながらも成人の儀式の舞台であり、 守るべき場所という物語上の意味づけに置いて本編が完全に説得力を示してて、 ターンエーという機体の象徴とも言うべき部分をギャグのオチにすんじゃねぇよ! ま、セカイ姉が痴漢撃退法とし...
 
そこを狙っちゃ駄目えぇぇ!! ターンエーの股間(コクピット)を撃ち抜く、ミライさんとプチッガイの怒りの一撃。 同時に会場の男どもが一斉にアシムレイト状態になっててワラタ。 <注>アシムレイト=前回セカイに起きたガンプラとのシンクロ現象をそう呼ぶみたいです。 てな訳で、管理人歓喜のミライさん祭りだったビルドファイターズトライ第10話。 期待してたお色気満載の水...
 
フミナママ登場。前回ラスト、セカイの部屋に優勝カップが飾ってあって妙だなと思った。全力尽くしたセカイに託したのだろうけど、やはり部長が持ってないととフミナのお宅訪問。姉にしか見えない若いママ登場…胸ぺったんこですね。中学生の娘に負けるとは…それとも着痩せしているだけだろうか。「もしかしてフミナのボーイフレンド?」「はい、そうです!」ボーイフレンド=男友達だと思って...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。