スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
狙い撃たれちゃったかも①【二期3話終了後】 
 (元記事作成日:2008/10/23)
 
新・00をひとりごつ 機動戦士ガンダム00 二期第3話『アレルヤ奪還作戦』 感想
トラックバック(0) コメント(0) ▲TOP Categorie:00二期感想 Genre:アニメ・コミック Theme:機動戦士ガンダムOOcommentstrackbackAuthor:まりお『...

 世間様が、00の次回予告のライルのちゅーに激怒していらっしゃる中、
 私の中では奇妙な感情が生まれつつあります…(@□@;)

 「狙い撃たれちゃった」的な…みたいな…かもしれない…orz

 「誰に??」って…。
 そりゃぁ『狙い撃たれた』という言葉からも分かるように、
 もちろんロックオンですよ!!
 え??
 「どっちのロックオン??」って…。
 えーえーえー…
 ………………ら、ライル…です………………(小声)
 そう、よりにもよって、あのライルです(爆)
 破壊力抜群の次回予告のせいで、
 老若男女問わずほとんどすべての00ファンを敵に回したであろう、
 あ・の・ライル・ディランディです!!

 私も、自分自身に対してびっくりしてるんですよー(汗)
 かなり想定外の事態だったんで(^∀^;)
 しかもニールではなく、敢えてのライル・チョイス★
 もちろんしっかりと理由はあるんですよ!!
 
 というわけで、今日は、二人のロックオンについて語ってみようと思います♪

※大変なことになりました!!
  本当は今日のこの一つの記事の中で
  「二人のロックオン」について書ききる予定だったんですが、
  ニールだけで結構な長さになってしまいました…orz
  なので、ライルについては明日の記事の中で書きたいと思います。
  今日はとりあえず、ニールについてのみです。
 


【ニール・ディランディ】
 もう、私が今更しゃしゃり出て語るべきことなんてほとんどないと思われる、
 兄貴の中の兄貴。
 色々な媒体から察するに、
 おそらくはマイスターズの中でも一番ファンから愛されいて、想われてる男。
 その壮絶で悲しい散り様は、観る者の心に強く刻まれました…。
 …もちろん、私もその例にもれません。
 大好きでした、ニール・ディランディ!!
 彼のどこがどう素晴らしいのかとかそういうことは、
 もう本当に他の方が語り尽くしてくださっていますので、
 私の陳腐な考察なんて割愛しちゃいますが。
 一点だけ。一点だけ触れておきたいことがあるんです。
 それが、彼の「狙い撃つ」ってセリフ。
 すごく短い一言ですけど、
 紛れもなく「ロックオン」のアイデンティティーだった、このセリフ。
 以前、某巨大掲示板で、このセリフについての考察を披露してる方がいらっしゃって。
 それが純粋にその人自身によるものだったのか、
 それとも他にソースがあったのかは定かではありませんが、
 読んでひどく感動させられたんで、紹介させていただきます。
 とは言っても、かなり前の出来事なので私自身の記憶も曖昧です(汗)
 「なんとなくこんな感じだった」ということを御理解の上、お読みください。

「狙い撃つぜ」
 ニールは、KPSAが起こした自爆テロによって、ライル以外の家族を喪いました。
 そんな彼がテロリズムにどんな感情を抱いていたかは、
 一期の彼の言動を見れば明白ですよね。
 憎悪。嫌悪。
 でも、彼もまたCBに所属し、ガンダムによる武力介入=テロを行い、
 多くの生命をその手にかけます。
 「同じ穴の狢がぁ!!」というサーシェスの言葉は、そう思いたくはないけれど、
 確かに真理です。
 厳しい言い方にはなりますが、ニールもまたテロリスト以外の何ものでもなかった。
 でもそんなこと、彼自身が一番良く理解していた、と。
 それでも、その矛盾の中に身を置くことでしか叶えられない願いがあるから、
 だから彼は戦っていたわけで。
 …悲しすぎる世界ですよね、本当に。
 そんなニールにとって「狙い撃つ」という言葉がどんな意味を持っていたか??
 
 無差別テロによって、家族を喪ったニールは、
 同じ様に暴力を行使しはするけれど、
 自分は絶対に「無差別」に他人の生命を奪ったりしないと誓っていて、
 だからこそ戦いの前にその言葉を口にしていたのではないか―というのが、
 某掲示板に書かれていた考察です。
 自分がテロリストであることなど、嫌でも分かっている。
 それでも、自分は戦う覚悟を決めた。
 でもそれは、信念のある戦いであって、
 自分の家族を奪った無差別テロとは違う。
 テロ行為に善悪の差などないことは百も承知の上で、
 世界の変革を成した後に待つ罰さえも覚悟した上で、
 戦っていく―。
 そんなニールが、
 自分を律するものとしてあるいは縋るものとして、
 そしてもちろん狙撃手の誇りを体現とするものとして口にするのが、
 この「狙い撃つ」なんだ、と。
 
 ―――ぁぁぁ、だめですね。
 自分で書いていて意味が分からなくなって来ちゃいました(@□@;)
 所詮私の残念な記憶力と文章力では、この程度が限界なんです(涙)
 言いたいことの3分の1も書けてないという、悲劇!!悲劇!!HI・GE・KI★
 無知は罪とはよく言われますが、
 無能も罪だと今痛感してます↓
 とにかく某掲示板の考察はすごかったんですよー!!(叫)
 だって2ちゃんねる(ぁ、言っちゃった(笑)ま、いいっか♪)読んでて泣くなんて
 尋常な事態じゃないですもん!!
 本当に、ものすごく深くて。
 「狙い撃つ」っていうそのたった一言を、
 ニールがどれだけの想いを込めて口にするのかと思ったらもう…!!
 目からGN粒子大放出ですよ…っ(ΩдΩ)
 
 彼の生き様が、そして遺した想いが、
 少しでも報われるような世界にどうかなりますように…(涙)
 とにかく今は、鎮かに穏やかに、彼が眠っていてくれることを祈るだけです。
 宇宙で散りはしたけれども、
 その魂は、心は、故郷のアイルランドに戻ってますよね…??
 家族と一緒にいますよね…??
関連記事
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://grhm2307.blog.fc2.com/tb.php/18-3d4a6533

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。