スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第12話 『暗礁』感想 
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 1 (特装限定版) [Blu-ray]
バンダイビジュアル (2015-12-24)
売り上げランキング: 465


 (ノД`)・゜・。(ノД`)・゜・。(ノД`)・゜・。

 もう今週は、これ(↑)に尽きる、ただそれだけです(涙)
 それに伴い鉄血のオルフェンズ第12話『暗礁』の感想は、
 主に2点にのみ焦点を当てて書き上げています。
 即ち『ちょび髭=トド説を否定する!』(まだ言ってる)と『昭弘と昌弘について』です。
 
 ※ネタバレがありますので、ご注意ください!!!

【機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第12話 『暗礁』感想】

・先週、ちょび髭=マクマード説をぶち上げ、一人で慌てふためいていた私。
 その後、多数の方にトド説の有力性を諭していただき心落ち着かせた…のも束の間、
 やっぱり私にはトドが噛んでるとは思えない…否、思いたくないんです(;´Д`)
 だって、もしトドが裏で暗躍してるっていうなら、
 それは単にオルクス商会戦の焼き直しでしかないじゃないですか。
 あの時はトドの視点から物語を語っておきながら、今回その正体を隠しておいて、
 それで「実はトドでした!」って明らかにされても…スケールダウン感半端ない( ゚Д゚)
 今週のラストがあんな感じ(涙)になったのも、元を辿ればトドの情報が…なんて、
 そんな因果関係は納得が出来ない…昭弘も昌弘も報われない…(ノД`)・゜・。
 加えて、マクギリスほどの人物がトド程度(失礼!)にしかツテがないってのも腑に落ちない。
 彼はセブンスターズを束ねるファリド家の子息で、しかも頭も切れる実力者。
 トドじゃなくても、もっと他に裏社会に精通してる人物知ってるだろう!?と、
 思わずにはいられないんです。
 はぁー…=3先週の記事に追記を書き足した時点では、
 いただいたコメントや他のブログ様などの考察から
 トド説に8割ぐらい傾いていたんですけどね;;;(それでも8割なのか)
 今週観終わった段階で、私の中ではトド説は完全に霧散していしまいました。
 だって!なんか意味深な顔してましたよ、ブルワーズの情報源について話しているときの名瀬!
 「情報が抜かれたとしたら歳星で、ってことか」
 あああぁぁぁ他の方のがどう捉えたかは分かりませんが、
 もう私には全力でフラグを立てに行ってるようにしか思えませんでした!
 先週のマクギリスの「ドブをさらうのはドブネズミにでもやらせておけばいい」も、
 そりゃぁセブンスターズのマクギリスからすればテイワズだって卑小扱いだよな、とか。
 今週のブルックの「ギャラルホルンからの仕事だぞ」も、
 マクギリス―マクマード―ブルワーズ経由であれば言っていることは不自然じゃないよな、とか。
 もう何より、公式HPのキャラ紹介のマクマードの顔が、
 私には悪人面にしか見えないんです…orz(これ重要)
 やっぱり、一番最初に脳裏に浮かんだインパクトが大きかったんでしょうね、
 ちょび髭=マクマード説の粗もよーーーく理解してはいるんですけど、
 どんなにトド説を受け入れようとしてももう頭は切り替わってくれません(苦笑)
 というわけで、今後私は超少数意見だと自覚した上で、
 まさかのマクマードが裏切っている説を推していくことにしましたのでご了承ください☆
 いいんですよ、この記事を読みながら「そんなわけないのに~vv」と笑ってくださって結構!(*'ω'*)
 やがてトド説が証明されたときに「だから言ったのに~vv」と笑ってくださって結構!(*'ω'*)
 私としても可能性が低いこと理解しつつ、
 哀しいやら虚しいやら怒りやら諸々がごちゃまぜになって半ばヤケクソな感じで宣言してますので、
 むしろツッコんでいただけた方が気持ち的には楽なんです。

・そもそも私がなんでこんなにトド説を否定したいのかといえば、
 今週のラストの展開の影響が非常に大きいと思います。
 昌弘…(ノД`)・゜・。
 10話のハートフルな終わり方が頭にあったから、
 紆余曲折あれど、最終的に昭弘と昌弘の兄弟にはハッピーエンドが待ってると疑っていなかった…。
 それが。
 あのラストですよ。
 あのラストですよっ!(涙)
 視聴終了後、あまりの衝撃に抜けた魂がしばらく戻ってきませんでした…。
 11話との落差はもちろん、
 12話の中でも、
 憎きブルワーズに対してイサリビとハンマーヘッド両艦の体当たり攻撃でテンション最高潮だし、
 白兵戦でもシノがブルワーズ圧倒してくれてる。
 皆のサポートもあって昭弘は昌弘を説得する絶好の機会を得て、
 「こんな俺を人間扱いしてくれる奴らが、いや、家族って言ってくれる奴らが出来たんだ」と、
 熱く胸の内を語る。
 もう何もかもがこれ以上ないぐらい巧く行ってる…そう思わせておいてからの、
 あの急転直下を、一体誰が予想出来たというのでしょう(ノД`)・゜・。

 新しい仲間を、家族を得る。

 昭弘にとって希望と未来に満ち溢れたそれが、
 一方で昌弘にとっては絶望を呼び起こし、結果彼の未来は絶たれた。
 これまでの名瀬―オルガルートを経て都度印象付けられてきた“家族”=プラスイメージに対する、
 強烈な意趣返しでしたね…。
 きっとどこかでテイワズ編で培われた温かい雰囲気が否定される瞬間が訪れるとは覚悟していましたが、
 まさかこんなに早いとは…。そして昌弘がこんな形になるとは…(ノД`)・゜・。
 
・先にも書きましたが、この哀しい結末がトドの暗躍によって導かれたとは、
 どーーーしても思いたくないんです、私。
 マクマードだったらいいって話でもないんですけど、話のスケール的にまだ飲み込める余地がある。
 でもトドだとダメ(苦笑)彼の小物感と今話の内容が私の中でリンクしないのです。
 そして繰り返しになりますが、マクギリスとトドも私の中では繋がらない。
 トドが嫌いっていうより、トドなんかじゃ私の中で“見合わない”のです、色々なことに対して。
 …はぁ…でもやっぱりトドですよね…トドですよねぇぇぇえええ(/_;)(複雑)

****************************

 というわけで、本当は他にもたくさん、
 例えば久し振りにオルガに対するツンデレが顔を出して激かわだった私のユージンについてとか、
 無知が露呈して私のユージンにすら呆れられるのがむしろ年相応でかわいかったクーデリアとか、
 三日月とラフタの心がほんわか温まる信頼感とか、
 アミダ姉さんがかっこいいところとか、
 予告のアルミリアはなんで泣いているの!?とか、
 諸々語りたいことはあったんですけど、
 トドにアルトランド兄弟に全部持ってかれてしまったて体力も気力も尽きたので、
 今回はこの辺で(;´Д`)
 シノが率いていた制圧部隊にも死者たくさん出たみたいだし、昌弘の件も含め来週もハードな展開みたいですね…。
 今週で既にかき乱された私の精神、果たして持ちこたえられるだろうか…orz
 
 http://takotakotakoyaki.blog52.fc2.com/blog-entry-5581.html
 http://recluse.blog60.fc2.com/blog-entry-1730.html
 http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/blog-entry-1134.html
 http://animegane1216.blog.fc2.com/blog-entry-3403.html
 http://izan499.blog.fc2.com/blog-entry-1348.html
 http://asutabumpblog.blog.fc2.com/blog-entry-326.html
 http://craft89.blog105.fc2.com/blog-entry-1628.html
 http://blog.livedoor.jp/rx_78g/archives/52142299.html
 http://blog.livedoor.jp/pro_g_mania21/archives/g_tekketsu012.html
 http://mirumo.serika.ciao.jp/?eid=912696
 http://guutaranikki.blog4.fc2.com/blog-entry-12553.html
 http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-2460.html
 http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-2452.html
 http://fanblogs.jp/animeigen/archive/4485/0
 http://shibauma.blog94.fc2.com/blog-entry-1056.html
 http://ninedimension.blog118.fc2.com/blog-entry-2807.html
 http://uchurakugaki.blog.fc2.com/blog-entry-1481.html
 http://yabumi.blog107.fc2.com/blog-entry-1328.html
 http://sizukusizukufan.seesaa.net/article/431467809.html
 http://kaityou-osusume.seesaa.net/article/431450725.html
 http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2015/12/gtk-12.html
 http://nijiirosekai.blog55.fc2.com/blog-entry-5397.html
 http://takaoadventure.blog98.fc2.com/blog-entry-4976.html
 http://seeing04.blog39.fc2.com/blog-entry-5806.html
 http://airmf23.blog3.fc2.com/blog-entry-1429.html
 http://blackriderkibagami.blog120.fc2.com/blog-entry-1325.html
 http://samuraimoon.blog67.fc2.com/blog-entry-2315.html
 http://maruta.be/runnershigh/1303#trackbacks

関連記事
 
V-Dash #-
 
管理人さんのユージンのデレた顔が印象的でした(笑)

少年兵達の最期が酷かった今回ですが、次回は少しでも報われる葬送である事を祈りましょう・・・。
まりお #qjsITxmk
V-Dash様☆ 
V-Dash様、こんばんは☆当ブログへのご訪問、コメントありがとうございます^^

ユージンのデレと共に私も止まりませんでした~( *´艸`)

昌弘に目を奪われがちですが、ブルワーズの子供たちの最期も哀しかったですね…。私としては、昌弘ももちろん、彼等も共に鉄華団に入ってくれることを望んでいたのですが。
V-Dash様の仰る通り、来週の「葬送」が少しでも報われるものでありますように…。
UO #mQop/nM.
 
>あのラストですよっ!
2回言いましたねw

いやー、ちょっと衝撃的でしたね。。。
甘いと言われるかもしれませんが、
昌弘が鉄華団に加入するシナリオでも
良かったかもですねぇ。。
まりお #qjsITxmk
UO様☆ 
UO様、こんばんは☆当ブログへのご訪問、コメントありがとうございます^^

大事なことなので2回言いましたvv基本ですよね(笑)

本当に12話のラストは衝撃的でしたね!><
私なんて昌弘が鉄華団に入るのは当然として、ブルワーズの仲間の子たちも入れれば…とまで考えていましたから、自分の甘さにもショックを受けましたよ。
来週はどうなるんでしょう…明るい展開にはなり得ないでしょうから、今から不安です;;;
だんご #-
 
ガンダムお好きなんですね
CEOの竹田さん、うちの親戚なんですよ
いつもクリスマスはガンダムのでっかいプラモデルや
カレンダーを送ってくれるんです
が・・
うちの子供 もう大きいんですよね
だからプラモデルは私が説明書見てウンウン言いながら
作ってます 笑
パオーン #-
 
今作は結構人の生き死にが激しいですねぇ・・・

まさか昌弘が登場して2話目だったかな?で早々に
お亡くなりになるとは・・・
イデ丸 #-
…むうぅぅ… 

まりおさん、こんにちは。

…大丈夫ですか?

そういう私も他人事ではなく、鬱予想をしていたにもかかわらず、今回のラストに「予想外」なショックを受けてしまいました(>_<)…。

イサリビの女性陣3人が集まっていた食堂の壁?に、楽しげな(食材だったかな?)イラストが描かれていて、「アトラや年少組がワイワイ描いたのかな?」とか、
三日月が「TUNNEL」って書いて勉強してたり、微笑ましいシーンもあったのに、
ラストで吹っ飛んだ感じです…。

(細かいところは違ってると思いますが)
昌弘
「期待しただけ無駄だった」
「地面でなんて死ねない」
昭弘
「(鉄華団では)人間扱いしてくれた」
「家族(って言ってくれた)」
昌弘
「家族って何だよッ!?」

「ヒューマン・デブリとしての死に方って何だよ!?…」

今まだ私が混乱しているのは、
昌弘が昭弘を「かばった」のか「(死に方を)見せつけた」のか、何なのか?…

もうクダルをとんでもない終わり方にして、今後昭弘がグシオンで戦ってくれないかな…あ、憎しみの連鎖だ…(∋_∈)

年内ラストの次回『葬送』を見届けて、大晦日の紅白、MISIA『オルフェンズの涙』生歌を聴いて、寝正月かな?…
まりお #qjsITxmk
だんご様☆ 
だんご様、はじまして^^そして当ブログへのご訪問、コメントありがとうございます!

ご立派且つ優しい方ををご親戚に持たれて羨ましいです。
だんご様はガンプラをお作りになるんですね!私は作りたくても不器用でどうにもならないので、とても羨ましいです^^
まりお #qjsITxmk
パオーン様☆ 
パオーン様、こんばんは☆当ブログへのご訪問、コメントありがとうございます^^

なかなか辛い展開ですよね…クランクといい、生き残って欲しいと思う人ほど虚しい最期で…(ノД`)・゜・。
昌弘のことも全く予想外だったのでダメージ大です…来週の展開が憂鬱です;;;
まりお #qjsITxmk
イデ丸様☆ 
イデ丸様、おはようございます!そしてコメントの返信遅くなってしまって本当に申し訳ございません(;´Д`)

私はなんとか大丈夫…ですと言いたいところですが、放送から1週間近く経った今でもまだ引き摺っちゃってます…。

鬱展開もここまでくると、さすがにダメージを受けざるを得ないですよね。イデ丸様の心中お察しします。

昌弘の死に際ですが、私は昭弘を「かばった」のだと信じています。
どれだけ突発的な憎悪に支配されたのだとしても、最終的には肉親の情がそれを上回ったのだと…信じてます、信じたいです。

クダルに対しては、(▼皿▼)っていう感情しか湧いてこないですよね!イデ丸様の仰る通り、これこそ正に憎しみの連鎖なんでしょうが、奴だけは!奴だけは許せないですっ!!!

紅白のMISIA、「オルフェンズの涙」歌ってくれるみたいですね(*'▽')今からすごく楽しみです~♪

秘密にする

 
トラックバックURL
http://grhm2307.blog.fc2.com/tb.php/190-ee568707
 
クーデリア「リアクターが 重力を発生させてるんですか?」 ユージン「はあ?」 ビスケット「今、艦内の重力を作っているのも エイハブ・リアクターですよ?」 クーデリア「えっ? そっ、そうだったんですか…」 ユージン「マジか…」 リアクターが重力を発生するという…
 
憐れむなよ…憐れむな…
 
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 12話の感想です。 ブルワーズと交戦。 マサヒロを守れず・・・ アキヒロをかばったのか見せつけるためかは不明ですが・・・ 一人やっちゃったのでどうやって説得するのかな?と思っていたら 相手側のヒューマンデブリをさくさく片付けていたのは ちょと驚きですね。 それでおいて 家族だからとか言われても説得力は皆無ですね・・...
 
第11話「暗礁」 JUGEMテーマ:漫画/アニメ
 
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第12話「暗礁」 さて、今回、鉄華団は昭弘の弟・昌弘の救出(引き抜き?)に失敗してしまいましたが、その原因は何だったのでしょう? それは、 「昭弘やオルガや名瀬の言う『家族』が文化的なそれではなく、野蛮で原始的な『群れ』…
 
タカキは弱々しそうに見えて腹筋バッキバキに割れて良い身体してるな!航路がバレてたのは、テイワズ内にブルワズとの内通者が居るってことか?クーデリアは前の回でアトラにサラッとKYな発言をしたらしいけど、今回は無知を晒してたな。まだまだお嬢様気質というか、あまりにも知らなさ過ぎて少しイラッとする事がある。 バルバトスとブースターのドッキングシーン格好良かったな。Mk-ⅡとG-ディフェンサーの...
 
「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第12話はブルワーズと決着をつけるために鉄華団とタービンズはデブリ地帯に作戦行動に入った。ブルワーズは罠に掛けたと錯覚させ鉄華団 ...
 
今回も面白かった・・・。毎回毎回同じこと行ってるけど、やっぱり今回も面白かったです。 最近、死亡フラグ折りまくりだっただけに、ブルワーズの若い衆みんなお持ち帰り ...
 
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第12話 『暗礁』 ≪あらすじ≫ ブルワーズのMSパイロットの中に生き別れた昭弘の弟がいることを知った三日月とオルガ。昭弘の弟を取り戻すべく、鉄華団はブルワーズに挑む。 (公式HP あらすじ より抜粋) ≪感想≫ 今まで上手いこと事が運んできた鉄華団。その彼らを一つの舟とするならば、この回は正しく「暗礁(に乗り上げた)」と言っても...
 
 進んだから届かない、手。
 
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第12話を見ました。 #12 暗礁 「ブルワーズの船はまだ見つからねえのか?」 「うちで一番足の長い百里で何度も哨戒してるけど、影も形も見えないね」 「一方的に捕捉されているってことですか?」 ブルワーズのMSパイロットの中に昭弘の生き別れの弟・昌弘がいることを知った三日月とオルガは 昌弘を取り戻すべく、ブルワーズに立ち向かう...
 
ダメだった。あの様子だと昭弘を押さなくても昌弘は昭弘ごと潰されて死んでた。オカマはそのつもりだったし、どう転んでも昌弘は死ぬようにできていた。本作は鉄華団サイド以外のキャラに本当に容赦ない。まあ、他の子供達がガンガン死んでるのに昌宏だけ助かったなどと生温い事やったら視聴切りしてたけど。 けど、昌弘が何で昭弘を助けたのかは正直分からないな。やはり家族だからか、過去に自分を助けず笑ってた昭...
 
【感想概略】 今回は、鉄華団及びタービンズがブルワーズと激突、昭弘はブルワーズの少年兵となっている弟・昌弘の説得を試みるが…というお話である。 鉄華団及びタービンズは、ブルワーズ討伐と同時に昌弘救出に力を尽くすが、さすがの三日月も殺す気で襲い掛かってくる敵機を相手に手加減する余裕は無く、三日月はバルバドスでパイロットを狙って敵機を次々と撃破する戦いの非情さが描かれ、昭弘と昌弘には衝撃の結...
 
「暗礁」 海賊・ブルワーズからの宣戦布告に応じることにした鉄華団。しかし、いくら哨戒をかけても、ブルワーズの母船は見つけられない。どこかで情報が漏れている、という疑惑を抱えたまま航路を進むのだが…… 情報がどこで漏れているのかわからない。 その中で、待ち受けている可能性が高いのは、デブリが集中した暗礁地帯。勿論、待ち受けていない可能性もある。 そこで、鉄華団が取ったのは、三日...
 
タービンズのハンマーヘッドバットが豪快すぎて吹いた。 確かこの艦って赤ちゃんたち乗ってませんでしたっけ……。 これぞカチコミという熱いヤクザバトルを見せてくれた鉄血のオルフェンズ第12話。 クーデリアを狙う宇宙海賊ブルワーズとの戦闘を決断した鉄華団&タービンズは、敵が目論むデブリ帯を貫く回廊での待ち伏せを逆手に取った作戦を立案。 三日月とラフタの機体を斥候に出し、それ...
 
・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #12『暗礁』 ケレン味あふれる戦闘シーンに、世界観を意識させられるハードな結末と、本作品の持ち味が十二分に活かされていた今回。 同時に、「ガンダム」らしいシーンが描かれたのも印象的でした。   …
 
機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第12話 『暗礁』 あぐらで空中浮遊するのはマズいですよ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。