スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第14話 『希望を運ぶ船』感想 
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 2 (特装限定版) [Blu-ray]
バンダイビジュアル (2016-01-29)
売り上げランキング: 72


 今週は裏で糸を引く連中の思惑が一気に表に出てきた感があって、
 私の推理(妄想?)も暴走気味です(笑)
 当初は、先週多大な衝撃を残した三日月とクーデリアの例のアレvvについて色々語る予定だったのに、
 おかげで全く色気を感じない記事となってしまいました(;´∀`)

 というわけで以下、鉄血のオルフェンズ第14話『希望を運ぶ船』の干乾びたvv感想です!

 ※ネタバレがありますので、ご注意ください!!!
【機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第14話 『希望を運ぶ船』感想】

・これまでにもちょくちょく挿入されてきたシノとヤマギのやりとり。
 ヤマギが特別シノを慕っているのは明白ですが、
 これほど強調して描写されているのは、
 明らかに制作上の意図(同性愛とかじゃないですよ)があってのことですよね。
 オルフェンズの物語も折り返し地点を過ぎて後半戦、
 この二人の関係を起点にどんな鬱展開(勝手に暗い話と決めつけてるvv)が待っているのか…。
 それにしても、ヤマギの可愛いこと可愛いこと( *´艸`)
 なぜだろう、三日月との関係に悩むクーデリアよりもよっぽどヤマギのほうが、
 よっぽど女の子らしく見える気がします…(笑)表情ひとつとっても、繊細さが滲み出てますもんね^^
 クーデリアとアトラから衛生上の問題を指摘されていた男所帯の鉄華団ですが、
 ヤマギだけは例外で良い香りがしそうvv

・真の雇い主であるノブリスからの指令により、
 クーデリアをドルト2に誘導する責を負ったフミタン。
 この14話では、そんなフミタンの葛藤が色濃く描かれていました。
 普段感情を表に出さない分、彼女のクーデリアに対する想いが随所に見て取れるのが新鮮で、
 非常に興味深かったですよね。
 ドルト2がお膳立てされた死地であることなど、クーデリアは知りません。
 知らないからこそ、色恋沙汰で悩んでいられるのです。
 人一倍純粋なのでしょう、頬を真っ赤に染め「結婚」なる言葉を口にする彼女は、
 突然の事態に困惑しながら、それでもまっすぐ“未来”のみを見据えています。
 その眼差しを向けられたフミタンの心中が荒れるのも、そりゃぁ仕方ありませんよね。
 自分がその未来を潰すかもしれないんですもん。
 クーデリアがドルト3に向かうと言い出したときも、
 本来なら巧いこと言い聞かせてドルト2に導かなければならなかったのに、
 結局出来ずじまいでした。
 フミタンのスキルであれば、
 自然な形でクーデリアの意識をドルト2訪問へと切り替えさせることなど容易いにもかかわらず、です。
 ドルト3到着後は、自らの行動が「命令違反」で当たることをはっきりと自認していましたし。
 最初からスパイとして送り込まれたのか、
 それとも近しいメイドという立場を見込まれ後にスカウトされたのかは分かりませんが、
 短くない付き合いの中で、
 自分で思っている以上にクーデリアのことを好きになっちゃったんでしょうね、フミタン。
 ゆえに14話中でこそ、
 王道の「裏切りの表面化→クーデリア、ショックを受ける」という展開に至りませんでしたが、
 このまま何事もなく終わるとも考えずらいので、
 来週あたり止むに止まれる理由でフミタンの離反しちゃったりするのでしょうか?(/_;)
 でも、きっと最終的にはクーデリアのもとに戻ってきてくれるって信じています!
 そのための寄り道ですよね、そうですよね!(必死)新OPでもオペレーターの仕事頑張ってたし!

・何気にスゴイのが、フミタンの異変に気が付いてるらしい三日月の洞察力。
 いや、むしろ何気に表に出まくり(←)のフミタンの葛藤に気付かないその他大勢が鈍感すぎるのか(笑)
 「あんたがついてれば滅多なことはねぇと思うがな」
 直後に、目を逸らすフミタンの不自然さに気が付けないオルガよ…(;´・ω・)

・コロニー群の遥か向こうには、目的の地たる地球を目視することができます。
 物語の進捗具合を鑑みるに、やはりその地球こそが最終戦の舞台なのでしょう。
 新OPにも、海面を思わせる空の青を映したみなもが印象的に登場していましたからね。
 「そうか、地球ってきれいなんだな」
 先週のクーデリアへの「可愛い」といい(←)、率直な感想を口にすることに定評のある三日月です(笑)

・ブルワーズの件の後始末のため、名瀬率いるタービンズは鉄華団とは別行動をとるとのこと。
 …頼りになる名瀬がいないと、なんだか不安ですね。
 しかも、ここらのギャラルホルンは、圏外圏の連中とは違い士気も練度も高いとのこと。
 …更に不安が高まりますね。
 「いいな、絶対に騒ぎは起こすな」
 …激しく不安ですね(;´Д`)
 
・「見張り役のチョビ髭やろうから連絡があったそうだ」
 はい!これまで当ブログのオルフェンズの感想記事を読んでくださっている方はご存知でしょうが、
 私はこのチョビ髭=マクマード説をひとり勝手にブチ上げており、
 どれだけ諭していただいても考えを変えることのできないない頑固者です。
 今回も私の中で、マクマードへの疑惑は晴れるどころか更に深まりました。
 一件見張り役という不似合いな敬称も、
 タービンズと鉄華団がテイワズ傘下の組織であることを考えれば、
 仕事の内容、取引場所等が筒抜けなのも(私的には)納得がいきます。
 そもそもこの不穏なお仕事、テイワズに回してもらったものですからね!
 ノブリスの息のかかった仕事が、
 テイワズ経由で都合よく鉄華団にあてがわれるなんて、そんな偶然あるんでしょうか?
 つまり、これはノブリスとマクマードが裏で手を組んでいてもおかしくない事態だということですよ!
 その上、ギャラルホルンも噛んでるんですから…。
 もう私の脳裏には、大人たちがよってたかって、
 革命者たる少女とそれを守る若き騎士団をエスケープゴートにしようとしている図式しか浮かびません。
 以前の記事でも書きましたが、これでトドが「俺が暗躍してたんだよーん('ω')」なんて再登場した日には、
 私は間違いなく荒れますので。いや、既に荒れとるがな。
 その時は、「だから言っただろう」と笑ってやってください。

・休暇中に仲良くお茶してるマクギリスとアルミリアの姿に荒れた気持を和ませ、
 メリビットの一挙一動に過剰な反応を見せるオルガに萌え、
 そんなオルガを「なにこいつ…」と言いたげな目で見上げる私のユージンに心ときめかせていたところに、
 妙に歓迎ムード全開のドルト2側の船が登場。
 物語の空気が変わる予感。

・冒頭でフミタンへの相談の中で飛び出した「結婚」の単語といい、
 三日月とビスケットに突きつけた艦内環境の改善案といい、
 あくまでもクーデリアが見つめるのは未来のみ。
 そんな当たり前の現実に、心を痛めるフミタン。
 もはや様式美と化したこの光景に、思わぬところから想定外の要素が乱入してきました。
 即ち、ビスケットの生き別れの兄の存在です。
 実はドルトコロニー群の出身だというビスケットには、
 一流企業に務める優秀な兄がいるというのです。
 この兄というのが、鉄華団のことを事前に知っていたことが、
 来週以降強烈に効いてきそうなんですよね(予告にも出てきてましたね、兄弟揉めそう)

・一方オルガ達が出向いたドルト2。
 その組合内部では、地球に搾取される現状への相当な不満が燻っている模様。
 と同時に、クーデリアと鉄華団の存在が異様に神格化され、
 組合の面々の意識に根付か“されて”いることが明らかとなりました。
 「革命の乙女・クーデリアさんと、それを守り戦う鉄華団」
 「あんたたちは、俺たちみんなの希望なんだ」
 ここで、イサリビのアップというカメラワークが秀逸ですよね。
 私自身、今話のタイトル『希望を運ぶ船』の意味を、
 ようやくこの段階で“正確”に理解することができました。
 放送が始まる前までは、
 漠然と三日月たち鉄華団にとっての希望を指しているのだと思い込んでいましたが、
 そうではなかったんです。
 各地で現体制の圧政に憤りを覚える人々にとって革命の乙女であるクーデリアは希望であり、
 イサリビは正に『希望を運ぶ船』そのもの。
 …うーん、この強烈な皮肉に痺れました~。
 だって、希望を運ぶ船と言うこの言葉そのものの持つ額面の印象と、
 作中の事情を踏まえた上での『希望を運ぶ船』意味合いがあまりに違い過ぎるんですもん><
 直後に勃発する騒乱がノブリスに仕組まれたものである以上、
 このまるで洗脳のような労働者たちのクーデリアと鉄華団に対する陶酔も、
 彼が啓発した情報が元になっているのは間違いない。
 つまり、『希望を運ぶ船』は既にノブリスの掌中に在るのです。
 フミタンを使って散々匂わされてきたノブリスの存在が、
 最終的にサブタイトルへとすとんと収斂したこの感覚。痺れる。
 観る前と観た後で、こんなに印象の激変するサブタイトルも珍しいのではないでしょうか?
 
・希望を運ぶ船の積荷は、
 確かにクーデターを企てる労働者たちにとっては希望という目的に連なるものだったのだろうけど、
 一方でギャラルホルンにも好都合な展開を引き寄せるものとなるのでは?
 クーデターは武力介入する格好の言い訳になりますからね…。
 しかもそれがクーデリアの呼びかけという名目で、各地で頻発すれば…。
 この火種が点火した導火線の先に、マクギリスの企みという名の爆弾が待っている気がしてなりません。
 あの人、クーデリア利用する気満々でしたからね。
 その意味で、もしかしたら希望を運ぶ船ってのは、
 鉄華団にとってのそれと見せかけて実は各地の被支配者たちにとってのそれである、それ以上に、
 ギャラルホルン、ひいてはマクギリスを利する船であるのかもしれないという考えが浮かぶ私なのでした…。
 
・GNトレーディング?あれ、急に00の世界観が?(笑)

・「クーデリアはコロニー内の暴動の中心となり、ギャラルホルンの凶弾によって死すべし」
 フミタンが負う任務の内容が、ここで明らかになりましたね。
 クーデリアが中盤で亡くなるような展開はないはずなのでその点については安心しているんですが、
 あとはフミタンがどう任務とクーデリアへの想いとの間で折り合いをつけるかですよね…。
 
****************************

 と、フミタンのことが気になっているよ!アピールで〆ておきながら、
 実は今最も私の胸を騒がしているのは、
 ドルト2でのクーデターを裏で操るその糸が、
 実はノブリス―テイワズ―ギャラルホルンの三者をも結びつけているんじゃ、という従来からの疑惑。
 おかげで、今回の感想はほぼそれについてが占めることとなってしまいました(苦笑)
 もう、しょうがないんです。私の妄想は止まらないんです。
 粗が多すぎて読んでいると喝破したい点ばかりが目につくでしょうが、
 小娘(もうそんな歳でもないですが・汗)の戯言と思って生温かく見守っていただけると嬉しいです^^;

 http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2016/01/gtk-14.html
 http://nekoko.at.webry.info/201601/article_15.html
 http://nijiirosekai.blog55.fc2.com/blog-entry-5427.html
 http://animegane1216.blog.fc2.com/blog-entry-3460.html
 http://izan499.blog.fc2.com/blog-entry-1370.html
 http://recluse.blog60.fc2.com/blog-entry-1736.html
 http://shibauma.blog94.fc2.com/blog-entry-1063.html
 http://blog.livedoor.jp/rx_78g/
 http://guutaranikki.blog4.fc2.com/blog-entry-12609.html
 http://mirumo.serika.ciao.jp/?eid=912729
 http://blog.livedoor.jp/pro_g_mania21/_mania21/archives/g_tekketsu014.html
 http://craft89.blog105.fc2.com/blog-entry-1654.html
 http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-2471.html
 http://sinbobbo.blog55.fc2.com/blog-entry-759.html
 http://kaityou-osusume.seesaa.net/article/432391734.html
 http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-4525.html
 http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/blog-entry-1153.html
 http://yabumi.blog107.fc2.com/blog-entry-1330.html
 http://asutabumpblog.blog.fc2.com/blog-entry-340.html
 http://takaoadventure.blog98.fc2.com/blog-entry-4998.html
 http://sizukusizukufan.seesaa.net/article/432409720.html#trackback
 http://datenoba.exblog.jp/
 http://fanblogs.jp/animeigen/archive/4558/0
 http://sakanouenokumo819.blog46.fc2.com/blog-entry-1135.html
 http://seeing04.blog39.fc2.com/blog-entry-5852.html
 http://blog.goo.ne.jp/u0h/e/841917abc5f1ebc75f175582ac71ee66#trackback-list
 http://tokupuro3150.blog.jp/archives/2957455.html#trackbacks
 http://twopiece777.seesaa.net/article/431397828.html
 http://chiqfudoki.blog.fc2.com/blog-entry-522.html
 http://timediver2010.blog27.fc2.com/blog-entry-3927.html
 http://blackriderkibagami.blog120.fc2.com/blog-entry-1334.html
 http://blueshomeblog.blog10.fc2.com/blog-entry-3145.html
 http://blogs.yahoo.co.jp/otaku4160
 http://maruta.be/runnershigh/1308
 http://airmf23.blog3.fc2.com/blog-entry-1437.html

関連記事
 
UO #mQop/nM.
 
あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします(´∀`*)
GNトレーディングが出てきて
テンション上がってるかなと思ったら、意外に冷静でしたねww
まりお #qjsITxmk
UO様☆ 
UO様、こんばんは☆そしてあけましておめでとうございます^^
当ブログを今年もよろしくお願いします!

GNトレーディングにはびっくりしましたね!
いや、私も十分驚いたんですよ。ただ今週、全体的にあまりにもテンションが上がり過ぎているような気がして、自制してしまいました(笑)
ここでまさか00の世界が武力介入してくれたり…なんて、ちょっっっと期待していたり(笑)
チキン #-
No title 
こんばんは、あけましておめでとうございます。
今回のタイトルは皮肉効いてましたねー、「希望を運ぶ船」とか。本人たちは一切その気がないのに勝手に周りが祭り上げて事が進むあたりリアルさを感じました。いつの時代も名声とか権威って大人の対立の大義名分にされるんですよね。よくある世継ぎ争いとかも結局のところ脇を固める家臣の都合ですし。
あとGNトレーディングですが、おそらく「ノブリス・ゴルドン」から取ったんでしょう。安直極まりないですが(笑)
パオーン #-
 
今回もなかなかお笑いありの白兵戦ありの
面白い内容でしたねぇ~^^

野郎どもの臭いについて語るガンダムは
初めてですねぇ~

雪之丞の近くに行くと目が痛くなるとか(爆笑)

ビスケットの兄弟はこの先どうなる事やら・・・
気になりますねぇ~^^
まりお #qjsITxmk
チキン様☆ 
チキン様、こんばんは☆そして明けましておめでとうございます^^こちらこそ今年もよろしくお願いします!

『希望を運ぶ船』に込められた皮肉には、考えさせられるものがありましたよね。
大人の都合で子供たちが祭りあげられる…見ていて気分のいいものではないこの状況を、オルガ率いる鉄華団がどう打開するのかに注目したいです。

なるほど!GNトレーディングのGNはノブリス・ゴルドンをもじったものの可能性高そうですね(笑)安直過ぎて思わず笑っちゃいましたvv

まりお #qjsITxmk
パオーン様☆ 
パオーン様、こんばんは☆当ブログへのご訪問、コメントありがとうございます^^

イザリビ内の衛生環境についての言及には、興味深いものがありましたよね。
フィクションなので触れずとも支障のないその部分に敢えて触れてくるオルフェンズは、きれいなだけじゃない“生”の生々しい部分にもスポットを当てていて、好感が持てます。
それにしても、雪之丞の扱いには笑いましたが(笑)

ビスケットのお兄さんはどう動くのでしょう。昭弘兄弟が哀しい結末に終わった分、せめてビスケットたちには幸せになって欲しいんですが…。
イデ丸 #-
GNトレーディング 

まりおさん、寒中お見舞い申し上げます。
今年もよろしくお願いいたします。m(_ _)m

私は(も?)「GNトレーディング」と聞こえた瞬間、
「00!?」と反応してしまいました(笑)。

まりお #qjsITxmk
イデ丸様☆ 
イデ丸様、こんばんは☆そして当ブログへのご訪問、コメントありがとうございます。
こちらこそ、今年もよろしくお願います^^

やっぱりGNトレーディングには反応せずにはいられませんよね(笑)
twitterや他の方のブログを見ていると、同じように感じた方々多かったみたいです^^

秘密にする

 
トラックバックURL
http://grhm2307.blog.fc2.com/tb.php/193-590e572a
 
やー、今回も面白かったですねぇ。 ○クーデリアさん可愛すぎ  キ、キスしたら結婚とか・・・  ありがちな設定だけど、やっぱりこういうキャラは良いです。  最初、2 ...
 
              ふみたん無事でいてくれ!
 
船が運んだのは希望だけじゃなかった。 後半戦スタート。クーデリア嬢が色ボケかましてる裏で最悪の事態が?!って話。何この凄い落差w クーデリアや鉄火団サイドの意に反してドンパチ始めちゃう大人達。ヒューマンデブリと似た匂いで共感しそうだったが、この”大人”もダメだったようだ。クーデリアが何しに地球に行くのか理解してないみたい、というか自分らが反抗する口実が欲しかっただけみたいな?知ら...
 
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第14話を見ました。 #14 希望を運ぶ船 さまざまな困難を乗り越え、ついに地球を目前にした鉄華団は歳星でテイワズから輸送依頼を受けていた荷物を届けるため、ドルトコロニー群へと向かう。 キスされたことで過剰に三日月を意識するクーデリアを複雑な視線で見つめるフミタンにはクーデリアの行く末を示された「命令書」が届いていた。 「フミタ...
 
 一新されたOPに映るまだ見ぬキャラやMSにワクワク。今回グシオンの中身のガンダムフレームの顔を出したのって、この後姿が変わった時の違和感を薄めるためでもあるんだろうなあ。いくらフレームが一緒と設定は知っていても、こうやって見ないと実感湧かないし…… <お知らせ>  用事により、すみませんが来週日曜の感想は後の日へと遅延する見込みです。
 
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第14話 『希望を運ぶ船』 ≪あらすじ≫ 地球へ向かう前にテイワズから託された積荷を届けるため「ドルト」というコロニー群へと入港した鉄華団とタービンズ。キスされたことで過剰に三日月を意識するクーデリアと、そんな彼女を複雑な視線で見つめるフタミンにはクーデリアの行く末を示された「命令書」が届いていた。 公式ホームページ更新時に改訂 (公式HP...
 
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第14話『希望を運ぶ船』 後半戦突入でOP&EDも変更。 今回からコロニーが舞台の新章、 前回からの続きで、ミカとクーデリアの恋愛(?)に関する展開(笑) 恋愛話どころか、クーデリア暗殺の陰謀に巻き込まれることになりますが… フミタンが味方になるか、退場になるかの分岐点になりそう。 ビスケットのキャラ掘り下げも一緒に片づける意味で...
 
「希望を運ぶ船」 面白いというよりも、これからの鉄血を描くための基盤。 あるいは鉄血以降のガンダム、いや僕らだけではなく、人類全員へ考えてもらいたい「課題」と「明るい未来への希望」。  TVでは放送できない内容を、よくここまで描いてくれたと、  鉄血のオルフェンズスタッフ関係者に敬服です。  僕らの心に咲かせてくれた。鉄の華。    この作品が、平和と平等を願う、真のガンダ...
 
第14話「希望を運ぶ船」 JUGEMテーマ:漫画/アニメ
 
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第14話「希望を運ぶ船」 さて・・・・、ちょっと今後の展開を予想すると、リーダーとして明らかに力不足のクーデリアとオルガが成長し、進むべき道を見つけていくのだと思います。何故なら、現状そのリーダー二人がまるで話になって…
 
『希望を運ぶ船』
 
フミタン(手筈は予定どおり。 クーデリアを伴いドルト2へ入港せよ) フミタンはスパイたん? だとするとノブリスあたりの差し金かね? 地球も火星も適当に煽って両者から利を得ようと…? ROBOT魂 〈SIDE MS〉 ガンダムバルバトス 『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』…
 
【感想概略】 今回は、鉄華団がスペースコロニーに寄港するが、火星の大富豪ノブリス・ゴルドンの陰謀に巻き込まれるお話しである。 地球圏であっても、コロニー育ちの住民は差別される姿が描かれ、前回三日月にキスされたことに戸惑うクーデリアの動揺が描かれ、ビスケットに実はコロニーで会社勤めする兄がいることが明かされ、フミタンがノブリスの密偵であるらしいこと、そしてクーデリア暗殺の命令に思い悩む姿が...
 
ネットで見たプラモの説明書か何か。雪之丞の紹介に「体臭がきつい」とありました。その設定必要なのか。嫌がらせにも程があると思ったらしっかり回収。クーデリアがイサリビで気になっていた事があると。 汚い&臭いこと。まあ密閉空間ですし、潜水艦とかも風呂は入れないから臭いとか言いますし。そんな訳で洗剤か消臭剤?を大量に買い込み。火星という水が豊富とは思えない場所の出身で、しかも民兵組織に所属していた。...
 
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第14話 「希望を運ぶ船」年が変わり今回から新OP&新ED。OPでのクーデリアの後ろで大破し横たわるバルバトスが何とも不吉...。昭弘がグシオンに乗 ...
 
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 私だ 第14話「希望を運ぶ船」 アバンはグレイズ改でテストするシノ 守れる力が欲しくて頑張ってる模様 クーデリアは前回のキスで眠れなかったらしい 一方三日月は全く気にもとめずあっさりしててワロタ OPがBLUE ENCOUNTの「Survivo...
 
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 14話の感想です。 OP・ED一新! EDは前のほうがよかったですね。。 前回のことを引きずるクーデリア。。 古風な考え方のようで。。 フミタン=スパイが確定。。 とはいえ非常になりきれず予定と違う行動をとったり・・・ 本来ならコロニーでの銃撃戦に巻き込まれて クーデリア死亡という筋書きだったようですが・・・ フミタ...
 
・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #14『希望を運ぶ船』   いよいよノブリスによる仕込みが花開き始め、鉄華団が時代のうねりに巻き込まれる様が描かれた今回。 第一クールで鉄華団の「家族」としての描写を重ねて土台づくりをした上でとうとう話の本筋に入った、…
 
新OPよかったですね! いきなりスクラップ状態になってるバルバトスには笑いましたが、最後のクーデリアの笑顔で管理人も撃墜されました。 って何だ今一瞬映った仮面と麻呂は。 OPとEDも変わり、心機一転2クール目突入の鉄血のオルフェンズ第14話。 ようやく地球が見えるところまでやってきた鉄華団の面々は、その前に物資搬入のお仕事でコロニーに立ち寄る事に。 労働階級希望の星...
 
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第14話 『希望を運ぶ船』 好 評 発 売 中 !

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。