スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第15話 『足跡のゆくえ』感想 
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 2 (特装限定版) [Blu-ray]
バンダイビジュアル (2016-01-29)
売り上げランキング: 75


 足跡のゆくえ。
 単純に考えればフミタンを追うクーデリアを指してのものでしょうが、
 ビスケットの兄・サヴァランも当て嵌まるのかもしれません。
 弟(の足跡)を追い(かけ)、そして見失ってしまったのですから…。
 以下、そんな感想を思わず抱いてしまうぐらいサヴァランにも感情移入してしまった私の、
 鉄血のオルフェンズ第15話『足跡のゆくえ』の感想です。

 ※ネタバレがありますので、ご注意ください!!!
【機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第15話 『足跡のゆくえ』】

・まさかアバンから登場してくれるとは思わなかったマッキー仮面の男vv
 しかもただの顔見せに留まらず、クーデリアとフミタンの離別にまで一役買うことになるとは…。
 すごい大活躍ですやん(棒読み)
 それにしてもあなたアリミリアと一緒に休暇中だったはずでは?ガエリオにも秘密の仮面ライフですか。
 鉄華団を巡る事態以上に、仮面の男にまつわる状況が急展開過ぎて、
 頭の上に?マークが浮きまくりの私です(笑)

・その混乱が落ち着く暇もなく、次に見せられるのがノブリスの弛んだ身体…なにこのひどい仕打ち(笑)
 これまで散々匂わせてきた黒幕=ノブリスの図式を確定させる重要なシーンなはずなのに、
 脚本家の悪意に邪魔されてエージェントとの会話が頭に入ってこないvv毎回サウナって、絶対狙ってるでしょう!
 「ヤツめ。一体何を考えている…?」
 しょっぱなからぶち込まれた仮面の男とノブリス(のお尻の割れ目)のコンボに失笑…、
 なんてしている場合じゃありません!
 お笑いに走る男連中と違って、
 ノブリスがクーデリアに送り込んだ監視役=ヤツ=フミタンの葛藤があまりに切ないんですもん…(;´Д`)
 
・「何があったの?」「何が…とは?」
 三日月とフミタン。
 普段は同じくらい何考えてるか分からない二人の今までにない2ショット。
 会話の温度こそ低いものの、“責任”に関するやりとりには興味深いものがありましたね。
 自分を慕うクーデリアへの責任と与えられた任務への責任。
 本来の任務を遂行できないまま、けれどクーデリアに真実を告げることもできないフミタンの中で、
 絶妙な力関係によってなんとか平衡を保たれている天秤。
 なにかひとつのきっかけで、どちらに傾くか分からない繊細なそれを、
 まさか仮面の男が傾けることになろうとは…。

・後の場面でクーデリアを任せてアトラ探索に向かった点を鑑みても、
 異常に鼻が効く(物理的にも感情的にも)三日月でさえ、
 さすがにフミタンが裏切ることまでは予想出来なかったみたいですね。
 三日月自身、クーデリアのそれには及ばなくともフミタンのことをいつの間にか信頼していたんだろうな。
 「責任は自らとるしかない…私も、あなたも」
 どうでもいいですが、
 この三日月に向けられた“責任”から滲む
 「ウチの大切なお嬢様に手出した落とし前はきっちりつけろよ」感がすごい(笑)

・ドルト3で労働者とギャラルホルンとのいざこざに巻き込まれたオルガたち。
 一旦引いたギャラルホルンがいつ戻ってくるか分からない不穏な状況に手を差し伸べてくれたのは、
 労働組合の代表を務めるナボナ氏でした。
 ナボナ氏の自宅に匿われた一行は、ドルト3へ移動するためのランチが用意できるまで、しばし待機。
 その間、シノが子供たちと遊んでやっている姿こそ微笑ましいものの、
 組織の代表同士、オルガとナボナ氏との間で交わされる会話はヘビー。
 先週は、まるで大学生のサークルのノリで手にした武器を掲げる労働者たちに、
 開いた口が塞がらない私でしたが、
 ナボナ氏の説明を聞き、止むに止まれぬ武力蜂起なのかもしれないと認識を改めさせられました。
 勝機の見えぬ戦いを先導する方も、それはそれで辛いですよね…。

・新OPのぼっち映像の影響か、私のユージンが妙に大人しいのが気にかかります。
 静かにお茶なんて、あなたそんなキャラですっけ…?(不安)

・オルガノ「いや、これはウチの炊事係だ」が最高にツボ( *´艸`)

・先週、アトラが生き別れの兄に会うビスケットと行動を共にすると宣言した時点で、
 アトラから滲み出るヒロインに成りきれない、つまるところの噛ませ犬オーラに「あちゃちゃ…(;´∀`)」と
 同情半分、侮りの気持ち半分という複雑な気分で顔を覆っていた私でしたが、
 本当にすみませんでした!(ノД`)・゜・。
 ビスケットの兄・サヴァランに拉致されて以降のアトラの振る舞いには、
 フミタンの葛藤、兄と仲間との板挟みなったビスケットの苦悩と共に強く心を揺さぶられました…(涙)
 咄嗟に身分を偽った段階では、その名乗りのたどたどしさも手伝ってギャグっぽい雰囲気だったものの、
 彼女を待っていたのは暴力を伴う尋問で。
 何度も頬を張られ、それでも気丈に振る舞うアトラの姿に、
 いつの間にか私も目頭を押さえていました。
 あの強さはどこから来るんだろう…私だったらとてもじゃないけどああはなれないと思っていたところに、
 人違いの判明後、尋問から解放されたアトラによって強さの根本にあるものが語られて、
 さらに涙腺を緩くするんですよね。
 即ち、家族であるクーデリアのために、と。
 翻ってクーデリアもまた、アトラを家族と呼び、その身を案じているってのが…切ない。
 昔毎日殴られていたが故の“耐性”を持ち出されるに至っては、もう…言葉が出てきません。
 今までは、万年二番手っぽいそのキャラ設定に「アトラvv」機会も多かったですが、
 もう今後は彼女に対してそんな感情は湧かないでしょう。
 クーデリアに対してはもちろん、常にビスケットの心情も慮り続けたアトラ。
 どんな時でも他者を想えるアトラは、本当に強い心の持ち主だと思います。

・「じゃあ私も待遇改善の抗議活動しようかな。
  ここんとこダーリンがあんまりかわいがってくれないし!」
 コロニー内部の不満とタービンズ内の女性陣の名瀬に対する不満がここでまさかのリンク(笑)
 
・ギャラルホルン組は鉄華団へのリベンジ戦を前に、士気も高揚。
 アインはガエリオのシュヴァルベ・グレイズを借り受け搭乗機とし、
 ガエリオはガンダム・フレームのガンダム・キマリスに新たに乗りこむ手筈を整えていました。
 そのガエリオ。なかなかドルトへの入港許可が出ずに苛立っていますが、
 休暇中のはずの親友が変な仮面とウィッグ装備で悠々と一足先にドルトに乗り込んでいること知ったら、
 一体どんな反応を見せてくれることやら(笑)罪深い男だ、マッキー。

・統制局による不満分子の大規模鎮圧作戦。
 ノブリスが手配し、テイワズの航路で運ばれた武器を手に蜂起した労働者たちを、
 ギャラルホルンが鎮圧する。
 もう完全に出来レースじゃないですか…(;´Д`)
 予告でも意味深に私がチョビ髭と見なすマクマードが映り込んでいて、心臓に悪い…orz

・「あの二人(クッキーとクラッカー)があんなに大きくなれたのは、
  兄さんが俺たちを火星に行かせてくれたおかげです」
 「あの時は邪魔だったから、そうしたまでだ…」
 「お前たちの運んできた武器を手にした組合員たちが暴動でもおこしてみろ!
  この機会を待っていたギャラルホルンは大義名分を掲げて鎮圧に乗り出すぞ!
  血を流すのは、お前も暮らしていたスラムの住人だ!」
 最終的にビスケットと袂を分かつことになったから印象が悪くなってしまいがちだけれど、
 ナボナ氏も言及していたようにサヴァランにもサヴァランなりに事情がある。
 労働者たちからは既に見限られている感じだったけど、
 根っからの悪人でないことは彼のその発言によく表れている気がしました。
 会社と組合の間で交渉を続けてきた彼には、
 かつての仲間たちには理解し得ない苦しみもあったでしょう。
 そんな彼の立場に立てば、今回の行動も分からないでもなく、
 でもだからと言ってビスケットの言い分が間違っているわけでもないもんだから、
 ここでの兄弟の感情のぶつけ合いはただただ見ていて苦しい…(;_;)

・ビスケット兄弟で終わることなく、心痛むエピソードはまだまだ続きます。次はクーデリアとフミタン。
 「お嬢様はあの頃から何も変わっていませんね。その真っ直ぐな瞳が、私はずっと嫌いでした」
 「ですが、変わってしまったのは私の方でした。変わらなければこのような想いを抱かずに済んだのに」
 「どんな行為にも責任は付きまとうものなのですね」
 この時の!フミタンの表情―今まで見せたことのない哀しい笑みに、
 基本楽観主義の私の脳裏にも哀しい予感が浮かんでしまう…(;´Д`)
 BGMがこれまた、良い感じに仕事をしてくれているものだから尚更です。
 現状、ホテルに二人きりで不安要素はないけれど、今後どう転ぶのか…。
 と、息を呑んで見守る私の鼓膜に、こつんこつんと届く靴音…。
 「一度お目にかかりたいと思っておりましたよ。クーデリア・藍那・バーンスタイン」
 音を立てて目元を開閉させるマスク(「カシャン!」に盛大に笑いました・爆)に顔を覆った男の登場に、
 フミタンの背に庇われながらドン引きのクーデリア(そりゃぁ引きますよね)。
 いやぁー私もドン引きですよ!
 だってほら!なんですかあの心躍るように活き活きした目!楽しそうに持ち上がった口角!
 その口から謳うように零れ落ちる、クーデリアの心を惑わすような言葉の数々。
 困惑するクーデリアと、拳を震わせるフミタンを前にしてなんて楽しそうなんだっ!(▼皿▼)
 「…さようなら、お嬢様」
 クーデリアの前で仮面の男に正体を暴かれたフミタンは離別の言葉を残し、
 革命の乙女と呼ばれる少女の前から去っていったのでした…。

・で、仮面の男ですよ!なんなんですか、このマクギリスは!(言っちゃった)
 なんでいきなり仮面被ってるのかも疑問だけど、
 何よりもノブリス側の事情に詳し過ぎるのが気にかかります。
 まさかノブリス側の人間ってわけではないでしょうし…(あのサウナ爺はこの厄介な男を使役する器ではない)
 言い回しが芝居がかってたせいで右から左に耳を通り抜けていきそうになるけれど、
 本心はフミタンと行動を共にすることでクーデリアが死に導かれるのを避けたかったっぽいですね。
 ゆくゆくは自分の目的(ギャラルホルン内部でのクーデター?)の為に彼女を利用したいんでしょう。
 じゃぁなぜ仮面?(やっぱりこれが一番の疑問ですよね)
 そんなに別の男の人生を手に入れてみたかったのか。
 口調変えたりしてみたかったのか。まぁ今回はほぼマクギリスのそれでしたが。
 とりあえずどんな目的であれもういい大人なんだから仮面を被ろうが口調を変えようが全ては自己責任。
 ただ、何も知らないアルミリアに悪影響が及ぶような事態は回避してくださいね…(←アリミリア好きなので)
 あと、最後に仮面の目元閉じてたけどそれで前見て歩けるの…?(震声)

・捕まっていたビスケットとアトラは、無事三日月によって救出。
 さらにサヴァランに追われながら逃走する彼らの前に、
 最高のタイミングでジープに乗ったオルガたちが現れてくれました!
 しかしこの胸のすくような展開は、ビスケット兄弟の哀しい別離と表裏一体。
 サヴァランの懇願を断腸の想いで振り切ったビスケットを乗せて、ジープは走り出します。
 「すみません、ナボナさん。私にできることは、もう…。あとは…」
 昭弘・昌弘とは違い互いに生きているはずなのに、
 生きているだけでは互いの距離を埋めるには足りないのか。
 そんなことを想わずにはいられない、胸痛むラストでした。
 
****************************

 最後のサヴァランの無念がなんだかひどく印象に残りました。
 結局はサヴァランもただ血が流れるのを止めたいだけだった。
 それなのに弟とは遂に分かり合うことが出来ず、暴動も動き出してしまった。
 クーデリアもまた、火星の人々を救いたいがために立ち上がった。
 しかしながら今、心から信じる人を失おうとしている。
 人の想いはこんなにもどうにもならない。
 アトラの件も合わせて、始終心臓が握りつぶされそうな、そんな痛みに苛まれ続けた30分でした。
 そう考えると、唯一フリーダム且つ楽しげな言動を披露し続けたあの人は、
 一種の清涼剤の役割を果たしたとも言えなくもないですが………。いや、やっぱり色々おかしいだろう。

 http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2016/01/gtk-15.html
 http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-2480.html
 http://nekoko.at.webry.info/201601/article_29.html
 http://shibauma.blog94.fc2.com/blog-entry-1067.html
 http://guutaranikki.blog4.fc2.com/blog-entry-12631.html
 http://izan499.blog.fc2.com/blog-entry-1386.html
 http://kaityou-osusume.seesaa.net/article/432683782.html
 http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/blog-entry-1159.html
 http://takaoadventure.blog98.fc2.com/blog-entry-5005.html
 http://ninedimension.blog118.fc2.com/blog-entry-2813.html
 http://seeing04.blog39.fc2.com/blog-entry-5872.html
 http://nijiirosekai.blog55.fc2.com/blog-entry-5437.html
 http://blog.livedoor.jp/rx_78g/archives/52145055.html
 http://blog.livedoor.jp/pro_g_mania21/archives/g_tekketsu015.html
 http://mirumo.serika.ciao.jp/?eid=912749
 http://sinbobbo.blog55.fc2.com/blog-entry-761.html
 http://animegane1216.blog.fc2.com/blog-entry-3487.html
 http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-4551.html
 http://sizukusizukufan.seesaa.net/article/432695220.html
 http://chiqfudoki.blog.fc2.com/blog-entry-523.html
 http://yabumi.blog107.fc2.com/blog-entry-1331.html
 http://tokupuro3150.blog.jp/archives/3111664.html
 http://fanblogs.jp/animeigen/archive/4577/0
 http://blog5.catcat.boo.jp/?eid=6988
 http://asutabumpblog.blog.fc2.com/blog-entry-349.html#trackback
 http://blueshomeblog.blog10.fc2.com/blog-entry-3148.html
 http://craft89.blog105.fc2.com/blog-entry-1665.html#trackback
 http://luvnail.blog46.fc2.com/blog-entry-4239.html

関連記事
 
IXA #-
まりお様、トラックバックありがとうございます 
助かりました!
ルイ #s1dY2hvk
 
シリアスになればなるほど仮面の男が浮いて見えちゃいますね。
アトラは予告でもかなりヒロインしてました。
まりお #qjsITxmk
IXA様☆ 
当ブログへのご訪問、コメントありがとうございました。
まりお #qjsITxmk
ルイ様☆ 
ルイ様、こんばんは☆そしてはじめまして。当ブログへのご訪問、コメントありがとうございます。

仮面の男の浮きっぷりはすごかったですよね(笑)クーデリアとフミタンとの切ないやりとりを台無しにする勢いでした(^^;

アトラは今回の子とでぐっと三日月との距離を縮めそうですね。三角関係の行方も見ものです。
イデ丸 #-
 
まりおさん、こんばんは。

先週は視聴アドバイスをいただき、ありがとうございました。
(余談:先週観た『ヘヴィーオブジェクト』という作品で、ビスケット(の声の人)とオルガ(の声の人)が、敵として戦っているのが、妙な気分な私でした。花江さんも細谷さんも売れっ子だなぁ…)

今回もまりおさんの記事に「うん、うん」と頷いている自分がいました!
今回、今まで以上に「家族」「責任」を感じてしまいました。

「仮面の男」登場しましたね。
仮面にウィッグ、事情は確かにあるんでしょうが、あれ、この世界観でも悪目立ち(要警戒人物)しすぎ!じゃないですかね?(よく街を歩けたな…よくホテルに入ることができたな…笑)

「エージェントとの会話が頭に入ってこない」
確かに!(笑)
このオッサン、威厳が無い、というか、魅力的じゃないんですよね。雑魚キャラに見えてきてしまう今日この頃です。

「普段は同じくらい何考えてるか分からない二人の今までにない2ショット」
短かったけど、何か深い感じのするシーンでした。

「(まりおさんの)ユージンが妙に大人しいのが気にかかります」
彼の態度、意味深ですよね…。
彼なりに周りを見て感じて、今後自分が鉄華団においてどんな立場にいるのがベストなのか考えている、ということだったら良いのですが…。

「何度も頬を張られ」
容赦なかったですね…。夕方5時台にあの描写、良かったんですかね?(今さらですか?)

「いや、これはウチの炊事係だ」
オルガがアトラのことをどう説明するのか気になっていたら、コレですもん、笑ってしまいましたよ…オルガらしいか?(笑)

「ノブリスが手配し、テイワズの航路で運ばれた武器」
予告にマクマードが出てましたが、マクマード絡んでるんですかね?
ノブリスと手を組んでたら、小物に見えちゃう!(ToT)

次回『フミタン・アドモス』ですか…。
このサブタイと予告からすると、彼女にとっても作品にとっても「大きな転機」になるんでしょうね、良くも悪くも…。
来週も楽しみです!!
パオーン #-
 
今回も内容が濃かったですねぇ~

パオーンが一番印象に残ったのは
大の大人(サヴァラン)がアトラが偽者とわかっても
関係無しにギャラルホルンに渡すとか・・・

醜い大人のやり口が出てましたねぇ・・・

アトラの鼻血ブーもリアル感が出て
チョイとかわいそうになりましたねぇ・・・
まりお #qjsITxmk
イデ丸様☆ 
イデ丸様、おはようございます。そして当ブログへのご訪問、コメントありがとうございます^^

いえいえ、私の経験が少しでもお役に立てば幸いです(*'▽')

オルフェンズの声優さんたちも、みな多方面でご活躍されているようで、誇らしい気持ちになりますね♪

仮面の男、完全に物語から浮いていましたよね(笑)イデ丸様の仰るように、もう完全に不審者でしょ、あれ(笑)よくホテルに入れましたよね。

私以外にもユージンを気にしている方がいらっしゃってよかったです!(^.^)/なんか先週から彼の様子に騒ぐ胸…新OPの描写が裏切りフラグではないことを心から祈っています。

アトラに対しての尋問。まさか私もあんなに(日曜5時にしては)ハードなものになるとは思わなかったので、ちょっとショックでした><またその後の気丈な感じが涙を誘うんですよね…。

予告のマクマード…このタイミングでの再登場ってのが意味深ですよね…。色々私の中で疑惑は渦巻いていますが、とりあえず今は心を落ち着かせて来週を待ちたいと思います。

00の頃から、登場人物の名前がタイトルになると辛い展開になることが多い気がするので、彼女のことが心配でたまりません!一番いい形で落ち着けばいいんですが…。
まりお #qjsITxmk
パオーン様☆ 
パオーン様、おはようございます。当ブログへのご訪問、そしてコメントありがとうございます^^

オルフェンズ、毎週内容が濃くて目が離せないですよね!

アトラが偽物と分かったにも関わらず、サヴァランがそれを押し通そうとしていたのには参りましたね(;_;)それも彼が追い詰められていたからなのでしょうが…そんなことはアトラには関係ありませんし。
見ていてひどく辛いシーンでした。

私の中でも、アトラへのイメージが変わりました。痛みに屈しない彼女はすごく強い女の子です。

秘密にする

 
トラックバックURL
http://grhm2307.blog.fc2.com/tb.php/195-e772cec1
 
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第15話を見ました。 #15 足跡のゆくえ 「大人にはなりきれないものだな。これほどに胸が躍るとは」 コロニーでも火星同様に地球との格差は大きく不満が高まっていった労働者達の抗議行動が次第に激化する中、鉄華団は様々な思惑に飲み込まれていく。 「何があったの?」 「何がとは?」 「いつもは何考えてんのか分かんないけど、今は何か考...
 
他のレビューと重ならないように、 自分が気づいたポイント上げていきます。 マスクギリス「大人にはなりきれないものだな これほどに胸が躍るとは」 シャア「認めたくないものだな。若さゆえの過ちというものを」 ノブリス・ゴルドン(69歳)またサウナ。 サウナといえばフィンランドかロシア。ギャグか、それとも何か伝えたいメッセージが隠れているのか。 ビスケットが兄に...
 
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第15話 『足跡のゆくえ』 ≪あらすじ≫ ドルトコロニーにおける労働者の暴動騒ぎに巻き込まれた鉄華団。その中でドルト3ではビスケットは実兄に裏切られ、アトラはクーデリアと間違えられてギャラルホルンに捕まってしまう。アトラを助けるために飛び出そうとするクーデリアだが、彼の前にはフタミンの正体を知った謎の仮面の男が現れた。 公式ホームページ更新後...
 
えー、今まで予想もつかない展開で楽しませてくれたオルフェンズですが、総括すると、今日はちょっと自分の好みと違うかな、という感じ。 ★アトラ・・・・゚・(ノД`)・゚・ ...
 
『足跡のゆくえ』
 
仮面の男からはチョコレートの匂いがしますね。 目の部分は手動で閉じられる仕様かな? ビスケットの兄は予想通りの行動を。 アトラはなんやかんや。 そしてフミタンが……といった内容でした。 以下ネタバレあり
 
アトラちゃんフルボッコ。いや展開は分からんでないが、夕方5時にはやり過ぎな気も。まあそれも今更か( ̄TT ̄) ビスケット、家族との決別。やはりというかビスケットの兄貴もダメだったようだ。けど、これはビスケットが自分で考え自分で選んだ事。そしてそこにも当然責任が付いてくるだろう。周りに流されたり言われるがまま動いたりな無責任無能な”大人”とは違う。これが鉄華団!力み出る鼻水がなんと眩...
 
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第15話「足跡のゆくえ」 さて、今回はサブタイトルにある通り、様々な『足跡』が描かれていました。 ●まだ間に合う? まず、オルガ・イツカが、労働者達とギャラルホルンが衝突した跡を見ながら、 「まさか、運んできた積荷があ…
 
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第15話『足跡のゆくえ』 感想(画像付) シリーズ名物の変態仮面キャラが登場(笑) いったい仮面の櫻井孝宏さんは何者なんだ?w クーデリアと間違われ、捕まって尋問されるアトラちゃん。 現れた謎仮面に、一連の陰謀が支援者のノブリスの仕業と告げられる。 そしてフミタンがそのスパイだと…。 フミタンの正体がついにバレる展開! 彼女はどう...
 
「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第15話はドルドコロニーに立ち寄ったオルガたちだったが、そこでビスケットが実兄と再会する。しかしその再会はビスケットを捕まえるた ...
 
第15話「足跡のゆくえ」 JUGEMテーマ:漫画/アニメ
 
責任について。これ聞いたクーデリア、絶対結婚のことだと思っただろ。あとキマリス出てきましたね、ボードウィンが乗るんですか。  思ったより幼いな。そりゃそうです、彼女はアトラなのだから。まるでギャグみたいな話ですが、サヴァランもギャラルホルンも騙された。面が割れてないの!?待ち構えていたのなら情報ぐらい手に入れろと。  しかしこの後は冗談じゃ済みません。クーデリアとしてギャ...
 
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第15話 「足跡のゆくえ」何だか色々と切ないお話でしたな。ビスケットの兄・サヴァランのやった行動は鉄華団からすれば非道な行いですが根本 ...
 
【感想概略】 今回は、ビスケットと兄サヴァランの再会と別れが描かれ、拷問を受けてもクーデリアを庇い続けるアトラの健気さが描かれ、フミタンが初めて自分の本心を明かし、クーデリア暗殺への加担という任務を放棄してクーデリアの前から立ち去るが、クーデリアはフミタンを探して町をさまよう姿が描かれ、面白かった。 【仮面の男、登場】 冒頭、ドルト3コロニーに謎の仮面の男が出現した。 この男、「...
 
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第15話 『足跡のゆくえ』 アトラたちが嫌悪感を抱くほど鉄華団員の体臭が大変なことになっているらしいですが、 裏を返せば鉄華団員は己の体臭をそこまで気にしていないということ。そんな嗅覚アテになるのかな?
 
 今回は感想以前に「前フリはあったがなんでこんなにクーデリアの顔が知られてないんだろう(彼女は遠方の火星の人間であり、かつコンラッドも触れたくない存在。結果、マクギリス達も監査に来るまで知らないくらい情報が地球圏に届いていない)」ってことを消化するのに随分時間がかかった。出来上がった感想では全く触れてないわけで直接的には内容には寄与してないんですが、納得しないと書けないから困る。
 
決別とすれ違い。アトラちゃんは強い子。
 
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 15話の感想です。 ビスケットの兄との面会。。 フミタンの決意。。 ビスケットの兄は予想通りの裏切りながら そこまで嫌なやつではないようで・・・ あっちの立場なら当然の行動でしょうね。。 クーデリアが偽者だとわかった後も 問題ないと思っているのはかなり駄目な感じですね。。 偽者引き渡したらただじゃすまないでしょうに; ...
 
のっけから黄金仮面登場。胸が躍っているらしい。後々になって若さゆえの過ちを痛感するタイプだと思う...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。