スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第18話 『声』感想 
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 3 (特装限定版) [Blu-ray]
バンダイビジュアル (2016-02-24)
売り上げランキング: 66


 今日は一言。

 荒れました。すみません(ノД`)・゜・。

 というわけで以下、鉄血のオルフェンズ第18話『声』の荒ぶる感想です!

 ※ネタバレがありますので、ご注意ください!!!

【機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第18話 『声』感想】

・ドルトコロニーの真実を伝えるクーデリアの“声”―演説をすぐにでも中断させたいギャラルホルンですが、
 地球経済圏のひとつであるアフリカンユニオンからの圧力もあり、簡単には手出しできない様子。
 それでもクーデリアの演説が“ギャラルホルンによる虐殺”という核心に及んだ段階で、
 「これはやばい」と実力行使に出ることに。
 映像の発信元であるイサリビを圧倒的戦力で包囲し、
 今にも艦ごとクーデリアを葬り去ろう―というまさにその瞬間。
 「ギャラルホルンに私は問いたい。あなた方は正義を守る存在なのではないのですか?
  これが、あなた方の言う正義なのですか?ならば、私はそんな正義は認められない!
  私の発言が間違っているというのならば…かまいません。
  今すぐ私の船を撃ち落としなさい!」
 クーデリアの剣幕にまるで気圧されたかのように、ギャラルホルンのMSは動きを止め、
 イサリビは無事、この絶体絶命のピンチを切り抜けたのでした。

・この一週間、果たしてクーデリアの“声”がどんな内容で、
 そしてどれほどの影響力を持って人々の心に響くのか、すごく期待していました。
 確かに、クーデリア役の寺崎裕香さんの演技は凄く良かった。
 「今すぐ私の船を撃ち落としなさい」のところなんて、聴いていて思わず肌が粟立っちゃいましたもん。
 でもその内容は?
 確かにドルトコロニーの真実を語ったこと、
 そしてギャラルホルンへの反抗の意志を示したことは意義深かったと思うけど、
 それだけで終わってしまったのは個人的にちょっと残念でした。
 ギャラルホルンの動きを止めたことは、三日月の言う通り確かに「すごい」。
 けれど、それはアフリカンユニオンの政治力が裏で働いたためであって、
 クーデリアの言葉がギャラルホルンの指揮官の胸を打ったからではないという点にも、心がモヤモヤ。
 ギャラルホルンの部隊が道を開けるように退く中を颯爽と進むイサリビの画で少し気も晴れましたが、
 ここでクーデリアの言葉を聴いた各地の人々の共感する様が少しでも描かれていれば、
 もっと私の気持ちも違ったものになっていたかもしれません。
 革命の乙女の言葉が、もっと人々の心を捉えた様が見たかったなぁ。
 先週、決意に至るまでのクーデリアの内心に敢えて触れないことで、
 この演説で視聴者のカタルシスを爆発させてくれるのだろうと期待に胸膨らませていた分、
 肩透かしを喰らったような気分に陥る私なのでした…。

・クーデリアの演説中、傍で見守るアトラの表情が度々カットイン。
 このおかげでラストでのクーデリアとアトラのやりとりに重みが増していましたよね。
 地味だけど、すごく丁寧な演出だと思いました。

・敵とはいえ、命を奪う行為を「プチプチ」と、まるで虫を潰すかのように表現する三日月…。
 涙を流すクーデリアを慰めるなど人としての優しさが育ち始めている一方で、
 この冷酷さも確かに彼の中に存在しているというのが、なんとも辛い…(;´Д`)

・出(やがっ)た、トド(の野郎)!!!(爆)言葉が汚くなってしまい、すみませんvv
 さて、今話でちょび髭=トド説が確定致しましたので、事前に予告していた通り、
 荒れちゃいますよ、私!?
 というわけで、
 ああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!(ガン!←テーブルに拳を打ち付ける音)
 なんで、なんで今頃お前みたいなのがのうのうと出てきて、
 マクギリスの横で普通に悪態ついてるんだっ!!!
 これだけの事態(フミタン…)の裏で暗躍していたのがトドだったなんてそんなオチ、
 受け入れられるかぁ!!!
 でも何より癇に障るのは、
 そこの仮面!!!(▼皿▼)シ(ガン!!)!
 ギャラルホルンを束ねるセブンスターの御曹司の分際で、
 トドみたいな小悪党を小間使いに使うな!
 ギャラルホルンの改革のため身分を偽らないといけないのは分かるけど、
 公に動けない分使える駒に制限がかかるのも理解はできるけど、
 もっとマシな人選があるだろう!
 よくもまぁ鉄華団の子供らからやりこめられた奴を、傍に置こうなんて考えられるな!
 最初こそ敵でありながら冷静沈着、広い視野を持っているナイスガイで好感度高かったけど、
 最近は仮面被ったりトドを召し抱えたり…色々幻滅だ!本当に一体何がしたいんだ!
 ………。
 …はぁ=3言いたいこと全力でぶちまけたのが良かったのか、だいぶ落ち着いてきました…。
 いくら前々から抱えていた懸念事項だったとはいえ、
 フミタンの死やマクマードが裏で噛んでいることが判明してすぐのトド再登場だったので、
 思った以上に気持ちが昂ぶってしまいました。
 読んでもらった方の目にお見苦しいものを触れさせることになり、本当に申し訳ありません(;´Д`)
 以後このようなことがないよう気をつけますので、今後ともよろしくお願いいたしますorz

・仮面の男ことマクギリスの株が大暴落するのに反比例するかのように、
 私の中でどんどんいい方向へと変化するガリガリガエリオ像。
 部下であるアインに素直に謝ったり、自分の非を認めたり、
 己の身の上を語るアインの言葉に対する反応なんかも含めて、全体的に良い人に見えるので困ります。
 だって、どんどんガエリオのことが気になってるんですもん、私(*´▽`*)
 これまでユージンにしつこく付けてた「私の」が、ガエリオのものになる日も近いかもvv

・アインとクランク二尉の回想にも胸が熱くなりました。
 やっぱり、クランクは素敵なおじさまだったんですね…(涙)
 地球人と火星人の両親のもとに生まれたが故、ギャラルホルン内で差別されてきたアインに、
 温かい言葉をくれた人。
 そりゃぁ、アインもその死に固執せずにはいられないですよね。
 たとえ天国のクランクがそんなこと望んでないとしても…。

・と、荒れた心をギャラルホルン組のやりとりを眺めて落ち着かせていたところに!
 また仮面の男がご登場ですよ!(~_~)
 …確信しました、私はマクギリスのことは嫌いじゃなかった(むしろ好きだった)けど、
 この仮面の男のことは心の底から気に入らない。
 ネタとして笑うのが正しい受け入れ方(三日月に即「チョコの人」バレなところとか)なんでしょうけど、
 笑えたのは14話の配信版次週予告で語尾を伸ばしていた時だけ。
 それ以降はフミタンのこともあるし、
 クーデリアと同じように「許しがたい」って気持ちのほうが大きいみたいです。
 腐敗したギャラルホルンの変革っていう目的を掲げるに至るまでの心情には興味深いものがあるけれど、
 それに対するアプローチの仕方が色々と納得できません。
 あーマクギリスにはもっと正統なライバルとして、カッコいい存在でいて欲しかったなぁ(/_;)

・アトラの指摘により、クーデリアが放つ強さの裏に“弱さ”が隠れていることを知る三日月。
 13話での三日月の手の震え→クーデリアのハグという流れを念頭に置いておくと、
 ここから三日月が泣いているクーデリアを抱きしめてなぐさめるシーンに至るまでの全てが、
 とても意義深く感じられて感動。
 と書きながら実は、「三日月もなぐさめて!」ってアトラに促されたとき、
 三日月がクーデリアにキスするんじゃないかと変にハラハラしていた私がいたりして…(笑)

・地球外縁軌道統制統合艦隊。
 ただでさえごつい名称なのに、新キャラの麻呂カルタの良い方のせいで、
 より仰々しさが増している…(笑)
 っていうかどうしようvvなんだか一から十まで言動全部がやけに芝居かかってる、この人…vv
 それにしても全く眼中にないガエリオ(万年みそっかすvv坊呼びvv)と違って、
 カルタがセブンスターズの重鎮らと同じぐらい重きを置いているらしい「あの男」ってのは一体?
 もしマクギリスのことなら、ちょっと彼のこと買い被り過ぎですよ…(目を逸らしながら)

・息子がグレている(仮面)ことも知らずに、なにやら地球で意味深な政治行動に勤しむイズナリオ。
 アーブラウの女性議員と乗り合わせた車中、
 隣に座らせた男の子の髪が金髪なのが気になりますね…マクギリスと同じ金色の髪、緑色の目…?

・クーデリアと会談予定の蒔苗東護ノ介も、
 贈収賄疑惑の真っ只中にいるようで清廉潔白の身ではないようですね。
 この人も結局のところ、クーデリアという偶像を利用したいだけのように見えますが…。

・ラフタ、めっちゃ昭弘のこと気になってる( *´艸`)
 これはラブの予感で間違いなさそうですね♪
 意外な組み合わせな分、なんだか胸がキュンキュンしますっ!
 そしてこれはどうでもいい話なんですが、
 「ガチムチのほう?」「うん、ピアスのアホに付き合ってる」というラフタとアジーのやりとりに、
 「昭弘とシノ、どちらの身体もガチムチやん!」と思わず突っ込んでしまった私…vv

・シノとヤマギそれぞれの、仲間を想い自分が出来る限り精一杯のことをやろうとする姿勢には、
 胸を打つものがありますよね。
 特にシノは、ブルワーズ編での仲間の犠牲が尾を引いてるっていう背景が、
 人物像により一層の深みを与えていました。ピアスノアホも彼なりに思うところがあるんですよ、ラフタ(笑)
 ヤマギに関しては、通常運転(おい)なので特に言及することはありませんが、
 やっぱり今後への不安が拭えなくて…(;´Д`)怖い…。

・フミタンの死のみならず、虐げられる人々を希望へ導くという責任を改めて背負い直したものの、
 その重みに今にも潰されてしまいそうなクーデリア。
 そんな彼女の心の葛藤を見抜いた三日月とアトラは、
 彼女を励まし、彼女の支えとなるべく手を差し伸べます。
 「俺も手伝う。(中略)あんたが地球に行く責任があるっていうなら、俺は全力でそれを手伝う」
 「そうだよ!だからね、一人で抱え込まなくていいんだからね!
  仲間なんだから、家族なんだから!みんなで一緒に…」
 想いを寄せる三日月が目の前でクーデリアを抱きしめてるにもかかわらず、
 堰を切ったように溢れだすクーデリアの涙に、
 思わずもらい泣きしてしまうアトラはなんて良い子なんでしょう…っ(ノД`)・゜・。
 昭弘がシノに構っているというだけで嫉妬に心モヤモヤさせてるラフタとはえらい違いですね(笑)
 そんなアトラだからこそ、神様も三日月のハグをきっとプレゼントしてくれたんでしょう。
 それにしても三日月は、どんどん人に対する接し方を吸収し、
 あまつさえWハグという超上級技まで編み出してしまうのだからさすがというか、なんというかvv天然のタラシvv
 基本的に、心を許した相手には優しさを出し惜しみしない三日月の性格が、
 よく表れていると感じました。

****************************

 フミタンのオペレーター席にお菓子が…(ノД`)・゜・。
 子供たち、きっとお供え物のつもりで置いたんだろうなぁ(号泣)
 文字の練習でフミタンの綴りを書いている子もいるし…。
 クーデリアにとってはもちろんですが、
 フミタンが他のメンバー(特に年少組)からも慕われていたことが良く分かります。
 フミタンの死を無駄にしないためにも、
 そして、彼女が生きて皆との間に確かに築いた絆を守り抜くためにも、
 クーデリアには大人たちの思惑に雁字搦めに捕らわれることなく、
 自らが成すべきことを成してほしいですね(出来れば仮面の男とは手を組まずに!←大事)
 
 http://sonykichi.blog.jp/archives/54267816.html
 http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2016/02/gtk-18.html
 http://nijiirosekai.blog55.fc2.com/blog-entry-5467.html
 http://blog.livedoor.jp/pro_g_mania21/archives/g_tekketsu018.html
 http://blog.livedoor.jp/rx_78g/archives/52146933.html
 http://nekoko.at.webry.info/201602/article_10.html
 http://shibauma.blog94.fc2.com/blog-entry-1079.html
 http://takotakotakoyaki.blog52.fc2.com/blog-entry-5632.html
 http://recluse.blog60.fc2.com/blog-entry-1742.html
 http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/blog-entry-1185.html
 http://animegane1216.blog.fc2.com/blog-entry-3561.html
 http://takaoadventure.blog98.fc2.com/blog-entry-5033.html
 http://craft89.blog105.fc2.com/blog-entry-1691.html
 http://blogs.yahoo.co.jp/pac2sos/42470231.html
 http://guutaranikki.blog4.fc2.com/blog-entry-12714.html
 http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-2503.html
 http://mirumo.serika.ciao.jp/?eid=912810
 http://fanblogs.jp/animeigen/archive/4675/0
 http://sinbobbo.blog55.fc2.com/blog-entry-763.html
 http://luvnail.blog46.fc2.com/blog-entry-4285.html
 http://ninedimension.blog118.fc2.com/blog-entry-2819.html
 http://seeing04.blog39.fc2.com/blog-entry-5934.html
 http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-4625.html
 http://tokupuro3150.blog.jp/archives/3628444.html
 http://sizukusizukufan.seesaa.net/article/433549875.html
 http://yabumi.blog107.fc2.com/blog-entry-1334.html#trackbacks
 http://kaityou-osusume.seesaa.net/article/433540550.html
 http://izan499.blog.fc2.com/blog-entry-1423.html
 http://blog.goo.ne.jp/u0h/e/ab76c820c899f8d2999e856de7e3fcdb
 http://asutabumpblog.blog.fc2.com/blog-entry-354.html
 http://blackriderkibagami.blog120.fc2.com/blog-entry-1347.html
 http://chiqfudoki.blog.fc2.com/blog-entry-525.html
 http://samuraimoon.blog67.fc2.com/blog-entry-2345.html#trackback
 http://airmf23.blog3.fc2.com/blog-entry-1445.html
 http://blueshomeblog.blog10.fc2.com/blog-entry-3158.html
 http://maruta.be/runnershigh/1317

関連記事
 
パオーン #-
 
クーデリアの演説は中々見ごたえがありました。
私の船発言・・・
これはオルガもびっくりでしたね(笑)

三日月・・・
ホント怖いですねぇ・・・プチプチ潰すってねぇ・・・

あとはクーデリアとアトラが
名瀬みたくハーレムになりそうな伏線がありそうですねぇ^^

今回もガリガリさんが好感度アップでしたね^^

ドンドンまりおさんが・・・惚れてまうやろ~^^
V-Dash #-
 
マクギリスに関してはマスクマンで登場して商人をやる過程を描かずですからモヤモヤした気持ちになります。他も控えめにみても展開の荒さが気になる所。後々描くのかな?

不満はさらけ出すのが一番!このブログを見てる人ならきっと理解してくれるはずです!

まりお #qjsITxmk
パオーン様☆ 
パオーン様、こんばんは☆当ブログへのご訪問、コメントいつもありがとうございます^^

クーデリア役の寺崎さんの熱演、胸に響きましたね!新たなクーデリアの一面を観た気がしました。
そうそうオルガと言えば…最近少し影が薄い気もします(笑)今後の活躍に期待ですね。

クーデリアとアトラがハーレム!でもなんだか今話のラストを見たら、3人で仲良くってのも意外とありな気がして来たり^^

最近のガリガリガエリオの良い人っぷりには目を見張るものがありますね!そしてそれにまんまと影響されどんどん惚れていっている私なのでした(笑)
まりお #qjsITxmk
V-Dash様☆ 
V-Dash様、こんばんは☆当ブログへのご訪問、コメントありがとうございます^^

マクギリスの行動には謎が多いですよね。私の中のイメージだと、彼は立場的にも能力的にもあんな仮面付けてコソコソしなくても、然るべき目的に到達できそうなイメージなんですが…。
彼にはアリミリの件などで好感を抱いていた分、裏切られたという気持ちを強く抱いてしまいます(^^;

不満というほどじゃないんですが、少し心にモヤモヤしたものがあるので、今後それが解消されるような展開が来てくれると嬉しいです。
イデ丸 #-
…? 

まりおさん、こんばんは。

…ん~…、今回を観ていて、実は特に感じる事が無かったんですよね…(-.-;)
話自体が面白くなかった訳ではなく、新たなキャラも登場(またはチョビ髭みたいに再登場)してきたりしていたのに…?
(ついにカルタ?が登場しましたけど、雑魚っぽい感じ…)

私が不感症になってしまったのか?
いや、他の作品では結構感動してます。
特に『灰と幻想のグリムガル』『ちはやふる』(こちら東京では再放送、私は初見です)は、結構感情揺さぶられてます!!

先日の『灰と~』の第5話サブタイトルは「泣くのは弱いからじゃない。耐えられるのは強いからじゃない」だったのですが、「これ、夕方のオルフェンズの(内容の)サブタイトルっぽい」と思っちゃいました(^_^;)

分割2期?の噂もあるようですから、長い目で観ていくつもりですけど…。
(私の中でかなり低評価な『レコンギスタ』なんかよりは、全然面白いですけどね!)
まりお #qjsITxmk
イデ丸様☆ 
イデ丸様、おはようございます^^当ブログへのご訪問、コメントありがとうございます!

人にとって受け止め方は様々ですし、半年に及ぶ長丁場ということもやり、どうしても中弛みを感じてしまうのは仕方ないのかもしれませんね。

カルタはOPに顔出ししているので、なかなか手強い敵なのではと私は予想しています。
性格的にもなかなか愉快そうな女性で、今後色々と楽しいネタを投げ込んでくれそうで楽しみです(笑)

今の物語の進行ペースからすると、分割二期、大いに在り得そうですよね。地球に着くまでを今クールでやったうえで、更なる展開が待ち受けていそうな予感です。

そう考えると、もう残りもあと少しですね。物語も佳境に差し掛かってきていると言えます。来週はイデ丸様の胸を熱くさせるストーリーであることを期待しましょう^^
sayuri #-
 
まりおさんへ

まりおさん、こんにちは!
まりおさんのブログみてて、"ガン!←テーブルに拳を打ち付ける音)"で思わず笑っちゃいました(^○^)
ちょび髭本当不快だし仮面の男はふざけてんのかなんなのかわからないマスクだしでしっちゃかめっちゃかですね(笑)

気になることといえば掴めない三日月かなあ。
人の死をプチプチとか怖すぎるしサイコパス的な雰囲気感じますね。急にキスしたり一貫性ないし主人公としてもう少しもがいて苦しんで成長して芯ののある男に育って欲しいと思っちゃいます(笑)

ラフタと昭宏微笑ましいですね(/\)
素敵な組み合わせだと思います♪
まりお #qjsITxmk
sayuri様☆ 
sayuri様、こんばんは☆当ブログへのご訪問、コメントありがとうございます^^

えへへ、ちょび髭=マクマード説であることを望んでたので、どうしてもトド暗躍説に納得がいかず荒ぶってしまいました(苦笑)お見苦しいところをお見せして本当にすみません;;;

三日月は相変わらず捉えどころがないですよね。それでも、だんだんオルガ以外のメンバーと心通わせる描写も増えてきていますし、少しずつではありますが人間的に成長しているんじゃないかなぁと思っています^^

ラフタのモヤモヤ、本当に微笑ましいですよね( *´艸`)
昭弘はユージンやシノと違って女の人に対して真面目そうですし(笑)、この二人にはぜひとも巧く行ってほしいと思っています♪

秘密にする

 
トラックバックURL
http://grhm2307.blog.fc2.com/tb.php/198-d3faf69c
 
やあ、今回は久々に面白かったですね。30分があっと言う間でした。 ★カリスマ性を発揮するクーデリア    あのピンチ、どうやって突破すんのかなと思ったけど、クーデ ...
 
「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第18話はギャラルフォルンに囲まれた鉄華団だったが、クーデリアの演説でギャラルフォルンの攻撃は止まり、この窮地を脱した。その直後 ...
 
 声に出して分かるもの。
 
「声」 三日月、昌弘、ノルバの前に現れたギャラルホルンの大軍。丁度その時、世界に向けたクーデリアの演説が開始される…… 正義はどこにあるのか? 前回のエピソードで重々しく続けての演説だっただけに、今回、Aパート全体を使うくらいでやるのかと思ったら、アバンで終わってしまうとは。ただ、その演説によって、各地からの反発を恐れたギャラルホルンは戦いを中止。戦闘はとりあえず、回避されると...
 
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第18話 『声』 ≪あらすじ≫ 自らの演説と根回しによってギャラルホルンの大部隊に囲まれた鉄華団とイサリビを救って見せたクーデリア。フミタンの死によって自分を必要以上に追い込む彼女の前に、モンターク商会を名乗る仮面の男が再び姿を現す。 公式ホームページ更新後に改訂予定 (公式HP あらすじ より抜粋) ≪感想≫ 岡田麿里さんがシ...
 
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第18話を見ました。 #18 声 「私はクーデリア・藍那・バーンスタイン。私の声が届いていますか?皆さんにお伝えします。宇宙の片隅、ドルトコロニーで起きていることを。そこに生きる人々の真実を。私は自分の生まれ育った火星の人々を救いたいと願い、行動してきました。けれど、あまりに無知だった。ギャラルホルンの支配に苦しむ人々は宇宙の各地に存...
 
クーデリア「ギャラルホルンの支配に苦しむ人々は 宇宙の各地に存在していたのです」 クーデリア「ギャラルホルンは労働者たちに 攻撃を開始しました。そしてその戦闘… 虐殺は今も続いているのです」 クーデリア「ギャラルホルンに私は問いたい。 あなた方は正義を守る…
 
"革命の乙女"という 16 歳の少女に必要なもの。
 
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第18話『声』 感想(画像付) ミカちゃんにアッサリ正体を見破られるチョコレート仮面さん(笑) マクギリス仮面の目的は、腐敗したギャラルホルンを新生させること。 そのために変革の起爆剤としてクーデリアを利用する。 クーデリアを利用するアフリカユニオンの偉いとも同じような思惑。 残り7話? なんとかまとまっていきそうかな♪ 以下...
 
第18話「声」 JUGEMテーマ:漫画/アニメ
 
三日月ww言ってはならんことをwwwガンダム世界ではたとえバレバレの変装でも気付かぬフリをしてあげるもの。そのタブーが覆されました。 モンターク商会を名乗って直接鉄華団に接触してきた仮面の男。そういや三日月とビスケットってファリドと会ってるよね。仮面とカツラだけじゃなくボイスチェンジャー必要なんじゃないの。そう思ってたら、なんでチョコの人がこんな所に。あっさり正体バレましたね。ここにギャラル...
 
声バレしちゃいましたね、仮面の男。 タイトルの『声』はそういう意味じゃあないんだろうけど。 ハマーン様っぽいのが出てきたと思ったけど全然そんな事はなかった。 以下ネタバレあり
 
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第18話「声」 【公式サイト様/MBSオンデマンド様】                               ●声が届いた相手は・・・・              さて、二股うんぬんに関しては最後に述べるとしてw、今回の…
 
【感想概略】 今回は、敵の大艦隊を演説で退けるクーデリアの知略と度胸が描かれ、アインがクランクを深く敬愛する理由が明かされ、仮面の男の正体を一目で見破る三日月の眼力が描かれ、ギャラルホルンの有力者イズナリオ・ファリドが民衆の英雄待望論を冷静に観察して暗躍する姿が描かれ、昭弘とシノがモビルスーツの訓練で切磋琢磨する中で互いを認め合い友情を深める姿が描かれ、クーデリアを親身になって気遣うアトラ...
 
オペ席に置かれたお菓子、タブレットの『FUMITAN』の文字。良かった。みんなフミタン好きだったのねえ。フミタンの言葉を三日月がしっかり考えてた事が超嬉しい。正直これだけでも個人的に良回だった。前回しつこく拘ったのが馬鹿みたいにならずに済んだし・゜・(ノД`)・゜・ 化粧ミスったような面白い人とか議員のおばさんとか白髪のおじいさんとか。なんか色々出てきてややこしくなってきたなあ(汗...
 
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第18話 「声」現在ドルトで起こっている事をTVの生中継という手を使い発信するクーデリアそれを潰そうとしたギャラルホルンだったがこれ以上国 ...
 
「私の発言が間違ってると言うのならば、構いません。今すぐ私の船を撃ち落としなさい!」 クーデリアさん、カッコえぇ!!ヽ(*゚∀゚)ノ TVを通じて世界にギャラルホルンの悪行を伝えた後の、この一喝。 シナリオを豪快に狂わされた敵の狼狽っぷりときたら、実に痛快でしたね。 鉄華団の一部から「エエエエェェ!?」な気配も漂ってましたが細かい事は気にするな(笑)。 クーデ...
 
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第18話 『声』 ガチムチ&裸&汗だく&風呂入ってないという魔の4条件を揃えている2人。 百錬のコクピットの中の臭気が凄いことになってそうなんですけど、アジーとアミダは大丈夫なんでしょうかね?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。