スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第19話 『願いの重力』感想 
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 3 (特装限定版) [Blu-ray]
バンダイビジュアル (2016-02-24)
売り上げランキング: 66


 今までは妙に笑えた仮面の男でしたが、今回はなんだかシリアスな雰囲気全開で、
 気軽にネタに出来ませんでした…。
 彼の過去には一体何があったんでしょうか?

 そんな湿った感傷も、副音声聞いたら全力で逃げ出してしまいましたが(爆)
 特にギャラルホルン組のAパートが面白すぎて何度も聞き直していたため、
 記事作成に取り掛かるのが遅れたという…vv

 以下、そんな乱れた気持ちを抱えたままに書き連ねた、
 鉄血のオルフェンズ第19話『願いの重力』の感想です!

 ※ネタバレがありますので、ご注意ください!!!

【機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第19話 『願いの重力』感想】

・地球降下を前に、慌ただしいイサリビ艦内。
 その通路で三日月と鉢合わせたクーデリアは、
 彼の腕の中で慰められたことを思い出したのか顔を赤らめます。
 一瞬目を伏せ、しかしながらすぐに顔を上げた彼女は、
 目に明確な意思を宿しながら三日月に右手を差し出しました。
 「握手を…しましょう」
 「俺の手、また汚れてるよ?」
 握手で思い出すのは、第一話。
 あの頃はまだあまりに遠かった二人の心の距離も、今ではかなり縮まった印象です。
 「私の手も、もう汚れています。みんなの血と、みんなの想いと…この手に、私は誇りを持っています」
 こんな風に言えるようになるまでの道は決して平坦ではありませんでしたが、
 だからこそ私も強くクーデリアの成長を感じることが出来ました。
 そしてそれは三日月も同じだったのでしょう。
 優しく笑んで、しっかりとクーデリアの手を握り返します。

・オルガに名前を聞かれた仮面の男は、モンタークと名乗った上でこう付け加えました。
 「それが真実の名ですので」
 言葉通り捉えるのなら、養子になる前の名前がマクギリス・モンタークだったということなんでしょうが、
 今話を観ていて感じたのは「思ってた以上に色々拗らせてるな、マクギリス」ってこと。
 ガエリオの回想に出てきた幼少期も、
 ファリド家に迎え入れられることに対する反発がその緑色の双眸から迸っていましたし、
 幼い心にとって到底納得できる経緯ではなかったのであろうことが想像出来ます。
 腐敗したギャラルホルンの改革を暗躍の動機に掲げてはいますが、
 その実イズナリオ個人に対する私怨に近い感情も理由として大きいのではないか。
 彼の独白を聞いていると、そんな風に邪推せずにはいられません。

・「私が皆さんを幸せにしてみせます」
 三日月の腕の中でアトラと一緒に思いっきり涙を流したことで、
 クーデリアの中で悪い意味で滾っていた気負いが洗い流されたような気がして、安心しました。 
 ギャラルホルンが気圧されるほどの覇気をまとった先週の彼女もかっこよかったですけど、
 やっぱりどこか無理してる感じは否めませんでしたからね。
 オルガに丁寧に頭を下げるクーデリアの姿からは、
 彼女の中の強さがワンステージ上にランクアップしたことが感じられました。

・「あの金髪の高慢ちきな…地位の為にしょんべん臭い子供なんぞと婚約した、
  いっつも前髪イジイジしている男のことよ!」
 ガエリオと幼馴染だったカルタは、大方の予想通りマクギリスに惚れているようで…(笑)
 それにしても、好きな男に対してこの物言い…なんてツンデレなんだ!vv
 まだ本格的に登場して2話目だというのに、
 もはや作中の誰よりもキャラ立ちしているような気すら覚える、この存在感(^^;)圧倒的です。
 とはいえ、指揮官としての能力は個性に比例せず、
 己の力量を過信した挙句、鉄華団に一枚も二枚も上を行かれることになってしまいましたね。
 一連の指揮を見ていると、閑職に追いやられるのも仕方ないかな、という印象でした。
 
・そんでもってこのカルタのおかげで、また相対的に好感度が上がっている私のガエリオ(笑)
 いやー最初こそマクギリスと比べて狭量な男だなぁなんて冷ややかな目線を送っていましたが、
 今になってみればギャラルホルンで一番まともだったのがまさかのガリガリという(笑)
 マクギリスは仮面だし、カルタはマクギリス似の部下を従えてひとり宝塚劇場みたいな言動だしvv
 決して完璧な性格とは言えないけれど(三日月たちに対する蔑視とか)、
 それでもここ数話で様式美として確立されつつあるアインとのハートフルなやりとりなんかもひっくるめて、
 不完全であるがゆえのガエリオのその不思議な魅力に囚われつつ私なのです( *´艸`)

・と、絶賛ガエリオに浮気中の私を叱咤するかのように、今回は私のユージンも大活躍!\(^o^)/
 「鉄華団全員の命を預かる…俺、そういう存在に憧れていたからよぉ」
 無意識にオルガへの憧れを口にしてシノに爆笑されたかと思えば、
 戦場では果敢にも阿頼耶識で艦船二隻を操り、カルタを翻弄。
 大量の鼻血というオチまでついて、
 まさにユージン尽くしの19話と言っても過言ではない内容だったと思います♪
 それにしても、私は新OPの演出から後半ユージンの裏切り展開が来ることを予想しているんですが、
 今話を見る限りオルガに対する屈託した感情(裏切るなら理由はこれ)等は皆無だし、
 副音声での声優の梅原さんのトークを聞いてもユージンが死んだり裏切る可能性は低そうなので、
 セブンスターク推しの私はちょっと安心^^(もちろん最後まで油断はできませんが)

・あのトドにすら胡散臭そうな目を向けられる仮面の男vv

・「消えない過去に縛られて、輝かしいはずの未来は、すべて愚かしい過去の清算のみに消費される。
  ―それは、私とて同じこと」
 マクギリスの消えない過去、愚かしい過去とは一体なんなんでしょうね。
 イズナリオに引き取られる前のことなのか、それとも引き取られてからのことなのか。
 いずれにせよ、ファリド家嫡男としての輝かしい未来を犠牲にしても、
 彼には清算すべき、清算したい過去がある。
 嫉妬。憎悪。汚辱に恥辱。
 この辺り、他のキャラクターのカットを挿入してはいるけど、
 全てマクギリス本人に被さってきそうなのが、意味深。
 「鉄華団…君たちの踏み出す足は、前に進んでいると思うか?
  もし本気で、そう信じているのなら、見せてくれ、私に」
 はなから鉄華団を利用するためだけに近付いた、
 というのがこれまでの私の仮面の男に対するイメージだったんですけど、
 ここに来てちょっと見方が変わりました。
 というのも、「見せてくれ、私に」が思いの外、彼の本心ぽかったから。
 てっきり私、「もし本気でそう信じているのなら」の後には、
 「愚かだ」みたいな否定的な言葉がくるとばかり予想していたんですよね。
 それが「見せてくれ、私に」ですからね、「そっちか」と良い意味で裏切られましたよ。
 ぼんやりとですが00のイオリアに似ているなーなんて思ったりもして。
 イオリアが第三段階までの計画を練りながらも、第一段階の紛争根絶に執着していたように、
 仮面の男も過去の清算を掲げつつ、鉄華団が切り拓く未来を信じたがっているような、
 そんな気がしたんです。

・鉄華団の地球降下を阻止するため、迎撃の布陣を敷くカルタの地球外縁軌道統制統合艦。
 しかしながら、ブルワーズの船を目くらましに使った鉄華団の作戦(と私のユージンの大活躍)に翻弄され、
 クーデリアたちの乗る小型艇を取り逃がしてしまいました。
 それにしても、鉄華団の作戦の荒っぽいこと…(苦笑)
 よくあの勢いで突撃して、イサリビ無事でしたねvv

・カルタの手から逃れたと思ったのも束の間、今度はガエリオとアインが小型船を襲来。
 これを迎え撃つのは三日月のバルバトスとシノの流星号。
 さらなる敵の増援に対しては、グシオンリベイクで昭弘が応戦する…のですが、
 複数の増援機相手に苦戦を強いられてしまい、小型船に隙が。
 万事休す、と思った瞬間、なんとラフタとアジーが漏影(ロウエイ)で救援に駆け付けてくれたのです!
 二人は名瀬に頼まれたなんて言ってるけど、
 案外本人たち(特にラフタ)が自ら志願したんじゃないのかな(*´▽`*)
 
・ガエリオとの戦いの最中、三日月がまた見せた“あの目”。
 故クダル曰く「人殺しを楽しんでいる」ということでしたが、
 彼の優しい一面を知っているからか、そんな風には思いたくない自分がいます。
 私としては、「呑まれてる」という表現の方が近い気がする。というか、そう思いたい。
 何に呑まれているかって?そりゃぁ、戦いに。そしてバルバトスに…。
 …。うん、それもなんだからとても嫌だなぁ(;´Д`)

・クーデリアの誇りには柔らかい笑みを見せた三日月が、
 一方ではガエリオの誇りに何の関心も示さないがなんだか印象的でした。

・!?ガリガリガエリオを庇って、アインがぁ!!!
 この段階でまさかアインがこんなことになるとは予想していなかったので、
 一瞬頭が真っ白になってしまった私。
 もろ致命傷っぽいけど、このまま死ぬにしてはあっさりした演出だったので、
 放出されたコックピットの中で生きているといいんですが…。

・カルタの親衛隊がバルバトスを追撃に動くも、
 突如として現れた赤いMS―グリムゲルデが加勢に参上。
 このグリムゲルデに対し、ちょっとかっこいいなんて感想を持ってしまった私vv
 目を覚ませ、私!仮面の男の機体だぞ!(爆)
 でも、今週の櫻井さんの演技に感化されたのか、
 仮面の男への嫌悪感が徐々に薄れつつあるのも事実で…。地味に心乱れています。

・最後までバルバトスを追って大気圏に留まっていた男の人、
 母艦でカルタに怒られてたあの人でしたね。
 叱咤に応えたい一心で単機粘った男気にこそ胸打たれましたが、
 如何せんモブキャラ過ぎて大気圏に突入しながらのバトルの相手としては力不足な気がしました。
 ここにアイン持ってきた方が、燃えたんじゃないでしょうか?

・久し振りの三日月とオルガの子供時代の回想シーン、からの三日月覚醒。
 「オルガについていったら、見たことない物いっぱい見れるね」
 「ああ!だから行くぞ!」
 「―!そうだ、俺はその場所を見たい!お前はどうだ、バルバトス!」
 ここで挿入歌ってのもびっくりで、仮面の男といいアインといい、この19話は意外性の連続でした。
 だからこそ、無事に大気圏を抜けたバルバトス(敵の屍を盾に!)を見つけて、
 皆が歓喜するという王道の展開が心地よくて、胸に温かい気持ちが広がります…。
 
****************************

 と、ほっこりした気分のまま終われたら良かったんですが、
 次回予告のビスケットの様子がおかしいおかげで、全部吹っ飛んでしまいましたよ!(;´Д`)
 何、どうしたのビスケット!?
 当初私が危惧していたように、オルガに振り回され過ぎて遂に堪忍袋の緒が切れちゃたのかな?;;;
 せっかく地球についたのに、不安です…(怯)
 
 http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/blog-entry-1191.html
 http://shibauma.blog94.fc2.com/blog-entry-1083.html
 http://recluse.blog60.fc2.com/blog-entry-1743.html
 http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-2509.html
 http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2016/02/gtk-19.html
 http://animegane1216.blog.fc2.com/blog-entry-3587.html
 http://sonykichi.blog.jp/archives/54738520.html
 http://seeing04.blog39.fc2.com/blog-entry-5955.html
 http://nekoko.at.webry.info/201602/article_19.html
 http://blogs.yahoo.co.jp/pac2sos/42482099.html
 http://blog.livedoor.jp/rx_78g/archives/52147554.html
 http://fanblogs.jp/animeigen/archive/4710/0
 http://craft89.blog105.fc2.com/blog-entry-1698.html
 http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-2468.html
 http://guutaranikki.blog4.fc2.com/blog-entry-12745.html
 http://mirumo.serika.ciao.jp/?eid=912830
 http://izan499.blog.fc2.com/blog-entry-1435.html
 http://kaityou-osusume.seesaa.net/article/433818732.html
 http://nijiirosekai.blog55.fc2.com/blog-entry-5480.html
 http://blog.goo.ne.jp/u0h/e/4f3e0d1927930d8d2632c75ad1c17ce1
 http://sinbobbo.blog55.fc2.com/blog-entry-765.html
 http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-4652.html
 http://luvnail.blog46.fc2.com/blog-entry-4299.html
 http://sizukusizukufan.seesaa.net/article/433831458.html
 http://asutabumpblog.blog.fc2.com/blog-entry-357.html
 http://yabumi.blog107.fc2.com/blog-entry-1335.html
 http://blog.livedoor.jp/pro_g_mania21/archives/g_tekketsu019.html
 http://sakanouenokumo819.blog46.fc2.com/blog-entry-1142.html
 http://takaoadventure.blog98.fc2.com/blog-entry-5047.html
 http://blackriderkibagami.blog120.fc2.com/blog-entry-1351.html
 http://blueshomeblog.blog10.fc2.com/blog-entry-3161.html
 http://d.hatena.ne.jp/sumida/20160214/1455484512
 http://samuraimoon.blog67.fc2.com/blog-entry-2352.html
 http://maruta.be/runnershigh/1319#trackbacks
 http://tsukataga.blog54.fc2.com/blog-entry-2344.html

関連記事
 
引きこもりライダー #-
こんばんは。 
まりお様、こんばんは。
自分もまさかのアイン退場?に驚きましたが、生存してそうなので、リハビリついでに阿頼耶識組み込んじゃいそうな気がしますね。
グリムゲルデもなかなかかっこいいですよね、キットも今日届いたので、早速組み立てています。
最期のバルバドスのドアップの落下シーンがちょっと遠近感がおかしいのが気になり3度見しちゃいました。(笑)
sayuri #-
 
まりおさん、こんばんは!
まりおさんのユージンが大活躍な回でしたね♪(笑)
ガエリオ、私も好きですwいいキャラしてますよね~。

アインは予想してなかっただけに驚きとアレ?っていう感じがしましたが。確かにあれで死んでいたらちょっと軽すぎる気がします…(;^ω^)

アインの今後とビスケット気になりますね。。
とはいえ、地球へみんなが無事たどり着けたのはホッとしました^^
まりお #qjsITxmk
引きこもりライダー様☆ 
引きこもりライダー様、こんばんは☆当ブログへのご訪問、コメントありがとうございます^^

!!!???アインに阿頼耶識…今まで考えたこともありませんでしたが、一度考えてしまうとむしろそれ以外の可能性が思いつかないぐらい、在り得る話ですね…(;´Д`)
そうなって欲しくはありませんが、それはそれで展開としては見応えあるかもって考えている自分もいたりして、とりあえず来週以降、アインがどうなってるかがドキドキです。

グリムゲルでは設定画では全く興味をひかれなかったのですが、動いていると全然印象が違いました!やっぱりMSは動いてなんぼですね(*´▽`*)
まりお #qjsITxmk
sayuri様☆ 
sayuri様、こんばんは☆当ブログへのご訪問、コメントありがとうございます^^

はい、今回は私の好きなユージンとガエリオが目立ってくれてとても見応えのある回でした!
特に最近はガエリオが熱いです( *´艸`)マクギリスに代わって真っ当なライバル道をこのまま貫いて行って欲しいですね。

アインももちろんですが、ビスケットの今後が本当に不安で不安で…。「相棒」っていうサブタイトルも意味深ですしね。

それにしてもsayuri様の仰る通り、まずは地球に無事降り立つことが出来たのでほっとしましたね^^今後地球で、クーデリアがどう立ち回るか注目ですね。
パオーン #-
 
カルタのひとり宝塚歌劇団、面白い例えですねぇ(笑)
右から二番目、遅れている・・・でしたっけ?^^

今回は現私のガリガリさんよりも旧私のユージンさんが
非常にカッコよく活躍してましたねぇ~^^
きっと、まりおさんの揺れる気持ちが伝わって
非常に焦ったのでしょうね(笑)

船も阿頼耶識で操れたんですねぇ~
しかも二隻を操って鼻血ブー・・・
ほんとカッコよかったです^^

赤い機体ってやっぱりカッコいい~
パオーンの愛車が赤いのも実は影響受けてます(笑)

地球に降りてからの今後もますます期待大ですねぇ^^
V-Dash #-
 
残り6話でやっと地球に降りましたね。あまり「最終回」に向かってる雰囲気を感じないのですが、25話で2期の告知とかあるのかなと、秘かに期待してます。

アインが明確に死んだシーンがないので、彼については次回以降何かしら触れるのかな?サーシェスみたいに身体の一部を再生、機械化して再登場・・・なんてことあるかなぁ。
イデ丸 #-
今回はGoodでした! 

まりおさん、こんばんは。

「フミタン・ショック」でモヤモヤだった私の心は、この日こちらで吹いた春一番と今話で、少し吹き飛んだ感じです(^_^;)
今話は見応えありました!

●「大きな手だった」
そう三日月との握手で感じたクーデリア。その後の三日月&オルガの回想シーンでの「三日月の表情」とセットで、よりこちらにも「幼かった」頃と今の三日月との変化?が強調されました。
作画自体も以前より表情の幼さを強調していた様に感じました。

●シノ&ユージン
「カッコつけようぜ、お互い」と、これまで以上にキャラがたってきた様に感じました。
まりおさんのユージン、ネクタイ姿も鼻血もカッコ良かったですよ!
気になってたOP映像でのユージンの姿や表情、今回の活躍の様な「こうなりたいのに…」と葛藤していた、と解釈すれば納得できます。

●カルタ…
見た目で勘ぐっちゃいそうですが、やっぱり雑魚臭というか単なる「賑やかし」で終わるかもしれませんね。

●弾の当たる音
今回妙に「リアル」に感じられました、「戦っている」と。

●ここでアインが!?…
ビックリしました、マジで。
でもたぶん命までは失っていないと思います。
こちらのコメントや他のブログにもありましたが、私も彼はこれをきっかけに「阿頼耶識」化するのだと思います。
再登場は早くて今クール終盤か、シーズン2(?)序盤~中盤ではと睨んでいます。
(はい、勝手に第2期やると思っています(^_^;))

●脚本 岡田麿里
ちゃんと調べてないのですが、シリーズ構成のマリー(「あの花」好きの知り合いが、親しみを込めてそう呼んでます)が、初回以来の「単独脚本」みたいでした。
物理的に難しいのでしょうが、もっと彼女の単独脚本話が観たいです。
他にも多くいらっしゃるでしょうが、私も「長井・岡田」コンビの「ガンダム」だから「これは観なきゃ!!」と強く思ったので。

●ナンカ「作品自体」に良い意味で「希望」が見えてきました。
とは言ってもこれから先、またモヤモヤする事もあるかとは思います。でも観続けますよ!!
まりお #qjsITxmk
パオーン様☆ 
パオーン様、こんばんは☆当ブログへのご訪問、コメントありがとうございます^^

カルタを見ているとどうしても宝塚が頭に浮かんでしまって(笑)

今回のユージンの活躍には目を見張るものがありましたよね!(*´▽`*)
なんだかんだ言いながら、最後には男らしくばしっと決めてくれる彼は、やはり最高だと思いました♪

阿頼耶識は汎用性が高いですよね。ただ、あれだけ大きな船となると身体への負担が大きいでしょうから、ユージンが鼻血だけで済むのかちょっと不安です;;

これまで私はあまり赤い機体には興味が湧かなかったんですが、グリムゲルデには心奪われてしまいました!
愛車の色にまで影響が及んでしまうのも、今ならわかる気がします^^

地球に降りてからの展開も気になりますね!とりあえずビスケットの心の平穏を祈りたいと思います。
まりお #qjsITxmk
V-Dash様☆ 
V-Dash様、こんばんは☆当ブログへのご訪問、コメントりがとうございます^^

私もかなり高い確率で二期があるのではなかろうかと予想しています。そうじゃないと、色々消化しきれないエピソードが多いですもんね。マクギリス関連とか特に。

他の方がコメント内で触れてくださっているように、アインはもしかしたら阿頼耶識適合手術を施された上で復活するのかもしれませんね。そうなったら話的には面白いですが、同時に心が痛みます…(;´Д`)
#
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
まりお #qjsITxmk
イデ丸様☆ 
イデ丸様、おはようございます☆当ブログへのご訪問、コメントありがとうございます^^


三日月とクーデリアの握手シーン、胸にこみ上げるものがありましたよね。様々な体験経て、二人の距離感が確実に近付いていることを実感しました。

やっぱり今話はユージンについて語らずにはいられないですよね(*´▽`*)最近大人しげだった分、阿頼耶識で船二隻制御するという大活躍にはテンションが上がりました!オチ(鼻血)までついてくるあたりも、さすがユージンって感じで(笑)

カルタはあんまり強そうな印象じゃありませんでしたもんね。まぁ見ていて面白いので、単なる賑やかしでも私的には全然OKですvv

アイン…やっぱり阿頼耶識に頼ることになっちゃうのでしょうか(;´Д`)辛過ぎますよね…。

私もかなり高い確率で二期があると予想しています。そうじゃないと、色んなことが消化不良で終わっちゃいそうですもんね。時期は00と同じく、半年置いての10月からってところでしょうか。どんな形であれ、この骨太なストーリー、最後までしっかり書き上げて欲しいと思います。

岡田さんは意外と単独脚本少ないんですね。00で黒田さんが全話担当されていたイメージが今も強くて、、そういうものなのだと思っていました。びっくりです。

イデ丸様のモヤモヤが、今回のエピソードで吹き飛んだなら良かったです!(*´▽`*)これからも心置きなくオルフェンズを楽しんでいけたらいいですね♪

秘密にする

 
トラックバックURL
http://grhm2307.blog.fc2.com/tb.php/199-d4fde2e1
 
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第19話を見ました。 #19 願いの重力 「今まで以上の苦難が待ち受けていると思いますが、どうか地球に私を送り届けてください。そこから先は私がみなさんを幸せにしてみせます。約束します」 「あぁ、その時は頼むぜ、お嬢さん」 軍事組織・ギャラルホルンの艦隊が行く手を遮る中、依頼主であるクーデリアの願いを受け、鉄華団は地球降下を果たそう...
 
 副音声がそのままおふざけオーコメのノリで笑うw
 
第19話「願いの重力」 JUGEMテーマ:漫画/アニメ
 
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第19話 『願いの重力』 ≪あらすじ≫ 仮面の男・モンタークの手引きによって地球降下への道筋をつけた鉄華団。しかし、そこには地球外縁軌道統制統合艦隊が待ち構えていた。地球への最後にして最大の壁に鉄華団が挑む。 公式ホームページ更新後に改訂予定 (公式HP あらすじ より抜粋) ≪感想≫ 今回はあれこれと語る必要はないだろう。もし...
 
クーデリア「握手を…しましょ」 三日月「俺の手…また汚れてるよ」 クーデリア「私の手も、もう汚れています。 みんなの血と、みんなの思いと。 この手に私は誇りを持っています」 初めて出会ったころは交わせなかった握手。 綺麗だったクーデリアの心と手。汚れていた…
 
今回も面白かった! ユージンが活躍する回は面白いことが多いような。 ★心をかよわせるクーデリアと三日月    今までの伏線がいっぱいあるので、握手するだけで、ちょっ ...
 
『願いの重力』
 
化粧ミスった面白そうな人はやっぱり面白かった。部下が金髪イケメンばっかなのはマクギリスがそうだからかw 色物キャラでこの人指揮の地球サイドの戦闘は尽く空回ってて笑えたけど、(過去回でもあったかも知れないが)『鶴翼』『長蛇』といった陣形に興味引いた。戦国物の書籍やゲームを好んでた時期があってそういった陣形の事を知った次第で、本作で見れるとは。嬉しかったなあ。いかにも地球側の戦術って感じするし...
 
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第19話『願いの重力』 感想(画像付) 大気圏突入の極限状態の中での燃える群像劇! カルタがマクギリスたちとおさ馴染みで、変態仮面の男を好きだったとは(笑) ユージンがイサリビを操り活躍し、アインはガエリオを庇って… 短時間の中に濃縮したドラマが熱かった。 ミカちゃんは念願の地球の三日月を見る…。  伏線を回収したら、なんか死亡フ...
 
微妙なシーンもありましたが、ラスト盛り上がりましたね。 三日月の地球への降り方が実にらしい。 襲ってきたMSを逆に利用した形。 ユージン、昭宏も今回頑張りました。 昭宏の場合は今回もって感じかな。 以下ネタバレあり
 
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 私だ 第19話「願いの重力」 アバンはイサリビの物資積み込み作業から アトラが革命に燃えている! 鉄華団なら地球へ必ずたどり着ける、 クーデリア今度こそ三日月と握手 私の手も汚れているってか、背負ってますねえ モンタークが真...
 
【感想概略】 今回は、鉄華団がクーデリアの地球降下を目指し、ギャラルホルンの地球外縁軌道統制統合艦隊に戦いを挑むお話である。 限られた戦力の鉄華団が、圧倒的な大兵力のギャラルホルン艦隊の防御陣をいかに突破するかという知恵比べの面白さがあり、三日月のバルバトスがガエリオのガンダム・キマリスといかに戦うか、昭弘のグシオン・リベイク及びシノの流星号がどのように戦うかというメカ戦の面白があり、カ...
 
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 19話 願いの重力 感想 今回は、何の話なのだろうか? まだ物資を運んでいるのか。 イサリビ艦内は、地球に向けて準備中のようだ。 クーデリアさんと三日月は、何故か握手。 革命に対しての意気込みなのかな。 一方、地球外…
 
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 19話の感想です。 大気圏突入。。 バルバトス単機突入。 機体性能で何とかなっちゃうということはなく まさかのMSを盾にしての突入; それはよかったのですが 突入後も盾にしたMSは普通に綺麗だったので 盾なんかなくても余裕で突入できちゃいそうでしたね; アインはガエリオを庇って串刺しに。。 生存はしているみたいなので...
 
・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #19『願いの重力』   サブタイトル通り、キャラクターたちそれぞれの願いが時に引き合い、時に反発する様を見応えのある戦闘描写と共に描き切った今回。 「大気圏に突入する=地球の重力に引かれる」というコンセプトを扱っ…
 
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第19話「願いの重力」 です。 <キャスト> 三日月・オーガス:河西健吾 オルガ・イツカ:細谷佳正 ビスケット・グリフォン:花江夏樹 ユージン・セブンスターク:梅原裕一郎 昭弘・アルトランド:内匠靖明 ノルバ・シノ:村田太志 タカキ・ウノ:天﨑滉平 ライド・マッス:田村睦心 ヤマギ・ギルマトン:斉藤壮馬 クーデリア・藍那・バーン...
 
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第19話 『願いの重力』 今更ですけど、 鉄華団、イサリビに乗り込んで火星から旅立つ(5話らへん) ↓ それと同時に、ギャラルホルンはMS部隊を率いて急いで鉄華団本部を制圧 (連絡役はトドに任せる) ↓ 「鉄華団の本部は乗っ取った! クーデリアを引き渡さなければ、中にいる人員もろとも施設を破壊するぞ!」とイサリビ側に脅迫する ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。