スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第22話 『まだ還れない』感想 
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 4 (特装限定版) [Blu-ray]
バンダイビジュアル (2016-03-25)
売り上げランキング: 189

 主人公としての王道からはもはやかなり逸脱しているような気もしますが、
 そんなアウトローな三日月の魅力にがっつり感化された22話でした。
 戦闘シーンこそなかったけど、すごく良かった。
 ここまでの全話中、一番心揺さぶられたかもしれません。
 そんな状況ですので感想もいつも以上にひとりがたりに拍車がかかっていますが(笑)、
 よろしければお付き合いください^^

 というわけで以下、鉄血のオルフェンズ第22話『まだ還れない』の感想です!

※ネタバレがありますので、ご注意ください!!!

【機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第22話 『まだ還れない』感想】

・ビスケットの死を目の当たりした三日月の殺意から逃れる術が果たしてあるのか?―と、
 その去就が気にかかっていたカルタでしたが、
 拍子抜けするほどあっさりと部下の手で回収され、
 とりあえず五体満足な状態で戦線を離脱していきました。
 その後の様子を見るに無事闘志も復活したようですし、
 今後も物語にがんがん絡んできてくれそうですね。
 ビスケットの仇たるカルタではありますが、
 ただでさえブルーな気分なところに、ギャグ担当(勝手に任命)の彼女まで死亡…なんてことになると、
 欝々とし過ぎて本編見続けるのも辛くなりかねないので、とりあえず生きていてくれてホッとしました。
 それにしても、イズナリオがカルタの後見人についているって状況は一体なんなんでしょうね?
 イシュー家は当主不在なのか?
 イズナリオがボードウィン家と姻戚関係を結ぶことで、さらなる力を得ようとしている点も興味深い。
 いずれも名門であることに変わりはないんでしょうが、
 なんとなく「ボードウィン家(私のガエリオ)>ファリド家(マッキー)>イシュー家(カルタ)」という風に、
 微妙な力の差が存在している気がします。
 
・ビスケットを喪ったオルガの心模様を映したかのように、降り続く雨の中、
 モンターク商会が用意した船(でかい)で海上を進む鉄華団ですが、
 ビスケット死という現実を前に一同は哀しみに暮れるほかなく…(ノД`)・゜・。
 「頑張って、妹たちを学校に入れようって…頑張ろうなって…ビスケットさん…」
 そういばタカキはビスケットとそんな話をしていましたね…(涙)
 アトラもドルトで一緒に行動する機会が多かったし、
 クッキー&クラッカにビスケットのことを頼まれていた手前、受けるショックも大きいはず。
 いつも明るいシノも表情を曇らせていますし、
 いかに皆にとってビスケットの存在が大きかったが手に取るように分かります。
 
・そんな中、他と一線を画すかのような態度を見せたのは三日月。
 「まだ帰れない。仕事が終わるまでは(火星には)帰れないよ」という発言だけ聞けば
 彼もまた立派なリアリストのようですが、
 Bパートのオルガへの「まだ止まれない」を聞くに、そんな印象は一瞬で吹き飛んでいきました。
 「俺たちの場所」という究極の理想に至るためなら、
 理想を示してくれた張本人であるオルガにすら前に進むことを強いる、その強過ぎる意志。
 まるで理想に縛られているよう。
 最近、クーデリアやアトラとの心温まる交流(ハグとか)を経て、
 徐々に人間らしい感情を芽生えさせているかのように描かれていた三日月ですが、
 結局Bパートで箍が外れたかのように迸った一面こそが彼の揺らぐことなき本質なのだとういうことを、
 改めて痛感させられました。
 その本質が抱える強烈な危うさに気が付いているんでしょうね、
 三日月の背中を見守るアトラの不安な気持ちもよく分かるのだけれど、
 一方でその危うさに鳥肌が立つほど魅了されている私がいるのもまた事実で。
 
・「振り返るとそこに、いつもあいつの目があるんだ」
 「ミカの目が俺に聞いてくるんだ。
  『オルガ、次はどうする?次は何をやればいい?(略)』ってな・・・。あの目は裏切れねぇ」
 かつてオルガが吐露した言葉をなぞるように、まさに今、その“目”がオルガに全身全霊で促す。
 ただ、前に進むことだけを。
 「オルガ、次は俺、どうすればいい?」
 「だめだよ、オルガ。俺はまだ止まれない」
 「教えてくれ、オルガ。ここが俺たちの場所なの?」
 声を荒げているわけではないのに、停滞を否定するその言葉から滲み出る意志は、
 ビスケットの死に足を竦ませるオルガを責めているようにすら聞こえる。
 だからこそ、その強過ぎる意志に引き摺られるようにして立ち上がったオルガの姿に、
 胸騒ぎを覚えずにはいられない。不安ばかりが募る。
 彼が進もうとしているのは修羅の道なのではないか。
 その道を征っても、先に待つのは破滅だけなのではないか。
 ―なのにどうして、
 オルガに破滅の道を歩ませるかもしれない三日月の“目”を、
 私は否定することが出来ないんだろう?
 背筋を駆け上がる悪寒を、心地よいとすら感じてしまうのだろう?
 オルガを軸にして三日月と真っ向から対立する生き方を望んだビスケットに、
 私は感情移入し続けてきた、はず。
 雪之丞がメリビットに告げた言葉にも、深く頷いた。彼女は正しい。
 三日月とオルガは間違ってはいないかもしれないけれど、正しくもない。
 その自負も、その真理も、けれど三日月の“目”を前に全く意味を成さないのです。
 今の私には、三日月という存在に反発しながらも結局奮起させられてしまうオルガの心情が、
 なんとなく分かる気がします。
 理屈抜きで全てを屈服させる苛烈な魅力が、三日月の“目”にはある。

・俺たちの場所へ。
 三日月のこの言葉がまとう熱を何と呼べばいいのでしょう。
 願い、ではセンチメンタル過ぎてなんだか気恥ずかしいし、
 何より自分より体格で優るオルガの胸倉を掴んで引き摺り上げるような(驚きました)三日月に似合わない。
 私にはやっぱり“意志”という言葉こそが、最も相応しいと思えるんですよね。
 強烈な意志。
 ともすればまるで空っぽの人形のような三日月の中に確かに存在するその意志は、
 普段は凪の日の海面のようなのに、
 時に荒ぶって強い波風となっては船を叩きその進路を“俺たちの場所”へ向けさせた上で、
 また静かな海へと戻る。
 海とは違って声を荒げることがない三日月の演技は強弱の加減がとても難しいはずですが、
 今回はこれ以上ないぐらいに完璧に声優の河西さんが演じきってらっしゃって、
 その意味でも三日月とオルガの会話部分では始終肌が粟立ちっ放しでした、私。
 (もちろん細谷さんの演技も凄かったです!)

・三日月はどんな想いで、オルガに「連れて行ってくれ」と頼んだんでしょうね。
 言葉そのままの意味なのか、それとも落ち込むオルガに対する彼なりの励ましだったのか。
 (ああいう言い方をすれば、必ずオルガが応えてくれると信じていたように見えました)
 いずれにせよ、オルガが鉄華団団長として再び皆の前に立つにあたって、
 三日月が重要な役割を果たしたことは間違いありません。

・三日月のことで長く語り過ぎたので、あとは簡単に。
 
・先週、ビスケットを巡りオルガの態度を責めてばかりの私でしたが、
 喪失感で魂抜けたような彼の表情見ていたらもう申し訳なくて、申し訳なくて。本当にごめんなさい。
 配信版次回予告で語っていたように、
 弔い合戦なんて望むビスケットではないこと、オルガが一番分かっているんでしょう。
 それでも哀しみを胸の奥に隠し前に進む決断を彼が下したのであれば、
 私もあとはただ応援するのみ。
 たとえその道の先に何が待っているとしても。
  
・大切な人を喪うという経験を経て前に進む覚悟を固めたという点で、
 オルガとクーデリアの境遇はよく似ている。
 フミタンの死のほうが早かった分、クーデリアのほうがオルガの一歩先を進んでいる感はありますが、
 悲壮感漂うその表情からは両者ともに重い十字架を背負う苦悩が読み取れます。
 多くの団員の命。虐げられる人々の希望。
 それらに潰されるのか、それともそれらを支え守ることが出来るのか。
 決して容易くない後者だからこそ、それに挑むことで人は成長し得るのかもしれません。

・三日月を筆頭に見応えがあった鉄華団パートに負けず劣らず、
 ギャラルホルン側もあれやこれやと盛りだくさんだった印象。
 カルタこそ若干ギャグテイストに彩られ気味だったけれど、
 イズナリオの政治的暗躍や思惑、
 マクギリスによって語られた阿頼耶識とギャラルホルンの秘密、
 そしてガエリオの前に現れた阿頼耶識システムを搭載していると思われるMS―と、
 今後の熱い展開を妄想せずにはいられない要素がこれでもかとぶっこまれていて、
 個人的に大大大満足でした(*´▽`*)
 仮面を被って以降、色々と気にくわないことも多かったマクギリスでしたが、
 ガエリオとのやりとりを重ねる中で垣間見えた「道化を演じきるのだ」という彼の覚悟に触れてしまえば、
 私も留飲を下げる他ありません。
 それぐらい、櫻井さんの演技には胸に迫るものがありました。
 それにしても、マクギリスの“真”の目的ってなんなんだろうな。
 「示すんだ。身を捨てて地球を守ったギャラルホルンの原点を。
  お前と阿頼耶識を纏ったアインとで、あの宇宙ネズミ共を駆逐し、
  我々こそが組織を正しく導けるのだと分からせてやれ」
 ガエリオをけしかける言葉だけ聞いていると、
 腐敗したギャラルホルンを正すことに執念を燃やす革命家そのものだけど、
 なんとなく彼からも破滅の匂いを感じるんですよね。
 革命は目的ではなく、復讐に至るための手段に過ぎないのではないか。
 だって友人であるガエリオを騙し、友人の妹であるアルミリアを利用し、
 剣を向ける先にいるのはギャラルホルンの腐敗たる象徴の(義理とはいえ)父・イズナリオなわけでしょう。
 もし彼の革命が成功したとしても、
 彼のやり方だとなくすものばかりが多く、手元には何も残らない。
 少なくとも、古くからの友人としてマクギリスを信頼しているガエリオは、
 この裏切りを決して許しはしないでしょうから。
 その辺、マクギリス自身の真意はどこにあるのか?
 最初からガエリオを利用するためだけに友人面して付き合ってきたのか、
 それとも「こちらの内部に状況提供者がいるのだろう」という己の言葉に少しでも心を痛めているのか…。
 ガリガリ贔屓の私としては、ガエリオとの間にある友情がかりそめだとは思いたくないんですけどね…。
 カルタに対する「ここらで死んでおけば~」も、
 言葉のきつさだけでは割り切れない複雑な感情が乗っているように聞こえなくもないですし。
 (それにしてもカルタは想いを寄せる相手からこんな風に言われるなんて…不憫・苦笑)
 いくら性格ひん曲がっているとはいえマクギリスがこのまま修羅の道を突き進むのは見るに忍びないので、
 やっぱりここは良くも悪くも真っ直ぐな性格に育った私のガエリオに、
 マクギリスの目を覚まさせるような魂こもったお説教をお願いしたいところです。

****************************

 ただでさえ22話本編のあらゆる要素が私の琴線に触れまくりだというのに、
 配信版のオルガの次回予告にこれまた感傷的な気分にさせられて、
 もうこれ以上どうしようもないと突っ伏していたところに、23話のタイトルが『最後の嘘』とは!?
 最高に意味深で、私完全に白旗です。来週が待ちきれません(;´Д`)

 http://sonykichi.blog.jp/archives/56094224.html
 http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-4736.html
 http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-2527.html
 http://animegane1216.blog.fc2.com/blog-entry-3664.html
 http://asutabumpblog.blog.fc2.com/blog-entry-364.html
 http://mirumo.serika.ciao.jp/?eid=912900
 http://izan499.blog.fc2.com/blog-entry-1471.html
 http://seeing04.blog39.fc2.com/blog-entry-6019.html
 http://nijiirosekai.blog55.fc2.com/blog-entry-5506.html
 http://guutaranikki.blog4.fc2.com/blog-entry-12831.html
 http://shibauma.blog94.fc2.com/blog-entry-1095.html
 http://kaityou-osusume.seesaa.net/article/434645445.html
 http://blog.livedoor.jp/rx_78g/archives/52149505.html#trackback
 http://recluse.blog60.fc2.com/blog-entry-1748.html
 http://takaoadventure.blog98.fc2.com/blog-entry-5073.html
 http://kurenoise.blog.fc2.com/blog-entry-1913.html
 http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/blog-entry-1217.html
 http://yabumi.blog107.fc2.com/blog-entry-1338.html
 http://ninedimension.blog118.fc2.com/blog-entry-2827.html
 http://blog.livedoor.jp/pro_g_mania21/archives/g_tekketsu022.html#trackbacks
 http://blog.goo.ne.jp/u0h/e/69efed88ef6f5e00a3caab518ce61be6#trackback-list
 http://fanblogs.jp/animeigen/archive/4807/0#trackback
 http://sizukusizukufan.seesaa.net/article/434657459.html#trackback
 http://tokupuro3150.blog.jp/archives/4360037.html
 http://nekoko.at.webry.info/201603/article_9.html
 http://craft89.blog105.fc2.com/blog-entry-1724.html
 http://d.hatena.ne.jp/adenoi_today/20160306/1457284309#tb
 http://blog.goo.ne.jp/osakifox/e/18a6d858eaa4e05fbc892517f4656194
 https://neohappylife.com/gundam-tekketsu-no-orphans-dai22wa-kansou-8701
 http://samuraimoon.blog67.fc2.com/blog-entry-2367.html
 http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2016/03/gtk-22.html
 http://mizuho-diary.seesaa.net/article/434685054.html
 http://blackriderkibagami.blog120.fc2.com/blog-entry-1360.html
 http://airmf23.blog3.fc2.com/blog-entry-1453.html
 http://blueshomeblog.blog10.fc2.com/blog-entry-3171.html
 http://takotakotakoyaki.blog52.fc2.com/blog-entry-5669.html#trackback-top
 http://maruta.be/runnershigh/1325#trackbacks
 http://aniotakaigi.com/2016-winter/kaigi6w/12361/
 http://gomarz.blog.so-net.ne.jp/2016-03-13
 http://104bk.blog.fc2.com/blog-entry-5867.html
関連記事
 
おとうさん #-
 
さすがにビスケットの死は鉄華団のこれからを大きく左右するものになった気がします。「俺たちは止まる訳にはいかね~んだ!」…血を吐く様なオルガの声が聞こえてきそうです。みなそれぞれの胸には何が過ぎったのでしょうか?後悔?反省?憎しみ?…作品は違うのですがガンダムUCの「それでも!」という人の未来を信じる言葉がありましたが、この作品の中にもUCとは違った意味の「それでも!」というテーマがあるのかもしれませんね。それはきっと地球の平和とか大きなものを意味するものではなく、もっと小さな「命」の叫びのような・・・
パオーン #-
 
今回も久しぶりに戦闘は無かったですが、
各個人のこれからの進む道というのが決まった話でしたね。

三日月の暴走ともいえる発言でオルガも
もうやってやるよ!的な感じで、より統率者として
レベルアップしてくれるでしょうねぇ^^

チョコの人の発言ですが、どことなく
まりおさんのガリガリとアインを鉄華団との抗争で
消そうとしている臭いがプンプンします・・・

4月まであと少しですがホント楽しいです^^
まりお #qjsITxmk
おとうさん様☆ 
おとうさん様、こんばんは☆当ブログへのご訪問、コメントありがとうございます^^

おとうさん様の仰る通り、ビスケットの死は鉄華団にとっての分水嶺になりそうですね。
流れが良い方向に進めばいいのですが、敵討ちに邁進しそうな現状には危うさしか感じません(;´Д`)
こんな時にこそビスケットの慎重さが必要なんでしょうが、その彼ももういないですし…(涙)

UCの「それでも!」、私も大好きでした。
オルフェンズも、常に皆が「それでも!」という気持ちで現状に抗っていると言えるかもしれませんね。
オルフェンズがもう終わると思うと寂しいですが、4月からUCの放送が控えていると思うと、テンション上がります(*´▽`*)
まりお #qjsITxmk
パオーン様☆ 
パオーン様、こんばんは☆当ブログへのご訪問、コメントありがとうございます^^

戦闘がなくとも見応えのあるやりとりの応酬で、とても満足できた回となりました、22話。

三日月のおかげで、ビスケットの死に打ちひしがれていたオルガも、団長として腹を括って再び皆の前に立つことが出来ましたね。
クーデリアがそうであったように、ビスケットの死を乗り越えることで、オルガも成長したのだと思います。

マクギリスはガエリオのことを本心ではどう思っているんでしょうね。自分の計画を進める上での捨て駒にしか思っていないのか…。それだと私のガリガリがあまりに不憫なので、心の奥底には友情の欠片が残っていると信じたいのですが…(;´・ω・)

最終回に向けて、このままアクセル全開で私たちを楽しませてほしいですね!
イデ丸 #-
 
まりおさん、おはようございます。

もう冒頭から「あぁ、本当にビスケットいなくなっちゃったんだなぁ…」と、私が登場人物でもないのに泣いちゃいましたよ…。
彼の死がここまで哀しいとは、泣きながら自分で驚いてました…。

「弔い合戦」
このセリフで、ナンカ心がピリピリしちゃいました。この先が怖い、そんな感じです(>_<)

まりおさんは三日月の「意志」と書かれてましたが、私は彼の、それこそ「命」をかけた「生きる意味」、ん~うまく書けません…(ToT)
とにかくオルガへ静かに詰め寄る三日月に「悪魔的」な感じすらして、怖かったんです。
「オルガ・イツカ!」って初めて(?)フルネームで呼んだのも印象的でした。

次回「最後の嘘」…(°□°;)
誰が誰に対して!?

あ、私もカルタは「ギャグ担当」でもういいです!f^_^;
でも彼女にも何かしら「トラウマ」や「プレッシャー」があるにはあるんでしょうね。
(たがしかし、カルタごときがビスケットを殺したのは一生許さんがな!!)
V-Dash #-
 
三日月が狂気染みてオルガに詰め寄ったのは、過去の言動から分からなくはないけど、オルガもそれに乗っかってキレちゃうと、ビスケットが戦死した今、鉄華団の誰に感情移入すればいいのか分からなくなる(汗

せめてオルガは冷静に立ち直って欲しかったなぁ。
まりお #qjsITxmk
イデ丸様☆ 
イデ丸様、こんばんは☆当ブログへのご訪問、コメントありがとうございます^^せっかくコメントいただいていたのに、お返事遅くなってしまい申し訳ありません(;´Д`)

ビスケットの死を実感して泣いちゃう気持ち、私も良く分かります。失くしてからその大切さを実感するってこういうことですよね。

「弔い合戦」という言葉を掲げて燃え上がる鉄華団には危うさしか感じませんよね;;ビスケットはそんなこと望んでいないはずだけど、もうどうしようもないんでしょうね…。辛いです(;´Д`)

「生きる意味」、なるほど。言われてみると、そんな感じもいます。オルガと対峙したあの瞬間の三日月から迸ったものをどう受け取るかは、十人十色、人それぞれなのかもしれませんね。
私もぞっとしましたもん~同時に強く魅了されもしましたが。

次回のサブタイトルも意味深ですよね。私はなんとなく、ビスケットの遺志が三日月経由で伝わるのかな~なんて考えていましたが、ネットではギャラルホルン側の話なんじゃ?という予想も散見されました。いずれにせよ、今からドキドキです。

カルタのやったことは許しがたいですが、彼女には彼女なりの正義があるのでしょうし、何よりなんだか憎めないんですよね、彼女(笑)
想いを寄せるマクギリスからもひどい言われようでしたし、なんだかんだで幸せになって欲しいキャラだったりします。
まりお #qjsITxmk
V-Dash様☆ 
V-Dash様、こんばんは☆当ブログへのご訪問、コメントありがとうございます^^せっかくコメントいただいていたのに、お返事遅くなってしまい申し訳ありません(;´Д`)

22話の放送が始まる前までは、「最近人間味増してきた三日月がハートフルな感じでオルガを慰めるんだろうな」なんて予想していましたが、三日月は三日月でしたね(笑)私としては彼の魅力が再確認できてテンション上がりましたが、それによってオルガが立ち直るっていう構図には不安を覚えずにはいられませんよね。

オルガの再起にはメリビットさんの大きな影響がありそう、という読みも外れましたし、私の予想はなかなか当たりません(笑)

秘密にする

 
トラックバックURL
http://grhm2307.blog.fc2.com/tb.php/204-ad6859ca
 
第22話「まだ還れない」 JUGEMテーマ:漫画/アニメ
 
ガリガリ君、チョロい! チョロすぎる!! チョコの人の掌の上をコロコロ転がされてるよ~(・o・) マッキーはあれだね、ガエリオとアインを捨駒にする気 満々だね☆ てか、 あああ、マクギリスだぁああぁ!>< マクギリスぅううぅッお帰りィ!>< あの変な仮面は仮初めの姿よね!>< 好きだよォ、マクギリス! 小汚い仮面は棄てようヨ? 小汚いトドと一緒にさァ! ...
 
三日月の荒療治にヘタレオルガ奮起、そして鉄火団再始動ってとこか。なんというかビスケットがストッパー役だった事があからさまだったというか、ビスケットというネジが1本外れて鉄火団に歪みが生じたというか。とにかく盛り上がる鉄火団だが、不安しかない様相だ。 ってか、鉄火団って元々はこういう危なっかしい感じじゃなかったけ。だんだん政治ウンヌンが絡んできて大人しめになってっただけで、これが原点のよ...
 
親衛隊「カルタ様を回収できただけでも僥倖だ。 この方さえいればいくらでも再起はできる!」 カルタ隊撤退。 カルタは三日月に殺されそうな気もしたがとりあえず助かったようだ。 それよりもビスケットが… Survivor(期間生産限定盤)
 
『まだ還れない』
 
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第22話 『まだ還れない』 ≪あらすじ≫ ビスケットを喪った鉄華団。最も身近だった仲間の一人の死にオルガは部屋に引きこもってしまう。それぞれが哀しみを抱える中、三日月はオルガと向き合う。 公式ホームページ更新後に改訂予定 (公式HP あらすじ より抜粋) ≪感想≫ ◆悪魔との契約 オルガにとって、三日月との幼少時に交わした約束...
 
マクギリスのカルタへの態度は酷いものだけど、正論とは言わないまでも納得は出来る。宇宙では防衛線を易々と突破され、地球でも作戦に失敗して部隊を壊滅させたのだからな。後見人のイズナリオが「役立たず」と罵るのも理解出来るわ。カルタに関して予告を見る限り、次回で戦死っぽいけど。 彼女は予想されている第2期まで生き残るキャラではないし、そろそろ退場の頃合いかと。しかし、三日月にMSを押さえられた...
 
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第22話を見ました。 #22 まだ還れない 地球外縁軌道統制統合艦隊の面々はカルタを回収して撤撤退していくが、ビスケットの死に鉄華団の空気は重くなっていた。 蒔苗は南の島から出ずそのままアーブラウの代表になるはずだったのにと話が違うことにアンリ・フリュウが苛立っていると、イズナリオはセブンスターズにおけるイシュー家の地位を守るために...
 
【感想概略】 今回は、ビスケットを失ったオルガは茫然自失、鉄華団を率いることなど出来なくなってしまう。誰もオルガを立ち直らせることは出来ないが、三日月はオルガの部屋を訪れ…。一方、クーデリア、イズナリオ、そしてマクギリスは知略を巡らし、それぞれの目的を実現するための布陣を着々と進めていく、というお話であり、見応えがあり、面白かった。 三日月とオルガの関係は、男の友情にしてもかなり特殊...
 
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 私だ 第22話「まだ還れない」 アバンはカルタ機を改修する部下達 カルタ様放心状態ですね っつーかよく改修できたな てっきり三日月になぶり殺しにされるのかと ビスケットが死に、土砂降りの中絶叫するオルガ このシーンの放送中、...
 
 片輪でも走らなければならない、今この時。
 
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第22話『まだ還れない』 感想(画像付) ビスケットの死で腑抜けになるオルガ。 三日月が狂気を見せて、オルガに喝を入れ再起させる。 今度は気合が入りすぎて過激に走りそうで危険w 大人組のラフタ&アジーがフォローの追われそう。 ちゃんとバックを担当する大人がいるのがこの作品の良さですね。 以下、感想はつづきから ネタバレ含みます...
 
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第22話 「まだ還れない」ビスケットの死に悲しむ鉄華団。オルガも死を引きずり部屋に閉じこもったままでしたが狂気すら感じる三日月流の励ま ...
 
「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第22話はオルガたちはビスケットを失ったショックを隠し切れずにいた。そんな中でクーデリアは進路をアラスカへ舵を切る事を提案しその ...
 
ミカさんの人殺しの目、最高ですw いやー、すごかった。 下手なMS戦より緊張感あったわ。 夕方のロボットアニメで狂気を感じるとかどんだけー。 まさかのビスケットの ...
 
三日月「次は誰を殺せばいい? 何を壊せばいい? オルガが目指す場所へ行けるんだったら、なんだってやってやるよ」 こんな恐ろしい立ち直りシーン初めて見た(笑)。 仲間の死から立ち直ったリーダーとその弟分という感動的な構図のはずなのに、何で二人して闇堕ちしたみたいになってんだ……。 オルガと鉄華団が凄い方向に吹っ切れた鉄血のオルフェンズ第22話。 ビスケットの死で精神...
 
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 22話の感想です。 ギャラルホルン壊滅への決意。。 ビスケットを失いショックをうけるオルガ。 立ち直らせたのは三日月と。 弔い合戦とかかなり危ない感じですね。。 歯止めがきかなくなった状態でうまくいくとは思えませんが・・・ こんな状態でも クーデリアは考え動いているようで・・・ 以前とは別人のようです。。 カルタ。。 ...
 
・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #22『まだ還れない』   長らくスポットを当てていなかった分、三日月とオルガの関係性がとても濃密に描かれた今回。 鉄華団サイドでもギャラルホルン(マクギリス)サイドでも終わりに向けた会話が数多く描かれ、ファーストシー…

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。