スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第23話 『最後の嘘』感想 
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 4 (特装限定版) [Blu-ray]
バンダイビジュアル (2016-03-25)
売り上げランキング: 189

 色んな真実があって、色んな嘘があった。
 中でも際立った嘘は、やはり。
 
 最早、ここで多くを語ることもないでしょう。
 全ては以下、鉄血のオルフェンズ第23話『最後の嘘』の感想で。

 ※ネタバレがありますので、ご注意ください!!!

【機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第23話 『最後の嘘』感想】

・イシュー家の当主であるカルタの父は、病に伏せているのですね。
 ゆえに、イズナリオが彼女の後見人となりっている、と。
 そのイズナリオ、
 鉄華団に二度にわたり敗戦を喫したカルタに対し更なる名誉挽回のチャンスを与えましたが、
 実際は露も期待していなさそう。
 「マクギリスが、ぜひお前にと言うのでな」
 義父への進言という形で、ここでも暗躍のマクギリス。
 そしてイズナリオのもとを辞したカルタの前に現れた彼は、
 最後の仕上げと言わんばかりにカルタの誇りをくすぐるような甘言を次々と並べます。
 「君は私にとって、手の届かない憧れのような存在だった」
 「私の目に映る君は、いつでも高潔だった」
 まるではなむけのような、言葉たち。
 今回のサブタイトルが「最後の嘘」ということで、
 カルタに対する一連の言動は果たして“嘘”だったのかと私なりに考えてみたのですが、
 挿入された子供の頃の回想を見るに、このマクギリスの言葉は“真実”だったような気がします。
 出自を忌む大人たちの中にあって、自分を平等に扱ってくれた存在。
 マクギリスの誇るべき点(たとえそれがどんなに些細なことでも)を列挙し、
 「堂々となさい」と高飛車に告げるその様は、私から見ても十二分に眩しかった。
 当時心を閉ざしていたマクギリスが、
 人並み(以上)のコミュニケーション能力を有するまでになったのには、
 ガエリオはもちろん、なんだかんだできっとカルタの存在も大きかったんじゃないかな。
 だからこそそんな友人の存在を以ってしても、
 マクギリスの中にあった闇を払えなかったという事実が、ただただ哀しい。 
 確かに、カルタの高潔さに憧れると言ったマクギリスの言葉は嘘ではないかもしれない。
 しかし、結果的にその言葉によって“高潔な己”に縛られた彼女は、
 戦いの果てに命を散らすことになった。
 カルタ自身、自分が想うようには相手が自分を想っていないことにはきっと気が付いていたんでしょう。
 それでも、想う相手にあんな風に言われれば期待してしまうのが、乙女心というものです。
 奮い立つのが女というものです。
 だからこそ最期の瞬間までマクギリスの名を呼び続けた。
 薄れゆく意識の中、一縷の望みに縋るように…。
 こ れ は き つ い 。

・マクギリス絡みでのこれはきつい第二弾は、私のガエリオ…(ノД`)・゜・。
 もたらされた「アインの意識が戻った」という報告に喜んだのも束の間、
 阿頼耶識によって命永らえたアインの身は、
 ガエリオの想像以上に機械の側に寄ってしまっていたようで。
 実際のところは分かりませんが、今回の演出だけ切り取れば、
 阿頼耶識によってアインの意識がMSと融合しているかのような印象でしたもんね。
 鉄華団の阿頼耶識システムよりももっと深く、
 生命の根本的な部分で同調しちゃってるんじゃなかろうか、これ。
 あれほどアインの機械化に反対していたガエリオにしてみれば、
 こんなに罪悪感に苛まれることもないでしょう。
 いっそここでアインが「なんでこんなことを!?」って責めてくれれば、
 ガエリオもきっと言い訳をすることが出来たでしょうし、
 言い訳をすることで苦悩を形にすることが出来たはず。
 しかし、現実は残酷でした。
 「本当にありがとうございます!」
 アインが感謝の言葉を重ねるほど、言い訳すら許されずにより深く追い込まれていくガエリオ。
 他人が責めてくれない分、自分で自分を責めるしかない。
 「この戦いによって彼(アイン)は英雄となれる」
 一方、マクギリスは相変わらずの通常運転です。
 彼がガエリオを責めてくれるはずもなく、むしろ耳に心地よい言葉ばかり並べ、いざなう。
 ガエリオの良心が楽でいられる道へと。
 そして続けるのです、その先に待つ多くの苦悩の一端を予言するかのように。
 「(アインが)たとえどのような姿になっても」
 こ れ は き つ い。
 
・罪悪感に苛まれるガエリオには悪いけど、実はちょっとゾクゾクしちゃってたんですよね、私。
 今までにないくぐらいに明朗なアインの声と、禍々しい色味のMS。
 このギャップ!このギャップ!このギャップ!堪らない!!!
 しばらくお休みしていた分、アインが大暴れしてくれそうで不謹慎ながら期待大\(^o^)/

・「ガエリオ、カルタ。君たちは良き友だった。その言葉に嘘はない」
 良き友“だった”、ですか。もう既にマクギリスの中ではふたりとの友情は過去のものなのか。
 そもそも友情自体が嘘なのか。
 「君たちこそが、ギャラルホルンを変える」
 まずはカルタ。そして次はガエリオ(とアイン)を。
 友人たちを革命の生贄に捧げて、彼の野望はどこに向かうのでしょう?

・ビスケットの「鉄華団を降りる」が本心でなかったことが、三日月の口からオルガに伝えられました。
 この言葉があったからこそ、ビスケットの死は後悔と共により深くオルガの心を重くしていたはず。
 それが嘘だったということで、少しはオルガの気持ちも軽くなる―なんてことはありませんでした。
 むしろ、オルガの心は別の受け取り方をしたようです。
 「みんなで一緒に帰る、か…それだったら、もうどうやったって帰れねぇじゃねえか。ビスケット」
 結果、オルガにとって嘘になってしまった、ビスケットの「みんなで一緒に帰る」という最後の願い。
 ラストでオルガが新たに提示した「辿り着く場所」は、
 もう叶えようのないその願いの代替品であるかのようで、
 オルガの力のこもった言葉とは裏腹になんだか切なかったなぁ(私がメリビット側に立ってるから?)

・回想でのビスケットとのやりとりや、今週のオルガとのやりとりを見ていると、
 仲間想いな一面も確かに三日月の本質として在るのだろうと思います。
 ただ気になるのは、同時に強烈な狂気が存在しているということ。
 先週垣間見せた「俺たちの場所」への執着然り、カルタへの殺意然り。
 若い団員たちはその狂気に触れ敵討ちへの意欲を滾らせていましたが、
 オルフェンズという作品が終わるとき、果たしてこの狂気は是認されるのか。
 作中では辛い立ち位置となってしまいましたが、
 私としては否定派のメリビットに感情移入してしまうんですよね…。
 ビスケット亡き今、鉄華団のブレーキ役を果たせるのは彼女しかいないでしょうから。
 頑張って欲しいなぁ、メリビットさん。
 というか、私の当初の予想ではもうとっくにオルガとメリビットさんが恋仲になっている予定なんですが、
 微塵もそんな気配がないという…。
 ビスケットと衝突し落ち込むオルガの手に、メリビットの手が重ねられた20話が遠い昔のよう…(遠い目)
 
・今にもバルバトスにとどめを刺されそうなカルタを颯爽と現れたキマリスが救出してからは、
 もうずっと私のガエリオのターン!(敢えて打消し戦は使ってません!)
 「ああ…マクギリス…助けに来て…くれたのね…マクギリス…」
 「ああ、そうだ」
 これぞ、まさに最後の嘘。マクギリスを求めるカルタに、ガエリオがついた優しく哀しい嘘。
 ああああああ哀しいシーンのはずなのに、
 ガエリオがあまりにかっこ良すぎてカルタの死が感情的に追いついてこない(ごめんよ、カルタ)
 私の心はひたすら「ガエリオかっこいいガエリオかっこいいガエリオかっこいい×100」って状態で、
 哀しみに顔を歪めるガエリオにきゅん、「あとは俺たちが」の憎悪と決意に満ちた目にきゅん、
 始終キュンキュンしていました(本当にごめん、カルタ)
 でもここでのカルタの死をきっかけに、
 クーデリアとオルガがそうであったようにガエリオも前に進むしかなくなるのだと思うと、
 心が引き千切られそうです…(ノД`)・゜・。
 ギャラルホルン放送局(ラジオ)でガエリオのこと、
 「死ぬよりもつらい目にあう」と松風さんが嘆いていたけど、
 アインの件あり、カルタの件あり。「こういうことか~!」って感じです。
 そして更に辛いのは、全て裏で糸を引いているのが友人と思っているマクギリスだということ…。
 この事実をガエリオが知る日が来た時には、
 ガエリオの受けるショックを思って私が寝込むかもしれません。

・最後にカルタ。
 新OPでその顔を見た瞬間に「!?」となり、
 本格的に物語に登場してからは顔に似合わぬ(ある意味合ってる?)ギャグキャラっぷりに
 笑わせてもらうことも多かったけど、
 誇り高い生き様、実は嫌いじゃありませんでした。
 ガエリオの嘘のおかげで、最期は幸せだったと信じたい。
 物語を盛り上げてもらって、ありがとうございました。
 
****************************

 いよいよ敵陣に乗り込む鉄華団。
 この物語の進行ペースだとエドモントンが最終決戦の場になるのかな。
 これまでは阿頼耶識の恩恵もあって、基本、有利に戦闘を進めてきた鉄華団だけど、
 阿頼耶識システムを搭載したMSでアインが参戦すれば、今までのようにはいかないでしょう。
 ガエリオがどうなるかも胃が痛くなるほど心配だし、
 今から来週が気になって気になって気になって、仕方ありません。
 
 http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2016/03/gtk-23.html
 http://shibauma.blog94.fc2.com/blog-entry-1099.html
 http://nekoko.at.webry.info/201603/article_19.html
 http://craft89.blog105.fc2.com/blog-entry-1732.html
 http://animegane1216.blog.fc2.com/blog-entry-3690.html
 http://guutaranikki.blog4.fc2.com/blog-entry-12857.html
 http://blog.livedoor.jp/pro_g_mania21/archives/g_tekketsu023.html
 http://nijiirosekai.blog55.fc2.com/blog-entry-5516.html
 http://kurenoise.blog.fc2.com/blog-entry-1926.html
 http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/blog-entry-1223.html
 http://izan499.blog.fc2.com/blog-entry-1483.html
 http://blog.livedoor.jp/rx_78g/archives/52150191.html#trackback
 http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-4764.html
 http://takaoadventure.blog98.fc2.com/blog-entry-5082.html
 http://takotakotakoyaki.blog52.fc2.com/blog-entry-5671.html
 http://sinbobbo.blog55.fc2.com/blog-entry-770.html
 http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-2475.html
 http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-2533.html
 http://mirumo.serika.ciao.jp/?eid=912922
 http://seeing04.blog39.fc2.com/blog-entry-6041.html
 http://ninedimension.blog118.fc2.com/blog-entry-2829.html#trackback
 http://yabumi.blog107.fc2.com/blog-entry-1339.html#trackbacks
 http://mizuho-diary.seesaa.net/article/434905230.html#trackback
 http://chiqfudoki.blog.fc2.com/blog-entry-528.html
 http://blog.goo.ne.jp/u0h/e/a26cb8ebc0d050bb551b32346cd82334#trackback-list
 http://shibauma.blog94.fc2.com/blog-entry-1099.html#tb
 http://blogs.yahoo.co.jp/pac2sos/42527540.html?open_tb_article_id=42527540#42527540tb
 http://samuraimoon.blog67.fc2.com/blog-entry-2372.html
 http://blog.goo.ne.jp/osakifox/e/3cf9ca5a1d0ec00d82889e5336ef44db
 http://blackriderkibagami.blog120.fc2.com/blog-entry-1363.html
 http://blueshomeblog.blog10.fc2.com/blog-entry-3174.html
 http://airmf23.blog3.fc2.com/blog-entry-1455.html
 http://fanblogs.jp/animeigen/archive/4837/0
 http://maruta.be/runnershigh/1327
 http://gomarz.blog.so-net.ne.jp/2016-03-20
 http://104bk.blog.fc2.com/blog-entry-5912.html

関連記事
 
引きこもりライダー #-
 
まりお様、こんばんは。
三日月は容赦ない中にも少し葛藤が見え隠れしているような演出がありますよね~。(気のせい?)
カルタ様の件は残念ですが、もうガエリオ主人公でいいんじゃないかというぐらいの活躍ぶりですよね~。
(チョコの隣の人時代からは想像もつかないほどの)
メルビットさんと年少組の絡み中も、本当に巻き添えくらいそうな雰囲気なので冷や冷やしながら、見てました・・・
次回はアイン無双になりそうですね。
今回でフラグ立ちすぎな年少組が心配です。
おとうさん #-
 
悲しい話でしたね・・・戦争に正義など無い、お互いに守るべきものがあり、戦う理由がある以上、避けて通れない・・・そしてそこから、また始まる憎しみと悲しみの連鎖。
鬼神のごとき三日月を見て息子が「カルタがかわいそう・・・」とつぶやいていました。
カルタの死は、我々大人の目から見ても胸が痛くなってしまったはずです。
火星での暮らしはまさにサバイバルそのもので正に生き馬の目を抜くような暮らしを送ってきた子どもたち、そんな彼らが最後に見出した希望・・・「鉄華団」
そんな彼らを我々大人の善悪で判断できるはずも無く、ただただ見守ることしかできない。そんな(無力さ)さえ感じてしまいました。
今回、僕はどーしても「メリビットさん」視点になってしまって・・・
ひとまず、今回の反省をお風呂で息子と一緒にする予定なんだけど・・・・伝えることが多すぎて、(のぼせそう)・・・

ヤバイ・・・今回、僕の中で「赤い伝説巨人」を見ていたときと同じ様なフラグが立ってしまっているぅぅ~・・・orz
擬似人格 #-
 
主人公が開口一番相手の言葉を無視して奇襲したのは正しい判断だと思います。ただその行為自体を善悪の観念で捉えるのは難しいです。この作品で最も良いと思う部分は各サイドで思想分けをするのではなく個人個人がどう思っていてどういった思想の元動いているか、その描写に余念がないところだと思います(フミタンに関しては配慮が足りないと感じましたが)。鉄華団の子供達が三日月の弔い合戦を見届ける姿をメリビットさんは一般人の観点で止めようとしました。素晴らしい判断だと思います。あの行為を、敵討ちが正しい在り方だという認識を彼らに刻みつける事は確かに数年後の未来、一般人として彼らが手に入れる幸せの芽を摘む可能性があるからです。ただ今の状況では彼らは依頼を受けている身であり、火星に自力で帰る手立てはなく、達成しなければ彼らの身元の安全も確実なものにならない訳です。
三日月の思考もシンプルで22話から「邪魔する奴は全て潰す」に切り替わっています。オルガと鉄華団が彼にとって全てであれば、全てを潰そうとする相手を潰さないのは彼にとっては自分自身の死を意味します。
それが彼にとっては例え狭い視野だとしても全ての現実なのでしょう。
敢えて言いますが視聴者がそこに嫌悪感を示すのは当然の事、そしてこの作品が「鉄血のオルフェンズ」である意義だと思います。ガンダムじゃなくていいとか言う意見はいつの時代でも繰り返されてきたのでその辺は置いておきます。
まりお #qjsITxmk
引きこもりライダー様☆ 
引きこもりライダー様、こんばんは☆当ブログへのご訪問、コメントありがとうございます^^

三日月は一見、感情が欠落しているような印象ですけど、よく見ると色々考えているんだなと思いますよね。カルタへの殺意も、ビスケットの命を奪った張本人だからという動機が強かった気がします。
何よりも、カルタにとどめを刺そうとしているときのバルバトスが、一瞬泣いているように見えたのが印象的でした。

ガエリオは本当にヤバいです!今話なんか、カルタの救出など完全に主人公級の活躍でしたね(間に合わなかったけど…)彼にこんなにも心奪われるなんて、仰る通り「チョコの隣の人」呼ばわりされてる頃には想像もしていませんでした。

年少組は怖いですよね…阿頼耶識のないモビルワーカーなんて、フラグ以外のなにものでもない…(ノД`)・゜・。
まりお #qjsITxmk
おとうさん様☆ 
おとうさん様、こんばんは☆当ブログへのご訪問、コメントありがとうございます^^

ここ数話、見ていて重い気持ちになる展開が続いていますね。
貫くべき誇りがあるカルタ。
建前よりも何よりも、生きるために敵を排除するしかない三日月。
互いに相いれない理念の果てに、カルタの命は尽き、ガエリオは更に憎しみを深くする。鉄華団においても、敵討ちの雰囲気に呑まれる年少組を前に、メリビットが無力感に苛まれて…。

三日月が先週見せた狂気に惹かれると同時に、カルタのキャラクターに愛着を感じつつあった私としては、とても複雑な気持ちで二人の戦闘を見ていました。
両者共にそれぞれの正義を抱えていていることを知っている身としては、三日月についてもカルタについても、善悪の物差しだけで測ることはできませんよね…。

簡単に答えが出ないからこそお子さんと一緒に深く語り合えるという点で、オルフェンズは意義深い作品であると思います。「カルタが可哀想」というお子さんの素直な気持ちを大切にしながら、親子でたくさん想いを語り合ってください^^
まりお #qjsITxmk
擬似人格様☆ 
疑似人格様、こんばんは。そしてはじめまして☆当ブログへのご訪問、コメントありがとうございます^^

私も三日月の判断は決して間違っていなかったと思います。鉄華団は仲間の命の華を散らしながら目的地に向かっているわけで、正に命懸け。そんな彼らが、まるでスポーツの試合を挑むかのようなカルタの言動を受け入れてやる義理なんてありませんもんね。
そう頭では分かってはいても、カルタの死に心が沈んでしまって…。でも、だからといって三日月を責めるような気分にもなれないこの複雑な心…。

善悪が入り乱れるオルフェンズを見ていると、心がモヤモヤします(語彙が貧弱ですみません;;)三日月にとっては正解でも、他の誰かにとっては間違いかもしれない。そんな矛盾が積み重なって、現実は成立している。別に戦時中に限定されることじゃない、平時でも誰かが笑う一方で、誰かが泣いているなんてことザラにあるはずです。

メリビットの立ち位置含め、考えても何が正解とか不正解とか簡単に線引きできないからこそ、考える続ける意味があるのかもしれないと個人的には思いますし、その点で三日月のような賛否両論あるだろうキャラを主人公に据えた本作は、見て“考えて”、人と意見を交換させるに相応しい作品だと思います。

ちなみに私はこのブログで「ガンダム!ガンダム!」騒いでいる割に、00以降の作品しか見ていない新参者です(笑)なので、「ガンダムじゃなくても~」という意見とは一番遠いところにいると思ってもらって大丈夫です。
V-Dash #-
 
衝撃的な第23話はストーリーやキャラに関して思う所はいろいろありますし、アニメ内や視聴者同士が意見をぶつけ合うのは良い事だと思うのですが、主人公に僅かでも共感出来なくなると、視聴するのも辛いなぁと・・・。
パオーン #-
 
カルタの騎士道精神には拍手を送りたいですが、
そんなの三日月や鉄華団にとっては関係無いですもんねぇ。

カルタにとっては部下、鉄華団にとっては家族・・・

そりゃ普通に切れて暴走しちゃいますよねぇ・・・

カルタの騎士道精神を手の上で転がしたチョコの
煽りは正直好きでは無かったです。

チョコが言ってた阿頼耶識のホントの力というのは
MSと融合?する事だったのでしょうかねぇ?

まりおさんのガリガリが最後にカルタを看取ったのはホント良かったです。
まりお #qjsITxmk
V-Dash様☆ 
V-Dash様、おはようございます☆当ブログへのご訪問、コメントありがとうございます^^

正直、私もなかなか三日月には共感できないですね。感情移入しちゃうのはメリビットですし。
そもそも私の場合、今やガエリオに肩入れし過ぎて、今やボードウィン特務三佐を主人公として見ちゃっている、っていうのもあるのかもしれません(おい)

共感こそできませんが、三日月の「そうしなければならない」切迫感や焦燥感みたいなものはなんとなく伝わってくるので、私としては今後も三日月の心の動きを注視したいと思っています。
まりお #qjsITxmk
パオーン様☆ 
パオーン様、おはようございます☆当ブログへのご訪問、コメントありがとうございます^^

カルタにとっては(マクギリスの掌で踊らされているとはいえ)騎士道精神を貫くことが正義だったし、三日月にとっては仲間を守るため立ち塞がる者は有無を言わず始末することこそが正義だった。
お互いが自分の正義を貫いた結果、こんな哀しい結末を迎えてしまったと思うとやりきれないですね。

諸悪の根源のマクギリスにはらわたが煮えくり返る一方で、彼もまた彼なりの正義のために動いているんだろうと思うと、更に複雑な心境です(せめてその正義が、見ている私たちの納得できるものでありますように…)

最後のガエリオとカルタのシーンは、本っっっ当に良かったですよね!哀しいけどなぜか何度も繰り返し見てしまいます。
イデ丸 #-
 
てすと
(ガラケーの調子が悪い様で…)
イデ丸 #-
「鬼」 
まりおさん、こんばんは。
ガラケーの調子が悪かったみたいで、コメントできないでいました…(ToT)

あと残り2話(?)ですか…。
「宇宙待機組」は何もできないままでシーズン1を終えるのでしょうか?
(…あぁ、ユージンという名前がもはや懐かしい…)

私はやっぱりオルガの
「みんなで一緒に帰る、か…それだったら、もうどうやったって帰れねぇじゃねえか。ビスケット」
が辛かったですねぇ…(>_<)

メリビットと年少組とのやりとりも、どちらかが必ずしも「正解」という訳ではないので、ナンカ切ないっす…。

三日月とカルタの戦闘シーン、私にはバルバトスの表情(MSですけど)が「鬼」に見えたんです。恐ろしかった…。
みずほ #ICazf28Y
 
テストです
みずほ #ICazf28Y
 
まりおさんこんばんは!コメント何度か投稿失敗したのでテストなど改めましてすみませんorz
改めてカルタが死んだ時の意味・・・なぜ3人のみであえて行って返り討ちにあったのか・・・そうなるようにマクギリスが仕向けたからなんですが、(君は高潔ゆえに卑怯な真似はしない、と言って追い詰めたように感じます)何が彼をそこまでさせるのかが本当に謎です。

今後が本当に気になりますね!
良ければまたお邪魔させてください!
まりお #qjsITxmk
イデ丸様☆ 
イデ丸様、こんばんは☆当ブログへのご訪問、コメントありがとうございます^^
そしてブログの調子が悪かったみたいで、ご迷惑をおかけしてしまい本当にすみませんでした><

そうなんですよね!二期があると予想していますが、このままだと3月中はユージン含め宇宙待機組の出番なさそうですよね…。
ビスケットの死後、ユージンがどう失意のオルガと向き合うのか、注目していただけに残念です。

団長として強く在ろうとしている分、ビスケットの名を呼ぶ声に滲んだ哀しみが胸を打ちますよね…(ノД`)・゜・。

三日月には三日月の、メリビットにはメリビットの、それぞれ正義がありますから…。どれが正しくて間違っているわけどないっていうのが、切ないです。

主人公機のバルバトスですが、正に悪魔という言葉が相応しい振る舞いでしたよね。イデ丸様が「鬼」と表現されるのも、よく分かります。
そんな中でも、一瞬バルバトスが泣いているような演出があったのが、個人的にはすごく気になっています。
まりお #qjsITxmk
みずほ様☆ 
みずほ様、こんばんは。そしてこちらのブログでははじめまして!当ブログへのご訪問、コメントありがとうございます^^
せっかくご訪問いただいたのに、ブログの調子が悪かったみたいでご迷惑をおかけしてしまい、本当にすみませんでした><

3機だったのは、もうそれだけしか彼女の部下も残っていなかったからみたいですね…。マクギリスはカルタに鉄華団の位置情報を渡しこそすれ、増援の手配等はしなかったんでしょう…。
本当に、何がそこまで彼を駆り立てるのか謎ですよね。
とにかく、思う相手に裏切られて死地に赴かされたカルタが不憫な回でした(ノД`)・゜・。

オルフェンズの残り話数も少ないですが、ぜひまた遊びに来てください^^
私もまた、みずほ様のブログにご訪問させていただきますね♪

秘密にする

 
トラックバックURL
http://grhm2307.blog.fc2.com/tb.php/205-8ba7a957
 
正々堂々と3対3の決闘を申し込むカルタ。 おお、これはグシオン、流星号の出番か! という視聴者の期待を置き去りにして、 まだ戦闘態勢にも入っていないカルタたちを ...
 
そこのけそこのけガンダムが通る。
 
 物語をオルガに託したことを自覚したものは逝き。
 
カルタ・逝シュー。今まで色んな意味で楽しませてくれた彼女だが、マッキーの想いに応える為とはいえ流石にお行儀良すぎたな。前の戦闘で怒り買ってボコられたのに、彼女の気高さが仇になったか。まあ態々外に出て来たり決闘だの正々堂々だのって、自分の流儀が外の人にまで通用すると思うのは流石にどうかしてると思うけど。些か残念な退場になったな。さようなら。 敵に言われるがまま面白いなどと決闘に乗っか...
 
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第23話『最後の嘘』 感想(画像付) カルタさん屈辱の最期! 助けを求めた名前が、彼女を利用したマクギリス…。 最後まで助けに来たのが彼だと思ってるカルタが哀しい。 そして嘘をつくしかなかったガエリオは泣いていいと思う。 アインさんは、本当に俺はガンダムになってしまったんですかね!? MSの部品同然じゃないか…。 以下、感想...
 
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第23話 『最後の嘘』 ≪あらすじ≫ エドモントンへと向かう鉄華団の前に立ちはだかるのは、カルタ・イシュー。もう戻る場所はないが辿り着く場所はある――オルガの言葉に三日月は…。 公式ホームページ更新後に改訂予定 (公式HP あらすじ より抜粋) ≪感想≫ ◆貴族としての名誉と戦場と -カルタの最期- セブンスターズ。それが、か...
 
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第23話を見ました。 #23 最後の嘘 謝罪したカルタにイズナリオは名誉挽回のチャンスとして蒔苗が鉄華団と共にエドモントンへ向かっているとの情報を流す。 「本来ならばカルタ、敗戦したばかりのお前には荷が重いと感じていたがマクギリスが是非お前にと言うのでな」 「…!?マクギリスが?」 「奴らの足取りを追わせている。詳しいことはあれ...
 
「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第23話はビスケットの死を乗り越えてアンカレッジから目的地へ向かう鉄華団だったが、その途中でギャラルフォルンのカルタ・イシューに ...
 
『最後の嘘』
 
今日はなんかエネルギーを別の方向に全力で無駄に使ってしまったのであっという間に夜になってしまい、おろおろしています・・・orz オルフェンズは見ました!録画だけどちゃんと夜までに! そしてアイン君に同情したorz うーんオルフェンズが始まってから去年の放送分は…
 
【感想概略】 今回は、鉄華団はクーデリアと蒔苗を守り鉄道で密かにエドモントンへ向かうが、その前にカルタ・イシューが出現して決闘を申し込む、だが三日月は…というお話である。 カルタの騎士道と三日月の血も涙も無い合理主義のぶつかり合いと戦いの非情さ、自ら戦いを選ぶ少年兵たちと、少年兵たちを案じ何とか子供たちが戦いに身を投じることを思いとどまらせようとするメリビットの苦悩、実はビスケットの死を...
 
「最後の嘘」 アーグラム代表選を前に、陸路で蒔苗をエドモントンへ輸送することになった鉄華団。ビスケットの死の「弔い合戦」と意気上がる少年達だが、メリビット、そして、蒔苗はその行動に危うさを覚える…… なんていうか……鉄華団から、ビスケットというブレーキ役がいなくあって危うい方向へ…… 冒頭から描かれてきた「危うさ」なわけだけど……鉄華団だけでななく、ギャラルホルン側の方に関して...
 
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 私だ 第23話「最後の嘘」 アバンはイズナリオに謝るカルタ 今回の失態はイシュー家の顔に泥を塗った上に、 病床のカルタの父に代わって後見人となったイズナリオの顔にも泥を塗ったことに 鉄華団がエドモントンに向かっている情報は...
 
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 23話の感想です。 主人公は誰?って感じですね。。 カルタの決闘申し込みの最中に三日月の不意打ち。。 ビスケットを殺されたことへの恨みが強そうです・・・ とても主人公とは思えない行動ですが 以前にも同様なことをされているのに 学習していないカルタたちの無用心さもありえないですね。。 アインの手術は無事成功したようで・・・...
 
マクギリス「カルタ。君は私にとって 手の届かない憧れのような存在だった」 マクギリス「私の目に映る君は いつでも高潔だった。 君に屈辱は似合わない」 前回は生き恥云々言ってたよな。 実はカルタのことを思っての台詞だったのか? いや、マクギリスは本心ではカルタ…
 
何というデビルガンダム。 マクギリスにけしかけられ、鉄華団へ決闘を挑みにきたカルタさんとその部下を問答無用の先制攻撃でフルボッコにした三日月とバルバトス。 鉄華団にとっての障害物、更にはビスケットの仇に対して容赦などするはずもなく、悪魔のごとき強さを見せつけました。 なんか今、生身の人間みたいなものが吹っ飛んでたような……。 また一人敵を減らしたはずなのに何故か不...
 
えええ~、アインくん、どうなっちゃってるの? モビルスーツにスパゲティな状態か?! 観るの怖い…!>< てゆうか、マッキー…。 「良き友だった」 って、過去形かよ!! マクギリスは ひとでなし に拍車がかかって来てるねw 化けの皮が剥がれて来てるね! いや、隠す必要が無くなって来ただけか…?ww いいぞ、もっとやれ。 【3月14日 追記】 ...
 
・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #23『最後の嘘』   鉄華団・ギャラルホルンサイド共に、破滅に向けて走り始めたところを更に加速させる顛末となった今回。 バルバトスとグレイズリッターの戦闘も、色々な意味で本作の作風を象徴するかのような描き方で見応えが…

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。