スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
機動戦士ガンダムUC:RE0096 第1話『96年目の出発(たびだち)』感想 
機動戦士ガンダムUC 1(ガンダム 35thアニバーサリー アンコール版) [Blu-ray]
バンダイビジュアル (2014-06-06)
売り上げランキング: 5,579

 私はガンダムUCのOVA、全て視聴済みで且つ小説版も読了している人間です。
 そんな私が、TV放送を見て感想を書こうというわけですから、
 どれだけネタバレしないよう苦心したところで、
 先を知っているからこそ迸る感情を押し留めることは出来ません(努力したけど無理でした)
 そんな私の感想が、今回のTV放送が初見の方にどう受け止められるか、
 正直自分では想像できません。
 なるべく決定的なことは書いていないつもりですが、それもあくまでも主観です。
 
 私としては、せっかく大好きなUCをこれから毎週追えるのだから、感想も書きたい。
 でも、初見の人もたくさんいる作品についてどこまで踏み込んで書くのが最善なのか、
 正直現段階では分からない。
 書かない方がいいのかもしれない、でもやっぱり書きたい…。
 という葛藤の末、最終的に書きたいという気持ちが優ったので。
 
 とりあえず以下、
 機動戦士ガンダムUC RE:0096第1話『96年めの出発』の感想を試験的に公開してみます。
 如何せん手探りで書いたものなので至らない点も多いとは思いますが、
 放送開始記念のご祝儀だと思って広い気持ちで読んでいただけると嬉しいです。
 
 ※ネタバレがありますので、特に初見の方はご注意ください!!!

【機動戦士ガンダムUC:RE0096 第1話『96年目の出発(たびだち)』感想】

・OVA版をTV放送する上での最大の懸案事項とも言うべき、
 「肝心の主人公機・ユニコーンガンダムの起動シーンまで30分じゃ到底辿り着かない問題」。
 この難しい問題に作り手がどう対応するか、
 私はもちろん、既にOVA版を視聴済みの多くの方が気に揉んでいらっしゃたと思いますが、
 番組放送開始と同時に答えは明らかになりました。
 「恐れるな。自分の中の可能性を信じて力を尽くせば、道は自ずとひらける」
 最初から!?と驚く一方、
 冷静に考えればここ以外考えられない、というタイミングでしたね。
 他のどこに持ってきても、話の進行上中途半端になりますし、
 だからと言って主人公機の起動を1話で描かないっていうのも盛り上がりに欠けるし。
 個人的には、
 このシーンの直前を含むバナージとカーディアスとのやりとりが胸が震えるほど好きだったので、
 しょっぱなからぶつ切りで見せられて全く不満を感じなかったと言えば嘘になりますが。
 きっと来週(か再来週?)あたり改めてちゃんと話の流れの中で見れると思うので、
 期待は未来に持ち越すことにして。
 
・とりあえず私が声高に訴えたいことはたったひとつ!
 やっぱりUCの音楽は素晴らしいっ!
 バナージの静かな回想と独白を際立たせるBGM、『UNICORN』。
 この音楽が耳朶に触れた瞬間、
 まだ少し微睡んでいた脳も「ユニコーン見てるんだな、私!」って感じで一気に覚醒。
 直前まで抱いていた構成に対する不満なぞ、
 どこかに吹き飛んでしまいました(我ながらなんて調子がいいんだ・笑)
 だってだって、毎エピソード欠かさず劇場に足を運ぶほど大好きだったUCという作品を、
 毎週TVで見ることが出来るんですよ?
 澤野さんの魂揺さぶられる音楽を、毎週聴くことが出来るんですよ?
 始まる前に抱いていた「初見じゃない=新鮮じゃないからテンション上がらないかも」なんて心配は、
 私にとっては完全なる杞憂だったことをここに断言します。
 ああああああ、なんだか俄然テンション上がってきましたよっ!!!恐るべし『UNICORN』効果。

・「これでひとつの世界が終わるかもしれないのです。私以外、誰があなたを許せるのです?」
 若き日を回想するサイアムと、その傍らで計画の始動を示唆するカーディアス。
 振り返れば00からガンダムに入った私は、
 初めてUCを見た時も宇宙世紀のことなんて何も分からないわけで(今もですけど・苦笑)、
 冒頭からひたすら頭の中に「??」を飛ばすばかり。
 それでも、なんだかこのカーディアスの言葉には感じ入るものがあったんですよね。
 これから語られる物語の、壮大さを目の当たりにしたような気がして。
 
・この1話ではユニコーンガンダムの戦闘こそありませんが、
 マリーダの駆るクシャトリヤの活躍が濃厚過ぎて、
 その点で初見・再見問わず“飢え”を感じること人は少なかったのではないのでしょうか?
 華麗なるファンネル劇場だけでも滾るのに、相手も手練れであるがゆえに避けられない接近戦。
 あと、しつこいようですがどこでも良い仕事しかしない澤野さんのBGM(褒めてる)。
 初見の方は正直誰と誰が何のために戦っているのかさっぱり分からないと思いますが(私がそうでした)、
 現段階ではそれが分からずとも全然問題ありません。
 理解はあとからついてくるはずなので、
 今はただ見応えのあるこの戦闘シーンを心のままに堪能していればいいと思います。
 
・アナハイム・エレクトロニクス工業専門学校の学生であるバナージ。
 実習先の施設に滞在中、ヒロインのオードリーと出会うことになるわけですが、
 彼女と出会うまでの彼は友人のミコット曰く「たまに遠くを見るような顔をする」少年でした。
 その心が抱く「何をしていても、その時を本当には過ごせていないような」違和感は、
 思春期の子供であれば誰しもが経験する虚無感に似ているらしく、
 実際、バナージに好意を寄せるミコットもここぞとばかりに共感の姿勢を示していました。
 でも、バナージの違和感は他人のそれとは根本的に違っていたのです。
 では、それの正体は?
 人によって捉え方、そして表現する言葉は違うでしょうが、私は彼の違和感を説明をこう言い表します。
 “血”のざわめき。
 既に冒頭で示されたように、バナージとカーディアスは父子の関係にありました。
 たとえその事実をバナージ自身が知らなくとも、彼の中に流れる血は知っていた。
 知っていたから、見つけた。自分の居場所を探し彷徨い続けてきた視線のその先に。
 父が乗る試験運転中のユニコーンガンダムを。
 この出来事を契機として、
 それまでの覇気のなさが嘘のような行動力を発揮しオードリーと邂逅するバナージの姿に、
 私は“運命”という言葉を連想せずにはいられませんでした。
 そして。
 
・「今ならまだ止められる。だから…」
 「止めるって、何を?」
 「戦争」
 血によって覚醒した運命の先に、戦いの影をちらつかせて迎えるエンディング。
 その先に待つものを知っていても、いや、知っているからこそぞくぞくしますわ~(*'ω'*)

・最後に。
 公式Twitterが言及していた新規カット、敢えて挙げたのがバナージの手というのが興味深い。
 
 新規戦闘シーンを宣伝と思いきや「まさかの手!vv」ということで思わずツッコミたくなりましたが、
 UCという作品において、というかオードリーという一個人にとって、
 手を繋ぐ行為がどれだけの意味を持つかを考えると、これもありかなと思えたり。
 物語の起点は各人にとって様々あるでしょうが、
 オードリーにとっては差し出されたバナージの手を握り返したその瞬間こそが、
 外の世界に踏み出すという意味での真のスタートラインになったはずですから。

****************************
 
 さて、ここまで分かる人にはわかるし分からない人には分からない、
 そんな微妙なラインを意識しつつ手探りで感想を書いてきたわけですが。
 最後にどうしても言いたいことが!
 OPとEDのネタバレっぷり、どうなってるんだ!(;´Д`)
 特にED!
 OPの機体による戦闘ネタバレも大概でしたが、
 ネタバレの加減に頭を悩ませる私を嘲笑うかのように搭乗者出した挙句、その結末まで描き切るとか…。
 ○○が一体何をしたっていうのですか?(;´Д`)(;´Д`)(;´Д`)
 これから毎週あのED見ないといけないとか、どんな嫌がらせ…。
 
 http://animegane1216.blog.fc2.com/blog-entry-3771.html
 http://craft89.blog105.fc2.com/blog-entry-1761.html
 http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-2547.html
 http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/blog-entry-1242.html
 http://blog5.catcat.boo.jp/?eid=7371
 http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2016/04/guctv-1.html
 http://www.anime-graffiti.com/20160403-gundamuc01/
 http://miyagiaa868.blog68.fc2.com/blog-entry-1151.html
 http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-4839.html
 http://fanblogs.jp/animeigen/archive/4943/0
 http://blog.livedoor.jp/rx_78g/archives/52152013.html#trackback
 http://mizuho-diary.seesaa.net/article/436169059.html#trackback

関連記事
 
みかんゼリー #-
 
私も、見ました。
なので、今日のブログに、出て来るのです、実は。

良いですよね~
私、ガンダムは、UCから、なのですよ~
音楽、良いですよね~♪
わ~い、また、会えた~
抱きしめたいな~、バナージ。
ショタコンで、ないですよ?

ちなみに、私も、乙女座の人、好きです。

かしこ
UO #mQop/nM.
 
どぉも~
ちょっと、OPとEDのネタバレはやばいですね~(・∀・;)
きっと初見さんもいると思うので、そこは配慮してほしかったです。。
みずほ #ICazf28Y
 
まりお様こんばんは!
またお邪魔しに来てしまいました。
自分はまだ細かいところは全然よく判らないまま見てますがネタバレは気にならないので感想読ませていただいてます!
他の方でもOP・EDのネタバレについては結構、書いてる方いますね。
1stの頃からのお馴染みのMSやMAがリメイクされて型違いでいろいろ3Dで滑らかに動いてるのを見てるだけで結構今幸せだったりします。(←1stからのガンダムヲタク)
ユニコーンでもまたこちらにしつこく寄らせて頂くと思いますが宜しくお願いしますm(__)m
(なぜかトラバが失敗してしまうので後ほど送らせてくださいましorz)
イデ丸 #-
 
まりおさん、おはようございます。

…『鉄オル』の件は時間をいただき、セカンド・シーズンを観てからの「自分なりの判断」をさせていただきたいと思います。
色々お騒がせしてすみませんでしたm(_ _)m

で『UC』ですよ!!(^_^;)
個人的には「地上波」で深夜特別放送をした時に「episode6」までは観ています。

『ファースト』『Z』の一部、『逆襲』を観ていた私には、『鉄オル』を観た1週間後では、余計に「あぁ、ガンダムだ…」と感じてしまいました(^_^;)

とにかく今作品はMSがカッコいい!
後にしっかり出てくる「ユニコーン」は「美しい…」とまで感じたことを覚えています。

限定上映やOVA(両者とも未見)だけあってか、映像がさすがのクオリティですよね。
朝7時じゃなくて、ゴールデン帯orプライム帯(?)で放送すれば、「ガンダムの良さ」がより伝わるのに!(ブームが起きるんじゃないか)とさえ思ってしまいますが、あえて「今後のガンダム」を見据えて、お子さま視聴者に訴える意図があるのかな?と感じました。

「ハロ」が登場してくるだけで、何か「燃えてしまう」自分がいたことには、あらためて自分で驚いてしまいました(>_<)
(特に『00』のハロがいちばん好きです!)

サイアム・ビスト役の永井一郎さんは、もう旅立ってしまわれてるんですよね…(T_T)

秋からの『鉄オル』セカンド・シーズンが始まるまで、素敵な時間を過ごせそうです!!

毎週となるかわかりませんが、今作品でもお邪魔させていただきたいと思っています。よろしくお願いいたしますm(_ _)m
引きこもりライダー #-
 
まりお様、こんにちは。
やはり、UCの音楽は壮大性があり、素敵ですよね。
いつ見ても、スタークジェガンの奮闘ぶりに心躍りますね。
でも、1話にしては、かなり重苦しかったり、EDに唐突に突入したりと、あまり初見の視聴者への配慮が足りない気がしますよね。
まりお #qjsITxmk
みかんゼリー様☆ 
みかんゼリー様、こんばんは☆そしてはじめまして!当ブログへのご訪問、コメントありがとうございます^^

私は00からガンダムを見るようになって、UCが二番目のガンダムですが、みかんゼリー様の仰る通りなにもかもが良いですよね~♪
特に音楽は、最高です( *´艸`)

私もバナージ好きです^^一生懸命オードリーを守ろうとするところがいいですよね。

そしてまさかの乙女座ファン!(笑)同志ですね♪
まりお #qjsITxmk
UO様☆ 
UO様、こんばんは☆当ブログへのご訪問、コメントありがとうございます^^

ネタバレは、特にEDが激しかったですね;;見た瞬間、思わず我が目を疑ってしまいました…。
始めて見る方は現段階では意味が分からなくとも、話が進めば確実に「この子、あのEDの子だ!」と気が付くでしょうしね。
他に既存の映像はごまんとあるんだし、私ももう少し考えてほしかったな…という気持ちでいっぱいです(;´Д`)
まりお #qjsITxmk
みずほ様☆ 
みずほ様、こんばんは☆当ブログへのご訪問、コメントありがとうございます^^

ネタバレは出来得る限り配慮しているつもりですが、何か気になることがあったら遠慮なく声かけてくださいね。私もまだ、手探りの状況ですので^^

みずほ様は1stからしっかりガンダムを観ていらっしゃるんですね。私も見習わないと…!
それにしても、UCはMSがぐりぐり動くわ戦闘も激しいわで、オルフェンズとはまた違った魅力があって見ているほうも滾りますよね(*'ω'*)今後さらに戦闘シーンも増えますし、今から毎週日曜が楽しみですね。

私もまた、みずほ様のブログに通わせていただきますね♪こちらこそ、これからもよろしくお願いします。
まりお #qjsITxmk
イデ丸様☆ 
イデ丸様、こんばんは☆当ブログへのご訪問、コメントありがとうございます^^

いえいえ、イデ丸様が謝ることなんて何もありませんよ。むしろ、私としてはイデ丸様とオルフェンズを巡りたくさんお話しできて楽しかったですよ~^^お互い、二期が今から楽しみですね。

で、イデ丸様の仰る通りその前にUCですよ!
宇宙世紀のガンダムをひとつも見ていない(!!)私でも感じる、このガンダムっぽさ。オルフェンズとはまた違う魅力に溢れていて、堪らないですね!

さすがOVA作品なだけあって、特に戦闘シーンのクオリティーは通常のTV作品とはレベルが違うとすら感じます。それでも、後半に行くにつれ人物作画に乱れが生じることもあったので、TV放送で手直しが加えられていることをひっそり期待していたりもします。

イデ丸様のコメントで気が付きましたが、そういえばオルフェンズにはハロが出てきていませんでしたね!勝手にガンダム作品=ハロが出てくるのだとばかり思っていたので、驚きました。出てこなかったのには何か意図があったんでしょうか?

私もまだ毎週UCの感想書くかどうか決めかねているところなので、どうかあまり期待せず(笑)、時々でもいいので遊びに来ていただけたら嬉しいです^^
まりお #qjsITxmk
引きこもりライダー様☆ 
引きこもりライダー様、こんばんは☆当ブログへのご訪問、コメントありがとうございます^^

UCの音楽、最高ですよね!( *´艸`)聴いた瞬間、一気にテンションが上がる不思議な魅力が澤野さんの楽曲にはあると思います。
ちなみに私は、落ち込んだ時はUCと00のサントラをヘビロテしていて気持ちを盛り上げています(笑)それぐらいUCの楽曲はどれも好きなんです^^

構成は、なかなか難しい問題ですよね。OVAを既に見ているからか、違和感ばかりが目について…。今後話が進むほど構成の重要性は増すでしょうし、製作側がそのあたりどう上手く対処してくれるのか見物ですね。
パオーン #-
 
だいたい皆さんと同じ感想になりますが、
OP・EDでのMS登場や、シャンブロに乗る
ロニ・ガーベイがお亡くなりになるシーンやら・・・

映画を観た人がまた観るという前提で映像をで流している
としか思えないですねぇ(笑)

でも、今見ても映像のクオリティが高すぎて再度感動しています^^
おとうさん #-
 
矢継ぎ早に「UC」ご苦労様ですw
ああw僕の叫びが既に18ポイントのゴシックボールドで声高らかにwwww
まさにソレですwマリオさんと同じ感想ww
なんだか嬉しいものですねw思わず小躍りしてしまいそうになりました。
息子と二人、かじりついて見ながら、まず気になったのがOPでした。
「俺・・・いくよ・・・」のくだりからの壮大なUCのテーマソング!・・・からのTV版のOP!すばらしい編集です(ひとまずネタバレのことはおいておきますw)新しいOP!ものすごくかっこよかったですね♪
イメージを踏襲していたので、全く違和感ないどころか、OVAを既に見ていた僕も改めて背中がゾクゾクしてしまいました。そしてマリーダクルス出撃シーンと、ミ、いやオードリーw登場シーンのBGM!どれをとってもすばらしい♪
・・・すごく不思議なんですが、このTVの尺の中で、無事バナージとUCが邂逅した時、一度は目にしているはずのシーンなのに、何故か、”初めて見た”様な不思議な感覚に陥りました。自分でも不思議なのですが、何故なのかわかりません。この感覚は説明が付かないのです。TV尺マジックとしか言い様がありませんねw
同様に全編見終わって、息子も「パパ!なんかおかしい!」と何か分からないもの(決して悪い意味ではない何か)を感じ取っていて不思議でした。見終わった後も親子で「なんだろう???」
と首かしげつつ、懐かしくも初々しい何か不思議なものに心を奪われてしまい、ここでも新たな「父と子の物語」がはじまってしまったようですwww
余談ですが、この時、嫁が永井さんの声に反応して、
嫁「あれ?誰だっけこの声?」
俺「馬鹿やろう!永井さんだ!波平さんだ!チェリーの遺作だコノヤロウ!」
嫁「ひいいいいいいい!」

・・・早朝夫婦漫才でした・・・

最後に、たしかマリオさんはファーストは見てなかったといわれてましたよね?僕は世代的にもファースト世代と言われる世代なのですが、おそらくこの物語、先にファーストを見ているか否かで”落ちどころ”が大きく変わってくるのではないか?と思っていますw
もしファーストを見ていないのであれば、これから先、少し早いのですが、”結末”のマリオさんの感想が楽しみでしかたありません!w
いずれにせよ、マリオさんがどこかでファーストを楽しんだ時、二度美味しい思いをされることをうらやましく思いますwww
駄文長文で申し訳ありませんでした。また次回を楽しみにしています!
それでは!アデュ♪
擬似人格 #-
No title 
ここまでOP.EDでネタバレしちゃうよりはもっと象徴的かつ濁した表現で製作した方が良かったのでは?と思いました。
まりお #qjsITxmk
パオーン様☆ 
パオーン様、こんばんは☆当ブログへのご訪問、コメントありがとうございます^^

OP・EDに関しては、OVA版を見ている方のほとんどが同じ考えを抱いていますね(苦笑)
初見の人にもうちょっと優しい作りだった方が良かった気がします。

映像の美しさに感動する気持ちは、同感です!このクオリティーをこれから半年味わえるのだと思うと、気持ちが昂ぶりますね( *´艸`)
まりお #qjsITxmk
おとうさん様☆ 
おとうさん様、こんばんは☆当ブログへのご訪問、コメントありがとうございます^^

そうですそうです、ここまでOP・EDの音楽に触れず来てしまいましたが、さすが澤野さんが担当されているということで、どちらも作品の雰囲気に合っていてすごく良かったですよね!(映像の是非はともかくとして・苦笑)
ネタバレが含まれていることには驚きましたが、特にOPのサビからの躍動感には胸が震えました。

バナージとオードリーの邂逅も印象的なシーンですよね。おとうさん様の感覚とは違うかもしれませんが、私も運命に彩られたてそのシーンだけ浮き上がるかのような、不思議な感覚を覚えます。

息子さんと、奥様とも一緒に楽しめるなんて、理想の鑑賞形態ですね(*'▽')私はいつも一人で見ているので(隠れオタクなので)羨ましいです。

そうなんです、私はまだ1st(というか00以前の作品はほぼすべて)未視聴なんですよ(;´Д`)実際UCを見ていても、宇宙世紀ガンダムを見ていないがゆえに理解できない部分が多くて、苦労しました。見よう見ようとは思っているんですけどね…なかなか時間が取れなくて;;
せっかくUCを放送しているので、なんとかオルフェンズ二期が始まるまでのこの半年の間に見てしまいたいと計画しているところです。

まりお #qjsITxmk
疑似人格様☆ 
疑似人格様、こんばんは☆当ブログへのご訪問、コメントありがとうございます^^

ネタバレに関しては、皆考えることは同じですよね(苦笑)不幸中の幸いなのは、初見の方は本編知らないので現時点でネタバレ言われても分からないということぐらいでしょうか…(無理矢理感)
masa(マサ) #jYbOzkUY
 
こんにちは、突然におじゃいたします。
わたしも小説とOVA版を読んだものですが、
いやー、テレビ版になっていたとは知りませんでした! これは毎週楽しみですね。
永井さんがお亡くなりになってしまったのが残念ですが、結末がとてもいい作品なので、多くの人に観てもらいたいなって思います。初見だとちょと難しい話ですが(^^; 個人的にはガンダムのシリーズで一番好きなエピソードだったり。たのしみですね。
まりお #qjsITxmk
masa様☆ 
masa様、こんばんは☆そしてブログでははじめまして!(twitterでフォローさせていただいております)当ブログへのご訪問、コメントありがとうございます^^

あの濃厚なUC(ユニコーン)という世界を、これから毎週味わえるなんて贅沢な体験ですよね^^私も、今まで見たことのない人にたくさんその良さを知ってもらえると嬉しいと思います。
スケールが大きい分話が難しくもありますが、回が進むほど理解が進む作品だと思うので、私としてはとにかく「皆さん見て!」と叫びたい感じです(笑)

秘密にする

 
トラックバックURL
http://grhm2307.blog.fc2.com/tb.php/211-e6512ddd
 
 可能性の獣、地上波に立つ。 >拍手返信:雪光さん(オルフェンズ25話)  「死んでも生き延びやがれ」……この台詞が本当に良かったですよね。命を金に変えて生きてきて、そして仲間を失い、破滅へと突っ走ってきたからこその重み。切実な言葉でした。  ガエリオは当初からガルマポジを予想されていたわけですが、そのことを込みで多くの視聴者に惜しまれる存在になったのは本作のキャラ立ての上手さ...
 
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096の第1話を見ました。 第1話 96年目の出発 西暦から宇宙世紀への改暦セレモニーが行われた日、地球連邦政府首相官邸のある宇宙ステーション・ラプラスが爆破テロで破壊され、テロに加わった青年サイアム・ビストは爆発に巻き込まれるが辛くも生き延び、後に『ラプラスの箱』と呼ばれることになる禁忌の箱を手に入れる。 それから、100年近くが経...
 
ジェガンのスタークがパージでコクーン。
 
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第1話『96年目の出発』 感想(画像付) OVAガンダムユニコーンを再編集したTVシリーズ。 元が劇場版フォーマットで制作されてるので、戦闘シーンの作画がすごい密度ですね! 内容的には、宇宙世紀のガンダムシリーズの設定を引き継いでますが、知らなくても楽しめそうかな? 1話の見所は、マリーダのクシャトリヤとスタークジェガンの戦闘!...
 
&nbsp; 機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第1話です。 OVAは見てないのでこのTVシリーズが初見になります。原作も読んでないよ。 ところで、ファンネルっていいですよね。 &nbsp; こちらが主人公のバナージ・リンクスです。 これが乗機のユニコーンガンダムっぽい。 西暦から宇宙世紀に変わることを記念した式典が行われています。 爆発しました。 セレモニーの花火…とかではないっ...
 
今日から放送開始です。 最初から、いきなりあのシーンをぶっこんできましたね。 これはいい改変だと思います。 そして、ユニコーンガンダムといえば、やっぱりスターク ...
 
アナウンサー「今、ひとつの世界が終わり、 新しい世界が始まろうとしています」 先週「鉄血のオルフェンズ」が終わり、今日「UC RE:0096」が始まった。 OVAとして展開されたUCの再編集版で2クール放送予定とのこと。 これが終わるとオルフェンズ2期が始まるわけね。 宇…
 
やってきました初出の頃映画館で昔見て以来のガンダムユニコーンです!懐かしい、非常に懐かしいです! ぶっちゃけてしまいますが冒頭の感想から書いてありますのでネタバレどころじゃないです。 見たくない人はUターンしましょうごめんなさい! 冒頭のカーディアスとバ…
 
壮年の男が息子らしき若者の頬に血をべっとりと塗って自らは焔に焼かれる衝撃の出だし。朝から凄いもの...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。