スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ティエリアとニールについて【二期8話終了後】 
 キャラとしては乙女座の人とかセルゲイ大佐とかマネキン大佐とかコーラサワーとか、
 基本的に敵側の人間に心奪われている私ですが!!
 もちろんマイスターズも大好きですよ(●°∀°●)
 刹那のこともロックオンのこともアレルヤのこともティエリアのことも!!!!!!
 
 そんな感じの私、もちろんキャラ単体だけが好きなわけじゃなく!!
 キャラ同士の関係性にも大いに注目してたりします☆
 もとから人間関係が複雑にいりくんでるドラマとか、大好物(??)ですし(っ>∀<)っ
 そういう意味で、
 群像劇の様相を呈する00は私にとって最高の物語!!
 「え!!あの人とあの人が!?ここで出会っちゃうの!?ここで離れちゃうの!!??」
 ―毎回、ドキドキワクワクがとまりません♪♪♪
 
 でもって特に一期からずっと気になってるのが、
 ティエリアとニールの関係なんです♪
 ちなみ恋愛的な意味での関係じゃありません(笑)あくまでも人間愛的な意味でのそれです(爆)

【ティエリアとニールについて】(元記事作成日:2008/11/25)
 
 一期21話あたりを境に劇的に変化したティリアの感情には、
 何度も泣かされました(ΩдΩ)
 特にニールへの想いの強さや深さに心揺さぶられまくりで!!(涙)
 人間って、こんなにも自分以外の誰かのことを想えるだなぁ…って(涙涙涙)
 何度も言いますが(笑)
 個人的にはティエリアが抱いてるのは恋愛感情(苦笑)じゃなくて、
 性別すら凌駕するような究極の人間愛のようなものだと認識してます。憧憬とか思慕とか。
 「好き」ってゆうより「大切」、みたいな??
 だからこそ、今回の8話視聴後、
 すっごく感慨深い気持ちになっちゃって―。
 …本当にニールのことが大切だったんだね、ティエリア…(号泣)
 
「そうやって自分を型にはめるなよ。
 四の五の言わずに、やりゃぁいいんだ。
 自分の思ったことを、がむしゃらにな。
 俺たちはイオリアのじいさんにガンダムを託されたんだぜ―」


「イオリアにガンダムを託された僕は思う。
 君たちは間違っていると。
 そうさ!!
 僕は自分の信じた道を進む。
 愚かだと言われようが、がむしゃらなまでに!!」


「はははははは!!
 君は思った以上に人間に感化されているようだね。
 あの男に心を許し過ぎた…ロックオン・ストラトスに。
 計画遂行よりも、家族の仇討を優先した、
 愚かな人間に―」

 
 リボンズの言うとおり、
 私怨のために戦い死んだニールの行動は、
 ぶっちゃけ愚か以外のなにものでもない。
 でもその愚直なまでの「かむしゃらさ」に触れることができたからこそ、
 他の誰よりも「人間」らしいティエリアが、今、在る。
 そう考えたら、リボンズが揶揄するニールの「愚かさ」にも、
 「愚かさ」以外のもっと別の意味を見出すことができる気がします。
 守られたとか、優しくされたとか、ニールに対して常に受け身思考のティエリアですけど、
 ティエリアがニールに与えてたものも、確かにあるんです。
 それが、「意味」。
 今のティエリアが自分らしく在り続けることによって、
 一期23話のニールのあの激情に、
 「愚かな仇討」以上にもっと尊い「意味」が与えられている―。
 だからこそ。


「僕は自分の信じた道を進む。
 愚かだと言われようが、がむしゃらなまでに!!」



  というこの宣誓が、
 言葉以上の「意味」を纏って強く私の胸に響いてきてきました。
 「がむしゃら」とか「託された」とか、
 ニールの発した言葉ひとつひとつが、
 ティエリアのなかで昇華されてしっかりとティエリア自身の意志になってるんですもん!!
 よく「ニールはティエリアの中で生き続けてる」みたいな表現が使われますけど、
 ニールを生かしているのは、他でもないティエリア自身なんですよね…。
 
 ティエリアにとってのニールって、
 「道標」っぽいな、と思います。あるいは「灯台」。
 手を引いて一緒に進んでくれるわけじゃない。
 でもそれらは、
 進むべき道を示してくれて、必要であれば足元を照らしてくれもする。
 ティエリアの中にある「自力」を、そっと支えてくれるような存在、それがニール。
 ―ああやっぱりこのふたりの関係好きだなぁ(≧∇≦)
 だからこそ、ティエリアが今後どんな道を進むのかとか、
 ニールと同じ顔のライルとどんな関係を築いていくのかとか、
 色々気になります!!

 ティエリアが幸せになった時、
 きっと彼の中のニールも幸福を感じることができるはず♪
 00のキャラ皆幸せになって欲しいですねぇ~(切実)
関連記事
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://grhm2307.blog.fc2.com/tb.php/23-97aa6a2a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。