スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
機動戦士ガンダム00 二期第14話『歌が聴こえる』感想 
 OPが「儚くも永久のカナシ」から「泪ノムコウ」へと変わった今回。
 …意外とよかったやんvv
 うん、映像が「泪ノムコウ」の良い部分に寄り添いながら、
 00の色は前面に押し出した形で出来上がっていて、
 個人的には全然アリだと思いましたよ☆
 まぁ「儚くも永久のカナシ」と比べると僅かに劣るような気がしなくもないですが、
 あれは神すら凌駕する神曲でしたからね(笑)
 比較すること自体が野暮なことなのかもしれません。
 それにしてもティエリアとセルゲイ大佐の今後が激しく気になるります!!
 ティエリアは目がきらーん(??)ってなるし、
 セルゲイ大佐は背中に明らかに死相が出てたんですがっ!!
 どうなる、どうなってしまうんだ00ーーーっ!!!!!!(叫)

【機動戦士ガンダム00 二期第14話『歌が聴こえる』感想】
(元記事作成日:2009/01/11)

 アバンタイトルはメメントモリの破壊ミッションのおさらい。
 ライルの精密な射撃が命中したことにより、
 メメントモリの弱点である電磁場光共振部は爆発。
 トレミーも無事、戦闘宙域からの離脱に成功します!!
 スメラギさんを筆頭に、安堵するトレミークルー。
 ―そしてそんな彼らの姿を見つめるのは
 CBの「戦い」を目の当たりにした沙慈と、
 どんな形であれ「戦い」に参加してしまったマリー。
 この二人の今後も激しく気になるなぁぁぁ…。
 個人的には戦って欲しくないんだけどなぁ…(鬱)
 と!!戦闘の緊張感から開放されたブリッジに、
 甲高い警報音が鳴り響きますっ!!
 それが意味するのは―敵機の襲来。
 そう、メメントモリを落としたCBに償いをせまるリボンズの差し金でした。
 二機のMSと、新型らしきモビルアーマー。
 そのコックピットに座るのは、ブリングで…。

・連邦政府のスポークスマンの女性、
 変わらず目が怖いです…なんかすっごく傀儡ちっく(≧W≦;)
 ってか、連邦軍がアロウズの直轄組織になってしまったっ!!セルゲイ大佐!!!!!!
 
・メメントモリを撃墜されたことはアロウズにとっては間違いなく大きな打撃のようで。
 グッドマン准将を激励するカタギリ司令ですが、
 この人は意外と真っ直ぐに「アロウズの人」なんですね…。
 セルゲイ大佐のように、僅かの不信さえアロウズには抱いていない。
 まぁ、組織のトップだから当たり前っちゃ当たり前なんでしょうが。
 でも、なぜか
 グッドマン准将や故リント少佐のような悪役らしさは感じられないんですよねー。
 やっぱり、「ビリーの叔父さん」とう先入観があるからでしょうか。
 まぁ、そのビリーもCパートで色々楽しいことやらかしてくれてましたが(笑)

・単独出撃していたダブルライザーが
 トレミーとの合流ポイントとして指定された場所で見たものは、
 無数に散らばるトレミーの破片…。
 その光景に驚愕する刹那の前にネーナが現れます!!
 「いい男になっちゃって。ネーナ、どきわくね☆」←黒田氏、自重してくださいvv
 黒田節炸裂のネーナの珍言はさておき(笑)
 彼女によれば敵機の襲撃を受けたトレミーは地球圏へと落下したそうで。
 それを聞いた刹那はすぐさま救援へと向かい、
 残されたネーナはといえば「フラレテヤンノ、フラレテヤンノ」(爆)
 そこはてっきり「フラレタナ、フラレタナ」だと思ったのに、
 さすが高性能の独立端末vv語尾のボキャブラリーも豊富なようです///
 紫ハロかわいいなぁ♪
 ―それにしても、前回に引き続きネーナの目的が全く読めませんっ!!
 刹那を助けて、それで一体どうしようというんでしょうか??

・あああセルゲイ大佐が「俺」って言ったぁぁぁ(≧∀≦)/
 なんだかすごくSI・N・SE・N★(新鮮)
 大佐の未知の一面を引き出してくれてありがとうハーキュリー大佐っ!!
 もう十分私満足だから、帰ってくださいハーキュリー大佐っつ!!(←本音)
 だってほらっΣ(´δ`;;)!?案の定話がきな臭い方向に…(ガクブル)
 ハーキュリー大佐の話を簡潔にまとめると、
 
 ○アロウズの傀儡と成り果てた連邦軍の中でクーデターを画策する動きがある
 ○ハーキュリー大佐自身にそのクーデターを実行する意思がある(??) 
 ○言外に、セルゲイ大佐にもクーデターへの参加を求めている(??) 
 
 だいたいこんな感じでしょうか??
 ―――勘弁してくださいなっ!!
 セルゲイ大佐は良い人過ぎて、他のどのキャラより死亡フラグびんびんなのに、
 アロウズに対するクーデターとか自ら死地に赴くようなものじゃないですかっ!!
 それでなくても新OPのセルゲイ大佐の描写から不穏なオーラ出まくってるんですよ!?
 ハーキュリー大佐も渋くて格好良くて素敵だけど、
 お願いだから自重してくださいっ(切実)

・しばしの間、イアン・ヴァスティによる小芝居をお楽しみください☆
 いやー真面目なおやっさんの表情と重苦しいBGMのせいで、
 「トレミーが大破!!クルー全員重体!!」みたいな展開が来るのかと思いきや、
 まさかの「太陽にほえろ」ネタvv
 加えて鳥のピヨピヨには癒されましたともー///自然っていいですよね(@ ̄∇ ̄@)
 それにしても小芝居を終え制服に着替えたイアンのおやっさん、
 話まとめるの上手い(笑)
 理系脳なのに文才にも秀でているなんて、優秀♪
 ミレイナとの親子漫才も小粋です☆

・宇宙空間で敵襲にあったトレミーは敵の攻撃による衝撃を加速に利用し、
 かつ船体をスモークで隠すことにより敵の追撃を逃れ、
 地上へと降りてきたのだそうで。
 …ティエリアも話まとめるの上手いな(笑)
 なんとか全員無事ではありますが、トレミー自体の損傷は大きいらしく…。
 通信システムやセンサー類が正常に動かない=刹那と連絡が取れない。…刹那(ΩдΩ)
 一見、孤独を全く苦にしなさそうな刹那ですが、
 だからこそひとりにしちゃいけない気がするんですよね…。
 孤独に耐性があるなんて、決して自慢できることじゃないからっ(涙)
 皆、早く刹那を見つけてあげてー!!
 
・最後までひとりでお笑い担当だったイアンのおやっさん(笑)
 病み上がりの老体に、さぞや負担は大きかったでしょう。お疲れ様です(爆)

・今週は二言以上セリフがあったアレルヤに感動したっ!!(ぉぃ)
 だって13話ではとってつけたかのような「トランザム」と「ロックオン!!」だけでしたからvv
 ―なんておちゃらけてはみましたが、
 スメラギさんと交わす会話の中身はシリアス一色で。
 メメントモリ攻略戦にマリーを参加させたことを謝罪するスメラギさんと、
 彼女を赦しながらも、
 「もう二度としないでください」と念を押すアレルヤ。
 その声がぞっとするぐらい低くて、少し怖かったです(≧W≦;)
 それにしても戦闘艦であるトレミーに乗っている以上、
 マリーだけが戦闘に参加しないというのもな
 んだか矛盾を孕んだ話のような気がするんですがね。
 それがアレルヤの守り方なのかもしれないけれど…。
 私自身、マリーには戦って欲しくないけれど…。
 う~ん。。。
 セルゲイ大佐のとこにずっといればよかったのにマリー…(←結局これが言いたかっただけ)
 
・こっそり通信するライルの背景が完全に「アルプスの少女ハイジ」なことに吹きましたvv
 岩の陰から仔羊が飛び出してきそう(笑)
 …なんて考えていたら、現れたのは仔羊ではなく、アニュー。
 どうやら彼女、アロウズがトレミーの正確な位置を把握できたことに対し、
 疑問をもっているようで―。
 …誰もが持ち得る疑問を、敢えてアニューに負わせる脚本…やっぱりドSだ(ガクブル)
 自分がイノベイターであることについて完全に無自覚らしいアニューが
 「アロウズがトレミーの位置を正確に把握できる謎」を気にするのは、
 おそらくトレミークルーの一員としての純粋な気持ちから。
 (というか他のクルーも少しは疑問に思おうよ!!・苦笑)
 でも、その要因となってるのは他の誰でもない彼女自身―。
 リヴァイブが感応能力を駆使し、
 アニューを介してトレミーの位置を探っているんでしょう。
 なんだか名前の件といい、ライルと恋愛フラグが立ちつつあるアニューもまた、
 性質こそ違えどティエリアと同じように
 イノベイターと人間との狭間で苦悩することになるのかもしれませんね…orz
 アニューが可愛くて仕方ないだけに、今後を想うと欝です…。
 
・そんな二人を遠目に見やるのは、ハロと共にトレミーの外装を修繕中だった沙慈。
 ライルとアニューの姿に自分とルイスを重ねたのか、
 首元から指輪を取り出し、それを強く握り締めます。
 ―その表情はまさに悲痛そのもの(涙)

・トレミーを探すため地球に降りた刹那は、
 その途中中東の地でメメントモリが抉った地表の無残な姿を目の当たりにします。
 そして!!
 ただでさえ「イノベイターっ(▼皿▼)」と感情が昂ぶっているタイミングで、
 サーシェスの搭乗機であるアルケーと出会ってしまった刹那!!
 そりゃぁ追いかけないわけにはいかないですよねっ!!!!!!(燃)
 たとえ、サーシェスの行動が明らかに「誘っている」ものだと分かっていても…。
 むしろそこでついて行かなかったら、そんなの私の知ってる刹那じゃないっ!!(笑)
 無謀な刹那が、いつだって私は大好きです///

・池田さん、大活躍過ぎるvv
 一方、どれだけ格好いいことを言おうとも、
 なぜかどれもウンくさく聞こえてしまうクラウス(^∀^;)
 あなた仮にも一組織のリーダーなんだから、
 もう少し頭使って物事考えようや!!
 信じたいからって理由で罠の可能性をハナから考慮しないってのは、
 いささか短絡的過ぎる気がするよ…。
 
・マリナ様の歌来たーΣ(゜∀°)ー!!
 シーリンの言うことも正しいとは思うけど、
 こんな状況下で敢えて歌という道を選ぶからこそマリナ様はマリナ様なんだと思います。
 それにしても妙に心洗われる歌だ…なんだかこの歌を聴いてると、
 自分の不浄さが浄化されるような気持ちになる…。
 「動物も一緒にゴロゴロしてたい~♪」という歌詞が妙に印象的で、
 耳から離れてくれませんvv
 ―そんな光景を見つめ複雑そうな表情を浮かべるシーリンは
 何を想うのでしょうか??
 あと気になったのがコナン声の子供がいたこと(笑)
 まさか大佐もアフレコでは合唱に参加したんのか!?(爆)

・場面は一転。
 攻撃をかわしながらどこかに向かうアルケーとそれを追うダブルオーライザー。
 サーシェスの意図を掴みかねているような刹那でしたが、
 進む先にあるのがかつての故郷・クルジスがあった場所だということを悟り、
 動揺します…。
 そんな刹那の心の揺らぎを知ってか知らずか、降下を開始するアルケー。
 そしてそのコックピットは開かれ、生身のサーシェスがその姿を刹那の前に晒して。
 ―この辺りの描写は、
 一期の刹那とサーシェスの再会の場面を彷彿とさせますね。
 あの時、コックピットから先に出てきたのは刹那でしたが。
 それにしても、確信犯的笑みを浮かべるサーシェスの表情が、
 ブラック過ぎて怖いっ(ΩдΩ)

・アルケーの肩に乗るサーシェスカッコいい///こう、手を横についてる姿勢とか!!
 一方の刹那はダブルオーの掌に…。
 …。
 画面引いて全体像が映った瞬間、その画のシュールさに少し吹きました(笑)
 ダブルオーの姿勢ちょっと辛そう(^∀^;)

・あああぁぁぁ…相変わらずサーシェスが無駄にいい男過ぎて
 嫌いになれません(≧ε≦)
 というかむしろ惹かれます///
 「あるよぉ。お前には理解できないだろうがなあ」
 一晩かけて私に語って聞かせてくださいな!!(←自重しろっ)
 冗談はさておき、てっきり戦う理由なんて「ない」とか
 それこそ「単に戦争が好きだから」とか答えるだろうと思っていた彼が、
 意外なことを口にしたので少し「お??」って感じでした。
 まぁもしかしたら深い意味なんて特にないのかもしれませんが。
 戦争狂という言葉だけでは語り尽くせないような不思議な雰囲気が、
 サーシェスから滲み出てるような気がします。
 だからこそ一晩かけて私に話って聞かせてくださいな!!(←結局それか!!)

・リ ボ ン ズ vv
 昇ってきたんですか、あなたそこまで昇ってきたんですかっ(爆笑)
 そんでもって隠れてたんですか、あなた出番くるまで裏で隠れてたんですかっ(爆笑)
 ひーっ!!さすがイノベイター!!演出力がだ・ん・ち☆-(^з^)-☆
 
・とうとう来ましたよ!!小説ネタのお披露目がというこの瞬間が!!
 そう、11年前内紛による戦闘続くクルジスの町で、
 刹那の生命を救ったOガンダムのパイロットこそが、
 イノベイターたるリボンズ・アルマークだったというわけなんです(@□@;)
 つまり刹那にとっては、自分を救ってくれた神=倒すべき敵。

○11年前の武力介入は0ガンダムの性能実験であり、
  機密保持のためその場にいた人間は全て「処分」する予定だった

○しかし、0ガンダムを見上げる刹那の目を「印象的だ」と感じたリボンズは、
  ソラン(=刹那)を見逃した(←この辺のりボンズの描写は小説が分かり易い)

○リボンズはヴェーダを操りソランをガンダムマイスターとして推薦した

 
 …明かされた衝撃の事実ですが、
 刹那が思ったよりも冷静な反応をしてくれたので少し安心しました。
 まぁ内心はぐっちゃぐっちゃだったんでしょうが、
 少なくともティエリアほどには我を失ってはいなかったようなので(※二期8話)
 「君の役目は終わったから、そろそろ返して欲しいと思ってね。
  それ(=ダブルオーガンダム)は本来、僕が乗るべき機体なのだから」
 「断る!!」

 ですよね!!(●°∀°●)

 稀代の名言「俺ガン」を生み出した張本人が、
 今更自分の愛機を他人(しかも敵)に渡せるわけがないっ!!
 リボンズの反応から察するに、彼自身それを分かっていたような節もありますし。
 きっとあれですね、8話のリジェネといい今回のリボンズといい、
 こういった類の精神攻撃が大大大好きなようですねvvだってあの楽しそうな顔!!
 実際、予告を見る限り刹那も精神的に迷いを抱くことになりそうですし。

・わざと銃口をずらし、刹那の右肩を狙ったサーシェス。
 …ってかアレですね、銃を向けたのは刹那のほうが早かったのに、
 その刹那こそが被弾したという事実が
 サーシェスの傭兵としての能力の高さを如実に現してる気がします。
 しかも「わざと」致命傷を与えなかったってことは、
 彼が本気だったなら刹那を確実に殺れてたって意味ですよねっ(ガクブル)
 ―「戦い」という己の生きがいのために、
 刹那を殺さなかったのだと言うサーシェス…(≧△≦;)
 やっぱりこの男はただの戦闘狂なのかもしれない…orz

・どこに行かれるんですか、スポンサー様vv
 
・トレミーに迫る二機の未確認MS―おそらくは敵。
 でもってやっぱりアニューは気にするわけですよ、敵にトレミーの位置がバレてることを。
 この細かい描写が、後に黒田節として炸裂することになるんだろうなぁ(欝)

・なんだか今回、BGMがいつもと違う気がするんですが??
 新しいアレンジのものも多いし、新曲もあります??
 とにかく今までになくBGMが前面に押し出されていて、
 否応なしにテンションが上がりましたっ(燃)

・サーシェスが弱った獲物をいたぶって愉しむ肉食獣に見える…(≧W≦;)
 それでも、右肩を負傷しているはずの刹那が自分と互角以上に渡り合いことに、
 驚きを感じ得ないサーシェス。
 ファングの軌道を目で追う刹那が苦しそう…っ(汗)

・アレルヤとティエリアの戦闘に
 激燃でした!!!!!!(叫)
 戦闘の規模は小さいはずなのに、
 メメントモリ攻略戦よりもテンションが上がりましたもん、私(笑)
 「ハレルヤがいなくてもっ」のアレルヤも(まぁいるんだけどね・爆)
 「僕は人間だぁっ!!」のティエリアも個人的共感度がやばかったです!! 

・ブリングが意外とよく喋ることにびっくりしました(笑)
 しかもキャラに似合わず、話す内容も結構熱いvv
 「ティエリア・アーデ…君はイノベイターだ!!」
 「我々と共に使命を果たせ!!」
 なんて熱い勧誘♪
 リジェネが超変化球ちっくな勧誘だったのに対し、
 ブリングはド直球なイメージです。
 この差は非戦闘用と戦闘用という違いから来るものなのでしょうか??
 「同類を討つのは忍びないが、
  やらねばならぬ使命がある!!」
 それにしてもブリングは「使命」という言葉が大好きですねヾ(*^∀^*)
 頻出単語過ぎるvv
 
・マリナ様の「皆に歌を届けたい」。
 これが「歌が聞こえる」への伏線になろうとは思ってもいませんでしたよ!!

・セラフィムガンダム来たーΣ(゜∀°)ー!!
 セラヴィーの背中の顔が持つ隠しギミックってこれだったのかっ!!
 だかしかし!!!!!!
 すごいんですけど、ティエリアのセリフもカッコいいんですけどっ!!
 なんかちょっと怖いよ気持ち悪いよセラフィム…(^∀^;)
 ってかティエリアはセラヴィーとセラフィム、一体どちらに搭乗してるんでしょう??
 演出的にセラフィムの方かと思ったんですが、よく分かりませんでした(←馬鹿なので)

・え…??ブリング………??????(゜д°)
 また機体が大破しちゃいましたけど、
 彼は無事脱出できたんでしょうかっ!?(汗)
 リヴァイブとリボンズの反応が意味深なんですが、
 ワンセグじゃ画面小さすぎて何がなんだかさっぱりです…っ(≧△≦;)
 
・物質(読み方:ものじち・爆)
 クラウスやシーリンの乗る船を物質にとったサーシェス………。
 こんな姑息な手を使うサーシェスは個人的に嫌だっ!!
 …まぁ、それでこそサーシェスって気もしますが(^∀^;)
 どんな手を使ってでも戦いに勝とうとする彼の姿勢は、
 フェアプレーを重んじるブシドーとは対照的過ぎるくらい対照的ですもんね。
 …う~ん、それにしても物質なんて、
 なんだかサーシェスが一気に小物化した印象orz

・そんなサーシェスでしたが、
 物質をとった甲斐もなくトランザムを発動させたダブルオーライザーに蹂躙され。
 なんかコーラサワーみたいな声が聞こえたんですが、私の幻聴ですよね(笑)
 「ファングぅ!!」と叫ぶ声にも、いつものような余裕が感じられません!!
 そしてそのファングもダブルオーライザーが放った一撃の前に消滅し、
 ついにアルケーの機体にダブルオーライザーの剣が突き刺さったかのように思われた、
 次の瞬間―――。

・12話のラストで起こったのと同じ現象の、再来。
 地上にて子供たちと一緒に歌うマリナ様の歌声が、
 刹那の、そして刹那だけでなくクラウスやシーリン、
 カタロンの他の面々の脳裏にも響いて…。
 
・「歌が、聞こえる…」と呟く刹那。
 マリナ様の声に心を奪われた刹那は、
 アルケーこそ大破させたもののサーシェスに止めを刺し損ねた挙句、
 離脱を許してしまいます。
 本人はそんなこと気にもとめていなさそうですが…。
 ああ、なんだか一期の「戦わなくていいのよ、ソラン」を思い出す展開・演出でしたね。
 すっごく切ないなぁ…(≧Д≦)
 自分を「戦うことしかできない破壊者」と言う刹那ですが、
 マリナ様の歌に反応する部分が存在という事実が確かにあって。
 来週辺り、そういう自分と向き合うことになるのでしょうか??

・EDがマリナ様ソングだったことには驚きました!!
 この演出は予想してなかった…。
 新OP曲が発表されたにもかかわらず新ED曲のアナウンスがなかったのは、
 こういう理由だったんですね。
 ということは4クール目のEDは

①「prototype」継続

②この「Tommrow」継続 

③来週から新OP曲

 
 のどれかになるということ!?
 個人的には①でいいと思っているんですが、どうなるんでしょう!!
 もしも②だったらちょっと困る…(苦笑)
 この一週間どきどきわくわしながら過ごすことになりそうですvv

・私の脳ミソを大混乱に陥れた罪深きCパート。
 ??????
 ルイスに話しかけてる赤髪の彼は誰ですか??
 ブリング髪切りました??(そんなまさかっ!!)
 彼が何かと話題のディバインでしょうか、
 サントラに唯一キャラ名を冠した曲があったという、あの??
 あれ、でも何だかブリングと同じ声のような気もします??
 私あんまり声優さん詳しくはないんで断言はできませんが…。
 でももしこの赤髪の彼がブリングと対になるイノベイターだったとして、
 何でアロウズのパイスー着てるんだろう??
 イノベイターには戦闘用と非戦闘用があるはず―??
 ブリングが戦闘用で…。
 …。
 ??????

・ルイスに新型のモビルアーマー贈るとか、リボンズ!!(▼皿▼)
 そこは自重してくださいっ!!ちっともささやかじゃないーっ(怒)

 個人的にこの14話、めちゃくちゃ燃えました!!
 大貫氏の作画ってことで安心して物語に集中できた上に、
 内容がものすごく濃かった気がします☆
 (演出もすごく好きだったんですが、後から確認したら長崎氏じゃなかったんですね、意外)
 特に戦闘シーンは、久々に激熱に燃えましたっ!!!!!!
 戦闘シーンに関しては二期で一番好きかもしれません(*≧∀')ъ
 叫ぶアレルヤとティエリアの姿に、
 一期のラストバトルを思い出して感慨深くもなり…。
 それにしても来週が気になりますね!!
 凄絶なる揺り戻し―刹那が過去と向き合うのでしょうか??
 とにかく今週は大満足でした♪
関連記事
 
noname #-
No title 
旧日記によく書き込みさせていただいてた者です。

早いもので、元記事の掲載日を見て、そんなに前だったかと驚いています(笑)

私もアニメを見ない人間だったのですが、00にはすごくハマってしまい、劇場版は県外からキャナルシティ博多まで初日に足を伸ばすほどに熱中してしまいました。

今になって思うと、ストーリーや設定は、よく理解できてない部分もあったかもしれないですが、00の登場人物ってなんだかほっとけない魅力があったんだなと今になって感じています。

これからも、時々覗かせていただきます。
まりお #qjsITxmk
nonam様☆ 
nonema様、こんにちは!!
そして…お久し振りですっ!!(嬉)
この「久し振り」という言葉が言えることが、すごく嬉しいです^^
ご訪問、そしてコメント、本当にありがとうございます☆

私ももともと「アニメ?SF??」的な人間でしたので、
特にMSの設定等については正直ほとんどついて行けていなかったと思います(笑)
そんな私ですら惹きつける引力…キャラクターであったり、物語であったり、が、
00には確かにあったと、今でも思っています。

以前ご覧いただいていた時をなぞるような形になるかとは思いますが、
これからも更新頑張っていきますので、
ぜひまた遊びに来てください♪
noname #-
No title 
お返事ありがとうございます!

2期から劇場版の頃、同じく普段アニメを見ない身として、共感しながら感想を読ませていただいていたのを思い出します。

私はあれから、設定が00に似ていると聞いてダンクーガノヴァというロボット作品を見たり(ストーリーの方はかなり微妙でしたが(苦笑)、登場人物がサバサバした性格で好きになりました)、モデルの平子理沙さんの影響で萌系のアニメも少し見てみたりしましたが、やっぱり思い入れでは00が一番です!

この何年かの間、劇場版のDVDを購入したり、慣れないゲームに手を出して挫折したりしましたが、歳のせいか(笑)、段々と感動が薄れていくのを感じていました。
先日久しぶりに、まりおさんの日記を読んでいて、00への熱を思い出させていただいたところです。

同じく普段アニメを見ない人でもハマると聞いて、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」という作品を見たのですが(主人公とヒロインが沙慈とミレイナの方でした!)、今週末に劇場版が公開されるという事で、観に行って来ようと思います!

こちらのサイトもまた、ちょくちょく通わせて頂きますね!
まりお #qjsITxmk
nonam様☆ 
nonema様、こんばんは!!そして…お返事遅くなってしまい、本当に申し訳ありません><

00の物語は一旦終わったものの、nonameさんは他のアニメ作品などにも目を向けていらっしゃるということで、
その前向きな姿勢素晴らしいですね♪
私は相変わらず00以外にはなかなか惹かれない状況が続いているので、見習いたいです!!

現在更新が不定期になっていますが、ぜひこれからもお付き合いください^^
よろしくお願いします☆

秘密にする

 
トラックバックURL
http://grhm2307.blog.fc2.com/tb.php/44-4171fd7c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。