スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガンダムビルドファイターズ 第1話『セイとレイジ』感想 
 永らくご無沙汰しています(*_*;
 当ブログの管理人、まりおでございます。。。

 楽しみにしてくださっている方がいるかは分かりませんが、
 記事の更新が滞っていて…本当にすみません><
 理由は斯々然々、言い訳っぽいことが色々とありはするんですが、
 今日はそんなことより、ガンダムビルドファイターズですよ!!

 遂に始まりましたね!新作のガンダム!!!
 ブログでこそ沈黙してはいましたが、
 すっごく心待ちにしていました、私!このビルドファイターズ!!!

 だって、監督があの長崎健司氏で、脚本が黒田洋介氏ですよっ(大声)
 00大好きな私にとって、期待値MAXになるなというのが、無理な注文です。 

 で、実際に第1話、がっつり観た感想なんですが…。

 期待通りのおもしろさでしたっ☆

 いやぁ~比較したくはないんですが、
 前作(AGE)の一話目が「…」って感じだったのに比べれば、
 ドキドキワクワク、
 なんだか童心に還ったような気持ちで30分、視聴することが出来ました。

 なんか、キャラクターがみんなかわいらしいというか、親近感が湧くというか。
 主人公のセイがいい子でニヤニヤしてしまいました^^
 ライバル(?)のサザキもいい味出してましたし(私この子意外と好きかもしれませんvv)
 レイジはなんなだろうなぁ~急に消えたり現れたり、
 如何にも“謎”なキャラクターなんですけど、明るさげな性格のためでしょうか、
 作品全体の雰囲気を楽しげな方向に引っ張り上げてる感じがしました。
 彼の正体はおいおい語られていくのでしょうが、
 実は人間じゃなかった~なんて展開があったりして。
 ―あ、でも一族どうのこうの言ってたから、やっぱり人間かな?
 
 あと、なんといっても作画の素晴らしさ!
 人物はもちろん、MSの戦闘シーンの動き、見せ方、
 さすが長崎氏、って感じでしたねっ^^テンション上がりました~vv
 毎週このレベルが維持できるなら大したものですよね、
 サンライズの腕の見せ所!楽しみですね!!!

 全体的に楽しく見れました、ビルドファイターズ!
 話自体は、奇をてらうわけでもなく、
 終始王道を地で行っている感じだったんでうけどね。
 「ここらあたりでセイとレイジが出会って」→やっぱり、
 「セイのピンチにレイジが助けに来て」→やっぱり、
 「でもレイジ消えちゃうんだろうなぁ」→やっぱり!
 さすがにCパートで、セイの家で夜ご飯頬張ってるとこは予想できませんでしたが(笑)
 でも、この引きで俄然次話が待ち遠しくなりましたね!
 この辺りの細かい部分が、黒田氏の上手さのような気がします。
 
 他の方のブログ等をチェックしてみましたが、
 概ね好意的に受け入れられてるみたいですね。
 私の推測ですが、このビルドファイターズ、
 観てる人間の“童心”をワクワクドキドキさせてくれる出来に仕上がっていたことが、
 「おもしろい」という感想に繋がったんじゃないかと思います。
 子供の心で観れるというか…。
 思い返せば前作のAGEについて、「子供向け」だとか「子供騙し」だとか、
 “子供”という単語をもってその是非(というかほとんど非?)が語られていましたが、
 対象年齢やターゲット層という概念がどうであれ、
 本当におもしろい作品であれは大人子供関係なく、
 楽しめると私は思うんですよね。
 実際、今回の私がそうでしたので^^

 とはいえ、まだ始まったばかりのビルドファイターズ。
 これからも期待に違わぬおもしろさをもって展開していってくれるのか否か、
 来週以降も視聴を続けたいと思います☆
関連記事
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://grhm2307.blog.fc2.com/tb.php/47-82aabbad
 
常連のラルさんはズルい! くっそ、こんなふざけたネタで笑わせられるなんて悔しい! でも楽しい! というような具合でシリアスなストーリーの都合から解き放たれて、 自由に好きなMS同士を戦わせられるメカアニメーター垂涎の新作ガンダム。 下手をしなくとも本編より動いて活躍する機体が続々、という感じ。 Vガン系統とかはこういうオモチャ企画のために作られたような機体だ!(皮肉) プ...
 
[新]ガンダムビルドファイターズ 第1話 『セイとレイジ』 ≪あらすじ≫ 時は近未来。 アニメ作品『機動戦士ガンダム』のプラスチックモデル ――通称『ガンプラ』が1980年代に一大ブームメントを起こしてから早幾年。 今、第2次ガンプラブームと呼ぶべき、新たな波が世界を席巻していた。 その人気を牽引しているのが、『ガンプラバトル』の存在である。 仮想空間のCGなどで...
 
新番組のお試し視聴です。ガンダムとタイトルについていますが、これまでのガンダム・シリーズとは関係なく、ガンプラでバトルするという子供向けアニメでした。 放映前は、ガンプラで戦う!?と内容に懐疑的だったのですが、実際に放映されたものを見てみたら、意外と面白かったです。主人公のイオリ・セイは、とてもうまくガンプラを作ることができます。プラモ屋をしているセイの家は、お父さんがいません。どうし...
 
ガンダムシリーズのホビー系バトルアニメ『ガンダムビルドファイターズ』を観てみました。
 
グラハム「話は聞かせてもらった。その勝負、 私がジャッジしよう」 母「誰この人?」 セイ「最近店によく来るんだけど、 なんか変な人なんだ。 フラッグに乗って疑似太陽炉搭載のガンダムを倒した事があるとか… 絶対嘘に決まってるけどね」
 
グラハム「話は聞かせてもらった。その勝負、 私がジャッジしよう」 母「誰この人?」 セイ「最近店によく来るんだけど、 なんか変な人なんだ。 フラッグに乗って疑似太陽炉搭載のガンダムを倒した事があるとか… 絶対嘘に決まってるけどね」
 
ガンプラ作りの天才イオリ・セイと操縦の天才レイジ、 二人の少年がガンプラバトルに情熱を注ぐ話 二人は同一人物なのかな ガンダムシリーズの作品って、 ガンダムのデザイン、仮面の男、通常より三倍速いMS、コロニー落としetc、 いつまでもファーストの呪いに縛られていると思ってきたけど、 遊び心でうまく転化させていたね。観てて楽しかったです。 ラルさんもラブリーだったし。声優さんがお元気だからでき...
 
ガンプラ作りの天才イオリ・セイと操縦の天才レイジ、 二人の少年がガンプラバトルに情熱を注ぐ話 二人は同一人物なのかな ガンダムシリーズの作品って、 ガンダムのデザイン、仮面の男、通常より三倍速いMS、コロニー落としetc、 いつまでもファーストの呪いに縛られていると思ってきたけど、 遊び心でうまく転化させていたね。観てて楽しかったです。 ラルさんもラブリーだったし。声優さんがお元気だからでき...
 
78 名無しになるもんっ♪ sage New! 2013/10/07(月) 18:00:11 ID:??? いきなり気合入ってるなw

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。