スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2月20日はユニコーンの日!! 
 2月20日は、「ユニコーンの日」!!!!!!

 と、いうわけで(どういうわけやねん!!)、
 公開初日に全力で観てきました、「機動戦士ガンダムUC」!!(*>ω<*)


【機動戦士ガンダムUC episode1「ユニコーンの日」】(元記事作成日:2010/02/20) 
 
 ―と冒頭からテンションA★GE★A★GE状態の私ですが、
 ぶっちゃけ話自体にはさぁぁぁっぱりついていけませんでしたっ(←ぉぃ)
 まぁでも、そうなってしまうのも、至極当然の話なんですけどね(^∀^;)
 だって、今でこそこんなブログを運営している私ではありますが、
 その正体は00以外のガンダムシリーズについてはほとんど無知の、
 いわば「ガンダム初心者」なわけですから…(恥)
 UC上映中の60分間、常に
 「ネオ・ジオンスペースノイド一年戦争??…なんか聞いたことはあるけれど…??????」
 みたいな感じで、脳内にクエッションマークが乱舞しまくっていましたもん(苦笑)
 我ながらなんて情けない…(≧△≦;)
 ―前々から思っていたことではあるんですがが、
 改めて今日、強く心に決めましたとも!!
 「00以外のガンダムも早く観よう!!!!!!(特にファースト)」
 つまり2月20日という日は、記念すべきユニコーンの日であると同時に、
 私が、ガンダムへの想いを新たにした日でもあるわけです♪

 ―なんて、私のどーでもいい決意は脇に置いといて。
 肝心の作品の話を。

 なんだかんだ言っても、UCは最高におもしろかったですっ(●°∀°●)
 ストーリーに関しては、前述のような感じではありますが、
 言ってみればこの「ユニコーンの日」は壮大なストーリーの序章的存在。
 ガンダムビギナー且つ小説未読の私が一発で全てを理解するなんて、
 それこそ畏れ多いというもの。
 今後数年をかけ語られていく物語(全6episode)だからこそ、
 ちりばめられたキーワードや伏線を、
 30年という時間の重みを反芻しながら
 じっくり味わっていければいいんじゃないかなと思っています☆
 (その為にブルーレイも買いましたしね♪)

 じゃあ何をもって私がUCを「最高におもしろかった」と評するかというと、
 ずばり映像っ!!!!!!
 さすが映画と言うべきか、戦闘シーンをはじめとしてあらゆる映像が非常に美しく、
 単に「見応えがある」どころの騒ぎじゃなくて。
 演出が私好みだったことも手伝い、
 60分間、どのタイミングで瞬きをすればいいのか分からなくなるぐらい、
 視覚的にただただ圧倒されました。
 それこそ、テレビ放映時の00の映像がチャチく感じられるほどに(笑)
 その凄さを、言葉で巧く表現できない自分に苛立ちさえ覚えますが、
 この感覚は、実際に劇場で作品を観られた方なら分かってくださるのでは。
 MSの動きひとつとってみても、アニメ作品とは思えないほど滑らかで、
 実写作品なんじゃないかと錯覚してしまうほど。
 あと、細かいディティールの描写も個人的にすごく興味深かったです(゜∀゜)
 例えば、強い衝撃を受けたMSのコックピット内で
 自動車のエアバックもどきがパイロットを保護する設定。
 思わず「なるぼど!!」と膝を叩く想いでした。
 考えてみたらすっごく当たり前のことなんですけど、
 00でこういう光景に出会ったことがなかったので逆に新鮮で。
 新鮮という意味では、
 マリーダが搭乗するクシャトリヤのファンネルにも同じことが言えますね。
 あれってつまり、00のファングと同じようなシステムなんでしょうけど、
 私にとってはどうしてもファングのイメージが先に在るんで、
 「ファンネル」って呼称がなかなか耳に慣れてくれなくて(笑)
 でも正直、00キャラの誰よりも、
 このマリーダの方がファング(ファンネル)の扱いには長けてる気がしましたvv
 というかクシャトリヤがめちゃめちゃ強くてめちゃくちゃ格好良かった///
 最初はあまりのゴツゴツっぷり+4基の多機能バインダーという一種異様な外見に
 若干引き気味だった私ですが、
 終盤に差し掛かる頃には完全に「素敵過ぎる~(惚)」状態でしたから(*>ω<*)
 やっぱりMSは、強くてこそ!!ですよね☆
 そしてその強さにおいてクシャトリヤの上をいったのが、
 主役機のユニコーンガンダム!!
 「白」と「角」が特徴的なそれは、
 起動が終盤だったこともあり、
 戦闘シーンらしいシーンこそほとんどなかったものの、
 クシャトリヤを圧倒した上で満を持してのNT-Dの発動と、
 タイトルにその名を冠するに相応しい活躍を見せてくれました☆
 本格的な戦闘を敢えて次のepisode2に持ち越し観る側の飢餓感を煽るあたり、
 制作側もさすがによく考えていらっしゃいますよね(笑)
 ラストカットのユニコーンの姿が、網膜に焼き付いて離れませんもん!!
 
 そうそう、ユニコーンと言えば!!
 バナージがドックでカーディアスと再会してから起動に至るまでの過程が、
 素晴らしい演出と素晴らしい声優さん達の演技により
 秀逸な場面に仕上がっていて、
 個人的にオススメのシーンです(*≧∀')ъ
 ネタばれになるので詳細は伏せておきますが、
 特に小説を読んでないこともあって、
 私にとっては正に「これ運命キターっ!!」って感じでvv
 一介の少年でしかないはずのバナージが、
 一気に物語の主役としての存在を確立させた上での、ユニコーン覚醒…。
 燃えるな、という方が無理な注文ですよね!!

 音楽も全編通して物語を盛り上げる役割を果たしていて◎、
 文句無しの仕上がりでしたし(*'∀')ノ

 秋公開のepisode2「赤い彗星」が今から待ち遠しいです♪ 
関連記事
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://grhm2307.blog.fc2.com/tb.php/6-7102c81c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。