スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガンダムビルドファイターズ 第17話『心の形』感想 
 
ガンダムビルドファイターズ Blu-ray Box 1 [スタンダード版] <期間限定生産 2015/03/25まで>ガンダムビルドファイターズ Blu-ray Box 1 [スタンダード版] <期間限定生産 2015/03/25まで>
(2014/03/26)
小松未可子 他 商品詳細を見る

 VSマオ編、あと5話ぐらい使ってじっくり描いて欲しかった!!(んな無茶な)
 マオが好き過ぎて、そんな風に思わずにいられなかった17話。

・時は少し遡る。
 昔のマオ。
 既にガンプラビルダーとして十分な腕を持ってはいた彼は、
 しかし、成長途中の若者が皆そうであるように、井の中の蛙でしかなかった。
 ある時、ガンプラ心形流の師範である珍庵の強さを目の当たりにしたマオは、
 ガンプラが秘める奥深さの虜となっていく―。

・―マオの語りから始まったアバンが、
 今回の物語の方向性を指示してるように思えます。
 そう、今回のこの「心の形」はヤサカ・マオの物語。
 15話のフェリーニ回が神回だったので、
 今話もどんな風に魅力的にマオが描かれるのかと思って、
 一週間、すごく楽しみに待っていました。
 
 結果を言ってしまえば、“もっと描いて欲しかった”。
 1話でまとめてしまうには、マオというキャラクターは魅力的過ぎ。
 (まぁこれは他のBFキャラ、皆に言えることなんですがね)
 決戦前と決戦時に各1話ずつぐらい使って(←冒頭と比べるとさすがに少し現実的になった)
 心形流についてももっと触れた上での、マオの成長を観たかったなぁ。
 2クールという時間的制約上無理なのは分かっているんですが。
 
・…と、こんな風にぐだぐだとご託を並べてしまうのは、
 ただ単に、私自身がマオの“負け”を見たくなかったから、なんですよね、実際。
 愛着のあるキャラが敗退していく姿は、やっぱり哀しいなぁ。
 たとえ、それがどんな熱戦の結果であっても。
 
 ―決勝トーナメントの間ずっとこんな気持ちが続くのかと思うと、
 だんだん辛くなってきちゃいます(ノД`)・゜・。
 
・チナの作文朗読的な口調の状況説明にニヤニヤvv

・ホテルの部屋で、ポテチ食べてるアイラ。
 その目の前には、先日レイジと一緒に初めて作った&戦ったコマンドガンダムが。
 捨てたりせず、ちゃーんと大事にとってアイラにまたニヤニヤ。
 その機体を眺めながら想うのは…やっぱりレイジのことですよね!!///キャー

・決勝トーナメントの組み合わせ発表が行われる大事な日に、
 まるでお約束のように寝坊するセイとレイジvv
 寝坊はラルさんの専売特許だと思っていたのに、違ったんですんね(笑) 
 そして、寝ぼけ眼のセイの言動に爆笑!!夢の中でもビルドストライク!!(爆)
 さらに、慌てて会場に向かうセイの「人類はニュータイプになって~」にまた爆笑!!
 そりゃぁレイジも訳分からないですよねvv

・会長に到着したセイとレイジは知ります。
 初戦の相手がマオだということを。
 ―約束を果たす時が、
 世界の舞台で決着をつける時が、遂にやってきたことを。

・トーナメントにおいて初戦が大事なのはもちろんですが、
 その先もまた同じく重要になってきます。
 組み合わせを見るに、セイ・レイジVSマオの勝者が2回戦で戦う相手は、
 よほどの番狂わせがない限り、ニルスでほぼ決まりのようです。
 
 ―これ、ちょっと予想外だったので驚きました。
 巷(某掲示板や感想ブログ界隈)では、
 ニルスはメイジンと戦うことになるだろうとの予想がメジャーでしたし、
 私自身もそう思っていたので。
 だって、そうでしょう?
 プラフスキー粒子の謎を解き明かしたいニルスと、
 PPSE社の看板を背負ったメイジン・カワグチ、
 視聴者的に因縁深いものを感じるのも仕方がないですよね?
 逆に言うと、ニルスは主人公組と今までほとんど絡んでいないので、
 いざバトルになったときに盛り上がりに欠けるんじゃないかなぁ、
 なんて余計な心配が頭をよぎったりもするんですが、
 そのあたり長崎監督と黒田氏がどうまとめてくるのか。
 やっぱりあれですかね、
 セイとレイジの熱に触れてクールなサムライボーイが燃えに目覚める展開なのかな?

・ビルドストライクとのバトルを脳内シュミレーションするマオですが、
 どんな展開に持ち込んでも勝てる気がせずに、思い詰めた様子を見せています。
 そんな彼が思い出すのは、珍庵との出会いと修行(??)の日々―。

・回想の中の“修行”はガンプラバトルとの関連性が高そうには見えず、
 マオ自身が疑問を口にするのも納得のおちゃらけ度合いでした。
 魚釣りに虫取り、川遊びしてスイカ食べて…ぶっちゃけ遊んでるだけ。
 でも、珍庵が掲げる流派名を思えば、
 なんとなく納得できるような気がします。
 心形流。
 心の形。
 修行―遊びという名の豊かな経験の中で培わられる、豊かな“心”こそが、
 人間の強さを形作っていく。
「自分が経験したことを糧に、イメージを膨らませ、
 心の中に浮かんだイメージを形にしていく」
 珍庵のこの言葉、正に心形流そのもの、って感じです。
 
・珍庵のガンプラの棚に、ガンプラ作品の女の子たちのフィギュアが飾ってあるvv
 王留美に至っては水着vv


・明日のバトルにどうしても負けたくない想いに突き動かされたマオ、
 珍庵のもとを訪れ、心形流の必殺技を教えてくれるよう土下座して頼みます。

・ここでAパート終了。
 そして、このあたりから今話の時間配分が非常に気になりだす私(苦笑)
 残り半分でマオの修行を描いて、バトルも描いて…時間足りるのか…?
 トーナメントで主人公と当たった時点で勝敗はある程度予想できているとはいえ、
 大好きなキャラクターです、
 例え負けるとしてもその過程はしっかり描いてほしい。

・マオの気持ちに応えるように立ち上がった珍庵、
 遂にマオに心形流の秘儀を伝授するのか―と思いきや、
 唐突に始まる取っ組み合い(正解に言うと、マオが投げ飛ばされてるだけですが)。
 容赦ない珍庵の投げ技に、雨の中ボロボロになっていくマオ。
 朦朧とする意識の中で、マオは珍庵とのあるやりとりを思い出していました―。

・今話で分かったこと=珍庵がドスケベだということ。フィギュアといいみかんといい。
 ガンダム作品の中で好きな女性キャラとして挙げたSEEDのマリュー艦長の、
 揺れるおっぱいを思い浮かべながらの、卑猥な言動…みかんでおっぱい…(白い目)。
 ※何を言っているか意味が分からない、そこのあなた、今すぐ本編を確認してきてください!!

・好きなものに理屈なんていらない。
 卑猥な言動の後の、珍庵のこの言葉。
 度々語られる「遊びだからこそ夢中になれる」と共に、
 BFにおいて双璧を成す名言だと、私は思います。
 遊びだから夢中になれる。
 好きだから夢中になれる。
 ―その先に待っているのは、理屈を超えた熱!!(燃)

アニュー声のミサキちゃんもマオを応援にやってきた!!

・もやもやが吹っ切れた表情で会長に現れたマオ、
 そしてそれを待ち望んでいたセイとレイジ。
 いよいよ、約束のバトルの幕が上がります。

・いつものように、バトルについてはただただ「すごい」の言葉しか出てこないんですが、
 どうしてもひとつだけ言いたい。

 ビルドストライクのシールド、壊れるの早っ!!

・あと、最近思うんですけど、
 戦闘中に相手の武器に攻撃が当たるシーンあるじゃないですか?
 あれって、面積の狭い武器に攻撃当てるより、
 機体本体を狙うほうが面積大きくて狙いやすいし、即勝ちに繋がるし、
 絶対利口じゃないですか?
 なのになぜ、みな武器を狙うんだ…?
 今回だってビルドストライクもX魔王も共に相手のライフルを撃ちぬいてましたが、
 ちょっと横に照準ずらしてさえいれば、次の瞬間には勝負ついてたかもしれないのに…。

 
・野暮な疑問はもっと大きな疑問に掻き消されてしまいます。
 即ち「ラルさん、一体何者なんだ…」という疑問に。
 いや、むしろここまでくるともう疑問と言うより“疑念”と言ったほうが正しいかも…。
 珍庵さんとも知り合いらしいラルさん、どれだけ顔が広いのかと。

・ビルドストライクとX魔王の熱闘を見つめる者たちの表情が、また、良い。
 圧倒されているアラン、脅威を感じているフェリーニ、
 そして感嘆の声をあげるニルス。
 ―本人は無意識なんでしょうが、
 だんだんと胸に熱いものが芽生え始めている様子のニルス。
 待ち受ける、セイたちとのバトルが楽しみですね(*'▽')

・互いの渾身の一撃がぶつかり合った結果、
 ビルドストライクとX魔王との試合は終了しました。

・試合後のマオと、彼を出迎えたミサキ。 
 向き合った二人の、
 表情が見えているミサキと帽子の影で見えないマオの対比が、切ない。
 バトルの決着を敢えて明確に描写しなかったからこそ、
 このシーンによってもたらされる“マオの敗北”という情報が、
 より効果的に胸を痛くする。
 ミサキちゃんの前ではかっこつけても、
 ひとりになった途端に悔しさに嗚咽するマオの姿があるから、余計に…。

・でも、涙を拭ったマオは笑顔で宣誓します、
 これからも前に進み続けることを―。
 
・一方、勝利の余韻に浸っていたセイとレイジの目の前に、
 衝撃の光景が飛び込んできます!!
 優勝候補の一角と目され、セイたちとも何度か刃を交えたルワンのアビゴルバインが、
 見るも無残に破壊されている…!?
 ルワンの相手は、ビリーレナード兄弟。
 余裕綽々のその様子からは、一筋縄ではいかない雰囲気が感じられます…。
 VSメイジン戦の来週がマジで楽しみ!!

 マオ、負けてしまいましたねー(ノД`)・゜・。
 初期から登場していたキャラだけに、その負けがなかなか受け入れられない…。
 本当に、あと5話ぐらいかけてじっくり戦ってくれても良かったのに!!(無理を言うな)
 この調子でこれからどんどん脱落者が出てくると思うと、
 いっそこのまま世界大会中止になれば…なんて現実逃避したくなっちゃいます(笑)
 
 ―なんて感傷、来週の予告見たら吹き飛んじゃいました!!(え…)
 メイジンVSレナード兄弟のバトル!!まさかのメイジン苦戦みたいじゃないですか!!(燃)
 ルワンやレナード兄弟はメイジンやアイラの圧倒的な実力を際立たせるための
 カマセになるものだとばっかり思っていたので(実際ルワンそうなりましたが)、
 超意外です!!!!!!
 不利な状況に顔を歪めるメイジンが早く見たいっ( *´艸`)(切り替え早くてすみません)
 一週間が待ち遠しいなぁ☆
関連記事
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://grhm2307.blog.fc2.com/tb.php/81-3144f63b
 
ガンダムビルドファイターズの第17話を見ました。 第17話 心の形 世界大会の決勝トーナメントが始まり、セイと レイジはマオと戦うこととなる。 マオはフェリーニと互角以上の戦いをしたスタービルドストライクに脅威を感じており、どうしても勝ちたいと思い詰めたマオはガンプラ心形流造形術の珍庵師匠の元へ向かい、新たな奥義を授けて欲しいと願い出る。 「いつまでそこにおる気や?...
 
ガンダムビルドファイターズ17話の見所の一つは、 前回の次回予告にも登場していたS(スペリオル)ガンダムの登場だろう。 数秒とはいえ、まさかこのSガンダムが アニメで登場する姿を見られたのは嬉しかった。 このSガンダムは「ガンダムセンチネル」という 模型雑誌「モデルグラフィックス」内の企画で誕生したMSだが、 この企画には様々な経緯があったようだ。 平た...
 
ぐりぐり動くガンダムXの姿が見れたのはX好きとして嬉しかったです。 X魔王の魔王剣はプレバンになっちゃうんですかね。 世界大会の決勝トーナメントが始まった。 セイとレイジの第1回戦の相手は、なんとヤサカ・マオ。 東京で出会い、世界大会で戦おうと誓い合った約束が、ついに果たされることと なった。 しかし、マオは、フェリーニと互角以上の戦いをしたスタービルドストライクに 脅威を...
 
マオとの再戦!  心のまま楽しむことこそガンプラ心形流の奥義。 マオはエマさん、師匠は巨乳なマリューが好きなわけですが(^^;   世界大会の決勝トーナメントが始まった。 セイとレイジの第1回戦の相手は、なんとヤサカ・マオ。 東京で出会い、世界大会で戦おうと誓い合った約束が、ついに果たされることとなった。 しかし、マオは、フェリーニと互角以上の戦いをしたスタービルドスト...
 
好きだからこそおもろいバトルを。 前のフェリーニとのバトルに師弟色があるとするならばマオとのバトルは友情色。 これまでは仲良く楽しくやってきたからこそ、いざ真剣勝負となると負けられない。 プラモ制作の腕はセイと張るけどレイジがいる分は不利を否めないというところで、 そこは師匠に教えを乞うというような話。男がおっぱいを好きなことに理由はない! でもマリューの名前が出たのは中の...
 
ガンダムビルドファイターズ 私だ あらすじ 世界大会の決勝トーナメントが始まった。セイとレイジの第1回戦の相手は、なんとヤサカ・マオ。 東京で出会い、世界大会で戦おうと誓い合った約束が、ついに果たされることとなった。 しかし、マオは、フェリーニと互角以上の...
 
好きこそ物の上手なれ。
 
悔し涙は明日へのチカラ。
 
決勝トーナメント開幕&マオとの決着回でした。 むしろ、主人公はマオだろ!というレベルのスポットの当たりぶりで、師弟関係を濃密に描いた良い話にまとまっていて感動的でしたね。 どうしてもレイジとセイに勝ちたい!と、純粋に願い過ぎた故に目が曇ってしまったマオで...
 
投稿者・フォルテ 今週はガンプラじゃないけどギザギザのサーベルだけ改造したX1フルクロスだ!(祝ロボ魂)今週活躍したGXと同じく背中にX背負ってるからいいよね! HG 1/144 ガンダムX 魔王 (ガンダムビルドファイターズ)(2013/11/09)バンダイ商品詳細を見る ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日と金曜日21時半から ア...
 
ガンダムビルドファイターズ 第17話 『心の形』 ≪あらすじ≫ いよいよ始まる決勝トーナメント。セイとレイジの初戦の相手は、同じ日本ブロックから出場してきたマオ。いよいよ因縁の対決に決着をつける時が来た。 しかし、セイの作り上げたスタービルドストライクと相性が悪いマオのエックス魔王。プラフスキー粒子を柔軟に使いこなすスタービルドストライク相手では近接戦ではパワー不足、得意のサ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。