スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガンダムビルドファイターズ 第18話『ブラッド・ハウンド』感想 
 
ガンダムビルドファイターズ Blu-ray Box 1 [スタンダード版] <期間限定生産 2015/03/25まで>ガンダムビルドファイターズ Blu-ray Box 1 [スタンダード版] <期間限定生産 2015/03/25まで>
(2014/03/26)
小松未可子 他 商品詳細を見る


 私がユウキ会長に惚れ直したのも必然!!メイジン・カワグチがかっこ良すぎた18話。


・前回のCパートのおさらい。
 ルワンダvsレナート兄弟戦で何が起きていたのか―??
 ―ジムスナイパーK9の超長距離射撃を躱し、
 アビゴルバインの有利な接近戦に持ち込んだルワンでしたが、
 突然アビゴルバインの関節部が爆散し、
 レナート兄弟の前に敗北を期すことになったのでした。

・ルワンダの敗北を知ったフェリーニは、ラルさんと密会中??(笑)
 本当に、いったい何者なんだろう…ラルさん…。
 予想外のレナート兄弟の勝利を、隠されていた爪に例えたラルさんですが、
 私はむしろ、ラルさんこそが何か大きな秘密を隠しているような気がしてます!!

・ルワンを倒したレナート兄弟について、
 世間は「さすがに次の試合には勝てないだろう」と予想しています。
 なぜならば、レナード兄弟の次の対戦相手は我らがメイジン・カワグチだから。
 この世界のSNSらしきものに次々と投稿される“メイジン有利”の予想に、
 弟のフリオ・レナートは面白くなさそうな様子ですが、
 兄のマリオ・レナートは逆に愉悦の表情。
 ―いいね、いいですね!!レナート兄弟のこのキャラクター!!
 特に兄貴のドSっぽい性格が素敵ですvv
 「聞こえてくるだろう??世界中の奴らの、肝が潰れていく音が」
 このセリフ、後半のメイジンの「必然だ!!」と並んで、
 私の中で18話を象徴する名台詞に決定いたしました!!

・先週、セイとレイジに負けたマオでしたが、
 元気そうで良かったー^^本当に良かった(安心)
 たとえ色恋沙汰でデレデレになって、ちょっとウザい雰囲気を醸し出していても、
 落ち込んでいるマオを見るよりはずっとマシですからね!!
 …って言ってたら、後半激しく凹んだ様子のマオを見てしまうことに…。

・マオがミサキとデートなら、セイとチナもなんだかんだでいい感じです♪
 …と思っていたのに、色気より食い気のアイラの登場により、場の雰囲気が変質(笑)
 焼きそばと餃子の間で幸福な逡巡をめぐらすアイラの、
 あの幸せそうに頬を染める表情…、
 セイたちが赤くなっている理由とのギャップに、笑っちゃいます(笑)

・そこにレイジも登場したことで、
 セイ、チナ、レイジと一緒にランチをすることになってしまったアイラ。
 流れで自己紹介をすることになったものの、
 本名を名乗れない彼女は咄嗟に「…アイナと言います」と嘘をついてしまいます。
 さらに、この辺りにいる理由について問われると、
 友達に誘われてガンプラ選手権を見るために静岡に来た、と…。
 ―セイたちを巻き込む形で、レイジとの距離を縮めたアイラですが、
 彼女の進む先に幸せな未来は果たして待ってくれているのか??
 アイラ大好きなんで彼女には本当に幸せになって欲しいと思うんですが、
 脚本家が脚本家だけに、油断できない…。
 
 そんなアイラ、せっかくここでレイジ以外の同世代の子たちと知り合ったんですから、
 私としては恋する(vv)女の子同士、チナと交流を深めてほしいなぁ、
 なんて思ったりしています。
 恋を知るのはもちろんですけど、やっぱり友情を知ることも大事だと思うんですよね!!
 チナとアイラ、正反対のふたりだけど、良いコンビになれるはず!!

・レナート兄弟の対ルワン戦を分析しているのは、
 ユウ…メイジン・カワグチとアラン。
 アビゴルバインの敗因となった関節部の損傷について、
 原因となった攻撃の正体が掴めていない様子ですが、
 メイジンには不安の色は一切なし。
 むしろ想うのは“メイジン・カワグチ”としての自身の在り様と、
 勝利の先にあるもの。
(そうすれば…)
 アランとの会話の合間に描かれた、メイジンのこの独白。
 そうすれば、の後に続く言葉が気になります。
 周りから見れば気が触れたようにしか見えないメイジンの言動ですが、
 ニルスと同じように、まだ語られていない秘めたる何かがあるのか。

・対するレナート兄弟。
 明日に控えたメイジン戦について、総力戦で臨む方針を伝える兄。
 それを受けた弟のセリフが意味深。
「二代目メイジンに比べれば、三代目なんて“ごっこ遊び”のレベルじゃねぇか」
 兄・マリオの、尋常でないメイジンへの執着と相まって、
 二代目メイジンとの接点を疑ってさえしまうレナート兄弟ですが、
 結局今話ではその辺りについて詳しい言及はなし。
 なんなんだろうな~気になるなぁ。

・大食いキャラで似た者同士、お似合いのレイジとアイラに癒されていたところ、
 闇状態のマオが登場(笑)
 冒頭のテンションとのギャップが凄まじいですね。
 …まぁどうせ、ミサキとのデートがダメになったとかなんだろうなぁ、
 なんて予想していたら、事態は少し私の予想の斜め上を行っていましたvv
 まず、マオが思った以上に肉食というか、がっつくキャラだったことに衝撃vv
 危うくチューしてしまいそうな勢いやん。
 そしてミサキの「早い、早すぎるわ!!」にも爆笑。
 早くなかったら受け入れてたのかとvv

 ―がっつり凹んでるマオですが、どう考えてもミサキ脈ありじゃないですか??
 何も落ち込む必要なんてないよ、マオ!!君も立派なリア充だ!!
 …それにしても、
 レイジにだけは「デリカシーがない」なんて指摘されたくないですよねvv
 チナの貧乳に「気にすることない」と声をかけてビンタ喰らってたのはどこの誰だ(爆)

・そして、わいわいがやがやしてるセイやレイジ達を、静かに見つめるアイラ。
 その穏やかな微笑みが、少し哀しそうなのは気のせいか…。
 あの輪の中に入りたいという羨望と、
 自分は入るわけにはいかないという自重の念が透けて見えるのは気のせいか…。
 …どうか私の気のせいであって欲しいなぁ。
 ―いつかアイラが皆の真ん中で心の底から笑うことのできる日が、来ますように。

・あまりにも周りがメイジンの勝利を疑っていないので、
 逆にそれがメイジンの敗北フラグなんじゃないかとの疑いが私の中で深まる中、
 メイジンとレナート兄弟のバトルがスタート。

・今回のバトル、今までとは一風変わっていて、超面白かったですね!!
 6話や15話みたいな熱い根性論みたいな戦いも好きだけど、
 レナート兄弟みたいな狡猾さも嫌いじゃないです、私!!
 彼らの相手がリアル冷静と情熱の間みたいな性格の
 メイジンことユウキ先輩だったことも、面白さに拍車をかけていたように感じました。
 だって、これが直観的な性格のレイジだったら、
 もっと違った展開になっていたでしょうから。
 それはそれで見て見たかった気もするけど、
 今回はユウキ先輩がとにかく素敵過ぎでした( *´艸`)

・そしてケンプファーアメイジング、マジかっこ良すぎvv
 前々から密かにかっこいいと思ってはいましたけど、
 ここに来てケンプファーの魅力に完全に取り憑かれた私です(笑)
 
・レナート兄弟は、
 ワイヤートラップやら遠隔操作の爆弾やらを駆使した戦争屋、って感じでしたね。
 彼らの戦い方を是とするなら、
 ガンプラの性能や出来云々が勝敗を左右する、という
 ガンプラバトルの根底が揺らいでしまう感じ。
 だからこその「彼らが行っているのはガンプラバトルではない!!」なのでしょうが、
 私は嫌いじゃなかったです、面白いバトルが見れたので。
 ジオン兵の1/144フィギュア繰り出してきたときには、
 さすがに唖然としましたけどvvってか大会ルール的に、あれはアリなのか??

・レナート兄弟の秘密兵器を
 グリス塗装という微妙にかっこ悪い作戦で打破したユウキ先輩、
 反撃とばかりに一気に攻めに転じるケンプファーでしたが、
 ジムスナイパーK9の奥の手・エグザシステムの前に蹂躙されていき…。

・ボロボロになり、いよいよ追いつめられた感のケンプファー。
 私の中の「もしかしてユウキ先輩負けるんじゃ」的予感が最高潮に高まってきて、
 動悸が止まらない…(;´Д`)ドキドキ
 だってセイもレイジも、
 自社の技術に絶対の自信を持っていたあのアランですら
 負けを覚悟したかのような言動を見せてるんですもん。
 ここまでは、正にユウキ先輩敗北のテンプレ的展開―、と思っていたら。

 メイジンの変な言動がキターーー!!

「アラン。人には運命というものがある。筋書きのないドラマがある」
 この言葉を聞いた瞬間、
 敗北を受け入れたことをメイジンなりの言い回しで表現したんだと、
 つまり「誰も負けると予想していなかった自分が負けるという展開も、
 また自分にとって運命なんだ」ということを言いたいんだろうと、
 そう思ったんですよ、私。
 もとからおかしな人だったけど、
 負けという屈辱を前にいよいよ頭のネジが一本飛んでしまったと、
 本気でそう心配してしまった、
 次の瞬間。

「しかし、これは必然だ!!」
 そんな風に叫びながら、目の前の噴水にケンプファーを突っ込ませたものだから、
 さらに私の中で増す心配。
 (ヤバい、なんかかっこつけようとしてかっこ悪い感じになってるぅ(ノД`)・゜・。)
 ここからユウキ先輩が優勢に転じる起死回生の一手なんてあるわけないと思って、
 絶望的な気分になっていた、その時。

・起死回生キターーー(°∀°)ーーー!!!

 実はバトル前半、飛翔した際に武装のコンテナを落下させてしまってたケンプファー。
 劣勢に立たされたと見せかけて、
 ジムスナイパーK9を巧みに誘導し、コンテナの落下点までおびき寄せていたのでした。
 
 ユウキ先輩、マジ素敵( *´艸`)

 半壊のドームに誘いこまれて爆発喰らったお返しとばかりに、
 自らも相手を死地に誘導していたのでした。
 
・ごろごろ転がって相手の攻撃を避けるケンプファーも素敵( *´艸`)

・最後まで“戦争”というワードに拘っていたレナート兄弟。
 案の定、
 ガンプラを愛するユウキ先輩にその姿勢を否定され負けることとなったのですが、
 結局彼らがそこまでしてメイジンと戦争に執着していた理由は語られず終い。
 まさか、このまま触れないなんてことはない、ですよね…??(不安)
 ―でも、来週はニルス回だしマシタ会長側もまた動き出すみたいだし、
 このままレナート兄弟はフェードアウトなのかな??
 ここまで脇のキャラも比較的大切に扱ってくれてるBFなんで、
 期待したいのは山々なんですけど、尺的にも難しいかもしれませんね。
 それはそれで消化不良でかなり嫌なんですけど。


 今週、私の中で個人的に神回でした!!
 先週を少し物足りなく感じていたので、余計にかもしれませんが。
 ケンプファーとユウキ先輩がかっこいいし、
 ケンプファーに関しては作画めちゃくちゃ良かったですし///ホレボレ

 そんでもって、来週はニルスとのバトル。
 予想通りの展開に油断していたら、公式HPの次回予告を見て、衝撃。

 ストーリー | ガンダムビルドファイターズ


  第19話『アストレイの刃(やいば)』

セイ、レイジ組の次なる対戦相手は、アーリージーニアスの異名を持つ若き天才、ニルス・ニールセン。プラフスキー粒子を応用した武装と技を繰り出す戦国アストレイは、間違いなく強敵だ。バトル前夜、そのニルスがセイとレイジを呼び出した。彼はセイたちに言う。「キミたちに聞きたいことがある。それを教えてくれたら、バトルを棄権してもいい」と。


 ニルスどうした!?(愕然)
 ニルス側から接触してくるなんて、超意外。
 さらに棄権をちらつかせるとか…一体何がどうしてそうなったのか??
 ニルスは独自にプラフスキー粒子の秘密を探っているので、そっち方面か??
 でも、ニルスはレイジがアリアン出身だってことをそもそも知らないし…。
 気になる~~~(*_*;
 キャロちゃんも出るみたいだし、
 今週とは違った意味で、来週が待ちきれません!!
 
関連記事
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://grhm2307.blog.fc2.com/tb.php/82-02c8cd5a
 
ガンダムビルドファイターズの第18話を見ました。 第18話 ブラッド・ハウンド セイとレイジと死闘を繰り広げたタイ代表のルワン・ダラーラが決勝トーナメントまで力を温存していたアルゼンチン代表のレナート兄弟に敗れてしまう。 「あのルワン・ダラーラがここで消えるとは…。レナート兄弟って今まで目立った活躍はほとんどなかったはずだが…」 「おそらく、ここまで隠していたのだろう...
 
メイジン・カワグチ。まさかの苦戦!? アバンは、先週のルワン対レナート兄弟の戦いから。レナート兄弟のガンプラは、長距離射撃タイプみたいです。それを知ったルワンは、一気に相手のガンプラに詰め寄りました。至近距離から放たれる攻撃では、ルワンのガンプラを傷つけることはできないはずでした。ところが、ルワンのガンプラは間接部を大破されてしまいました。その後は一方的にレナート兄弟に攻められて、まさ...
 
これはガンプラバトルじゃない! うん、プラフスキー粒子の有効活用法バトルだよね、それはずっと思ってた(笑) ガンプラは粒子の入れ物って面が強い。ともあれあの機体が動くというだけで楽しい、 そんなアニメではある訳ですが、なんかガンプラバトルを戦争だとか言ってる、 いい歳っぽいのにこれまでになく痛い双子がこれまた名人プレイのユウキと戦う話。 そんなにズルいことをしてるって感じは...
 
ジムスナイパーK9が格好良かったですね。 レナート兄弟の戦い方も良かったです。 ここで退場するのは勿体ないですよ。 タイ代表のルワン・ダラーラ、破れる! セイたちと死闘を繰り広げたルワンを倒したのは、今大会のダークホース、 アルゼンチン代表のレナート兄弟だ。 しかも、武器を使わずに相手のガンプラを破壊するという、まるで手品のような 勝ち方――そう、彼らは、決勝トーナメントま...
 
メイジン カワグチの燃えるバトルと、セイたちの見ててにまにまするWデート。
 
はじめに 「ガンダムビルドファイターズ」18話は ユウキ・タツヤとレナート兄弟のガンプラバトルが描かれる。 「戦争」「僕らの戦争」と「機動新世紀ガンダムX」のフロスト兄弟を彷彿とさせる発言。 そしてジオン兵投入などレナート兄弟は、ガンプラバトルを「戦争」として行う。 対してメイジン、ユウキ・タツヤはガンプラバトルはガンプラバトルだと言い切る。 今回はガンプラバトルにおける...
 
メイジンが戦うことになったダークホースのレナート兄弟。 その戦い方はもはやガンプラでなく戦争だった…!? 戦争というかゲリラ戦法ですねw ミリタリーな味付も強いガンプラなのでこれもアリだとは思います(笑)   タイ代表のルワン・ダラーラ、破れる! セイたちと死闘を繰り広げたルワンを倒したのは、今大会のダークホース、 アルゼンチン代表のレナート兄弟だ。 しかも、武器を使...
 
ガンダムビルドファイターズ 第18話 『ブラッド・ハウンド』 ≪あらすじ≫ 決勝トーナメント第一回戦でマオと彼のエックス魔王を打ち破ったセイとレイジ。トーナメントは順調に進み、メイジンカワグチの次の相手はレイジたちも苦戦したタイ代表のルワン・ダラーラをも打ち破ったレナート兄弟。 市街地のバトルフィールドで始まったカワグチvsレナート兄弟。 そこでレナート兄弟は、「平和ボ...
 
997 名無しになるもんっ♪ sage New! 2014/02/10(月) 18:00:21 ID:??? ジムスナイパーキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
 
投稿者・フォルテ HGBF 1/144 ケンプファーアメイジング (ガンダムビルドファイターズ)(2014/01/11)バンダイ商品詳細を見る 昔作ったスーパーハイペリオン!ちょうど来週アストレイメインだ ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日と金曜日21時半から アニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送!一週間のアニメの感想を...
 
メイジン&ケンプファーかっけえ!回でした。 ジムスナも渋かったですが、乗ってる双子がオトナゲなくて悪いイメージになってたのが残念ですね。 もっといぶし銀な正統派軍人の方が個人的に好みだったかも。 昔のプラモによくついていたジオン兵のフィギュアを戦闘スタイ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。