スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
機動戦士ガンダム00 二期第4話『戦う理由』 感想 
 やっぱりどれだけ覚悟を決めてみたところで、
 正直ミスターブシドーはきっついです(爆)
 なんですかあの待ち受け画像…(^∀^;)
 愛の試練ですか、そうですかvv
 恋の百戦錬磨~俺戦っちゃうよぉ~♪♪♪(若干錯乱気味でもはや意味不明)

 
【機動戦士ガンダム00 二期第4話『戦う理由』感想】(元記事作成日:2008/10/26)
 脳量子波施工手術終了後の仔アレルヤ。
 脳内に響く声に導かれるようにして、
 ガラスケースの中に横たわるマリーと出会います。
 大きく見開かれたマリーの双眸ですが、
 そこに仔アレルヤの姿は映っていないようで…。
 仔アレルヤの発する声は認識できているので、聴覚は正常に機能してる??
 マリーの「声」がアレルヤに届いているのは脳量子波が仲介しているからでしょうか。
 名前を問われて
 「何も分からないんだ…名前さえ思い出せない」と目を伏せる仔アレルヤに対し、
 マリーは「生きていることを、神に感謝する言葉」を名前として与えます。
 それは文字通り、アレルヤにとっての洗礼で―。
 マリーの存在がアレルヤにとってどれほど圧倒的な意味を持つのか、
 彼にとってマリーがまるで「生きる理由そのもの」であるその根拠が
 明確に提示された今回のアバンタイトル。
 それにしても、そんなマリーとの邂逅さえも、
 処置手術後の経過観察の名目で施設職員達の好奇の目に晒されていたなんて…。
 この出会いは、超兵研究の一環として仕組まれたものだったんでしょうね…。
 悲しすぎるよ…アレルヤ…(ΩдΩ)
 

・前回に引き続き脳内マリナ様一色の刹那vv
 保護されたマリナ様は刹那達トレミークルー対し、
 今回のことと5年前のアザディスタンの内乱を鎮めたことに関する感謝の言葉を述べます。
 それを一蹴し、彼女の今後の去就について問う刹那(笑)必死過ぎるvv
 どんな困難が待とうとも、
 困窮する故国を建て直すためアザディスタンに戻るというマリナ様の強い決意を知り、
 トレミーの進路をアザディスタンへと向ける刹那。
 …そんな刹那を見ていたら
 二人の関係を疑いたくもなるさ♪
 ミレイナの気持ち、私よく分かるよ(笑)
 疑問は一瞬で否定されましたが(笑)
 二人のこの反応…照れ隠しで否定というより、事実をあるがままに述べただけって感じ。
 おそらく現段階ではまだ両者間に恋愛感情と呼べるものは無いのでしょう。
 ハモリ現象は、真面目な二人だからこそ起こせたミラクル☆
 まぁ、刹那の場合は、
 単に気付いてないだけで既に脳内マリナ様一色みたいですが(笑) 

・MSの訓練を終えたライルを待っていた(??)フェルト。
 彼女が自分に兄の面影を重ねているらしいことを知ったライルは、
 少し強引にフェルトの顔を引き寄せ―。
 ちゅーしちゃいました!!(爆)
 まぁ、その後のハロとの会話から察するに、
 フェルトの目を醒まさせるための荒療治的意味合いを含んだ言動だったらしいんで、
 私の中でライル株大暴落という事態だけはなんとか免れることができました☆
 とは言っても、
 他にもっと適切なやり方があったような気がしないでもないですが(^∀^;)
「その気があるなら後で部屋に―」
 部屋に呼んで何する気だったの!!
 これも演技なのか、それともちらりと顔を覗かせた男としての本音なのか??(爆)
 日曜5時なのにvvサンライズ自重vvアニメって基本子供が観るものでしょ!?
 そして三木さんの演じ分けに感動!!
 声優さんって本当に凄い!!凄すぎる!!
 もう私の中では完全にニールとライルは別々の個人として認識されました。
 それもひとえに三木さんの神演技のお・か・げ!!

・アーバ・リント少佐登場(●°∀°●)
 なんて…なんて嫌みな男なんだ☆
 あまりに突き抜けて嫌な奴過ぎて、なんだかとっても楽しいです、私♪
 同じ「大佐」でもコーラサワーが口にするそれとリント少佐のそれのなんと違うことvv
 マネキン大佐のことナめまくってるんですね、分かります(笑)
 どう考えても少佐が大佐にに対してとっていい言動じゃないですもんvv
 グッドマン准将もそんな少佐をスルーだし(爆)
 まるで優秀な女性社員を結託してイジメる上司と部下みたいvv
 なんて女性に優しくない職場!!
 でも、どんな状況でも凛とした態度を貫き通すマネキン大佐、素敵☆
 早くコーラサワーと絡むドSな大佐が観たいんだけどなぁ~vv
 一刻も早い彼の登場が待たれます!!(* ≧∀')ъ
 さて、嫌みなリント少佐ですが、軍人としては非常に能力が高いようです。
 現在のCBが私情で動いてることを見抜き、ホルムズ海峡で網を張ることを進言。
 刹那が中東出身ってことも把握してるし…リボンズか王留美あたりからのリークか??

・共に女性戦術予報士という共通点を持つマネキン大佐とスメラギさん。
 過去になんらかの関係が…?? 

・まぁーたアンドレイはソーマの後ろにいるよ(≧△≦;)やっぱり金魚のフンやん…
 そんなロシアの小熊・アンドレイの口から語られた、
 GNドライブ搭載型MA開発のために多額の寄付をした女性の存在…。
 そしてアップになるルイスの両手。意味深ですね。
 確かにルイスの父親は石油監視機構の重鎮で、
 ハレビィ家は国内有数の資産家でもあったようですが…??
 そのルイスには地上への移動命令が。
 沙慈との再会する日も近そうですね…それはきっと戦場での再会…(ΩдΩ)

・私の中で、どうしてもいいイメージぢゃないクラウス。…なんか…ダメorz
 シーリンとどういう関係か知らないけど、
 特定の異性に対し、
 周囲から見て贔屓と認識されても仕方ないような言動をとっちゃうのは、
 組織のトップに位置する人間としてどうなのかと。
 う~ん、とても尊敬はできないな。
 とにかくクラウスが有能に見えなくて見えなくて…orz
 逆にシーリンは大好きなんですけどね☆
 彼女がマリナ様のもとを離れた理由が回想の中で明かされましたが、
 マリナ様を見捨てたわけじゃなかったんだ(笑)よかった(o^∀^o)
 むしろ一瞬見せた切なげな表情からは、
 別離の悲しみさえ読み取れて…
 大事に思ってたんですよね、マリナ様のこと。
 マリナ様-シーリンの関係って、
 マリナ様-刹那のそれと似てる側面がありますよね。
 「違う道で同じものを目指す」。
 今は別々に伸びる二本の道が、
 いつか平和に向かって一本になっていけばいいなぁ…と思っていたら、
 再会の時は意外に早くやってきました(笑)
 今話のラストでまさかの再会(爆)
 早過ぎです!!私の余韻台無しです!!(笑)

・もう刹那とマリナ様が恋人にしか見えません(笑)
 私は全力でミレイナを支持します!!
 だって「ここにいたのか」って、せっさん!!
 あなた、それ、マリナ様を探し回ってたってことですよね(●°∀°●)
 唐突に口にした「どうした??」も、
 憂い顔のマリナ様を心配したからこそ出た言葉。
 でも心配しないで!!マリナ様が薄幸そうな顔なのは仕様です(笑)
 刹那をアザディスタンに誘うマリナ様。
 下手したらプロポーズ以外のなにものでもないのでしょうが、
 きっと言葉以上の意味はない(笑)
 少なくとも今の時点では…。
 とりあえず誰か、マリナ様に服を貸してあげてください(笑)
 確かに似合ってますよ囚人服vvでもだからっていつまでもそのままって(爆)

・今回のタイトルにもなっている「戦う理由」。
 刹那はもちろんですが、マリナ様もまた戦っているんですよね。
 アザディスタンを救うために。シーリンだってそう。 
 
 イアンのおやっさんも、
 アレルヤもライルもティエリアも、
 そしてスメラギさんも。
 皆戦っている。
 今回はこの「戦う理由」がテーマだったためか、
 前3話よりも若干地味な印象ではありましたが、
 私こういう雰囲気も好きです(*>ω<*)
 なんだか一期前半の00を思い出しました。
 物語の根幹にリンクするテーマを扱っていたことが効いたのでしょうか、
 人間の心理描写の部分で見応えがありました!!
 ガンダムで直接人を殺しているわけでもない整備士のイアンのおやっさんが、
 自分にも罪を背負い罰を受ける覚悟があることを沙慈に告げる場面とか、
 静かに胸が熱くなったり。

 アレルヤの戦う理由も、アバン効果もあってか今まで以上に胸に来るものがあって。
 だからこそ、
 戦う理由を喪失して前に進めないスメラギさんの悲痛な叫びにも心が揺さぶられて。
 イアンのおやっさんの言葉から推測するに、
 スメラギさんには戦術予報士として、戦場の最前線に送られた経験があるようですね。
 そこでの過ちが今なお彼女のなかで燻り続けている、と。
 「だったらどうして僕を助けてくれたんですか??」
 「戦う意味、見つけられますよ。…あなたになら」
 アレルヤの言葉は、そんな彼女を説き伏せるために紡がれたものでは決してありません。
 でもだからこそ、
 他のどんな強引な説得よりもスメラギさんの胸に響いたのかもしれませんね。

・予告でちらりと映ってたティエリアの背中は、
 戦う決意を露わにするアレルヤを見つめていました。
 ライルとフェルトのちゅーのシーンじゃありませんでした(笑)
 よかった!!とりあえず昼ドラ的修羅場は回避vv

・今回の戦闘、ぶっちゃけよく理解できませんでした(笑)
 折角の水中船だったのにー!!(≧Д≦)
 只でさえ残念な感じの私の頭には
 深度云々MA云々兵器名称云々色々と難し過ぎました(^∀^;)
 とりあえず、爆撃で揺れたスメラギさんの爆乳だけはしっかりと認識できましたがvv
 あまりにあからさまなサービスショットに盛大に吹きました(^o^)/

 爆乳はさて置き、
 トレミーのブリッジに戻ってきてくれたスメラギさんが、頼もしい☆
 そしてかっこいい(*≧∀')ъ
 でも何を言ってるのかが本当に分からない(笑)もっと勉強して来ます(爆)
 
・相変わらず、刹那は頭の中がマリナ様一色のようですvv
 誰か彼に教えてあげてください、「それは恋だよ」って♪

・ティエリアもアレルヤもトランザム濫用し過ぎだと思いますvv
 確かトランザムって使用後は機体性能が極端に落ちるんですよね??
 特にアレルヤ!!案の定ソーマのカスタムアヘッドに苦しめられてるやん(@□@;)
 まぁ、どうやらハレルヤが逝き脳量子波が使えなっくなったことも影響してはいるようですが。
 それでも、ねぇ(苦笑)
 浮上の際、太陽に届くほどの水柱を立てたシーンが問答無用でかっこよかったんで、
 今回だけは許しますが(なんて上から目線・笑)
 かっこよかったといえば、ダブルオーの顔面アップも鳥肌ものでした☆さすが主役機!!

・想像以上に小物ちっくなリント少佐に笑いましたvv
 なんだかアレハンドロ様(笑)と同じ匂いがしますよ、彼(●°∀°●)
 期待してたキャラ像とは少し違いますが、
 別の意味(ネタ的な意味)で私を楽しませてくれそうなYO・KA・N★(予感)
 眼前にダブルオーが迫った時の、あの情けない声がたまりません(爆)

・アヘッドで出撃したソーマの標的は、被験体E-57が乗るアリオス。
 ソーマはタオツーのパイスーの方がよかったな…デザイン可愛かったし。
 脳量子波が使えなくなったせいで、超兵としてのアレルヤの能力に陰りが??(´δ`;;) 

・CB対アロウズの戦闘に、カタロンがまさかの武力介入!!
 マネキン大佐の指揮により、撤退することになったアロウズの艦内。
 あれ??いつの間にか指揮権がリント少佐からマネキン大佐に移ってるようですねvvニヤニヤ
 そしてなっさけない面のリント少佐に、
 マネキン大佐がここぞとばかりに嫌みのお返しを(笑)
 こんな感じのやりとりがこれから続いて行くんでしょうね~頑張れマネキン大佐(*≧∀')ъ

・もう、マリナ様の恋人兼ボディーガードみたいになってきてる刹那・F・セイエイ(笑)
 マリナ様より先に拾ってきたライルのことは放置ですかそうですか(爆)
 とにかくマリナ様につきっきりです(*^皿^*)「それは恋だよvv」

・ラストカットのシーリンがかっこよかった☆

・Cパート。
 完全にブラックビリーのターン(爆)
 もうね、なんか声が違うvv穏やかじゃないねぇ~\(゜ロ\)(/ロ゜)/
 気持ち分からなくもないけど、
 でも完全に逆恨みだと思う(笑)
 勝手に機密情報持ち出してスメラギさんに得意げに披露してたの、あなただから!!
 ブシドーと再会初めて会ったその時に、
 ビリーがどんな反応するのか、今から楽しみで仕方ないです♪
関連記事
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://grhm2307.blog.fc2.com/tb.php/9-55009ea8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。